答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

工事の目的

2014年04月22日 | 土木の仕事

 

先週末に行った林道工事の工程会議。

あらためて、林道とはなんぞや?と問う。

現場は公共事業の最前線である。

であれば、「なんのために」その工事はあるのか、が、まず「工事の目的」の筆頭にこなければならない。

と私は思う。

得てして省略しがちなことである。

だが、忘れてはならないことである。

とかなんとか言ってもご覧のとおり、

エラそうなことを言いつつも、

堂々とアンチョコを広げながらの「林道とはなんぞや?」なのである、がネ。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加