無煙映画を探せ  

映画のタバコシーンをチェック。FCTC(タバコ規制枠組条約)の遵守を求め、映画界のよりよい発展を願うものです。

クリーピー 偽りの隣人

2016-06-23 | 2016日本語映画評


「クリーピー 偽りの隣人」 黒沢清監督 ◯

 引っ越し先の不気味な隣人に犯罪の匂いを嗅いだ元刑事の犯罪心理学者夫婦が大きな事件に巻き込まれる恐怖を描きました。恐怖を描かせたら右に出るものがいない黒沢清監督の真骨頂です。久しぶりに楽しめました。
 刑事時代に大きな失態をし、今は犯罪心理学者として大学で教鞭をとる高倉(西島秀俊)は妻康子(竹内結子)と愛犬マックスとともに一戸建ての家に引っ越してきました。挨拶にでかけたところどちらの隣人も奇妙な対応でした。ある時、職場の同僚が未解決事件の調査中、高倉の目がある事件に引き寄せられました。その6年前の一家失踪事件を刑事の野上(東出昌大)に詳細を調べてもらいます。一方、隣人の西野(香川照之)はマックスを通して妻の康子に近づいていました。西野の娘澪(藤野涼子)は高倉に「あの人父親ではありません。知らない人です。」と近づいてくるのでした。一体何が起きているのでしょうか。
 黒沢監督得意の恐怖演出満載で音楽、光、風、落ち葉、古い建物などが「クリーピー(ぞっとする)度」をあげています。楽しい映画ではありませんが、誰もが持っている(かもしれない)恐ろしい人格を描いている作品です。
 タバコは、なし。無煙です。さすがに国際的に活躍している監督ですね。
 

この記事をはてなブックマークに追加

植物図鑑 運命の恋、拾いました

2016-06-23 | 2016日本語映画評


「植物図鑑 運命の恋、拾いました」 三木康一郎監督 ◯

 ベストセラー作家有川浩原作の小説を映画化しました。
 不動産会社に務めるさやか(高畑充希)は駐輪場で樹(岩田剛典)と出会います。「拾ってください。」と言われとりあえずカップ麺を食べさせ一晩泊めてあげます。翌日には手作りの朝食とお弁当が用意されていました。礼儀正しくよく働く樹を半年の約束で同居させ、さやかは毎日おいしい食事に満たされるのでした。休みには野草を「狩り」にでかけ二人で食事の準備をするようになり、さやかの気持ちは樹に惹かれていくのですが・・・。
 食事が充実すると人生そのものが豊かになっていく様子を主演の高畑が魅力的に演じています。職場の嫌な上司(ダンカン)に言い返す場面には拍手したくなりました。岩田の魅力もありますが、男性の樹が料理上手なこと、女性のさやかが「料理はできない。」などジェンダー的にも女性観客には気持ちの良い作品です。紹介される料理が素朴なものが多くその点にも好感が持てました。フードディレクターはどなたでしょうね。
 タバコは、なし。無煙です。さすがEXILE関係者。

この記事をはてなブックマークに追加

マネーモンスター

2016-06-16 | 2016外国語映画評


「マネーモンスター」 ジョディ フォスター監督 米 ◯ NTS

 投資関連テレビ番組がジャックされたことがきっかけとなって、株価の操作をしていた真の悪者をあぶり出します。
 リー(ジョージ クルーニー)がキャスターをするテレビ番組「マネーモンスター」は一般投資家の株売買に影響を与えていました。今朝も順調に番組を開始した直後、突然銃と爆発物を持った男にジャックされます。リーは男に爆弾ベストを着せられ人質になります。男の要求は「生放送を継続すること、全財産を失った原因を探ること」でした。ディレクターのパティ(ジュリア ロバーツ)は安全を確保するため犯人を興奮させないようリーに司令を出し続けます。一方、スタッフに命じて大暴落の真相を割り出させます。警察は交渉役に犯人の同棲相手の女性を探しだしますが、効果はありませんでした。犯人へさまざまなアプローチをすることでいつしかリーと犯人の関係が変わっていきます。暴落の真相とは・・・?
 監督が女性なだけにそれぞれの立場の女性たちが大活躍するのが小気味良い作品です。株価が世界を股にかけここまでコントロールされていて、結局トップに居る人々だけが利益を得られる仕組みであることを34番の「マネー・ショート 華麗なる大逆転」とは別の切り口から暴いています。
 タバコは、なし。(◯)ですがドラッグの場面は何回か映りました。


この記事をはてなブックマークに追加

ヒメアノ~ル

2016-06-15 | 2016日本語映画評


「ヒメアノ~ル」 R15+ 吉田恵輔監督 ☓☓

 古谷実原作の連続殺人犯を描いたコミックを映画化しました。
 清掃会社に務める岡田(濱田岳)は先輩の安藤(ムロツヨシ)が惚れているカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれますが、ユカは岡田に一目惚れし、安藤には内緒で付き合い始めます。一方、カフェには岡田の高校時代の同級生森田(森田剛)がユカのストーカーのように通っていました。実は森田は高校時代凄惨な虐めにあっていて精神が壊れていて次々とためらいなく殺人を犯していたのでした。ユカと岡田、そして安藤は森田の狂気に引きずり込まれてしまうのでした。
 森田剛が殺人鬼を怪演しています。顔色も悪く(実生活でもニコチン依存症?)、頬がこけ肉体的にも不健康さが漂っています。演技とは思えないほど自然に殺人鬼になっていました。
 森田が体験した虐めは「犯罪」です。今の高校生に見てほしいけれど年齢制限があり残念です。
 ちなみに「ヒメアノ~ル」とは爬虫類の「ヒメトカゲ」の意味らしいです。言われてみれば主演の森田はヒメアノ~ルそのものでした。タイトルに深い意味があるのですが、タイトルには誰もが理解できる広辞苑に出ている言葉を選んでほしいものです。
 タバコは、精神を病んでいる森田が喫煙者で、禁煙の公園で喫煙し、パトロールのおじさんに注意される場面がありました。(☓)ですがマイナスイメージは強いです。ムロツヨシが1度休憩時間に喫煙しました。(☓)


この記事をはてなブックマークに追加

オオカミ少女と黒王子

2016-06-15 | 2016日本語映画評


「オオカミ少女と黒王子」 廣木隆一監督 ◯

 少女コミックが原作です。
 高校生のエリカ(二階堂ふみ)は仲間はずれになることを恐れ、見栄を張って「恋人がいる」と嘘をついてしまいます。街で出会ったイケメン男子を盗撮し「彼氏」にしますが、実は同じ高校の生徒でした。訳を知った恭也(山崎賢人)は「イヌになるなら彼氏のふりをしてやる」と言い、「ご主人と犬」の関係になるのでした。嘘をつき続けることに疲れ本当のことを仲間に告白しますが、その頃には本当に恋をしていたのでした。
 二人が訪れるお店や町並み家並みがそれぞれ個性的で魅力がありましたが、イケメン男子と自惚れている男子(鈴木伸之)に魅力がなくただ髪の色が茶髪なだけで、地味な日下部くん(吉沢亮)の方が実はずっときれいな顔立ちをしていました。これからがたのしみです。
 高校生が主役の作品を見ていていつも感じるのですが、「勉強はいつしているの?」高校生なら少しは勉強しなさい!ついでにもうひとつ苦言を「ご主人様」とか「ついて来い」とか男だからって偉そうにするんじゃない!監督や製作者のみなさんもう少し社会の変化を勉強しなさい!
 タバコは、なし。無煙です。ここだけはほめてあげましょう。◯


この記事をはてなブックマークに追加

サブイボマスク

2016-06-15 | 2016日本語映画評


「サブイボマスク」 門馬直人監督 ☓

 ミュージシャン「ファンキー加藤」が寂れていく地方の商店街を活気付けるために奔走する青年団長を熱演しました。
 道半町(みちなかばまち)にシングルマザーとなってもどった雪(平愛梨)を迎えたのはとなり町に大きなショッピングモールができ寂れる一方の元気の無い町でした。同級生の春雄(ファンキー加藤)と自閉症の権助(小池徹平)は商店街に活気を取り戻すためライブを始めます。ある時、春雄はレスラーだった父の形見「サブイボマスク」を身につけることをひらめきます。マスクシンガーとして雪も協力しインターネットを利用し拡散させます。一気に道半町は有名になり商店街にも人が戻ってきますが、いいことばかりではありませんでした。
 地方が舞台の人情喜劇です。ファンキー加藤の歌が盛り上げています。また、春雄と権助は名作「ギルバート・グレイブ」のジョニー・デップとディカプリオを彷彿とさせました。(ちょっとほめすぎかな)もうひとつ、映画の内容とは直接関係ありませんが、封切り時にファンキー加藤の不倫騒動が持ち上がりそれが集客につながらず逆にハンディになってしまったようで残念なことでした。九州地震の被害を受けている大分県が舞台なので応援する意味でももっと皆さんに観てほしい作品です。
 「サブイボ」とは映画を見ていて理解したところでは「サブイ(寒い)時に出るイボ」つまり「鳥肌」「感動して鳥肌が立つ」という意味でしょう。(広辞苑にも出ていました。)
 タバコは、となり町の職員でゆるキャラのネギ男(後に悪役)が休憩時喫煙(☓)しました。


この記事をはてなブックマークに追加

64 ロクヨン 後編

2016-06-13 | 2016日本語映画評


「64 ロクヨン 後編」 瀬々敬久監督  ☓☓
 
 35,「64 ロクヨン 前編」の続きです。
 ざっくりと前編の流れの復習もあり、すんなり後編に入れました。
 「ロクヨン」と呼ばれた昭和64年の7日間に起きた誘拐殺人事件があと1年で時効になるという平成14年に「ロクヨン」を模倣する誘拐事件が起きました。犯人は「ロクヨン」の関係者なのでしょうか、それとも警察内部の隠蔽体質への内部告発をするための狂言なのでしょうか、前編よりはずっと面白い展開でした。相変わらず警察広報と記者クラブとの派手な応酬に加え、今作では「地方の記者対中央の記者」、「警務部対刑事部」、「キャリア対ノンキャリア」など男たちのどろどろとした対立が内容のほとんどでした。そんな中で真犯人を静かに追い詰めていた被害者役の永瀬正敏が珍しくタバコも吸わずいい演技をしていました。もうひとつ小田和正のテーマ曲が内容とは全く違って穏やかで落ち着いていました。声を荒げて自己主張する男より小田さんの方がずっと人の心を動かします。
 タバコは、前編同様警察も記者たちも喫煙していました。ただ、主役級は佐藤浩市と奥田瑛二が1回手にしていたくらいで、エキストラの皆さんが吸わされていました。お気の毒です。(☓☓)


この記事をはてなブックマークに追加

デッドプール

2016-06-11 | 2016外国語映画評


「デッドプール」 R15+  ティム ミラー監督  米  △

 「Xメン」シリーズのスピンオフ作品です。自己中の「アンチヒーロー」が恋人を救うため戦います。
 ウェイド(ライアン レイノルズ)は悪いやつを懲らしめカネを稼いでいましたが、ある時、ヴァネッサ(モリーナ バッカリン)と出会い結婚を決意します。しかし、末期がんに侵されていることがわかります。失意のウェイドをある民間の研究組織が「ガンを治す人体実験をしてみないかと。」誘います。その人体改造で不死身の肉体を手に入れますが、見た目は醜く変わっていました。赤いコスチュームとマスクで顔と肉体を隠し「デッドプール」となり、だましたフランシスに対し復讐を誓うのでした。
 ヴァネッサと出会った時の「子供時代の不幸自慢」は悲惨です。また、人間の価値が「見た目」なのか「心」なのか、「おバカ映画」と自称していますが結構深い問いかけもしています。アクションシーンのストップモーションが大変良く出来ていました。オープニングとエンドのクレジットがそれぞれ工夫されています。明るくなるまで席を立たないこと。
 タバコは、ならず者がたむろしているバーで周囲の客が喫煙していました。(△)「子供時代の不幸自慢」のなかで二人に共通していた虐待のひとつが「タバコの火を押し付けられる」でした。


この記事をはてなブックマークに追加

探偵ミタライの事件簿 星籠の海

2016-06-11 | 2016日本語映画評



「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」 和泉聖治監督  △

 島田荘司原作の「探偵ミタライ」シリーズの映画化です。
 御手洗潔(玉木宏)は編集者の小川(広瀬アリス)に誘われ、未解決の難事件の解決に挑みます。今回は「死体が流れ着く島」と乳児が誘拐されその両親が暴行を受けた事件についての謎解きをします。
 「化学工場建設反対運動」とか「外国人労働者の問題」などの社会的な問題に、福山市を中心とした観光と歴史の紹介を絡ませ娯楽映画としては楽しめます。ミステリーといえるのかちょっと疑問ですが、歴史的な部分は知らなかったことも多く勉強になりました。
 タバコは、居酒屋の場面で隣席の客が喫煙していました。居酒屋をすべて禁煙にしてほしい。

この記事をはてなブックマークに追加

団地

2016-06-10 | 2016日本語映画評


「団地」 阪本順治監督 ◯

 息子を事故で亡くした両親が、悲しみから立ち直る物語を団地を舞台に描きました。
 清治(岸部一徳)とヒナ子(藤山直美)の夫婦は息子の事故死をきっかけに三代続いた漢方薬の店をたたみ、団地に越してきました。昼間はいつも裏の林にいる清治と主婦仲間にも入らないヒナ子をめぐって団地内ではいろいろうわさ話が持ち上がっていました。一方、夫婦のもとに奇妙な依頼人が漢方薬を求め訪れていました。自治会長の選挙に敗れた清治は姿を隠してしまい、さまざまな憶測が団地内に流れるのでした。
 漢方薬を求める奇妙な依頼に答えて、「一心不乱に働くことで息子を亡くした喪失感から立ち直れる、働くことで心の健康を取り戻そう」というメッセージかとおもいきやとんでもない方向に話がいってしまい、ついていけませんでした。スピルバーグに負けたくなかったのかな。
 タバコは、なし。無煙です。団地の集会所には大きく「禁煙」とありました。


この記事をはてなブックマークに追加