晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【本】 2013年に刊行された漫画 様々な“紫式部”の姿

2013年12月31日 12時00分00秒 | 本・漫画
 2013年に発売された紫式部に関する漫画のこと。

今年も様々な源氏物語や紫式部に関連した本が刊行されました。
独断と偏見で なぎ的 印象に残った本のご紹介です。


■キッズからオトナまで楽しめます。


週刊 マンガ世界の偉人 2013年 2/17号 [分冊百科]

朝日新聞出版 朝日ジュニアシリーズ
週刊マンガ世界の偉人53「紫式部」の号です。
2013年2月に発売されました。
現在、書店で探すのは難しそうです。

幼少時代から中宮彰子に仕えるようになった紫式部の姿を見られます。
絵も資料写真も豊富で見て読んで楽しめます。



■もしも紫式部が・・・?


もしも紫式部が大企業のOLだったなら

創元社から2013年4月に発売されました。
現代のアラサーOLとして活躍する紫式部の姿を見られます。

紫式部ひとりではなく、
「百人一首」の歌人たちが現代人に置き換えられています。
本のオビには
古典文学界が超身近になる、お笑いマンガ読本。
とあります。



■純情可憐な紫式部


わかむらさき (りぼんマスコットコミックス クッキー)

原作:黒方薫さん/漫画:池野恋さん
集英社から2013年8月に発売されました。
紫式部こと藤原香子が主人公。

今まで見たことがなかった(?)
純情で愛らしい少女時代の紫式部の姿を見られます。
続編があるとしたら(道長には悪いけれども)
少女のままでいて欲しい気もします・・・。





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 兵庫県明石市 カルタで覚える「明石のたからもの」に源氏物語も登場!

2013年12月31日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関連する情報です。

『源氏物語』<須磨><明石>の舞台でもある兵庫県明石市
明石市では、カルタで覚える「明石のたからもの」
発行されたもようです。

 ※明石市 公式サイト 広報あかし 平成26年(2014年)1月1日特別号
 ⇒ http://www.city.akashi.lg.jp/shise/koho/kohoakashi/h26/0101special.html


広報あかし 平成26年(2014年)1月1日特別号から
PDFファイルページで閲覧や印刷が可能です。

カルタの 『せ』 は
「せかいで よまれる げんじものがたり」



さらに、久しぶりに明石観光協会のサイトを見てみたところ
デザインがリニューアルされたのですね♪素敵です。

 ※明石観光協会
 ⇒ http://www.yokoso-akashi.jp/
 ⇒ http://www.yokoso-akashi.jp/course/歴史/146



 私が2008年に須磨と明石を訪ねた記録は
当方のwebサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』内、こちらをどうぞ。

 ・源氏物語ゆかりの地をめぐる「須磨」「明石」紀行





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【サイト更新】 紫の縁「源氏物語の世界」 見出しページを作成しました♪

2013年12月30日 18時00分00秒 | サイト更新記録
 サイト更新のお知らせです。


『花橘亭~なぎの旅行記~』「平安時代好きの京都旅行記」

 ・紫の縁「源氏物語の世界」~源氏物語にひたる一日~


先日、当方のブログで連載した
イベント「紫の縁(ゆかり)」レポートの各記事へ
リンクを貼っています。


京都の 旧嵯峨御所 大覚寺門跡
12月14日(土)・15日(日)に行われました。

また、このような素晴らしいイベントが開催されて欲しいと願っています。





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「ひかりナビで読む 竹取物語」 (著:大塚ひかり)

2013年12月30日 00時00分00秒 | 本・漫画
 本のご紹介です。

大塚ひかりさんの
ひかりナビで読む 竹取物語 (文春文庫)」を読了。
(2度読んだところです。




 ※文春文庫『ひかりナビで読む 竹取物語』大塚ひかり | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
 ⇒ http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167838980


<内容紹介>
日本最古の物語『竹取』が大塚ひかり全訳で現代に甦る!

 かぐや姫は悪女??
 豊かな現代語訳で『竹取』世界が鮮やかに描き出される。
 作品に潜む多くの謎に迫る古典エッセイも収録!




子どもの頃、絵本で親しんだ竹取物語。
そんな竹取物語の世界が現代語訳とひかりナビによって実像が浮かび上がってきます。
こんなに面白いとは、正直に言って思っていませんでした。

短い物語なのですぐに読み終えることができます。


ひかりナビで読む 竹取物語 (文春文庫)」は二部構成となっており、
第一部は 『竹取物語』全訳・解説、
第二部は 古典世界へのいざない と題して
大塚ひかりさんによる様々な古典作品のエッセイが収録されています。



私が所持している文庫本。
透明ビニールのカバーを付けているので照明が反射しています。




お正月休み中に
映画「かぐや姫の物語」を見に行きたいと思っています。


 オススメのページ。大塚さんによるコラムです。

 ・映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その1「身分の低さと結婚のルール」
 ・映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その2「姫はなぜ結婚を拒むのか」





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】 2013年を振り返って

2013年12月29日 18時00分00秒 | 日記
 2013年を振り返ってみます。

今年は私にとって飛躍の年でした。
幸せだなぁと感じることが多かったように思います


【1月】
赤間神宮御所神社筥崎宮竈門神社 初詣。
北九州市立美術館分館 「平山郁夫展―次世代への伝言―」鑑賞 
九州国立博物館 特別展『ボストン美術館 日本美術の至宝』鑑賞
太宰府天満宮の飛梅~2013年1月24日撮影~


【2月】
鏡神社「唐津のひいな遊び~まつらの姫達の宴~」に行く。⇒玉鬘の展示
・「週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖」全60巻コンプリート


【3月】
・漫画「とりかえ・ばや」にハマる。
京都旅行 3月21日~24日


【4月】
NHK「みんなのうた」でZABADAKの『いのちの記憶』が放送。
北九州市戸畑区 旧松本家住宅<重要文化財> 特別公開に行く。
北九州市漫画ミュージアム「少女漫画の世界展」鑑賞
出光美術館(門司) 展覧会「花鳥のしらべ―琳派・文人画から放菴まで」鑑賞
宗像市 浄光寺の藤の花を見に行く。
シンデレラときめきマップ体験講座(ダイジェスト版)に初参加。


【5月】
・新しいパソコンを購入。
宗像大社と鎮国寺へ
織幡神社 参拝。


【6月】
太宰府検定受験 ⇒初級合格しました
太宰府散策+太宰府検定特別ツアーに参加
筥崎宮 あじさい苑花庭園
藤原道長の日記「御堂関白記」が世界記憶遺産に・・・!
・「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」鑑賞。


【7月】
・漫画「天智と天武」にハマる。
ラッテたかまつの「古代の蘇(そ)」をお取り寄せ。
新居昭乃弾き語りLIVE TOUR2013 「Little Piano vol.4」 福岡Gate's7
北九州フォーラム 東儀秀樹「雅楽の価値観と僕の生き方」聴講。


【8月】
三重県明和町の観光大使の一人となる。
・漫画「わかむらさき」と「ときめきトゥナイト真壁俊の事情」にハマる。
蘇庵の「蘇(そ)」をお取り寄せ。蘇のご紹介
漫画「天上の虹」22巻発売に喜ぶ。


【9月】
雑誌「アナホリッシュ國文学」4号 特集:源氏物語 絵と文 発売。
・遅ればせながら、漫画「銀の匙 Silver Spoon」にハマる。
大阪&京都旅行 1日目2日目3日目
・漫画「3月のライオン」9巻購入。


【10月】
九州国立博物館 特別展「尾張徳川家の至宝」鑑賞1回目
きりくま 2013 西日本巡業 福岡県北九州市 CLUTCH(クラッチ)
北九州市 小倉城庭園「雅楽の夕べ」鑑賞
・漫画「ましろのおと」9巻購入。


【11月】
九州国立博物館 特別展「尾張徳川家の至宝」鑑賞 2回目
太宰府天満宮 菊花展
関門海峡横断ぷちツアー
九州国立博物館 特別展「尾張徳川家の至宝」鑑賞 3回目
洞海湾ナイトクルーズで北九州工場夜景 鑑賞。
・映画「清須会議」鑑賞。
・漫画「キララの星」10巻購入。
・漫画「銀曜日のおとぎばなし」愛蔵版にハマる。


【12月】
北九州市漫画ミュージアム 企画展示「エヴァンゲリオン展」鑑賞
石山寺オリジナル「紫式部・源氏物語 御朱印帳」購入♪
京都旅行 1日目2日目3日目4日目
 紫の縁「源氏物語の世界」~源氏物語にひたる一日~に参加。
・人生初!帯状疱疹(たいじょうほうしん)になりました。
 こんなに痛くて長引く病気とは思いませんでした。



 まとめ。

『平安時代』『源氏物語』『紫式部』というキーワードをご縁として
知り合うことができた方が今年はさらに増えました。
しみじみと嬉しく思います。

各種SNSで交流がある方々にも感謝しております。
当ブログ「晴れのち平安」、
webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』を
ご覧くださった方々にも感謝!!

2013年、ありがとうございました。





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【三重県明和町】 いつきのみや歴史体験館にて「追儺と正月」開催中。~1月13日まで

2013年12月29日 12時00分00秒 | 三重県明和町
 三重県明和町観光大使のひとり なぎ です。

三重県多気郡明和町にある
いつきのみや歴史体験館では
いつきのみやの冬「追儺と正月」の展示が開催中です。
~1月13日(月)まで。

※いつきのみや歴史体験館
 ⇒ http://www.itukinomiya.jp/


注意:年末年始は、12月29日(日)から1月3日(金)まで休館されます。




 三重県明和町の情報。

1月1日(水)午前6時~、
大淀海岸<大淀ふれあいキャンプ場前>にて
初日の出を迎える会 が行われます。

 ※明和町観光協会
 ⇒ http://meiwa.sub.jp/



お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「誰も書かなかった清少納言と平安貴族の謎」(監修:川村裕子)

2013年12月29日 00時00分00秒 | 本・漫画
 平安時代に関する本のご紹介です。

ただいま、先月発売された川村裕子先生監修による
誰も書かなかった 清少納言と平安貴族の謎 (中経の文庫)」を読んでいるところです。




本の構成は以下のとおり。

 第1章 謎の女流作家・清少納言
 第2章 恋する宮廷人
 第3章 宮廷人の暮らし
 第4章 宮廷人のファッションとメイク
 第5章 宮廷人の生活風景
 第6章 宮廷人の社会生活



<内容>

 “清少納言が抱えていたコンプレックスとは?
  貴族の恋の始まりは?
  女性があこがれる美人の条件とは?
  政争に敗れた者の運命は?
  平安京を華麗に彩った女流文学の最高峰と、
  貴族たちの実像がよくわかる1冊。”



まだ読み始めたところですがおもしろいです。
気軽に読める一冊♪
年末年始はこの本を読んで、ゆったり過ごします。


私が所持している
誰も書かなかった 清少納言と平安貴族の謎 (中経の文庫)」のカバーには
 “『はなとゆめ 』の
 世界がよくわかる。”

というキャッチフレーズも付けられています。
確かに、冲方丁さんの「はなとゆめ 」を読んで
清少納言のことを知ったばかりの方には
貴族生活の入門書にぴったりだと思います。

「はなとゆめ」の感想



 川村裕子先生の著書
王朝生活の基礎知識―古典のなかの女性たち (角川選書)」」もオススメです。
「王朝生活の基礎知識」の感想







blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【三重県明和町】 東京で斎宮(=伊勢神宮に仕えた姫君たち)について知ることができる貴重な機会です!

2013年12月28日 00時00分00秒 | 三重県明和町
 三重県明和町観光大使のひとり なぎです。

東京都中央区に「三重テラス」という
三重県の魅力を情報発信する拠点があります。

「三重テラス」にて
明和町、多気町、大台町の3町が合同でセミナーイベント
「これから知る三重のい・い・と・こ・ろ~郷土人の美【食・歴・山】同源」
開催されるそうです。

三重県多気郡明和町といえば、
史跡「斎宮」跡があることが有名ですね。

以下のタイトルの講演が「三重テラス」で行われます。
 
 講演「斎宮ってなに?~伊勢神宮に仕えた姫君たちのものがたり~」
 <講師:榎村寛之博士(斎宮歴史博物館)>
  1月18日(土) 午後5時30分~午後7時まで

 “天皇の代わりに伊勢神宮に仕えた女性「斎王」を中心に、
  文学博士でもある講師が幻の宮とも呼ばれた「斎宮」ついて語ります。”



詳細・お申し込み方法は明和町斎宮跡・文化観光課FBページのこちらをご覧くださいませ。


 ※三重テラス
 ⇒ http://www.mieterrace.jp/



ご盛況をお祈りいたします。
お近くにお住まいの方はぜひどうぞ♪



 オススメの榎村先生による著書。


伊勢斎宮と斎王―祈りをささげた皇女たち (塙選書)


伊勢斎宮の歴史と文化


*☆*―――――――――――――――――――――――――――*☆*
 
 <関連リンク集>
 
 ・三重県明和町役場

 ・斎宮歴史博物館

 ・いつきのみや歴史体験館

*☆*―――――――――――――――――――――――――――*☆*




blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【サイト更新】 源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

2013年12月27日 18時00分00秒 | サイト更新記録
 サイト更新のお知らせです。


『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

開催中 または これから開催される情報については
冒頭に  で示しています。


そのほか、源氏物語や紫式部関連の展覧会やイベントが
開催されそうな寺社・博物館美術館へのリンク集ともなっています。

自薦他薦問わず、情報提供をお待ちしております。




Twitterで「源氏物語」関連情報bot(@GenjiBot)も運営しています。
フォロー・リムーブご自由にどうぞ。

⇒ https://twitter.com/GenjiBot





blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 東京 西武池袋本店にて「寿三郎人形」展開催 12月28日~1月5日まで

2013年12月27日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関連する情報です。

東京都豊島区
西武池袋本店 本館7階の特設会場にて
「寿三郎人形」展~女たちが紡ぐ千年の浪漫~ が開催されます。

新聞記事によると
“源氏物語をモチーフにした創作人形約120点をはじめ、
 NHKで放送された連続人形劇「新八犬伝」の人気作品、
 戦国時代の人物や江戸・吉原の遊女たち、
 「平成の娘たち」などを展示する。”
 のだとか。

会期は、12月28日(土)~2014年1月5日(日)まで。

 ※西武池袋本店
 ⇒ https://www2.seibu.jp/ikebukuro/index.html
 ⇒ https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000062262/1528/info_d_pv

 ※池袋経済新聞 2013年12月26日
 池袋西武で「寿三郎人形」展-平安時代から現代までの女性200点
 ⇒ http://ikebukuro.keizai.biz/headline/904/


お近くにお住まいの方はどうぞ。




blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加