goo

Morning on Thursday

2012-05-31 07:18:05 | 急行特急TH発2007年→2014年

涼風鈴子「はい、おはよざいますぅ~、涼風鈴子どすぅ~、“Morning on”どすぅ~。この冒頭挨拶も廃れましたね。あ゛だしも飽きたわ、もう、ですが、涼風鈴子、“Morning on”、脱退?と言うニュースが流れたら、リスナー諸氏は、うお゛ー、やったー、とか思うんでしょうか?いや、あっそーですか、で終わりそうです。いい加減、話のネタもないなら出てくんなよお前、と愚痴がこぼれました所で、以上、“Morning on”でした」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on Wednesday

2012-05-30 07:18:06 | 急行特急TH発2007年→2014年

涼風鈴子「はい、はよーざいますぅ~涼風鈴子どす。さっ話のネタが無いときはゲストが来る、で、やって来たのは、まだ、居たんだ、の木田麻衣子さんです」

木田麻衣子「おはようございます、“Morning on Wednesday”、木田麻衣子です。まだ、居たんだはひどいですよ、涼風さん」

涼風「だって、影も形もなかったぢゃない」

木田「ええ。涼風さんの陰謀により」

涼風「あ゛だしの陰謀より――この番組は“Morning on”です――じゃないの?」

木田「放送出来ない話はしないでください」

涼風「関係ないね、この番組は涼風鈴子ね“Morning on”なんだからね゛ぇーー。では、また」

全「さよなら」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on Tuesday

2012-05-29 07:16:41 | 急行特急TH発2007年→2014年

涼風鈴子「はい、おはよざいますぅ~、インチキDJの涼風鈴子ちゃんだよ。“Morning on”だよ。となんだか自分で自分の事をちゃん呼びすると、かなりキモいですね。なにやってんでしょうね、になりますが、まー台本にあるから許してねーですね、はい。と言った所で、とりあえず今日もやったぜ“Morning on”、布石は十分ここにありでした~」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on Monday

2012-05-28 07:16:16 | 急行特急TH発2007年→2014年

涼風鈴子「はい、はよーざいますぅ~。さあーてみなさーん、今日は何曜日かな~?月曜日~、と言うことは?ブルーマンデー、嫌ですね、嫌ですねっ、嫌ですねっ!本当に勘弁してくれよ、な感じになっていますが、今日は5月最後の月曜日ですね。最後だからって特別な物は何もなく、“Morning on”はいつもの涼風鈴子が、騒ぐだけ、と言う、もう知らねーやこんなん、で、かたがつきますね。と言った所で、以上、“Morning on”でした」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

-Mind Feeling- Weekend with Azure sky

2012-05-27 20:33:11 | 急行特急TH発2007年→2014年

絵に描いたような青空。タイトルはラジオ番組名、そのものだが、こんな空みたいな番組になったらいいとはこれっぽっちもなく、ただ、何とはなしにつけた名前である。
空は明日へ続いている、と歌われてはいるが、その明日に何れだけ、希望的なものがあるだろうか。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Weekend with Azure skyと談義

2012-05-27 13:45:20 | 急行特急TH発2007年→2014年

塚村尚人「どうも、忘れ去られているExpress兼ナイトバスターズの塚村尚人です」

柿島孟子「同じく忘れ去られているナイトバスターズの柿島孟子です」

雀宮朝輝「私も忘れ去られているExpressの雀宮朝輝です」

塚村「しかしまー、話のネタがないってだけで、この様ですよ。涼風鈴子さんは、平日毎日出て、俺らは、悪い勘弁ですか、こんなんで良いんですかねえ、と強気の姿勢に出るも、後が続かないんじゃまっしょーがねーかー、になりますか」

柿島・雀宮「をいよい」

塚村「わっ、ハモったー、イエエイッ!!」

柿島「久しぶりの出演で、ハイになっている塚村君にリスナーはええ゛ーーっ、な感じですね」

雀宮「少しはフォローを入れましょうよ。それでは柿島さんまでもが引いている結果になってますので」

柿島「まっしょうがないやね。我らは廃れましたから、ハッハハハハハ~」

塚村「よっしゃ~久々の出演だぜ、皆盛り上がってるかーい」

効果音「いえーい」

雀宮「今のは良いタイミングで効果音でしたね。しかし塚村さん、テンション高いですねえ」

塚村「久々の出演ですからはりきらないと」

柿島「皆さん、今、聞きましたね、聞きましたね、これがExpressの実態なんですね。何が有名アーティストだよ、マイナーじゃないっすか、マイナー」

雀宮「柿島さん、大事な事をお忘れになっています」

塚村「そうそう、とっても大事な事」

柿島「何よ?」

塚村「全ては」

Express「妄想だから、マイナーでも有名って事で許される……んだよぉおぉおぉんー」

柿島「ちょっと、そこのスタッフ快速特急はRapid Limited、ハリセン持っといで」

塚村「ノリが悪いですねえ、こう言うときは、一緒に‘‘イエエーイ,,って盛り上がるんですよ」

雀宮「番組の流れを逸脱するから、LNP時代に」

塚村「っと雀宮さん、その話は
【楽屋裏】で」

柿島「Expressの猿芝居に、ハリセン一発っ!!」

Express「いでっ」

柿島「これでミュージシャンですか。信じらんないわよ、この出来損ないお笑い芸人がっ!!(Expressに冷水入りバケツを浴びせる)」

Express「ちべてぇ~~」

柿島「と、ここで、リスナーABCより一言、‘‘何年前のお笑いやってんだ、ふりーんだよっ!!,,(殴りの効果音)。今回は、ネタ切れを効果音で誤魔化すと言う呆れた手法に、さっむぅ゛ーーっ!!ですね」

塚村「寒いのはこっちです。まだ夏も来ていないのに、まったく。と言った所で、臨時番組『Weekend with Azure skyと談義』、このあたりでお別れです。無理矢理感だけは100点満点でい゛ぇ゛~い、になります」

全「さよなら~」

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

-Mind Feeling- この塔は今もあり続ける

2012-05-27 13:22:13 | 急行特急TH発2007年→2014年

東京スカイツリータワーがオープンしてわいている昨今だが、この画像の東京タワーの影が薄くなったようにも思う所。しかし、このオレンジの塔はなにも言わずいつもの場所でこうして建っているのか、と実物を昨日5月26日に見てきて、そう思った。逃げも隠れもしない、私はここにいる、いつか私が口にした台詞が跳ね返って来たように思う。
2年くらいまえだろうか、夜に何か橙色の明かりが遠くに見えるなと思って調べてみたら、この東京タワーだった。
特に思い入れがある訳でもなく、毎日見ていていたから飽きたよ、と学生末期に呟いていた誰かを思い出す程度だけれど(深夜アニメ『素敵探偵ラビリンス』か何かで出てきたか?)、話のネタにしてみた次第。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

-Mind Feeling- WEEKEND with “7UP ”

2012-05-26 21:25:16 | 急行特急TH発2007年→2014年
何か気乗りしない、どこか憂鬱を抱えた、華やかな土曜日。何か良いことないかなとつぶやくのに疲れたので、飲んでみた“7UP”。またの名を幸運注入飲料と呼ぶ?

7UP「こんな時だけそんな事言って日頃は見向きもしないのに、図々しい事言ってんじゃね゛ぇ~っ」

と怒っていて、私には幸運は来ないかも知れないが、明日も来週もあなたにそして願わくば私に幸運があらんことを。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

-Mind Feeling- 松岡 冬樹と間宮

2012-05-26 21:17:49 | 急行特急TH発2007年→2014年

最近、観ている深夜アニメ『君と僕2』。今週は、松岡春(各キャクターの名前の漢字は想像で書いているので間違っているかも知れないがご容赦頂きたい)の弟、冬樹とその彼女、間宮のその後な話であった。春ってある意味、冬樹の親代わりみたいだなと思いつつも、弟と友達で言葉遣いが見事に別れているのも凄いなと思う所だが、やや春のキャラクターが壊れていた回だったかなと思う。
冬樹と間宮、なかなか良いペアだなと思うが、誕生日プレゼントをさりげなく良い感じで渡すシーンは、流石はアニメ物語、良くできてるなと思うけれど、冬樹の間宮に対する恋心は本物なんだろうなと思う。
そして今回は深夜の時間もあってか、冬樹が間宮に、胸を触らしてくれ、と言うシーンがあって、見事に触ったシーンがあった。冬樹の願いは叶ったものの複雑なものを彼は抱いたようだ。一瞬の快楽はあったとは言え、切ないものがあったように思う。
触られた、と言うか、触らせた、間宮のあの涙は何を意味していたのだろう?と私は思う。屈辱的な恥ずかしさから来るものでは決してなかったと思うが、果たして?
どうも性的なニュアンス感があってあまり話に触れてはならない領域なのは承知の上で書いているが、間宮は冬樹が触った事によって、自分が嫌われてしまうと思ったのだろうか?
萌えの要素はありまくりではあった反面、切なさがあって、昔読んだ恋物語を思い出してしまった。キス1つするのも未だに緊張すると言う一文がその物語にはあった。そんな性的なある意味悪いとさえ言える領域に踏み込まなくても、気持ちが通じあってさえいればそれで良い、と言うのが理想的な恋人関係なんだろうか?
恋人は性交渉の相手やキスの相手だけじゃなく、普通の友達付き合いみたいなこともしないとならない、そうでないと付き合いは続かないだろう、と恋人居ない私が何を偉そうにであるが、そんな所だろう。付き合い方にも当然よってくるのは解るけれど。
印象的な話だったので、ブログの話のネタに使った次第だが、変なコメントが来ないと良いのだが…。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on Friday

2012-05-25 07:19:04 | 急行特急TH発2007年→2014年

涼風鈴子「はい、はよー座いますぅ~、涼風鈴子だよー、“Morning on”だよお~。手抜きインチキ理解不能番組だよ~。そんなのが一体いつまで許されるやらですが、歩くにしても走るにしても、日々の長さは同じと言うむなしさと言うかなんと言うかですが、巡りめぐってようやくたどり着いた華の金曜日もまだ終わってはおらずで長い1日にならないと良いなな感じで、以上、“Morning on”でした」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ