飛行機さつえい奮闘記
旅客機の写真撮影やヒコーキ旅が好きなこうへいのブログです!
ツイッターアカウント作りました!是非フォローお願いします!





メインPCが故障し、一週間ほど四苦八苦していました。グラフィックボードの故障と分かり、交換してようやく復旧。現像が溜まりに溜まっています。
今回も7月18日に撮影した新千歳空港の写真たちです。相変わらず天気は悪いですw


羽田よりピースジェットがやってきました!


9番スポットに入るようですが、9番にはエアドゥが出発に手間取っていました。5分ほど誘導路で待機w


正面から見ると変な顔^^;


背後のエアドゥはJA07AN。後に私が搭乗する機体です。


ANAの767-300、トリプルセブンのレドームを付けています。顎が外れているように見えますw


真っ黄色のフジドリームエアラインズ、JA07FJ。


チャイナエアラインズが出発。ウイングレット付きのジャンボはこの斜め45度がカッコイイですね!


エバー航空のスターアライアンス塗装機。しかも777-300です。


ピカチュウがいってきまーす!と手を振っていますw


今度はキャセイジャンボ!!




ANAジャンボがいなくなった今でも新千歳はまだまだ海外勢はジャンボですね!


心をひとつに、がんばろう○ニッポン塗装の737-800。


続いて来たのはA320-200バージョン。


Peachを撮影して終了!にしようかと思ったら…。


サンアークトリプルが戻ってきました!


鶴丸塗装のトリプルと一緒に。


スポットインを見届けて今度こそ撮影終了!晴れていたら次のエアドゥ出発ギリギリまで撮っていたのですがね…w


小腹が減ってきたので、前食べてとても美味しかった『えびそば一幻』へ。平日の16時でも4人ほどが並んでおり、注文からラーメンが出てくるまでも15分ほどかかっていました。大人気ですね。


えびしお・あじわい・麺細め。海老のいい香りがします。スープも濃厚で何度でも食べたい味ですε-(´∀`*)

次回はエアドゥで小松に向かいます!ADO124便搭乗記です!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(5)|Trackback(0)





新千歳空港に到着した私、その足で早速展望デッキに向かいます。久しぶりの新千歳空港での撮影です!


相性のいい空港、相性の悪い空港ってありますよね。新千歳空港は私にとって相性の悪い空港です。来るといつも曇りや雨で、晴れたことはほとんどありませんw


新千歳空港の気温は21度、南の風が吹いておりランウェイは19運用。半袖では少し肌寒いですが、とても過ごしやすいです^^


10月を持ってJALに経営統合されてしまうJALエクスプレス。このような『JAL EXPRESS』塗装機も徐々に『JAPAN AIRLINES』に塗り替えられていくようです。


那覇でよく見かけるANA WINGSの737-500も新千歳ではよく見かけます。


777-200では最後の1機となったサンアーク塗装のJA773J。先日格納庫に入っており、塗り替え間近か…と思っていましたがまだ塗り替えられていないようですね。


東京へ向けて出発です。


私が搭乗してきた777-200ER、JA741Aも折り返し東京へ戻ります。


ランウェイ19Lエンド付近では何やら工事を行っていました。一体何ができるのでしょう?


関西からのPeach、JA811P。Peachは7月19日から福岡-那覇便を就航させましたが、その前日の7月18日、つまりこの日撮影している時に那覇-石垣便の撤退を発表しました。採算が取れないとのです。


この後お世話になるエアドゥ。この一瞬のみ陽がさしてくれましたw


チャイナエアラインのジャンボがアプローチしてきました!!




まもなくタッチダウン…


この正面からのショット…懐かしい…!塗装は違えど私が夢中になって追っていた機体です!


背後ではバニラエアがランディングしています。


もちろん9ヶ月ぶりの新千歳なので、この地でのバニラエア初めてです。ANAからの中古機であるJA8385ですね。


ボーっとしていたらまたジャンボが降りてきました!大韓航空のジャンボです!新千歳に来るのですね。


国際線ターミナルへタキシングしていきます。


サンアーク塗装の737-800、JA327J。この子は一度も鶴丸&JAL EXPRESSの塗装は身に纏わなそうですね。


スポットインするANAのトリプルセブン。


スポットインを監視するグランドスタッフ。飛行機が通過したら深々とお辞儀をします。


こちらでも。新千歳空港のグランドスタッフはとても礼儀正しいですね。見ているこっちも気持ちいいです。


ちびまる子ちゃんのステッカーが貼ってあるフジドリームエアラインズの3号機、JA03FJ。かなりピンク色が色あせていますね…。


羽田ではあまり見かけないエンブラエルE170もちょくちょくと見かけます。こちらはあまり塗り替えが進んでいないようで、まだ多くのサンアーク塗装を見かけます。

次回も7月18日の新千歳空港で撮影した飛行機です!あいかわらーず天気悪いですが…(^_^;)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(8)|Trackback(0)





2014年07月18日(金) ANA057便 羽田→新千歳09:40→11:15
777-200 JA741A 座席:3A(PremiumClass) 羽田SPOT:59 新千歳SPOT:7 高度:39000ft 速度:824km/h 区間マイル:510mile 金額:25390円(プレミアム株主優待割引)


この時期は私の別趣味である、アニメの聖地巡礼(舞台探訪)の集会があり、一昨年は広島、去年は札幌に訪れています。そして今年は北陸なので小松!といきたいところなのですが、やっぱり普通に羽田-小松に乗っても面白くないですよね。
友人を驚かせつつ、どこか経由してから小松に行こうと思い、候補に上がったのは新千歳、福岡、沖縄。ヒコーキの写真を撮るのと小松行きの時間を考えると午後順光の新千歳経由小松が一番妥当。ということで今回の旅程はこんな感じです。

7月18日(金) ANA057便 羽田(09:40)⇒新千歳(11時15分)
7月18日(金) ADO124便 新千歳(18:30)⇒小松(20:00)
7月21日(月) ANA760便 小松(20:00)⇒羽田(21:15)


18日は金沢駅近くのビジネスホテルに宿泊、19日、20日はアニメ『花咲くいろは』の舞台モデルとなった湯涌温泉に宿泊、21日は福井で観光し、小松空港から羽田空港に戻る旅程です。また18日の新千歳⇒小松のエアドゥは737-700での運航、ウイングレットの内側にベアドゥが書かれている機体です。こちらは搭乗するの初めてです(^^

さて、今回は新千歳行きのANA057便搭乗記です。新千歳を訪れるのは昨年10月の日本列島縦横無尽フライトで2回訪れて以来9ヶ月ぶりです。ANAジャンボラストフライトの関係で沖縄に多く訪れており、新千歳は疎かになっていました。
ANA057便は元々9時30分発の787-8での運航でした。787-8のプレミアムクラスは12席であり、私が予約した時には既に空席待ちの状態でした。
空席待ちリクエストを放り込んでおいて、私は8時発のANA053便を予約、空席が出来たので予約変更を行ったのです。株主優待割引は普通運賃と同様に自由に予約変更が効くので便利ですね。
空席ができたといっても座席指定は通路側のみ、こればっかりはしょうがないなぁ…と思っていた数日後に出発時刻の変更メール、そして機材の変更…777-200への変更となっていました。777-200のプレミアムクラスは21席、そして3列なので窓側も左右2席が開放されています。すかさず3列目の『3A』の席を押さえました。ラッキーです(^^)


出発当日。朝から曇り空ではありますが、なんとか雨は降らなかったのでバイクで羽田空港へ。


私が搭乗するANA057便は59番搭乗口からの出発の模様です。


株主優待割引での予約なのでANA Premium CHECK-INのカウンターへ。いつもはガラガラのチェックインカウンター、数人並んでいました。やはり8時過ぎというのは人が多いですね。


専用の保安検査場を通過し、その足でANAラウンジへ。今回のレシート搭乗券、2区間あるのでめっちゃ長いですw


夜の仕事をしていると朝からビール飲むことにまったく罪悪感がないのですよねw
ということでサッポロビールをぐいっと!


ラウンジにこんな本がありました。『どんな問題でもチームで解決する ANAの口ぐせ』、今度読んでみよう~。


出発25分前、59番搭乗口に向かいます。本日の搭乗機は777-200ERのJA741Aです。


フライトボード。


ご案内予定時刻ぴったりの9時20分、優先搭乗が始まりました。私はプレミアムクラス利用なので優先搭乗をします。




コックピット撮影は…見えない(^_^;)


今回の座席。プレミアムクラス左席最後部の3Aです。後方には普通席が並んでいます。


プレミアムクラスのサービスメニューとANAマイチョイス、そして777-200の安全のしおり。


9時45分、L1ドアがクローズする音がキャビンに聞こえます。直後、『キャビンアテンダント、ドアーズフォー、ディパーチャー』のコール。電子機器の使用が制限されます。
本日の羽田空港は北風運用。そして北行きの便なのでランウェイは34Rです。9時48分、プッシュバック開始。58番スポットからのプッシュバックは頭を北に向けるプッシュバックと西に向けるプッシュバックの二種類がありますが、今回は頭を北に向けるプッシュバック。私が座っている左側座席からはグランドスタッフのお見送りを受けることができます。
『本日もスターアライアンスメンバーANAをご利用いただきましてありがとうございます…』
チーフパーサーのアナウンスが始まりました。
『この便は6月10日にボーイング787よりボーイング777へ機種変更となりました』
機種変更のアナウンスもちゃんとされます。
トーイングカーが外され、タキシング準備完了。グランドスタッフは大きく手を振って機体のお見送りをしています。私も大きく手を振っていたら両手で振り返してくれましたε-(´∀`*)

ランウェイ34Rへ向けてのタキシング。滑走路はそこまで詰まっていないようで、着陸機であるJ-AIRのエンブラエル機をパスしてランウェイ34Rに進入。
トリプルセブンの『ビイィィィン!』といった高いエンジン音。C-4誘導路付近でひょいっとエアボーン。眼下には巨大な羽田空港が見えてきます。オープンスポットには白装束になったJALの767-300の姿も。おそらくJT9Dを装備した機体の退役なのでしょう。
羽田空港の敷地から出るとすぐにライトターン開始。ここで雲に突入してしまいました。北行きの飛行機は東京ディパーチャーによってSEKIYADOまでベクターされます。


電子機器の使用制限が解除されました。新型プレミアムクラスシートのレバーはこのようになっています。


オーディオコントローラーは肘掛けに隠れています。


梅雨前線の影響により眼下は一面雲海です。少しだけトリプルのエンジンが見ることができます。


PremiumGOZENがセットアップされました。左側のカップは『あごだしにゅうめん』、メインは枝豆ごはんです。プレミアム・モルツと一緒に頂きます(゜∀゜)

【140718】ANA057便(羽田⇒新千歳)キャプテンアナウンス

機内食を頂いている途中でキャプテンアナウンスが入りました。音声を収録したのでどうぞお聞きください。


機内食をブランチにしようと思っていたので、軽食メニューもオーダーしました。麻婆豆腐雑炊です。



のんびり機内食やビールを嗜んでいたらあっという間に青森県は陸奥湾上空まできました。まもなく本州とはお別れです。


私が座っている座席より。新型プレミアムクラスのシートはレザーシート。少しおしりが蒸れてしまいます。


着陸前に締めのコーヒーを頂きました。既に降下を開始しているので、液面が傾いています。
この写真ではわかりませんが、アイスコーヒーの氷、完全透明な綺麗な氷が使われています。贅沢ですね(((o(*゜▽゜*)o)))

アナウンスでは定刻通り新千歳空港に到着する模様。11時03分、ベルトサインが点灯。今回搭乗している777-200は機外モニターサービスはありませんでしたが、前方スクリーンにはマップが表示されています。
どうやら北側まで回りこんでの着陸、ランウェイ19運用です。雲が多めの道南をベースレグ、ファイナルレグとターンしていき、ファイナルアプローチ。
11時14分、ランウェイ19Lへノンショックでのランディング。リバースをフルに使って減速します。19Rからは出発機、離陸したのを見届けてからランウェイ19Rをクロス。D→H5経由で到着スポットである7番スポットまでタキシングします。


11時22分、出発が遅れた関係で少し遅れてしまいましたが新千歳空港に到着!


『今日は長い一日のようですがこの先もお気をつけて!』とCAさんに見送られて降機します。清掃部隊が折り返し便準備の為に待機しています。
羽田-新千歳の下り便は偏西風の影響もあってかやはり早いですね。あっという間に北の大地に着いてしまいました。

新千歳空港に到着後は早速展望デッキに向かって撮影を開始しました。K-3の遠征デビュー戦です!
…まぁ案の定曇っているのですが…w 私が新千歳空港に来るといつも天気がよろしくないですw

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(4)|Trackback(0)





2014年06月30日(月) ANA2158便 那覇→成田12:25→15:00
767-300 JA8569 座席:2A(PremiumClass) 那覇SPOT:31 成田SPOT:426 高度:39000ft 速度:890km/h 区間マイル:984mile 金額:28000円(プレミアム旅割28)


楽しかった沖縄遠征も終盤、ANA2158便で成田に戻ります。
帰りもプレミアムクラスの利用、当日の朝までプレミアムクラスの座席は選び放題だったのですが、空席照会画面では空席なし。おそらく座席指定をしていない人が多かったのでしょう。


前日のような軒並み満席!という訳ではなく、幹線には空席がある便があります。しかし私が搭乗するANA2158便はプレミアムクラス、普通席ともに満席の模様です。


羽田空港や福岡空港、新千歳空港のように専用の保安検査場入り口はありません。
ANAではB-1レーンが上級会員及びプレミアムクラス利用者のレーンとなります。


那覇空港のANAラウンジは36番ゲートの右横にあります。


内部は…狭い!!ラウンジ内はほぼ満席であり、座席も狭い狭い…。ゆっくり荷物の整理もできません…。


なんとか窓側の席が空きました。旧国際線ターミナルが取り壊され、この場所もおそらく国内線のスポットになることでしょう。そうなるとANAラウンジはどこに移動することになるのでしょうか。キャパシティオーバー気味なのでもっと広くなればいいですね。


ラウンジのドリンクコーナー。


沖縄らしく泡盛があります。久米島の久米仙です。


ビールはもちろんオリオンビール!!


ランウェイ18にアプローチする飛行機を見ながら、オリオンビールであっり乾杯!!


搭乗時刻が近づいてきたので31番搭乗口に向かいます。搭乗開始時刻は12時10分頃ということですが…まったく搭乗開始する気配がありません。


機体の左側面に回りこんでみました。


機長さんが外部点検を行っています。こりゃまだまだ搭乗開始まで時間が掛かりそうです。


結局搭乗開始時刻は10分伸び、12時20分搭乗開始。那覇空港のランとこれから搭乗する767-300、JA8569。23年選手のおじーちゃんです。


日の丸が誇らしげのIOJ塗装機です。


小雨が降っている那覇空港。


今回の座席は2K。やはり搭乗客は外国人がほとんどであり、プレミアムクラスにも外国人が数人搭乗していました。


定刻より15分遅れの12時40分にドアクローズ、プッシュバック開始。31番スポットからの767のプッシュバックは本当に窮屈そう。
ターミナルギリギリまでプッシュバックし、少し前へ引かれます。いつも後ろにトーイングされているので、前にトーイングされるのはとても不思議な感覚に陥ります。


12時50分、タキシング開始。あっという間に滑走路に辿り着き、12時52分、ランウェイ18よりテイクオフ。


潮が引いて晴れていたらとても美しい海が見えるのですが…。


瀬長島の上空をパス。しばらくランウェイヘディングで飛行し、右へ左へ積乱雲を避けながらの飛行。そして大きく左旋回、成田を目指します。


ベルトサインが消灯し、PremiumGOZENがセットアップされました。ドリンクはオリオンビールをオーダー!
…机が軽くたわんでいます。おじーちゃんな機体ですからしょうがないですね。


PremiumGOZENでご飯モノは久しぶり。いつもサンドイッチなので…。
小さいですがウナギは暑い沖縄で披露した体にとても嬉しかったです!


雲の上を飛行。奄美大島上空を飛行しているようですが、まったくわかりません(^_^;)

【140630】ANA2158便(那覇⇒成田)キャプテンアナウンス

キャプテンアナウンスを収録しました。耳の良い人はキャプテンのマイクの奥でATCが流れているのが聞こえると思います!


海老中華雑炊もオーダーしちゃいました。そしてビール二本目!!


シメはスターバックスのコーヒー!
…ラウンジでビールを飲み、機内で缶ビールを2本、そしてコーヒー…トイレがとても近くなります。ひどい時には10分に1回行っていました。となりのおばちゃん何度もまたいでごめんなさいm(__)m


機体は徐々に降下を開始し、九十九里浜上空から千葉県に入ります。ベルトサインが点灯され、右手に見えるのは銚子市。


どうやらランウェイは16の模様です。一旦霞ヶ浦まで北上し、ランウェイ16LのILSコースに乗ります。流域面積日本一の利根川をパスします。


15時07分、ランウェイ16Lにランディング。リバースをかけて減速、オープンスポットまでタキシングします。


15時15分、成田空港426番スポットに到着!27日に出発した同じオープンスポットに戻ってきましたw


今回座った私の座席。


写真を撮っているとCAさんが座席をメイキングしてくれました。ありがとうございます(^^)
ご一緒したCAさんは伊丹-福岡-成田をフライトし、四日間飛び回っていたそうです。767は日本を縦横無尽に飛び回るのでステイすると朝どこにいるのかわからなくなりそうですねw


めっちゃ逆光ですが、オープンスポットは大好きです(^^)


ふとエンジン音が聞こえてきて振り返るとマレーシア航空の737-800が。ここで一日中写真を撮っていたいです(((o(*゜▽゜*)o)))


機長さんが乗客を見送っています。


バスがターミナルへ向けて出発。




着陸は15時07分でしたが、到着ロビーにパージされたのは30分後の15時36分でした。…なんだか頭がいたい…機内でビールを飲み過ぎて調子が悪くなってしまいました。ラウンジで少し休憩して帰路に着きました。

さて、今回の那覇遠征、出発数日前まで梅雨前線とにらめっこしていましたがなんとか出発間際に梅雨明けしてくれました。
全日快晴とはいきませんでしたが、概ね晴れの天気で素敵な写真が沢山撮れました。特に石垣島!那覇からは便を選べば4400円と格安で乗ることができるので、また行って海をバックにしたヒコーキの写真を撮りたいですね。

さて、7月は中旬から下旬にかけて数多くヒコーキに搭乗します!台風とか来ないで予定通りに遂行できればいいのですが…(^_^;)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(8)|Trackback(0)





6月30日、この日は午後の那覇発成田行きのANA便で帰ります。それまで那覇空港で撮影の予定でしたが、朝からポツポツと雨が降っており、『今日は撮影はダメかなぁ…』と思いながら朝食。
まぁ撮影がダメでもラウンジでまったりしていようと思いながら荷物の整理。チェックアウトして最寄りの美栄橋駅に向かいます。


美栄橋駅前。なんだか晴れてきました。これだから沖縄の天気は分かりませんw


ゆいレールに揺られて那覇空港へ。今日は27番スポットにサンアーク・ワンワールド塗装の767が駐機しています。そして空港西側にはでっかいCB(積乱雲)が…w風は南寄りの西風。絶対スコール来るww


SWALジェットが到着。26番スポットに入ります。


展望デッキ北端からはランウェイ18にアプローチする機体が撮影可能。この北側デッキは初めて来ました…ここからANAジャンボのアプローチを狙いたかったです。


着実に距離を詰めていく積乱雲、そしてスコール。ポツリ、ポツリ…と雨が降ってきて、直後に…


どざぁぁぁぁぁぁ!!とスコール襲来!!


エプロンも滑走路もあっという間に水浸しですw


スカイマークだらけの那覇空港。横殴りの雨、手前のスカイマーク機に手荷物を積み込んでいましたが…手荷物びしょ濡れです(^_^;)


くまモン先輩到着だモン!


SWALの出発を見届けてこの日の撮影は終了!というか打ち切り!那覇空港は視界が悪いらしく、GCAアプローチを行っていました。
ファイナルコントローラーと言われる管制官が一方送信で精密なレーダー誘導を行うGCAアプローチ、ILS CATⅠ程度の精度があるようです。
誘導限界点に到達し、ファイナルコントローラーからタワーに引き継がれる際、パイロットが『ナイスコントロール!グッデイ!』と言っていたのが印象的でした。まさに空の指揮者、職人技ですね。

次回は沖縄遠征最終回、ANA1852便搭乗記です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(4)|Trackback(0)





2014年06月29日(月) ANA1782便 石垣→那覇19:00→19:55
737-800 JA52AN 座席:19A 石垣SPOT:6 那覇SPOT:35 高度:27000ft 速度:860km/h 区間マイル:255mile 金額:4400円(特割C)



日帰り石垣島、ANA1782便に乗って那覇に戻ります。ぴかりゃ~にお見送りされます。


出発前に腹ごしらえ。ターミナル内の店舗で八重山そば。


デザートは同じくターミナル内のミルミル本舗のジェラート!島バナナとパイナップルを頂きました。


この時期はマンゴーが旬ですね。大きいマンゴー、1個1000円ほどで販売していました。


保安検査場を通過し、出発ロビーへ。この日那覇まで搭乗するのは青ジンベエ…ではありません!こっちに乗りたかった!


私が搭乗するのは19時00分発のANA1782便です。定刻での出発の模様です。


18時45分、優先搭乗から始まり機体後方座席の乗客の搭乗案内。


本日搭乗するのは737-800のJA52AN。西日に照らされています。


チーフパーサーに迎え入れられて機内へ。機体前方は8席のプレミアムクラス、私の席は普通席の19Aです。薄型のシート…すわり心地は…ちょっと固めです。


窓からはウイングレットがよく見えます。隣には青ジンベエ。




定刻よりも3分ほど早い18時57分、ドアクローズ。そしてヘディングをノースに向けるショートプッシュバック。


ウイングレットに夕陽がキラリ。


南ぬ島石垣空港は相変わらず南風が卓上しており、ランウェイは22。勾配のある滑走路にランナップします。


ランウェイ22よりテイクオフ!


しばらくランウェイヘディングへ飛行し、レフトターン。バイバイ!石垣島!那覇空港を目指します。


電子機器の使用制限が解除されました。積乱雲を避けながら飛行しています。


737-800の安全のしおりとANAマイチョイス。CODEOビール飲みたい…。


眼下には宮古島から大橋が伸びる池間島が見えてきました。


沖縄の日の入り時刻は19時30分過ぎ。定刻に出発すれば上空で沈みゆく夕陽が見れるかなと考えていました。
予想通り左窓からは夕陽が。積乱雲に光が遮られ、ラインが浮かび上がっています。


燃えるような夕陽と積乱雲。こんなにも綺麗な夕陽を機内で見たのは初めて。うっとりしてしまいました。

【140629】ANA1782便(石垣⇒那覇)キャプテンアナウンス


キャプテンアナウンスによるとこの先雲の中を飛行する為、揺れが予想され、早めのシートベルトサインを出すとのこと。
19時37分、ベルトサインが点灯し、徐々に高度を下げていきます。心配されていた揺れはほとんどなく、スムーズな降下。
那覇空港の使用滑走路はランウェイ18。標準到着経路では嘉手納のほうまで回りこまなければなりませんが、どうやらビジュアルアプローチを行っている模様。ダウンウインドレグからベースレグ、そしてファイナルレグ。ターンをし終えた時には左窓には那覇空港の貨物地区が見えていました。すぐにタッチダウン、リバースをかけて減速します。時刻は19時48分、フライトタイムは約40分という短いフライトでした。


19時51分、4分ほど早着して那覇空港35番スポットに到着!


ログブックを書いて下さったCAさん、実は5月の福岡-成田便でお世話になったCAさんでした。LCCとは違い人数が桁違いのANAのCAさんで同じ方に当たったことは奇跡に近いです。ログブックを見て私のことを思い出したようでお互い驚いていましたw


この日のCAさんの乗務は那覇ステイから始まり、那覇-石垣を往復、那覇発羽田行きの最終便であるANA138便で羽田へ向かい乗務終了とのこと。
この日はいつもの床宿ホテルグランビュー沖縄ではなく、第二床宿になるであろう国道58号線沿いのホテルエアウェイ。施設は古いですが、従業員の接客や美味しい朝食が出て格安の3600円でした。沖縄のホテルは安くていいですね。

次回は6月30日那覇空港編です。朝から雨、そして那覇空港に到着しても曇ったりスコールが降ったりで微妙な撮影でした(^_^;)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(4)|Trackback(0)





2014年06月27日(金) ANA2159便 成田→那覇17:55→20:55
767-300 JA8360 座席:1K(PremiumClass) 成田SPOT:426 那覇SPOT:33 高度:38000ft 速度:800km/h 区間マイル:984mile 金額:28000円(プレミアム旅割28)



沖縄梅雨明け!!今年の梅雨は長いかも…と言われていましたが、平年値より+3日ほどでほとんど誤差の範囲でしたね。
そして梅雨明けと同時に沖縄へ飛ぶヒコーキクラスタ…どうも僕です。
過去の平年値から沖縄の梅雨明けは6月末とにらみ、那覇便のチケットを1ヶ月以上前から予約を取ろうとしていたのです。しかし考えることは皆同じ、6月末の羽田発沖縄行きの便はかなり埋まっており、どうするか迷っていました。
そこで目をつけたのは成田発の沖縄便。こちらは一日一往復ですが、プレミアムクラスで予約すると成田空港のアライバルラウンジで食事もいただけます。
プレミアム旅割28は羽田発とは値段が大違い、28000円で予約できました。ちなみに株主優待割引だと26100円ほど。優待券代を考慮してもプレミアム旅割28のほうが安くなりました。

今回の旅程は27日~30日の3泊4日。27日は移動のみ、28日は丸一日那覇空港での撮影、29日は午前中のみ那覇空港で撮影し、その後石垣空港へフライト、石垣空港での撮影後、最終便で那覇へ。30日は午前中のみ那覇空港で撮影し、成田へ戻るプラン。旅程が長い割に『観光?なにそれ?』といった完全に遠征プランとなっていますw
元々27日~29日の予定でしたが、30日が急遽休みになったので一泊追加、更に石垣往復を追加したのです。石垣往復もANAの特割Cで往復8800円ですよ!スカイマークとPeachのおかげですね(^_^;)


梅雨の季節なので電車で成田空港へ。展望デッキにも上がらずに南ウイングへ!


2月の伊丹遠征の際にも利用した『ANA ARRIVAL LOUNGE』、ここは国際線到着客用のラウンジですが、国内線の出発ラウンジも兼ねています。


日本で数少ない国内線利用で軽食が食べられるラウンジでもあります。他で軽食が食べられるラウンジは羽田のJALダイヤモンドプレミアラウンジくらいでしょうか。


ビールクズ開始!出発前までラウンジでぐでんぐでんになりながら呑んだくれをしていましたw


出発45分前、そろそろ保安検査場を通過します。保安検査場に伸びるコンコース手前には大型パネルに『THANKS JUMBO!』と題し、ジャンボの写真がスライドショーされていました。
どうやら成田-熊本チャーターの際の写真のようです。退役からまもなく3ヶ月も経とうというのにまだこのようにジャンボの余韻を残してくれており、少し嬉しくなりました。


優先レーンで保安検査を受け出発ロビーへ。今回は搭乗口B・Cからの搭乗となります。


搭乗口B・Cはバスでの搭乗。その為か出発25分前からの搭乗開始予定となっていました。この写真を撮っている時には既に搭乗に際し係員のお手伝いが必要な方の搭乗が開始されています。


乗客はほとんどが外国人。日本人はほとんどいません。多くのコードシェアが組まれている便ならではです。


17時35分、優先搭乗が開始されました。優先搭乗組はこのようなANAのマイクロバスで先行して搭乗機まで向かいます。


途中、真横をANAのボーイング787が通過。JA806Aですね。


搭乗機の前までやってきました。成田空港は雲が多め。


そして遠くにはモヒカンジェットが…こっちに…乗りたかった…。


本日の搭乗機は767-300のJA8360。23年選手のおじいちゃんです。


やっぱり767は大きいですね!中型機とはいえ、エプロンから見ると迫力があります!!


チーフパーサーの笑顔に迎え入れられ機内へ。今回の座席は最前列右側の『1K』です。
このシート、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。そうです、747-400に装備されていたシートと型が同じなのです!
737-800に装備されているシートもベースは同じですが、あちらはパーソナルライトやAC電源など少し進化したバージョンです。


隣のスポットにはスカイマークが駐機しています。


私の座席からはジャンプシートが少し見ることができます。
昔話になりますが、一時期ANAはオールエコノミーの767-300を就航させていたことがあります。ガキの頃、このオールエコノミーの最前列右窓側に座ったことがあるのです。
着陸前の乱気流で驚いていた私に、ジャンプシートに座っているCAさんは笑顔で『大丈夫だよ、安心してね』と言われた記憶があります。
その後のフライトは妙に安心して乗ることができ、それ以降飛行機が好きになった…気がします。私の飛行機好きの原点とも言える、思い出の場所なのです。

定刻の17時55分、ドアクローズ。チーフパーサーの『door's for Departure』のコールで電子機器の使用が制限されます。
C7、C-TWYに入り第一ターミナル側へ。ランウェイ16Rへ向けてタキシングします。
第一ターミナルにはタイ国際航空やシンガポールのA380、そこへユナイテッド航空のジャンボ機が離陸していきました。羽田空港が国際線の幅を広げているとはいえ、まだまだ日本の玄関口成田空港、大型機が多めです。
18時22分、ランウェイ16Rへランナップ。一旦停止するスタンディングテイクオフ。細かい型番は違えど、ジャンボ機と同じCF-6エンジン。ヒューンと心地いい音が響きます。滑走路を半分も使わずにテイクオフ。しばらくランウェイヘディングで飛行し、太平洋上空に出て何回かに分けてライトターン。上空は雲がかなり高く、なかなか雲の上に出ません…。最後に大きくライトターンし、那覇へ向けて進路をとります。


18時43分、本日の巡航高度38000ftに到達しベルトサインが消灯…しましたが…外は雲の中。夕陽を狙って右側席にしましたが今日は拝めそうにありません。


PremiumGOZENがセットアップされました。サンドイッチです。なんだかPremiumSABOのようですねw


CAさんが食べ終わった乗客に麻婆雑炊や海老雑炊を勧めていました。私は麻婆雑炊を頂きます。この麻婆雑炊結構辛いのですw
味覚が鈍る上空でこの辛さなので、地上ではかなり辛いことでしょうw


食べ終わって安全のしおりなんぞを眺めてみます。


プレミアムクラスのサービスメニュー、先月はあった747-400の文字がなくなってしまいました(´・ω・`)


オリオンビールもう一本!オリオンビールは軽い飲み口なのでゴクゴクいけてしまいます!


ふと外を見ると雲の隙間からうっすらと夕暮れの空が見えました。雲の間を飛行しているようですね。


6月の翼の王国のトップにはANA CEOである篠辺修氏の挨拶が掲載されていました。
『夢をありがとう』と題し、3月31日に退役したジャンボ機のその後が書かれています。退役してもまだまだ余韻を残すジャンボ機、本当に愛された機体なんだなと再度実感しました。

外も真っ暗になり、私もPCを取り出してのーんびりしていました。機体は徐々に高度を下げていき、20時40分、ベルトサインが点灯。
更に高度を下げ、約1000ftでレベルオフ。機首を軽く上に向けて嘉手納の空域をパスします。
スクリーンには遠くに那覇空港の滑走路。再度高度を落とし、20時51分、那覇空港のランウェイ18にランディング。フルリバースで減速し誘導路へ。33番スポットへタキシングしていきます。
チーフパーサーの挨拶では『梅雨明けしたばかりの沖縄をどうぞお楽しみください』と。明日からの那覇空港が楽しみです(((o(*゜▽゜*)o)))


20時56分、那覇空港に到着!CAさんとお話をしながら荷物を纏め、降機します。この日のクルーはこの便のみの乗務で、本日は那覇ステイで明日また乗務があるとのこと。


久しぶりにANAの767-300に搭乗しました。あ、そういえば767-300のプレミアムクラスは初めてでした!
2-1-2のシート配列、窓側もいいですが真ん中の一人がけシートも良さそうですね。


ログブックと一緒にジャンボのシールを頂きました!そして767のシールも…こちらは初めて!上の767、サングラス掛けていますwカッコイイですね!
この日は床宿のホテルグランビュー沖縄に宿泊、明日から晴れてくれよ…と願いつつ、就寝しました。

次回は6月28日の那覇空港編です!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(6)|Trackback(0)





引き続き、南ぬ島石垣空港での撮影です。今回も撮った写真をペタペタ貼っていきます。
私がいる滑走路反対側の高台ポイント、気温は32度とかなり高いのですが、風が吹き抜け、体感温度はかなり涼しいのです。
しかし足元は草地となっており、いつハブが出てきてもおかしくありません。暑くても足元が隠れるズボンで訪れることが自分の身を守る第一歩です。


羽田行きANA92便がプッシュバックを開始しました。


南ぬ島石垣空港の管制塔と一緒に。




ランウェイ22にランナップします。空の雲とにらめっこ…所々で雲が太陽を遮ります。なんとか光当たってくれ…。


雲の隙間のスポットライト、ベストタイミングで機体に光があたってくれました!


直後のターミナル前では雲で太陽光が遮られてしまいます(^_^;)


東京までいってらっしゃい!石垣直行便は767だと快適そうですね。私もプレミアムクラスで石垣島にダイレクトインしたいですw


さて、767-300が出発した後の南ぬ島石垣空港は残っている小型機の出発ラッシュです。


Peachも出発。


サンアークと夏空。


ドルフィンくんもプッシュバック。






Peachは関空へ向けて飛び立ちます。


ドルフィンくんのテイクオフを見届けて滑走路反対側の高台での撮影は終了!


帰りは歩いてターミナルへ向かいます。距離にして約2kmほど、のんびり歩いても約30分程度でしょうか。
そうそう、この高台ポイント、陽を遮る所がないので熱中症になりかねません。近くの国道に自動販売機がありますので、しっかり買っておいて水分補給をしましょう。


石垣島の夏空と管制塔。


ランウェイ04エンドの進入灯まで歩いてきました。


ここは北海道ですか?いいえ、石垣島です。


フェンス沿いに歩いて行ったら海上保安庁の格納庫前に出ました。ここからもフェンス越しになりますが、撮影ができそうです。


ちょうどJTA機が到着しました。


カーラ丘をバックに。




スポットイン。


続いてANAの737-800がやってきました。


こちらもカーラ丘と一緒に。フェンス越しですが新石垣らしさが撮れるスポットです。




JTA・ANA・SKYの3機が仲良く並びました。


さて、テクテクとターミナルへ向かって歩いていきます。前来た時はこのような施設は無かった気がしますが…南ぬ島石垣空港のマスコットキャラクターである『ぱいーぐる』が描かれています。


燃料タンクにも『ぱいーぐる』がw


ターミナルでクールダウンし、展望デッキに上がってきました。私が搭乗する機体のお出迎えです。


完全逆光ですが、光のシャワーがとても綺麗(人´∀`)


スポットイン!この後保安検査場を通過し、出発ロビーに向かいました。たった5時間の石垣島滞在でしたが、青い海をバックにヒコーキの撮影ができて大満足でした。またこの撮影ポイントで撮影したいですね。

次回はANA1782便の搭乗記です!那覇へ戻ります!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(2)|Trackback(0)





明日から旅行に行ってきます。記事は毎日夜に自動更新でアップされますが、コメント返しは帰ってきてからになりそうです。行き先は…搭乗記作ります!

南ぬ島石垣空港に到着した私、到着ロビーは人がかなり多めです。タクシーの待ち行列に並び乗車。月刊エアラインにも載っていた滑走路の反対側にある撮影ポイントに行ってもらいます。
歩いてもいけますが、タクシーでも700円くらいでいけます。楽ですし時間的ロスがありません(^^)


撮影ポイントがよくわからず、とりあえずフェンス沿いでおろしてもらいました。ここから北側へ向けてテクテクと歩いて行くとフェンスをクリアできる高台があります。


おおおおおぉぉぉぉ…絶景!!ヒコーキいなくても最高の景色です!!今まで訪れた数多くの撮影ポイントの中で、一番最高の景色なポイントかもしれません。


今回は気に入った写真をペタペタ貼っていきます。


RACが与那国島へ向けてテイクオフ!


私のいる場所からはエアボーンが前気味に狙えます。そして背後はどこまでも続く青い海!!


最高の背景で震えていたら、羽田からANA91便が到着しました。石垣空港で最大の機材である767-300です。




私が搭乗してきたJA303Kが出発する模様です。






ここから見ていたら崖の端っこをタキシングしていて落ちそうですw






ターミナルと一緒に。


そして管制塔と一緒に。


眼下はランウェイ04の進入灯。夏空へ向けて飛び立っていきました。


さらに那覇よりドルフィンくんが到着です。








石垣島の新参、スカイマーク。石垣島にはJTA・ANA・Peachと3社には乗って来たので、今度はスカイマークに乗って石垣島に来たいですね。


天気は運任せ。残念なことに雲がかかってしまいました。


上昇するとこのように光が^^;


JTAの737-400です。




お次はPeach!15時到着の予定でしたが、50分ほど遅れていました。




スポットが開いていないのでランウェイエンドまで転がっていきます。


サンアーク塗装の737-400!




赤組と青組。


737-500がいたスポットへPeachは入っていきます。




見にくいですが展望デッキに手を振ってお見送りしている人たちがいます。


ヒョイッとエアボーン!

次回も南ぬ島石垣空港で撮影したヒコーキです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(6)|Trackback(0)





2014年06月29日(月) ANA1771便 那覇→石垣12:45→13:45
737-500 JA303K 座席:15F 那覇SPOT:36A 石垣SPOT:6 高度:28000ft 速度:820km/h 区間マイル:255mile 金額:4400円(特割C)

大好きな737-500、スーパードルフィンで石垣へ向かいます!
那覇-石垣便はスカイマークやPeachのおかげで特割Cであっても4400円と超格安。貯まるマイルは188mileと少ないのですが、特割で予約するとプレミアムポイントが776PP入ります。往復で約1500PP!!ANAやJAL修行に人気の路線です。


ガラスエリアで撮影していましたが出発時刻が近づいてきたので出発ロビーに向かいます。出発表示板は…ご覧の通り満席を示す『✕』印がずらりと並んでいます。流石日曜日の午後です。
そんな中唯一空席がある広島便…人気がないのでしょうかw
って言ってたら『△』でも十分でしょwって友人に言われましたw


私が搭乗するANA1771便は10分遅延の12時55分の出発になる模様です。


本日の搭乗口は36A。36番搭乗口を2つに分けてより多くの航空機がPBBを使えるようにしたスポットです。


時刻は12時23分、私が搭乗する機体が36Aスポットに到着しました。搭乗する機体はJA303Kの模様です。


小型機ということもありますが、テキパキとターンアラウンドの準備を整え、12時48分、機体後方座席の乗客より搭乗開始。
36Bのコンコースとは中央のセパレーターで区切られています。


眉剃りをされた737-500です。


続々と搭乗。JA303Kは肉厚のフカフカシートでした。機体後方には賑やかな団体客。


搭乗時にはポツポツと降っていた雨が…。


数分後、スコールに変わりました!!雨で視程がかなり悪くなり、大雑把に約3000m。グランドスタッフはドタバタと大変そうでした…。
33番スポットには同じく遅延しているANA126便。3ヶ月前までジャンボ機で運航されていた、そしてジャンボのラストフライトを迎えた便です。
13時03分にドアクローズするものの、那覇空港は出発機で混雑しているとのことでプッシュバックの待機。その間にもみるみるうちに雨が強くなっていきます。
13時14分、ようやくプッシュバック開始。同時にANA126便も隣でプッシュバック。トーイングバーが外され、目の前はもうランウェイ18ですが待機して、ANA126便、そしてSKY874便のJA737Pを先行させます。


その2機の後、E-0誘導路へ向けてタキシング、そして滑走路進入。13時26分、ランウェイ18よりテイクオフローリング開始。豪快なエンジン音と背中に押さえつけられるほどのGがとても心地よく、そんな感感触を楽しんでいたらあっという間にエアボーン。
ベルトサインが消灯するまでは右へ左へフラフラ…そして窓の外は積乱雲。どうやら雲を避けながら飛行をしているようです。南ぬ島石垣空港へ向けて上昇、進路を取ります。『写ルンです』での撮影です。


13時32分、まだ雲の中を飛行していますがベルトサインが消灯しました。


関東ではなかなか見られない雲空に終始窓にかぶりついていました。

【140629】ANA1771便(那覇⇒石垣)キャプテンアナウンス

キャプテンアナウンスが入りました。音声で収録したのでどうぞお聞きください。


キャプテンアナウンスの通り、右手窓に宮古島、そして奥に下地島が見えてきました!




おおおぉぉぉぉ…美しい海…。宮古島はダイビングスポットとして有名、ちなみに私の友人もこの日宮古島でスキューバーしていました。この写真のどこかにいますw


写真中央は来間島。宮古島とは橋で繋がっています。入浴剤のようなエメラルドグリーンの海、美しいです。


翼の下から下地島空港の滑走路が見えてきました。こっちに降りたい(^_^;)


エメラルドグリーンに染まるランウェイ17エンド。残念ながらエプロンには航空機の姿はなし。


ベルトサインが点灯し、電子機器の使用制限。眼下は多良間島です。


多良間空港も見えます。


南ぬ島石垣空港は南風のランウェイ22。ストレートインでのアプローチです。右手に石垣島の北部を眺めながらファイナルアプローチ。石垣島は雲が少し多めですが、所々で晴れています。


まもなくランディング…。


右手にはカーラ丘が見えます。


14時12分、ランウェイ22にランディング。フルリバースの轟音が機内に響きわたります。誘導路に入り、5番スポットへ向かいます。


南ぬ島石垣空港到着!晴れています(^^)


雲がプカプカ浮かんでいます。


到着ロビーでは八重山のマスコット、『ピカリャ~』に迎え入れます。通算4回目の石垣島、新空港になってからは2回目です!
この後タクシーに乗って滑走路の反対側にある撮影ポイントに向かいました。次回は6月29日、石垣空港撮影編です!青い海と目の前で離陸するヒコーキにテンションが上がりまくっていました(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ


コメント(8)|Trackback(0)





6月29日、場所はホテルグランビュー沖縄の8階自室。6時ごろにヒコーキのエンジン音で目覚めました。素晴らしい目覚ましです(^^ゞ
…深夜貨物の逆噴射の音で目覚めたら最悪ですが…w


この日は定刻の出発であったNCAの離陸を撮影してホテルの朝食、そして那覇空港へ!


この日は午後イチの便で石垣島へ向かいます。ターミナルのどこで撮影するか迷いましたが、4階のガラスエリアにすることにしました。普通にヒコーキの写真を撮ろうとするととても邪魔な第二滑走路工事の重機。この重機を絡めた写真を撮ろうと思ったのです。建設中の写真も記録の一つですね^^;


そしてこの日も27番スポットにはJALの767が駐機していました。軽く雨が降ってエプロンに翼の形が浮かび上がっています。


晴れてはいるのですが…雲が多めで太陽が遮られてしまいます。


陽が当たると海が輝きます^^


Peachと背後は第二滑走路建設中の重機。


羽田から朝イチ便のJAL901便が到着。


ソラシドエアのご当地プロジェクト。これは食の楽園宮崎のステッカーを貼っています。初撮影です。


また軽く雨が降ってしまいました。ドルフィンくんがエプロンをブラストで乾かしながらタキシングしていきます。


羽田よりスターアライアンス特別塗装機が到着。


エバー航空のA321と一緒に。


バニラエアは本日はJA8391でした。


ワンワールド特別塗装機のJA752J。この機体はWi-fi用通信アンテナがまだ装着されていませんね。


香港航空のA330-200。


E-2誘導路よりスクランブル発進のF-15が離陸。アフターバーナーを炊き、窓ガラスを響かせながら出発していきました。一時期のような頻発したスクランブルは落ち着きましたが、南の防衛最前線は今日も忙しそうです。
そういえば、この写真を原寸大で見てみると、機体ロゴマークが千歳基地の302飛行隊のモノでした…。応援でしょうか。


心をひとつにがんばろうニッポン塗装機。


25番スポットに機体が駐機していなければタッチダウンまで綺麗に撮ることができます。


昨日はアシアナ航空の767-300がスターアライアンス塗装でしたが、本日はA321がスターアライアンス塗装です。


そして本日も会いました、モヒカンジェット!


ダヴィンチヘリコプターと鶴丸。時刻は12時過ぎこれにて那覇空港の撮影は終了!この後は石垣島へ向かいます。
次回はANA1771便搭乗記です!機内からとても綺麗な海が見えました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(3)|Trackback(0)





今回も6月28日の那覇空港編です。一旦有料展望デッキを出て向かったのは増築されたスカイマークカウンター付近。


ここからはランウェイ18にアプローチする機体が見えるのです。


出発するマンダリン航空。この場所から見える旧国際線ターミナルの取り壊しはほとんど終わっていましたが…一部がまだ残されていました。


進入灯と一緒にANAの767-300。時刻は13時40分。ご覧の通りさすがに逆光になってきました。場所を移動します。
午後は瀬長島へ!赤嶺駅までゆいレールで向かい、タクシーで瀬長島ホテルの前まで向かいます!


タクシーの運ちゃんと楽しく話しているうちに瀬長島ホテルの前に到着!目の前は青い海…!ではなく、めっちゃ潮引いてるww


ランウェイ18運用の時に瀬長島を訪れたのは初めて。どのように撮れるのか気になっていましたが…。


離陸機めっちゃ高い!!


Peachもこの通り。


ソラシドエアも…お腹の『Solaseed Air』が見えるのはいいのですが…w


ということで潮が引いている時限定の撮影ポイントに向かってみました。


撮影していても問題ない場所ですが、一応場所は非公開とさせていただきます。


着陸機は見えませんが、離陸機はちょうどいい位置でエアボーンします!!南風時の撮影ポイントに乏しい那覇空港にとって貴重なポイントです。


背後に積乱雲。


青ジンベエ。


日本は早々に敗退してしまいましたがW杯応援塗装のSAMURAI BLUE。


離陸後、那覇ディパーチャーにコンタクトした機体は大きな積乱雲を避けながら上昇を続けていきます。




展望デッキからはちっぽけなアイランダーもこの通り。こんな日のフライトはさぞかし気持ちいいことでしょう。




離陸滑走距離が短い737-500であればギアアップ状態を狙うこともできます。


WAONジェット。JT9Dエンジンのいい音が響きます!


空港の西側に巨大な積乱雲があり、機体に光が当たらなくなってしまいました。


潮干狩りをしていた地元の人達も続々と帰ってきます。私もこの後撤収、瀬長島ホテルまで向かい、タクシーに乗って帰ろうと思っていましたが途中で突然の強い雨。スコールです…!傘ではしのぎ切れなくなり雨宿り。沖縄でスコールにあたったのは実は初めてであり、キョロキョロと慌てていましたが一緒に雨宿りをしていた地元の人達はもう慣れたもののようで結構お気楽気分。
沖縄のスコールは30分ほどですぐにやむと聞いていましたが、本当に30分ほどでやんでしまいました。タクシーを捕まえてホテルに戻ります。


そういえば昨日の夜は寝ていなかったんだった…。沖縄の青い空にテンションが上ってしまい、ナチュラルハイ状態で撮影していました。
さすがにこの日の夜は早々と就寝、翌日も過酷なミッションが待っているのでぐっすり眠ることにしました。
次回は6月29日、那覇空港編です。ガラスエリアで撮影したので少し画質が落ちています…w

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

コメント(11)|Trackback(0)





27日は那覇への移動のみ、ホテルでぐっすり寝て28日は那覇空港で朝から撮影する予定でした。
オリオンビールを飲みながら床についたのですが…2時間ほどで目が醒めてしまい、時刻は深夜2時。寝ようとしても寝れず…中途半端に寝ても午前様を失いそうだったので起きておくことにしました。
それにしても深夜の那覇空港はANAの貨物機だらけなこと…ANAは那覇空港を東南アジアの貨物ハブとして利用しています。


床宿のホテルグランビュー沖縄、今回は事前に連絡を入れて上層階の那覇空港側のお部屋をリクエストしていました。
用意された部屋は…最上階の8階12号室!暗かった空は徐々に明るくなっていき、青空と青い海が見えてきまました。そこに離陸する貨物機…とても見づらいですが、この貨物機は先日導入されたJA605Fですね。
そして那覇空港は第二滑走路の建設が始まってしまいました。綺麗な海に重機が刺さっています。


旅客機の発着が始まりました。これはANA408便。福岡空港行きです。綺麗な青空、青い海、そして青い機体!!
そういえばANAがNCAのジャンボ機をチャーターし、那覇-成田間に就航させていますが…出発時刻の6時30分を過ぎてもデリバリーに入ってこない。NCAやANAの運航状況を確認しても遅延情報は全然分からない…もしかして今日は運休か…?と思っていた矢先に…『ニッポンカーゴ』のコールサイン。テンション急上昇です!!


那覇でNCAジャンボ!!アップで撮っても面白く無いので、『今の那覇らしさ』を存分に出した写真にしてみました。


瀬長島の下をパスします。綺麗な青空、青い海、そしてアラートハンガーなんかも見えています^^;
トリトンブルーもどきですが、那覇で再び青いジャンボが見れて大満足でした。これだけでも今回来た介がありますw
ちなみにATISでは気温が28度、露点は27度。計算すると湿度は約95%になります。冷房がきいた室内は27度以下になり、外側の窓が結露しまくっていました。窓にドライヤーをかけたり、冷房を切ったりと、室内なのに汗だくになりながらの撮影でした(^_^;)


興奮冷め上がらぬまま、今度はJTAのSWAL塗装がテイクオフ!


私が宿泊した部屋からはこのような光景。滑走路は一部しか見えませんが、エアボーンした後の機体が見えます。そして瀬長島と青い海、青い空も!


今日一日は過酷なミッションで昼ごはんを食べられないおそれがあった為、ホテルのバイキングでしっかり食べ、いざ那覇空港へ!
そして早速有料の展望デッキに出ます。27番スポットにJALの767がいる…!ここに767が止まっているのを見たのは初めてです!!


綺麗な青空!!湿度は高めですが、風があるので気持ちいいです(^^)


早速青ジンベエがやってきました。


那覇で何度も見ている青ジンベエですが、逆にこの機体を見ないと那覇に来たという気がしません!


RACのDHC-8-Q300。ANAのQ300は退役してしまいましたが、こちらのQ300はまだまだサンアークで現役です!少し色あせていますね。


羽田からのJAL901便。青い海をバックにランディング。


RACのQ300と一緒に。


25番スポットに駐機していた青ジンベエは同じく青いジンベエトーイングカーに押されて出発。


そこにANAの767と朝イチで宮古島へ行っていたSWALが帰ってきました。


一仕事終えた青ジンベエトーイングカーは他の場所にお仕事へ向かいます。


羽田からのJAL995便。JEXの機材・乗務員での運航です。JEXは10月にJALと経営統合されてしまい、なくなってしまいますね。


那覇はスカイマーク率がかなり高め。ANAのメインスポットである33番・32番を使用することもあります。


青い空と青い海、そしてANA125便の777-300。


32番スポットに到着です。このANA125便、去年のこの時期はジャンボ機で運航されていました。未だに『オールニッポン125』や『オールニッポン127』のコールサインを聞くと体がビクッ!と反応しますw


バニラエアはANAからの中古機、LOHACO塗装のJA8388。


SWALジェットが出発。少し引いて。背後のVOR-DMEも第二滑走路建設と一緒に移転するとの噂です。


台北からのチャイナエアラインはA330。先日までジャンボ機で運航されていたチャイナエアラインも本日は飛来せず…。ここでジャンボ機が飛来していたら嬉しくて発狂しそうです^^;


早期警戒機。プロペラベイパーがぐるぐるぐるぐる…。


ピンクジンベエはベイパーを引きながらランディング。どうやらタッチダウン時にバードストライクしてしまったようで、管制官へ報告。そしてランウェイクローズ…。


バードストライクの影響でアプローチしていたJALの777-300がゴーアラウンド。滑走路上をローパスしていきました。


ピンクジンベエの後ろは滑走路にランナップして待機していたジェットスター機。一旦滑走路をタキシングし西側誘導路へ。仕切り直しです。


先ほどアプローチしてきた777-300とはまた別の機体。両機とも羽田からの飛来です。
そしてこの日は沖縄梅雨明け後初めての土曜日。予約画面を見ると軒並み満席になっており、空席待ちも入れられない状況でした。
JALの777-300は500人乗り、2機で約1000人が那覇空港付近で空中待機ですw


27番スポットに駐機していたJALの767-300、いままでなんとかうまく避けながら撮影していましたが、結構邪魔ですw
12時前になりようやくクルーによるブリーフィングがボーディングブリッジにて開始。午前中まるごと27番スポットに767が駐機されると撮影が辛いですね…。


遠征先でよく出会うモヒカンジェット!青い海をバックにアプローチしてきました!


スポットへ向かいます。モヒカンジェットは今年の3月末までということでしたが、結局塗装延長しているようです。


ランディングしてきたサンアーク塗装の777-300、ランディングを撮り逃してしまいました…!不覚っ!!駐機しているJEX塗装の737-400と一緒に。


今までの777-300とはちょっと違います。何が違うか分かりますか?


機体中央部に衛星アンテナが付いているのです!これは7月末より開始される国内線機内Wi-fi用の衛星アンテナ。サンアーク塗装で衛星アンテナ付き、今だけ限定の組み合わせですね。


アシアナ航空はスターアライアンス塗装の767-300。レドームが通常塗装と同じ灰色になっています。


サンアーク塗装の737-400とバニラエア。バニラエアは簡易塗装のJA03VA。


モヒカンジェットが出発です。


遠くの夏雲と一緒に。陽がとても長いので午後になってもある程度展望デッキで撮影することができます。
この日は13時まで展望デッキまで撮影していました。午後は場所を移動、瀬長島に行ってみました!次回も同じく6月28日、那覇空港編です!


コメント(2)|Trackback(0)






お久しぶりです。6月末に撮影遠征に行っていたのですが、帰ってきてから仕事が鬼のように忙しく、現像もまともに出来ていない状況です。少しずつ遠征の記事を上げていくのでお待ちくださいね。


先にこちらを仕上げてしまいます。実は7月5日、メインカメラを新調しました。
買ったのはPENTAXのフラッグシップモデルである『K-3』、昨年の11月に発売された新機種です。
私はヒコーキ撮影をする人ではあまり見かけないPENTAX使い、『IstDs』⇒『K10D』⇒『K-5』⇒『K-3』とPENTAXのデジイチは4代目になりました。


発売当初から価格を見張っていましたが、ようやく長期保証込で10万円を切る値段になったと同時に、メインカメラで頑張っていたK-5が購入から3年経ち、そろそろ更改時期であることから購入を決めました。
箱から覗く『PENTAX』が誇らしげです!




ようこそ!K-3!これから宜しくね!


液晶側。K-5に比べてとても鮮やか綺麗に映る液晶画面は撮影した画像を確認するとあたかも自分が上手くなった錯覚を覚えます(^_^;)


上部から。ほとんど変わりはありませんが、K-5に比べてペンタ部分が少し大きくなっています。


メモリーカードはダブルスロット。1枚ずつ使用していく『順次』、同じ内容を書き込む『複製』、JPEGとRAWを分ける『分離』の3モードが使えます。


左が今回購入したK-3、右が今まで使用していたK-5です。
K-5はこの日までの総シャッター数が11万6207回。K-5のシャッターユニットは10万回が目処と言われていましたが、それを1万回以上もオーバーして世代交代となりました。
ともに日本全国を飛び回り、苦楽を共にしてきた相棒。私のそばにはいつもこのK-5がいました。私の荒い使い方にも耐え、大きなトラブルなくここまで付いてきてくれました。
今一度、このK-5に『ありがとう』の言葉を伝えたいです。…まだまだバックアップで頑張ってもらいますがね!


ファーストカットは部屋の天井などよりも、ちゃんと用意してあげたいですね!ということでファーストカットは部屋にあったダイキャストモデルとANAの制服フィギュアのセット!


クリックすると原寸大の画像が確認できます。ISO3200で撮っているので少しノイズが乗っていますが、シャープに写ってくれています!


いてもたってもいられなくなり、外に撮影に出かけました。ペンタックス・ブルーはK-3になっても鮮やかに出てくれます!


逆光特性もなかなか。それよりも驚いたのがローパスフィルターレスのイメージセンサー。ブログに掲載している圧縮した画像では分かりませんが、元画像を拡大すると葉っぱの一枚一枚までシャープに写っているのです。


そのK-3を引っさげて、7月6日はデビュー戦!この日は午前中に安倍総理がニュージーランドへ向かうということで政府専用機の運航が予定されていたのです。
私が羽田空港に到着したのは9時過ぎ。羽田空港の駐車場に向かうと警護車と思われる車とたくさんすれ違いました。情報収集をするとどうやら任務機の1号機は既に出発してしまったとのこと。
行ってしまったものはしょうがない、随行機をK-3初仕事とします!


この日随行機として任務に就いていたのは20-1101の1号機。随行機なので国旗の掲揚はありません。


C-1誘導路よりランウェイ34Rに入り、テイクオフローリング。重そう…w


ようやく機首上げ!




豪快な捻りを見せながらニュージーランドへ向けて飛び立っていきました。


この日撮影したのはこの政府専用機がメイン。かなり視界が悪く、あまり撮る気が起きなかったのです。
何はともあれ、K-3のデビュー戦は大好きなジャパニーズジャンボで幕開けすることができ、幸先の良いスタートです。
特性はK-5とほとんど同じですが、やはり機種が変わると若干の性格の違いがあります。使い込みK-3の特性を理解してよきパートナーとなりたいです(^^)

次回は遠征の飛行機搭乗記の予定です!…まだ数日かかるかもしれません…w


コメント(6)|Trackback(0)


     


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ