飛行機さつえい奮闘記
旅客機の写真撮影やヒコーキ旅が好きなこうへいのブログです!
ツイッターアカウント作りました!是非フォローお願いします!





今回は仙台空港・多賀城・そして仙台市内での写真、旅行記です。ANA3231便で仙台空港に到着した私、仙台空港アクセス線は発車してしまったばかりのようで、次の電車まで30分近くあります。軽く仙台空港の中を散策してみました。


青葉城公園の伊達政宗公銅像と仙台七夕祭りの壁画にお出迎え。


仙台空港は東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた空港です。仙台空港復興の歩みと題し、写真の展示を行っていました。
そういえば、退役間近であったJALのA300-600Rはコンテナ輸送に最適ということで退役を延期させ、復興に一役買ったのですよね。
仙台空港に押し寄せた津波は左側の柱のラインのところまできました。


右側の石像は東日本大震災慰霊の碑です。瓦礫の中から見つかった石像は何かを訴えているということで、修復され、慰霊の碑となっています。




カードラウンジに訪れてみました。ここはWestSideのカードラウンジ。もう一つ、EastSideというカードラウンジがあるようです。この規模の空港で2種類のカードラウンジがあるのは珍しいですね。


中は…正直がっかりです。座席数は少ないし、ゴールドカードで無料になるのは1時間のみ。


ドリンクも種類が少なく、仙台らしさはまったく感じられないラウンジでした。本当にちょっと休憩するだけのものですね。


外にでて仙台空港のターミナル外観。屋根が波打っている独特の形状です。この形状の為、当初は展望デッキはなく、今後も作られないだろう…と思っていましたが、2010年、まさかの屋上への展望デッキ増設。この要領で関西国際空港にもターミナル内に展望デッキ作ってくれればいいのですが…。


仙台空港に乗り入れている電車は仙台空港鉄道という第三セクター。直接JRに乗り入れ、仙台駅まで運行しています。


鉄道むすめグッズがたくさん(*´Д`)


2両編成のワンマン運転。発車ベルや車内放送もJR東日本、というか山手線とまったく一緒で、関東から脱出した感じがまったくしませんw


2両編成だと輸送量不足なのでしょうか。仙台駅に着くまで車内は大混雑でした。22年振りの仙台駅です。


ホテルに荷物を置いて、JR仙石線で多賀城駅へ。幼稚園〜小学生の頃、この多賀城に住んでいたのです。22年ぶりに訪れました。
私事であり、このブログに写真を載せてもしょうがないので特に載せませんが、子供の頃の記憶や土地勘って覚えているものですね。地図なしでも昔歩いていた道や抜け道を歩けました。
そして何より感じたのが、この街ってこんなに小さかったっけ…?ということ。子供の頃の目線や足では大きく感じた街も、大人になって歩くと違うものですね。懐かしい気分いっぱいでした。


多賀城跡までやってきました。


昔からそうでしたが、やっぱり跡しかない多賀城でした^^;


多賀城跡近くにある多賀神社。


多賀城駅前からは綺麗な夕陽が。


多賀城も海沿いは津波の被害を受けたところ。八幡神社までやってきました。


多賀城では東日本大震災の津波で188名の尊い命が失われました。八幡神社にはいのちの碑が置かれています。


この八幡神社には3mの津波が押し寄せ、鎮静の森として植えられていた杉は枯れ始め、伐採されてしまいましたが、この大木だけは修復され佇んでいます。


復興工事着々と。八幡神社から海までは1kmほどの距離があり、もちろんこの場所からは海が見えません。自然の力には人間は太刀打ちできませんね…。


仙石線で仙台駅まで戻ってきました。仙台駅には伊達政宗や七夕短冊をかたどったステンドガラスがあります。


まだ11月でしたが街はクリスマスムード。


朝にラウンジでサンドイッチやおにぎりをいただいたきり、お昼ごはんカットで廻っていたのでお腹ペコペコです。仙台といえば牛たん!ということで青葉通りにある喜助に行ってみました。牛たんの有名店ですね。


牛たん定食1.5人前!麦飯とテールスープが付いています。牛たんはカロリーが低く、麦飯も栄養たっぷり、テールスープはコラーゲンいっぱいと、女性にも嬉しいメニューです♪


仙台の冬の風物詩といえば光のページェントですが、12月からのようです。代わりと言ってはなんですが、街を優しく照らすガス電灯を。








仙台はなんだかとても雰囲気がいい街ですね。翌日は朝には発つのでゆっくり観光できませんでしたが、また訪れて仙台市内や足を伸ばして気仙沼、塩釜、松島なども訪れてみたいですね。

次回は11月22日の仙台空港撮影編です。いい天気でした!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(4)|Trackback(0)


« 2015年11月29日:... 2015年11月22日:... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは (POLO)
2015-12-04 00:25:54
こうへいさん、宮城に住んでたんですね(^O^)
知らなかった(´・ω・`)

去年春に被災地へ行きましたが、本当に悲惨な光景を目にしました。
僕も20年前に大きな震災を経験しました。
正直、いつまでも続く報道に
「いつまで言うてんねん」
と思っていましたが、実際に現地へ行くと気持ちは変わりました。

未だに通行止めが存在する6号線。
一面雑草の海岸一帯。
倒壊し放置された駅舎に線路。。。

本当に自然の力には全く歯が立たないですね。
共存していく他に選択肢はないでしょう。

それにしてもラウンジ酷そうですね(´・ω・`)
ゴールドで1時間。。。

facebookの件は了解しました。
僕も使用してるので、気が向いたらアカウント教えて下さい!
 
 
 
Unknown (こうへい)
2015-12-04 22:21:41
POLOさん

あの日のことは関東にいながらも忘れません。テレビの画面で見るのと、実際の目で見るのは違うでしょうね。
仙台周辺はまだしも、他にも津波で大きな被害を受けた遺構が多くあるとのことですので、地元にお金を落としがてら、訪れてみたいですね。
 
 
 
Unknown (ぴょん)
2015-12-05 20:37:16
こんな高さまで水がきたなんて信じられないですよね。
あの日の出来事は、世界中の人が忘れられない出来事になっている事でしょう。。。

こうへいさん、幼少期に住んでた場所に行かれたのですね。
「懐かしい」と思える感覚って、何とも言えない気持ちになっちゃいますよね〜。
子供の頃、思い描いていた将来の自分と今の自分を比べてみたりしませんでした?
私も、父親が転勤族だったので何度も引っ越しをしているのですが、その土地の思い出とか風景とか、訪れると懐かしさに酔いしれてしまいますぅ。。。

仙台と言えば「牛タン」ですよね。美味しそう〜っ。
まだ一度も行った事がないので、一度は本場で味わってみたいものです。
「ガス電灯」ステキですね〜っ。これってすぐに見つけられる場所にあるのですか?
仙台に行く事があれば、是非とも見て見たいです。
 
 
 
Unknown (こうへい)
2015-12-08 19:55:58
ぴょんさん

自分の背よりはるか高いところにある津波到達の線、仙台空港はまだいいほうで、これの10倍近い津波が襲ったところもありましたね。震えてしまいます…。
幼少の頃の記憶って、はっきりとは覚えていないものの、なぜか所々で映画のワンシーンの如く、覚えている場面があるのですよね。その場所に実際に立ってみて、しゃがんでみて、あの頃の自分と照らし合わせてみました。
あの頃思い描いていた理想の大人とは少し違いますが、あの頃よりもいろんな経験をし、住んでいた小さな街だけではなく、日本全国を旅して広い見聞?を持った自信をもった自分がいました。後は結婚くらいかな〜^^;
ぴょんさんも幼少の頃は転勤でいろんな場所に行かれたのですね。住んでいた街への愛着とその土地の友達との別れ、新しい街での期待と不安、いろんな気持ちが入り混じりますよね。昔訪れた街なども大人になって訪れたことがあるのでしょうか?

仙台のガス灯、仙台駅前のダブルデッキの歩道橋から撮りました!下から眺めるガス灯がとても美しくて、どこか高いところから撮れるところはないか…と探していたら歩道橋がありました!
仙台の牛たん、今は全国展開されているので、お手軽に食べるのであれば今回私が訪れた『味の喜助』や『利久』、都内であれば『ねぎし』もおすすめです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ