答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

もちばい

2014年04月13日 | 中岡慎太郎

 

中岡慎太郎館開館20周年記念式典は、あいにくの雨。

お祝いやイベントにはつきものの「もちばい」もまた雨のなか。

雨中の「もちばい」である。

「もちばい」。

広く世間ではこの行事を餅投げというのだろうが、我が高知では「もちばい」。

「餅を奪う」というゲームなのである。

しかしながら、さすがに雨のなかともなると人出は少ない。

いつもほど壮絶な「ばいあい」(奪い合い)は見られなかったが、

画像をご覧になってもらえればわかってもらえるように、

そこらここらで、しっかりとファイトが繰り広げられていた。

まこと高知県人は、「もちばい」が好きなのである。

(個人情報保護のため、おとなしめの写真を厳選しております ^^;)

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加