晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【本】 十二単を描きたいあなたにオススメの本 Togetterまとめ

2016年07月08日 16時00分00秒 | 本・漫画
 オススメの本のこと。

中学時代、国語便覧で見た十二単(女房装束)の華やかさに憧れ
これを自分で描けないものだろうかと真剣に思いました。

そんな思いで買った本の数々を数日前にTwitterにてご紹介しました。
以下のリンク先はそれをまとめたページです。

 ※十二単を描きたいあなたにオススメの本 - Togetterまとめ
 ⇒ http://togetter.com/li/996032




 Togetter編集部によるトゥギャトピ!にもまとめをご紹介いただきました。

“和装イラストを描きたい人必見の本はコレ!
 十二単に魅せられた絵師さんがオススメする資料群”




こんな素敵なキャッチフレーズをつけてくださりありがとうございます。
嬉しいやら照れるやらでした。(笑)

なぎさんって絵師さんだったの?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
趣味でちょこっとイラストを描いているだけです。





 ご紹介した本のうち現在購入できる本について。Amazonの商品ページはこちらです。

 
 十二単のはなし―現代の皇室の装い

 
 
 日本服飾史 女性編 (趣)


 
 和装の描き方 (玄光社MOOK)






⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 『新装版 あさきゆめみし絵巻』上巻・下巻 (大和和紀)

2016年06月26日 00時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関する本のご紹介です。

私が「源氏物語」に出会うきっかけは
高校時代に手に取った漫画「あさきゆめみし」でした。

この度、大和和紀先生の画業50周年記念で
1993年に発売された『大和源氏 あさきゆめみし絵巻』上巻・下巻と同内容の
『新装版 あさきゆめみし絵巻』上巻・下巻が6月21日に発売されました。



累計1700万部を超える『あさきゆめみし』の名場面を豊富なカラー原稿と文章で綴る絵巻。


一昨日、手もとに届いたのでうっとり眺めているところです。
数々の素敵な絵を大きなサイズで見ることが出来て幸せ。

(汚したり傷をつけたりしたくないのでブックカバーを付けてから、じっくり読みたいと思います。/笑)





 Amazonの商品ページへのリンクはこちら。

 
新装版 あさきゆめみし絵巻 上巻

 
 新装版 あさきゆめみし絵巻 下巻




⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「歴史家の案内する京都」(仁木宏・山田邦和 編著)

2016年05月09日 10時00分00秒 | 本・漫画
 京都の歴史に関する本のご紹介です。

山田邦和先生ご夫妻からご本を頂戴しました。
刊行おめでとうございます。


「歴史家の案内する京都」(仁木宏・山田邦和 編著)



5月11日(水)発売予定。定価 1800円+税。

 ※文理閣
 ⇒ http://bunrikaku.com/
 ⇒ http://bunrikaku.com/book1/book1-790.html

 ※山田邦和先生 ブログ「平安京閑話」
 ⇒ http://heike.cocolog-nifty.com/kanwa/
 ⇒ http://heike.cocolog-nifty.com/kanwa/2016/05/post-d7d6.html


<目次>

【平安遷都以前】
1 太秦・嵯峨野の古墳群
2 長岡京

【平安・院政・鎌倉時代】
3 平安宮
4 京都周辺の山林寺院
5 検非違使の活躍
6 鳥羽殿
7 白河
8 別業都市宇治
9 法住寺殿
10六波羅
11西八条・七条町
12清水坂と鳥部野

【室町・戦国時代】
13中世都市嵯峨
14『洛中洛外図屏風』の上京
15戦国時代の下京
16祇園祭
17山科本願寺・寺内町
18洛東の山城遺構
19大山崎
20石清水八幡宮と八幡

【近世・近代】
21聚楽第
22御土居堀
23大仏と豊国社
24伏見城
25二条城
26京都御所
27近代における豊臣秀吉の顕彰地


実際にその土地を歩いているかのような
臨場感を味わえる一冊です。

かつて歩いたことがある土地でも
新鮮な発見があり嬉しいですね。

この本を片手に京都歩きを楽しみたいです!



 Amazonの商品ページへのリンクはこちら。

 歴史家の案内する京都





⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「平安朝の文学と装束」 (著:畠山 大二郎 )

2016年04月28日 07時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関する本です。

2016年3月に発売された本
「平安朝の文学と装束」を買いました。


函から取り出したところ。
表紙も素敵です!!

Amazonでの内容紹介
平安文学に描かれる装束のあり方を通して、周辺文化をも見つめなおす。
当時の装束はどのような形状をしていたのか、従来を覆す復元を試みつつその機能を考察し、また文学における装束表現から当時の人々の認識や生活を考察する。
付録として、手触りや見た目を知ることができる、実際の生地を貼り付けた「装束生地見本」を封入。






初版に封入されている「装束生地見本」。
手作業で切り貼りされたそうです。
装束生地を見て触れてめくって、楽しいですよ。


目次を見て改めて気になる事柄ばかりで嬉しいです。

目次
凡例
 序
 第一編 文学作品の中の装束表現
 第一章 『落窪物語』の「裁つ」―落窪の君の裁断行為を中心として―
 第二章 『源氏物語』の「中の衣」と「綻び」―「紅葉賀」巻を中心として―
 第三章 『源氏物語』の「ひきつくろふ」直衣姿―「松風」巻における光源氏の装束表現を中心として―
 第四章 『源氏物語』の「衣の裾を引きならいたまふ」―「少女」巻における夕霧の懸想を中心として―
 第五章 『源氏物語』の被け物―「若菜上」巻における「女の装束に細長添へて」を中心として―
 第二編 装束の実態と表現
 第一章 『源氏物語』の「端袖」―「綻び」「ゆだち」を中心として―
 第二章 『源氏物語』の「扇」―朧月夜の扇を中心として―
 第三章 『源氏物語』の「細長」―玉鬘の装束表現を中心として―
 第四章 『源氏物語』の「柳の織物」―「若菜下」巻における明石の君の装束表現を中心として―
 第五章 平安文学の「織物」―『狭衣物語』を中心として―
 第六章 平安文学の裳の種類―「薄色の裳」を中心として―
 第三編 日本文化としての装束表現
 第一章 平安時代中期から後期における装束の復元―形状と寸法の問題を中心として―
 第二章 『紫式部日記』の「小袿」―二の宮の御五十日を中心として―
 第三章 『紫式部日記』の「無紋の青色に桜の唐衣」―三重襲と無紋綾織組織の問題を中心として―
 第四章 國學院大學図書館蔵『住吉物語』絵の装束表現―嵯峨野の野遊びの場面を中心として―
 結
 初出・原題一覧
 あとがき
 索引




取り急ぎ、
第三章『源氏物語』の「細長」-玉鬘の装束表現を中心としてー を読みました。
ネタバレになるのはどうかと思うので詳細には触れませんが、
私にとって今まで気づかなかったことなので目から鱗が落ちる思いがしました。


私のような素人で装束に興味がある人間であっても、
読みやすい文体でよかったです。

ほかの章もじっくり読んでいきます。



 
 平安朝の文学と装束 (新典社研究叢書 282)



⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本 

この記事をはてなブックマークに追加

【電子書籍】 「光源氏が愛した王朝ブランド品」(著:河添房江)2月18日から配信!

2016年02月18日 00時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関する電子書籍のご案内です。

2008年に発売された河添房江先生による
「光源氏が愛した王朝ブランド品」

 ※KADOKAWAの商品ページ
 ⇒ http://www.kadokawa.co.jp/product/200706000111/

“『源氏物語』をはじめ、王朝物語には唐物といわれる舶来ブランド品が登場し、
 荘厳な世界が展開され、人物の地位や性格によって巧みに使い分けられる。
 王朝の世界を彩る華麗なブランド品の世界を読み解く。





「光源氏が愛した王朝ブランド品」中国語版も発売されました!


中国語版は表紙・裏表紙も華やかです。



この度、2月18日から
電子書籍が配信開始されるそうです。
(以下のリンクはAmazon kindle)

 
 光源氏が愛した王朝ブランド品 (角川選書)



私が撮影した写真も数枚掲載していただいております。

注意:電子書籍では、口絵や一部の写真が未掲載となっているそうです。




繰り返し読んだ本なので思い入れがあります。
未読の方はこの機会に読んでみませんか?

 
 光源氏が愛した王朝ブランド品 (角川選書)





⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 NHK「100分de名著」ブックス 紫式部 源氏物語 (三田村雅子 著)発売!

2015年12月19日 00時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関する本の情報です。

NHKEテレで放送中の番組「100分de名著」。
2012年4月は紫式部の『源氏物語』が取り上げられました。

講師は、三田村雅子先生で
当時とても楽しく全4回の放送を拝見したのを覚えています。


この度、番組テキストの内容に加筆されて
NHK「100分de名著」ブックス 紫式部 源氏物語 が
12月26日に発売されるそうです。

 ※NHK出版
 ⇒ https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C0010101
 ⇒ https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=00816752015


想いは、伝わるか

 世界最古の長編小説で、その後の日本文学の流れを決定づけた『源氏物語』。
 表層と深層の両面から精緻に描かれた、愛と権力をめぐる人の欲望や因果は、優雅でありながら深く暗い影を落とす。
 いつの世も変わらぬ生の悲哀と葛藤を、尽きせぬ豊穣な物語世界から味わう。
 特別章「和歌でたどる源氏物語」収載。



 
 NHK「100分de名著」ブックス 紫式部 源氏物語



予約申し込みしました。
拝読できるのが楽しみです。




⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 徳川美術館の図録「国宝 源氏物語絵巻」と五島美術館の図録「国宝 源氏物語絵巻」

2015年12月11日 12時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語絵巻に関する図録のこと。

今月初めに
徳川美術館で特別展「国宝 源氏物語絵巻」を鑑賞して
同タイトルの図録を購入しました。



<目次> 

 図版

 国宝 源氏物語絵巻

 よみがえる源氏物語絵巻―平成復元模写―

 国宝源氏物語絵巻 模写の系譜

 源氏物語絵巻用語解説

 源氏物語絵巻主要登場人物略解

 国宝 源氏物語絵巻―これにこそ道々しく詳しきことはあらめ― 四辻秀紀
 国宝 源氏物語絵巻の伝来と摸本 江戸から昭和まで  吉川美穂
 
 国宝 源氏物語絵巻 作品リスト




源氏物語絵巻ファンとしては、2010年に五島美術館で行われた
特別展「国宝 源氏物語絵巻」の図録とも見比べてしまいます。
(2010年の実際の展示は見ていません、図録だけ入手しました。)


 
<目次>

 ・「源氏物語絵巻」現存一覧表
 ・『源氏物語』五十四帖と現存する「源氏物語絵巻」

 第一部 「源氏物語絵巻」のすべて

 第二部 「源氏物語絵巻」の鑑賞のために
  「国宝「源氏物語絵巻」について」 四辻秀紀
  「源氏物語絵巻の書」 名児耶 明
  「源氏物語絵巻」の絵と情景選択 稲本万里子
  『源氏物語』五十四帖のあらすじ 鷲頭 桂
  主な本書関連事項解説




どちらの美術館の図録も素晴らしいです!!
サイズはどちらもB4変形版なので本棚に並べやすいです。



強いていえば、このような感じでしょうか。

「国宝 源氏物語絵巻」と平成復元模写を比較したい⇒五島美術館の図録がオススメ。
図版を楽しんだあと、最新の研究成果を知りたい⇒徳川美術館の図録がオススメ。




 図録の購入方法。徳川美術館の場合。

徳川美術館のオンラインショップは現在、休業中です。
平成28年1月5日(火)12時に再開の予定だとか。

 ※徳川美術館 オンラインショップ
 ⇒ http://tokugawa.shop-pro.jp/




 図録の購入方法。五島美術館の場合。

五島美術館のミュージアムショップのページから購入可能です。

 ※五島美術館 オンラインショップ
 ⇒ http://www2.enekoshop.jp/shop/gotoh-museumshop/






⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 小学生おもしろ学習シリーズ「まんが百人一首大辞典」(監修:吉海直人)

2015年11月10日 12時00分00秒 | 本・漫画
 百人一首に関する本のご紹介です。

先日、西東社から発売された本
小学生おもしろ学習シリーズ
「まんが百人一首大辞典」
を読みました。

 ※西東社
 ⇒ http://www.seitosha.co.jp/
 ⇒ http://www.seitosha.co.jp/2_3974.html


 
 小学生おもしろ学習シリーズ まんが 百人一首大辞典


シリーズ名にある通り、小学生を対象にされている本です。
小学生が最初に出会う百人一首の本として素晴らしいと思います。

監修は、同志社女子大学教授で
小倉百人一首殿堂「時雨殿」の館長でも
いらっしゃる吉海直人先生。


大人も楽しめる一冊です。
私も小学生の時にこんな本に出会いたかったです!
暗唱のコツも書かれていて便利です。

定価1,000円(税別)と良心的。
オールカラーの漫画で見開きページで
歌と作者について紹介されています。


漫画は6人の漫画家さんによって描かれています。
百人一首の歌人たちがそれぞれ美麗な絵の漫画で楽しめます。

6人の漫画家さんのうちの
お一人がTwitterでフォローさせていただいている
ROUTE175(@route175 )さん こと 藤岡ひろみさんでもあります。


本の途中にある『平安王朝新聞』のページも
勉強になりおもしろいです。


小学生おもしろ学習シリーズ 「まんが 百人一首大辞典」を読む前、
実は「百人一首」に関する本ってすでに出尽くしているのでは?
という感もあったのですが、こういうアプローチもあるのですね。

楽しく読ませていただきました。





⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【雑誌】 「和樂」12月号 特別付録に国宝「源氏物語絵巻」懐紙・ポチ袋・一筆箋 がついています。

2015年11月03日 12時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語絵巻に関する雑誌のご紹介です。

発売中の雑誌、
「和樂」2015年12月号が素敵です。

 ※和樂 小学館
 ⇒ http://www.waraku-an.com/

名古屋の徳川美術館で11月14日(土)から行われる
特別展「全点一挙公開 国宝 源氏物語絵巻」にちなんで
特集ページが8ページもあります。

 国宝『源氏物語絵巻』はなぜそんなにすごいのか?
 まずは『源氏物語絵巻』の美術史的意味を知る
 『源氏物語絵巻』驚愕の名場面集
 国宝『源氏物語絵巻』を見に行こう!

 
このページで予習をしてから特別展へ行きたくなります。

 
 和樂(わらく) 2015年 12 月号 [雑誌]


そして、特別付録も素晴らしいのです。


特別付録“和ごころ”セットはこんな箱に入っています。


中には、一筆箋、ポチ袋、懐紙が
それぞれ国宝「源氏物語絵巻」<柏木三>を
モチーフにデザインされています。(薫を抱く光源氏)

使うのが楽しみです。




⇒ webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
⇒ webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
⇒ Twitter
⇒ Instagram




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本 

この記事をはてなブックマークに追加

【本】 「サライ」10月号 平安京遷都・藤原氏と浄土信仰など

2015年09月27日 06時00分00秒 | 本・漫画
 平安時代に関する記事が掲載されている雑誌の情報です。

2015年9月10日に小学館から発売された
雑誌「サライ」10月号。

 ※サライ
 ⇒ http://serai.jp/
 ⇒ http://serai.jp/magazine/29451



大特集は、“京都 サライはこう歩く” です。
遅ればせながら昨日、書店で購入しました。

当ブログをご覧の方には、こちらの内容が特に気になる方が多いのでは。

 
 特集 第2部

 平安遷都 浄土信仰 武家と禅 北山と東山 豊臣秀吉 
 千年の都の5大画期を辿る
 京都「時間旅行」のすすめ

 総論 解説 村井康彦さん(国際日本文化研究センター名誉教授・85歳)

 ●第1章 平安京遷都

 案内人 山田邦和さん(同志社女子大学教授・56歳)
 桓武天皇
 平安神宮・神泉苑
 東寺・西寺
 王城を護る社寺

 ●第2章 藤原氏と浄土信仰

 案内人 神居文彰さん(平等院住職・52歳)
 平等院
 藤原道長や白河天皇らが建立した、
 今はなき九体阿弥陀堂




写真豊富で楽しく拝読しました。
京都ファンにはたまらない一冊となっています。



 
 サライ 2015年 10 月号 [雑誌]





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加