答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春の雨 ~ モネの庭から(その199)

2014年04月18日 | 北川村モネの庭マルモッタン

記念すべき第200回まで、あとひと息となった「モネの庭から」。

「次はいつやろか」と思っていたら、

なんと、きのうの打ち合わせの際に、測り忘れたところがあったのを発見。

(こ、故意ではない ^^;)

「も~しゃあないな」と愚痴りながら、そのじつ内心ほくそ笑み、モネの庭へ上がる。

(しかも今日は雨上がり (^^♪)

 

 

新緑が雨に濡れた水の庭。

今、この時季にしか出ない味わいである。

と、そこで一句。


水に映ゆ 新たな緑に 春の雨

 

 

太鼓橋から見た、雨上がりの水の庭。

藤の花と雨、というコントラストはワタシ的には珍しい。

と、そこで一句。


藤の花 しずくの垂るる 春の雨

 

 

ぽつぽつとまた雨が降り始め、水面に映る藤の花と、睡蓮の葉っぱをゆらす。

と、そこで一句。


この景色 見せてやりたや クロード・モネに

 

おそまつ (^^) 

ホントにおそまつ m(__)m



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加