答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

土木の風景

2014年04月08日 | 土木の仕事

 

砂防工事現場の完成写真。

いい出来である。

なにより私は、青空にぽっかり浮かんだ白い雲のアクセントがいいと思う。

撮影者にそのことを伝えると、

「ボク、雲がなくならんかとしばらく待ちよったがですけど、なかなか消えんので、あきらめたんです」と、少々残念気味に言う。

「いや、これがいいのよ、これが」と私。

実際のところ、好み、でしかないのだろうとは思う。

だが、私は断然こちらを支持する。

理由は、その雲が「ぽっかり」だからである。

季節は春。

災害を防ぐために出来た砂防ダムと、付け替えられた道路。

その背景には緑の山と青い空。

そして、ぽっかり浮かんだ白い雲。

往時の土石流災害や施工途中の苦労など微塵も感じさせぬその長閑さが、なんとも言えず良い

普通の暮らしを下支えする「土木」の風景、なのである。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加