答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

一次審査PR文を添削する

2012年07月08日 | 土木の仕事

 

高知県優良建設工事施工者表彰への応募が、まもなく受付開始となる。

今年は7月17日から31日までが、その受付期間である。

対象は工事評定点が80点以上の工事で、その資格があるのは高知県が発注した全工事の1割に満たない(らしい)。

一次審査は、業者から提出されたPR文と写真そして工事評定点の内訳を、農業振興部、林業振興・環境部、水産振興部、土木部から選ばれた審査員が行う書類審査だ。

応募出来るのは1社につき2件まで。

ありがたいことに、今年も2件の応募が出来る。

写真は、私の机に置かれたPR文。書き込みが出来るようにA3でプリントしてもらった。

例年だとこれから3~4回の手直しが続く。

さて今日はその第一回目、他所さまは休みだ。

びっしりと書き込んでみようかね。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

    ← 高知情報ブログランキング 

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加