答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春はチューリップから ー モネの庭から(その196)

2014年04月06日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

ときおり強い風が吹く花の庭。

お目当てのチューリップは、このところの寒さが影響しているのか、

まだまだこれからのようである。

 

 

 

通りがかったカワノくんにそのことを言うと、

「他とのタイムラグがあって、かえっていいんじゃないでしょうか」と、

相変わらず生真面目にそう答える。

「おお、そりゃそうや」と笑う私。

何ごともものは考えよう、発想の転換。

モネの庭のチューリップはこれからなのだ。

 

        それにしても寒かった・・・(頭が) ^^;

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加