答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

建設ブロガーの会2012 in大分

2012年07月15日 | オヤジのIT修業

 

雨の高知を早朝発ち、大雨の大分へ。

「建設ブロガーの会2012in大分」へ参加するためである。

そのメニューは、

 

・「予定日報で安心と感動を!」

  ミヤシステムとその効果について

・「現地(災害)調査・施設点検にiPhone・iPad!」

  カンタンマップの活用事例

・建築・土木iPad・iPhone最強活用ガイド

・web活用とCGモンタージュの建設応用

・我が社のフェイスブック活用事例と今後の営業戦略

・海外土木業界におけるAR・3D携帯端末活用事例

 

「ほ~」「へ~」と、口にはこそ出さないが、

口をあけて感心しきりに聴く私に、会長のnikmaruさんが耳打ちしてくる。

「なんかしゃべってくれませんか?」

おりからの豪雨の影響もあり、何人かが来れなくなっているとのことである。

「CCPMの話しとか、どうです?」

一瞬躊躇しかけた私だが、ここでやらねば男がすたる。

「わかりました。やらせてください」と引き受けた。

「CCPMか・・・」

待てよ、としばし考える。

nikumaruさんの冒頭のあいさつが頭をよぎったのだ。

いわく、「建設業が信頼を構築するためには情報を発信しなければならない」

もちろん、私とて同じ思いである。

となると、CCPMではないはずだ。

昨夏の台風被害の応急復旧と、地域への情報発信についてしゃべることにした。

いつもの泥臭いやつである。

おかげで、というべきだろう。そのあとの二次会三次会(というかそっちがメイン)、全国から集った方々との新たな出会いの席が、なおいっそうの美酒となり、真剣かつ馬鹿馬鹿しい夜は更けていった。

  踏み出したその一足が道となる

  その一足が道である

      (清沢哲夫)

一夜明けた今朝、なんとも心良い気持ちの、晴れた大分なのであるよ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

    ← 高知情報ブログランキング 

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加