晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【情報】 京都 葵祭 5月15日開催|有料観覧席券の販売は4月1日から!!

2015年03月31日 14時00分00秒 | 情報
 源氏物語ともご縁がある「葵祭」の情報です。

今年も5月15日(金)に
葵祭の路頭の儀と社頭の儀が行われます。

京都御苑と下鴨神社参道に座って
ゆっくり観覧できる
有料観覧席が設置されます。

その観覧席券が、4月1日(水)から発売が始まります。
詳細はこちらのページをどうぞ。

 ※葵祭|京都市観光協会
 ⇒ http://www.kyokanko.or.jp/aoi/
 ⇒ http://www.kyokanko.or.jp/aoi/kanran.html




↑2010年に撮影した様子です。



 源氏物語における葵祭<賀茂祭>はこちらにまとめています。

 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』源氏物語追体験賀茂祭<葵祭>






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 奈良県立万葉文化館にて「松岡映丘―古典美の再興―」開催中。~5月10日まで

2015年03月29日 21時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関する展覧会の情報です。

奈良県高市郡明日香村にある
奈良県立万葉文化館にて以下のタイトルの
展覧会が開催中です。

 
 「松岡映丘―古典美の再興―」

 【会場】 奈良県立万葉文化館 日本画展示室

 【会期】 平成27年3月21日(土)~5月10日(日)


 ※奈良県立万葉文化館
 ⇒ http://www.manyo.jp/
 ⇒ http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=115


松岡映丘さんといえば、『源氏物語』<橋姫>を題材とした
「宇治の宮の姫君たち」という姫路市立美術館所蔵の作品が好きです。

Facebookによると、今回はこの絵も万葉文化館に展示されているのだとか。



お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。




 余談。

そういえば、
源氏物語千年紀だった2008年、
横浜美術館において開催された特別展
「源氏物語の1000年―あこがれの王朝ロマン―」の図録表紙が
松岡映丘さんによる「宇治の宮の姫君たち」の一部分だったのでした。







<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 東京 キッド・アイラック・アート・ホールにて「京ことば源氏物語」第35回『若菜上 其の四』開催

2015年03月28日 18時00分00秒 | 情報
 源氏物語の朗読公演情報です。

東京都世田谷区、京王線 明大前
キッド・アイラック・アート・ホールにて
山下智子さんによる連続語り会
「京ことば源氏物語」第三十五回 『若菜 上 其の四』が行われます。


 【開催日】 2015年 4月11日(土)・12日(日)    

 【時 間】 それぞれ 午後3時~ (開場 午後2時半~)


背景や人間関係などあらすじの解説もあるそうです。
初めての方にも安心してお聞きいただけます。



詳細やお申込みはこちらのサイトからどうぞ。

 ※京ことばできく源氏物語 山下智子公式サイト
 ⇒ http://www.genji-kyokotoba.jp/
 ⇒ http://www.genji-kyokotoba.jp/%E6%98%8E%E5%A4%A7%E5%89%8D%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB2013%E3%81%8B%E3%82%89/



お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 明治神宮文化館 宝物展示室にて 「『源氏物語』でみる宮廷装束の雅」展開催!

2015年03月26日 18時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関連する情報です。

東京都渋谷区にある
明治神宮文化館 宝物展示室にて
『源氏物語』でみる宮廷装束の雅展
開催されるそうです。

 ※レッツエンジョイ東京
 『源氏物語』でみる宮廷装束の雅
 ⇒ http://www.enjoytokyo.jp/museum/event/1168488/


 【期間】 3月28日(土)~ 6月21日(日) ※5月8日(金)は展示替の為、休館


 “平安の宮廷人の用いた装束の麗しさは国風文化の粋ともいわれ、
 『源氏物語』の場面場面に華やかな文化の彩りとして織り込まれております。
 このたびの展覧会では国宝「源氏物語絵巻 柏木(二)」に描かれる光源氏の長子
 夕霧が身につけた装いに光をあて、詳細な考証を基に忠実に再現した直衣を本邦初公開致します。
 併せて明治期に調製された明治天皇の御直衣を並び展示申し上げ、洋装が奨励された近代に
 おいても揺るがぬ伝統が受け継がれてきた宮廷装束の世界を感得して頂ければ幸いです。



 ※明治神宮 公式サイト
 ⇒ http://www.meijijingu.or.jp/



お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【これから発売される本】 『ビジュアルワイド 平安大事典 図解でわかる「源氏物語」の世界』

2015年03月21日 15時00分00秒 | 情報
 これから発売される源氏物語に関する本の情報です。

Amazonの情報によると

朝日新聞出版から
ビジュアルワイド 平安大事典 図解でわかる「源氏物語」の世界
が4月7日に発売される予定だそうです。

大型本:258ページ!




朝日新聞出版のサイトには
2015年3月21日現在
まだ詳細な情報がupされていませんが
発売が楽しみです。

 ※朝日新聞出版
 ⇒ http://publications.asahi.com/



Amazonの商品ページにこのような紹介文が掲載されています。

豊かな国風文化を育んだ平安時代――
 貴族たちの暮らしぶりや平安王朝の雅な姿が
 千年の時空を超えて浮かび上がる!
 「平安京と帝の住まい」といった建築物をはじめ、
 服飾、生活道具、風俗、自然、宗教などのテーマ別構成。
 640点におよぶ貴重な絵巻やイラスト、写真をふんだんに使用し、
 第一線で活躍する11人の専門家が、
 全14分野1291項目を最新の研究成果を交えてわかりやすく解説する。
 世界最古の長編小説「源氏物語」の舞台背景を
 より深く知りたい古典入門者から研究者まで必携の一冊。
 大好評を博した『週刊絵巻で楽しむ源氏物語』(全60巻)の
 人気連載「図解で知る源氏物語 平安の大事典」を
 再構成・加筆した、ビジュアル大事典。







<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【漫画】 『天上の虹』23巻 里中満智子(感想・ネタバレあり)

2015年03月19日 15時00分00秒 | 本・漫画
 漫画の感想です。

先週末、都市圏で発売されたらしい「天上の虹(23)<完> (KC KISS)」。
私は3月16日(月)にやっと地元の本屋で購入できました。






以下、ネタバレありの感想です。





■第65章 日食

・思いは通じ合っているのに遠く見守ることしかできない
新田部皇子と氷高皇女がせつないです。

・忍壁皇子が皇室の中で信頼される存在として
登場し続けていることが嬉しかったです。

・大海人皇子と讃良の若かりし頃の姿が回想シーンにあって
ずいぶん前のことのように懐かしく思いました。
ファンとしては、せめて夢オチであってもいいから、
大海人が讃良に助言する場面あるいは今までをねぎらう場面が
欲しい気もしてしまいましたが・・・。



■第66章 大宝律令

・新田部皇子がカッコイイ。

・重い雰囲気が漂う中、葛城王の初々しさや若さが眩しかったです。
葛城を応援したくなりますが、いい子のままで終わってむしろほっとしたような。
(三千代の子なのでもっと腹黒い子かと思っていました。)

・但馬皇女が薬で早くよくなるようにと誰かの幸せを願えるまでに成長したのか嬉しいです。



■最終章 太白(金星)

・冷静沈着な氷高が珂瑠(文武天皇)に対して本音でぶつかるのが爽快でした。

・阿閇皇女が今でも草壁皇子を理解し愛している様子に安らぎを覚えます。

・珂瑠(文武天皇)の成長が少しだけ描かれているのがほっとしました。

・「天上の虹」の中では今までいろいろな死が描かれてきましたが
讃良の最期があまりにも孤独で道半ばなのが哀しいです。
むしろ讃良らしい最期とも言えるのかもしれませんが。

讃良が最期に思ったことが大津皇子に関することだったとは。
もっと、大津のことは割り切って考えていると思っていました。


・ラストは数年前に講演会で里中先生がおっしゃっていたように
讃良の煙が立ち上っていて、こういうラストになるのかと感慨深かったです。





「天上の虹」1巻から23巻まで通してまた読もうと思います。
ラストまで読むことができてよかった作品となりました。

「天上の虹」は講談社漫画文庫で第一期が発売中、
これから第二期が刊行されるそうですが
今まで単行本派でせっせと集めてきたファンとしては
漫画文庫での刊行にあたって加筆・訂正が少ないよう願うばかりです。



のちの世代の物語となる
「長屋王残照記」や「女帝の手記」も読み返します。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【日常】 映画「かぐや姫の物語」を見て、本「ひかりナビで読む 竹取物語」を読みました。

2015年03月18日 17時00分00秒 | 日記
 私のささやかな日常。

先週、金曜ロードショーで放送された
映画「かぐや姫の物語」を見ました。




2014年正月に劇場で見た時も
いろいろな感情が揺さぶられたのでした。
その時の感想はコチラをどうぞ。


誰かの幸せを願うのは素敵なこと。

でも、「押し付けられた幸せ」は
当人にとって本当に幸せなことなのでしょうか。

かぐや姫が月に帰る場面では
涙ぐんでしまいました。




映画鑑賞後、大塚ひかりさんによる本
ひかりナビで読む 竹取物語 (文春文庫)」を読んで
改めて原作の『竹取物語』の内容を確認しました。



2013年12月に読んだ感想はコチラをどうぞ。


『竹取物語』そのものは短いのですぐに読み終わります。

ひかりナビでは『源氏物語』での例を挙げられている部分も多く、
『源氏物語』好きな方には喜ばれるのでは。


原作の『竹取物語』のあらすじから大きく逸脱することなく、
映画「かぐや姫の物語」へと昇華されたのはスゴイなと改めて思ったのでした。




 風俗博物館で展示されていた「竹取物語~かぐや姫の昇天~」場面。





『竹取物語』は平安時代前期に成立しました。

後世、描かれるような十二単姿のかぐや姫ではなく、
奈良時代の雰囲気が残る平安時代前期の姿であったと思われます。

この写真2枚は2014年秋に風俗博物館で撮影。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【情報】 滋賀県大津市 石山寺豊浄殿にて春季「石山寺と紫式部」展開催。3月18日(水)から!

2015年03月12日 18時00分00秒 | 情報
 源氏物語や紫式部に関する展示のご紹介です。

滋賀県大津市、
石山寺の豊浄殿にて
春季「石山寺と紫式部」展 源氏物語と屏風Ⅰ が
開催されます。

 【期間】 3月18日(水)~ 6月30日(火)

 【時間】 午前10時~午後4時


 ※石山寺 公式サイト
 ⇒ http://www.ishiyamadera.or.jp/
 ⇒ http://www.ishiyamadera.or.jp/ishiyamadera/gyouji/shikibuten/index.html
 ⇒ http://www.ishiyamadera.or.jp/ishiyamadera/gyouji/shikibuten/sikibuten_1503.html






お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【テレビ放送情報】 WOWOWライブ 作/演出 三谷幸喜「紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES」 放送!

2015年03月11日 18時00分00秒 | 情報
 紫式部に関する番組の放送情報です。

WOWOWライブにて
作/演出 三谷幸喜
「紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES」長澤まさみ×斉藤由貴

が放送されます。

 【日時】 3月21日(土・祝) 午後8時~


三谷幸喜が“作家”を主人公に据えオンナのバトルを描く。
 演じるのは、長澤まさみvs斉藤由貴。
 「この二人は僕自身」と語る三谷。
 現代のホテルのバーを舞台に火花が散る。



 ※WOWOW
 ⇒ http://www.wowow.co.jp/
 ⇒ http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/106304/index.php



<関連記事>

 ※T-SITE 2015年3月11日 (水)
 長澤まさみと斉藤由貴がガチンコバトル!
 『紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES』TV放送決定 [エンタステージ]

 ⇒ http://top.tsite.jp/news/o/22693342/






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加

【サイト更新】 源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

2015年03月09日 09時00分00秒 | サイト更新記録
 サイト更新のお知らせです。


『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

新年度の情報のうち現在把握しているものを追加しています。
お出かけのお役にたてましたら幸いです。

開催中 または これから開催される情報については
冒頭に  で示しています。

そのほか、源氏物語や紫式部関連の展覧会やイベントが
開催されそうな寺社・博物館美術館へのリンク集ともなっています。

自薦他薦問わず、情報提供をお待ちしております。


 ・web拍手ボタン ・・・メッセージのみを送信できます。
 ・メールフォーム ・・・お返事が御入り用な方はこちらをどうぞ。
 ・掲示板・・・書きこみ歓迎です。
 ・Twitter(@kakitutei) ・・・リプライ、DMをお気軽に。




Twitterで「源氏物語」関連情報bot(@GenjiBot)も運営しています。
フォロー・リムーブご自由にどうぞ。

 ⇒ https://twitter.com/GenjiBot




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

この記事をはてなブックマークに追加