無煙映画を探せ  

映画のタバコシーンをチェック。FCTC(タバコ規制枠組条約)の遵守を求め、映画界のよりよい発展を願うものです。

ワイルド わたしの中の獣

2017-01-24 | 2017外国語映画評


「ワイルド わたしの中の獣」 R15+ ニコレッティ クレビッツ監督 独 ☓☓

 近所の公園にいたオオカミと出会ったことで、退屈な日々を過ごしていた女性が野性に目覚め動物化していく姿を描きました。
 職場と自宅を往復するだけの日常を送っているアニア(リリト シュタンゲンベルク)はある日公園を歩いているときにオオカミと目が会います。その日からそのオオカミに取り憑かれ、上司の車や仕事でしりあった繊維のリサイクル工場で働くアジア移民を協力者にしてオオカミを捕獲します。そして命がけの共同生活を始めます。オオカミと過ごし始めてからは仕事も止め性的な要求が高まりみだらな行為も躊躇なく行うようになっていくのでした。
 確かにオオカミには神々しさのようなものがあり畏怖する気持ちは理解できるし、人間とオオカミの交流物も昔からいくつもあります。日本では絶滅してしまいましたが、ドイツの田舎にはまだ人間が日常生活で目撃できるところにオオカミが住んでいるとするならば羨ましい限りです。アニアが頼りない人間の男よりオオカミに惹かれる気持ちはわかりますが、ここまで野性的になるのは異常でしかないのではないでしょうか。
 タバコは、アニアと妹そして上司が喫煙しました。(☓☓)動物の前では喫煙しなかったのは良かったと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

2017-01-23 | 2017日本語映画評


「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 三木孝浩監督 ◯

 七月隆史のベストセラー小説を、監督の三木孝浩、主演を福士蒼汰、小松菜奈の売れっ子トリオで映画化しました。
 美術学生の高寿(福士蒼汰)は通学中の電車の中で一目惚れをし、勇気を出して告白します。相手の愛美(小松菜奈)は快く承諾してくれます。そして「また明日」を合言葉のように二人はデートを重ねますが、愛美は涙もろく何度も涙をこぼしたり、奇妙な言動をしたりしました。そんな折愛美が忘れていったノートを拡げるとそこには信じられない事が書かれていました。二人の関係はどうなるのでしょうか。
 ネタバレになりますが、パラレルワールド物です。こういう作品は物理学的にどうなの?などといった野暮なことは置いておいて「そういうことになっているのね。」と受け入れてみればいいかと思います。結論としては「今、この時を大切にしましょうね。」ということでしょうか。
 個人的には「付き合ってください。」と言う高寿に対して、愛美が「私は癒し系じゃないよ。」と応えるセリフは気に入りました。
 友人役の東出昌大が「聖の青春」とは違ったいい味を出していました。
 タバコは、なし。無煙です。ただ、父親が食事の席をはずすきっかけのセリフとして「タバコ吸ってくる。」というひとことがありました。食事の席で喫煙しないのはいいのですが、これからはタバコではないきっかけを考えてほしいものです。


この記事をはてなブックマークに追加

島々清しゃ(しまじまかいしゃ)

2017-01-23 | 2017日本語映画評


「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」 新藤風監督 ◯ ☆

 タイトルは美しい沖縄の海を歌った沖縄民謡「島々清しゃ」から取られました。物語の主要なテーマ曲でもあります。
 沖縄の離島にコンサートのためやってきたヴァイオリニストの祐子(安藤サクラ)は敏感過ぎる耳を持つうみ(伊東蒼)と出会います。うみは上等な三線歌者のおじい(金城実)に育てられていました。うみは孤立していましたが、祐子の言葉掛けで自分も吹奏楽部で一緒に音楽を演奏することを決心します。一方、うみの母親さんご(山田真歩)は那覇で琉舞の練習をしていますが思い通りにはならないのでした。うみたちの吹奏楽部には意外な指導者が現れ基礎からの練習に励むのでした。
 伊東と安藤のダブル主演ということで、演技派子役の伊東が実力派の安藤や渋川らの中でひるまず好演しています。他の子どもたちもイヤミがなくてよかったです。(☆)美しい沖縄の海に似合わない戦闘機の轟音はうみちゃんじゃなくても「ワジワジー(イライラすること)」しますね。
 タバコは、なし。無煙です。いつもタバコを吸う渋川が登場するたびにいつ吸うのかと心配でしたが、さすがにサックスの演奏者ということで吸いませんでした。喫煙していたらいい音が出せませんからね。

この記事をはてなブックマークに追加

ザ・コンサルタント

2017-01-22 | 2017外国語映画評


「ザ・コンサルタント」 ギャビン オコナー監督 米 ◯ NTS ☆

天才的数学力で敏腕の会計士でありながら、依頼があれば百発百中のスナイパーとして裏社会の汚れた金をごっそり手に入れる謎の男を描きました。
 会計士のウルフ(ベン アフレック)はある会社の財務管理を任されます。使途不明金を女性の職員ディナ(アナ ケンドリック)が見つけたのですが、彼は15年分の経理を一晩のうちに解き明かしてしまうのでした。
 しかしながら、その件は判明したもののなぜか調査は打ち切られ、ウルフは命を狙われることになるのでした。当然アニアも狙われます。はたして二人は謎の暗殺者から逃れることができるのでしょうか。
 ネタバレになりますが、一般社会では「問題児」とされるウルフの能力を軍人の父親とどんな子どもも差別しない教育者がそれぞれのやり方で熱心に対応したことがウルフを育てました。アクションも見どころですが、それ以上に教育者や、子育てをしている親世代に観てほしい家族や教育を描いたドラマでもあります。ラストの種明かしには「感動」です。(☆)
 タバコは、なし。無煙です。(◯)


この記事をはてなブックマークに追加

バイオハザード ザ・ファイナル

2017-01-19 | 2017外国語映画評


「バイオハザード ザ・ファイナル」 ポール W S アンダーソン監督 米 ◯

 ミラ ジョボビッチが不死身のアクションで闘うシリーズの最新作です。
 アンデッドと呼ばれるゾンビが大増殖し、まさに人類は滅びようとする危機的状況になります。そんな時、悪徳企業アンブレラ社の人工知能レッドクイーン(エヴァ アンダーソン)がアリス(ミラ ジョボビッチ)にワクチンの在り処を教えます。制限時間がある中アリスはアンブレラ社の懐深く潜入するのでした。
 アリスのアクションシーンが見どころです。思わず拍手をしたくなるほどの大活躍です。2001年の第1作からアクションのキレは変わらずますます精度をましています。ただ、どの場面も「似たような場面をどこかで観たような・・・。」という既視感を感じました。「アクションの型」も無制限にあるわけではないので仕方がないのかもしれませんが、そろそろ限界でしょうか。
 タバコは、なし。無煙です。


この記事をはてなブックマークに追加

古都

2017-01-18 | 2017日本語映画評


「古都」 Yuki Saito監督 △

 川端康成原作の同名小説をアレンジした作品です。
 京都の呉服屋を営む千重子(松雪泰子)と、北山で林業を営む生き別れた双子の姉妹苗子(松雪の二役)にはそれぞれ大学生になる娘舞(橋本愛)と結衣(成海璃子)がいました。舞は就職活動中でしたが店を継ぐべきなのか悩み、結衣は絵の才能を伸ばすためパリの学校に通っていましたが、本当に才能があるのか悩んでいました。そんな折、舞は書道の師匠がパリで行うイベントのアシスタントとしてパリに行くことになるのでした。
 京都の観光案内映画のようにさまざまな名所旧跡がさりげなく紹介されます。呉服屋というだけあって着物の場面も多く、そのうえ外国人観光客にお茶の席も設けていて、日本文化満載です。対して西洋の古都パリの場面も見どころがたくさんあります。場面はいいのですが、どうもどの登場人物も「何をやりたいのか」悩んでばかりで生活臭の感じられない作品でした。
 ラストのテーマ曲、新山詩織が歌う、中島みゆきの「糸」は選曲としてはいいのですが、名曲なので作品を凌駕してしまったかも・・・。
 タバコは、パリの場面の路上で喫煙する人のタバコが映っていました。(△)


この記事をはてなブックマークに追加

本能寺ホテル

2017-01-17 | 2017日本語映画評


「本能寺ホテル」 鈴木雅之監督 ◯ ☆

 主役の繭子を綾瀬はるか、織田信長を堤真一、監督が鈴木雅之と「プリンセス トヨトミ」のメンバーが今回は本能寺の変が起きた安土桃山時代と現代を物語にしました。オリジナル脚本です。
 会社が倒産し、失業している繭子は恋人の恭一(平山浩行)からプロポーズされ、両親の金婚式のお祝いの席に出席するため京都を訪れます。手違いから偶然見つけた「本能寺ホテル」にチェックインします。あるきっかけからエレベーターが1582年の本能寺とつながっていることを知ります。蘭丸(濱田岳)や信長と出会い、繭子はなんとか信長を助けたいと思いますが、歴史を変えることへのためらいもありました。一方、恭一の父親(近藤正臣)との出会いは繭子に「やりたいことをする人生」を考えさせるのでした。そこで繭子のとった行動とは・・・。
 「自分探し物語」の範疇に入る作品ですが、本能寺を焼いてしまうという大変大掛かりな物語になりました。何か知っていそうな支配人(風間杜夫)がミステリアスな雰囲気をうまく醸し出していました。
 冒頭の「賢者は歴史から学ぶ」というビスマルクの言葉は今の混迷する社会への警鐘でしょうか。そう考えると結構意味深い作品です。「原作は人気コミック」の映画ばかりの中、オリジナル脚本の作品は貴重です。(☆)「ぶりぶりぎっちょう(振振毬杖)」をするときの綾瀬はるかは主演女優賞の演技です。今年の流行語大賞かな。
 タバコは、なし。無煙です。(◯)


この記事をはてなブックマークに追加

聖杯たちの騎士

2017-01-15 | 2017日本語映画評


「聖杯たちの騎士」 テレンス マリック監督 米 △

 巨匠テレンス マリックが、仕事では一応の成功をし、セレブの仲間入りもした脚本家が実は家族や愛した女性たちとの過去と現在に悩み、「どう生きるべきなのか」を探る物語です。
 リック(クリスチャン ベール)はハリウッド映画の脚本家となり、華やかなパーティーなどに明け暮れる中、実は父親と弟の確執やかつての妻とのやりとり、そして現在の女たちと巡り合う時間を通して自分自身に迷うのでした。漠然と「ここでないどこか」を求めリックの魂は徘徊するのでした。
 海岸や岩山などの大自然と、ほとんどハダカの美女たちが溢れんばかりに戯れ誘惑する人工的なアトラクションを交互に見せ、リックのアンバランスな気持ちを表現しています。特に説明的な描写がなく「感じる」作品なので、観客によっては冒頭の3分で心地よい眠りの世界に入ってしまうこともあるようです(事実、そばにいた人は横になって寝てしまいました)。セリフにもありましたが「この一瞬に集中する」ことが必要な作品でした。
 タイトルはタロットカードの1枚で「女ったらし」「嘘つき」などの意味があるようです。
 タバコは、パーティーの場面でひとりの話し相手がタバコを持っていました。吸っていたわけではないので無煙ではありましたが、映っていたので(△)です。


この記事をはてなブックマークに追加

中島みゆき Concert 一会 2015〜2016 劇場版

2017-01-14 | 2017日本語映画評


「中島みゆき Concert 一会 2015〜2016 劇場版」 ◯ ☆☆

 コンサートはもちろんのこと、通常見られないリハーサル風景のドキュメンタリー映像(28分)(☆)が見どころです。編曲者の瀬尾一三を中心にバンドメンバーとの細部にこだわった打ち合わせや、衣装や小道具などの確認風景など一つの舞台を完成させるまでには多くのスタッフがそれぞれ最善の仕事をしていることがわかります。コンサートに行きたくてもチケット代がちょっと高いなあと思うこともありましたが、こうした舞台裏を知ると納得できます。
 本編のコンサートはどの曲もすばらしいのですが、20曲の中に筆者の「中島みゆきベストテン」のひとつ「流星」が聴けたのが感動でした。(☆)次回は「金魚」または「真夜中の動物園」を希望します。
 ただ、ドキュメンタリーの映像でバンドのメンバーの名前がエンドロールでの紹介だけだったので顔(楽器)と名前が一致できず残念でした。
 各名曲のイントロのあの音を出している楽器とか演奏者など「中島みゆきというブランド」を支えている人をもっと表に出しても良かったのではないかと思います。
 タバコは、なし。無煙でした。以前はスタッフが平気で喫煙している場面が入ってしまっていましたが、さすがに今作は無煙でした。(◯)


この記事をはてなブックマークに追加

戦場のメロディ

2017-01-14 | 2017外国語映画評


「戦場のメロディ」 イ ハン監督 韓国 ☓

 1952年朝鮮戦争のさなか、サンヨルク少尉(イム シワン)は最前線から戦友も家族も失って釜山へ転属します。彼の経歴から戦争孤児の施設での合唱団の指導を任されます。戦場での過酷な体験と、子どもたちが背負った辛い現実の中、当初はうまく行きませんでした。しかし、女性教師(コ アソン)や担当の軍人仲間に支えられ、子どもたちも合唱の楽しさを感じるようになります。そして「合唱団」は兵士たちの慰問活動を始めるのですが・・・。
 同じ民族が殺し合うという悲劇の中、一番の犠牲となる子どもたちの置かれたそれぞれの過酷な運命を描きながら立ち直っていく力を歌が与えています。
 実在した「海軍児童合唱団」がモデルです。
 タバコは、闇の商売で成金になっている男が葉巻を吸っていましたが、かなりマイナスイメージでした。その他の兵士たちの喫煙シーンはありませんでした。


この記事をはてなブックマークに追加