王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

安倍首相 リトアニア で「杉原館」を訪問 !!

2018-01-15 07:51:49 | 海外
安倍首相、杉原千畝氏の「勇気」称賛=命のビザ、記念館訪問

14日安倍首相は訪問先のリトアニアで「杉原記念館」を訪れたそうです。
杉原千畝氏は第二次大戦中リトアニアの副領事でナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人6000名に国外に脱出出来る様「日本通過ビザ」を発給した方として有名です。

安倍首相が「強い信念と意志で多くのユダヤ人を救った」と称賛したと報じられました。一般論でそれはそれとして良いのですが「杉原氏が日独同盟下で副領事(上に領事が居る)なのに本省あるいは本国の訓令に反してビザを発給する」事が如何ばかり勇気がいる事か分かっていったのでしょうか?

昨年は「官邸主導型」とやらでもりかけ問題を起こし忖度なる言葉がはやるほど事務官僚の腐敗が明らかになりました。
ぜひ杉原副領事の「高潔な精神」に触れ今年は「官僚の忖度もどき」の事件が起きないよう強くお願いしておきます。


写真:杉原館を出る阿部首相

時事通信:
【カウナス時事】安倍晋三首相は14日、リトアニア中部カウナスで、第2次大戦中にナチス・ドイツの迫害から多くのユダヤ人を救った日本人外交官、故杉原千畝氏の功績をたたえる「杉原記念館」を昭恵夫人とともに訪れた。首相は見学後、記者団に「世界中で杉原さんの勇気ある人道的行動は高く評価されている。同じ日本人として本当に誇りに思う」と語った。

 リトアニア副領事だった杉原氏は、ユダヤ人が国外に脱出できるよう、本国の方針に反し日本通過ビザを発給。約6000人が救済され、「命のビザ」と呼ばれている。首相は「困難な状況の中、強い信念と意志を持って多くのユダヤ人の命を救った」と称賛した。

 記念館は、杉原氏が勤務した領事館の建物を利用したもので、2000年から公開されている。首相は館内で、杉原氏が発給したビザのリストや解説パネルなどを見て回ったほか、執務室で記帳した。 
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富岡八幡宮の宮司 弟に殺害される !!

2017-12-08 07:48:14 | 海外
宮司襲った後、自殺=56歳弟、交際女も殺害―警視庁

昨日7日夜8時半頃江東区の富岡八幡宮近くの路上で車から降りた女性が、待ち伏せしていた男性に日本刀で襲われ、車から降りた運転手は男が同伴していた女性にナイフで襲われました。
その後の調べで襲われた女性は富岡八幡宮の宮司富岡祥子さん(68)で死亡が確認されました。女性に襲われた運転手は命に別状のない怪我で済んだそうです。ところで襲ったのはなんと富岡宮司の弟(56)で事件後八幡宮の敷地で連れの女性を刺殺、自分も自殺を図り死亡してしまいました。

ものすごい殺意を感じました。連れの女性も殺してしまうとは愛情ですかね自暴自棄だったのでしょうか? 二人は交際していたとか??

富岡の八幡宮と言えば最近の文庫本で江戸の下町を語るときには必ず出てくる名所です。
犯人死亡で加害者からの真実は分からなくなってしまいましたし被害者も死亡ですからが真実が一層分かりにくくなっています。何だかドロドロした話が出てきそうで「八幡様のご利益疑いなし」とはいきそうもありません。
この続きは週刊誌で知る事になるかも知れません。


写真:現場に集まる報道陣

時事通信:
東京都江東区の路上で富岡八幡宮宮司の富岡長子さん(58)らが刺され3人が死亡した事件で、富岡さんを襲った弟(56)が現場に一緒に来た30代くらいの女を殺害した後、自殺していたことが8日、警視庁への取材で分かった。同庁は富岡さんと弟らとの間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 同庁捜査1課によると、事件は7日午後8時25分ごろ発生。江東区富岡の富岡八幡宮近くの路上に止めた車から富岡さんが降りたところ、陰に隠れていた弟が持っていた日本刀でいきなり富岡さんの首や胸を切り付けた。

 弟と一緒に来た女は逃げた富岡さんの男性運転手(33)を追い掛けた。約100メートル離れた路上で襲い、右腕や胸にけがをさせた。運転手の命に別条はない。

襲った2人はその後、八幡宮の敷地内に移動。弟が刃物で女の胸や腹などを刺した後、自分の左胸付近を数カ所刺した。一連の行動は現場付近の防犯カメラに映っていた。2人は交際していたとみられる。 
(引用終わり)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジンバブエ ムガベ大統領 辞任 !!

2017-11-22 09:48:43 | 海外
ジンバブエのムガベ大統領が辞任、37年間の統治に幕

21日(現地時間)ジンバブエのムガベ大統領が辞任しました。
ここ一週間ほどムガベ氏と国軍の間でクーデターが起きムガベ氏は軟禁状態にあった様です。
騒動の種は後継者問題だったようで後報では解任された前第1副大統領の様です。
何にしても流血の惨事が起きず政権交代がなされたことは何よりです」。

この国の事は浜爺もこのブログで書いたことがあったと思い検索するとなんと2008年にインフレが220万%になったとの話を取り上げていました
実態は今でも変わらないのでしょうか?
当時でも紙幣は通用せず「カートンボックス入りのタバコ」を基準にぶつぶつ交換ご行われていたそうです。

英国からの独立の英雄だったかも知れま選が「キリンも老いれば駄馬となる」の諺そのままで経済政策に失敗しなお後継問題で若い夫人を指名した様で国軍に能力を見限られたのかもしれません。

街中でムガベ退陣のポスターを市民?が掲げていますがとてもきれいな色刷りで手書きしたとは思えません?? それはとも角、英語で書いてありますから浜爺にも読めましたよ。
新政権が出来てどのような経済政策を取るのか?それと合わせ国連の経済制裁が説かれるのか? どこが主力でジンバブエを支えるのか分かりません。
37年間には他国に軍を出した事のある国ですから地力はあるのかも分かりません。
当然日本の西の大国なんかも影響を及ぼすのでしょうかね?
一難去ってまた一難にならないよう願っています。


写真:21日首都で辞任を要求する市民

ロイター:
[ハラレ 21日 ロイター] - ジンバブエ議会のムデンダ議長は21日、ムガベ大統領(93)が辞任したことを明らかにした。

ムガベ氏は1980年の独立以来37年間実権を握っていたが、前週に軍が蜂起。同氏が辞任要求に応じなかったことを受け、与党のジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU─PF)は同氏に対する弾劾決議案を議会に提出し、議会で手続きが始まった直後にムガベ氏は辞任を表明した。

ムガベ氏は辞任を表明する書簡で後任は指名せず、ムデンダ議長は22日までに後任が決まるよう法的手続きを進めていることを明らかにした。

首都ハラレではムガベ氏の辞任を受け、車のクラクションを鳴らすなどして同氏の統治が終わったことを歓迎する国民の姿が見られた。

ZANU─PFの幹部がロイターに明らかにしたところによると、ムガベ氏に第1副大統領職を解任されたムナンガグワ氏が22日か23日に、次期大統領に就任する。

同国では、ムナンガグワ氏の更迭を受けて、軍が蜂起していた。

ZANU─PF幹部によると、ムナンガグワ氏は次期選挙まで、ムガベ氏の残りの任期を務める。次期選挙は来年9月までに実施する必要がある。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダヴンチのキリスト画 510億円で落札 !!

2017-11-17 09:24:47 | 海外
ダビンチのキリスト画、510億円=芸術作品で史上最高額―NY競売

昨日16日のTVニュースでダビンチの書いたキリストの肖像画「サルバトール・ムンディ」が15日(現地時間)NYのクリスティーズのオークションに掛けられ、芸術作品としては史上最高額の4億5030万ドル(510億円)で落札されたこ事を知りました。

金塊やダイヤと違い芸術作品ですから浜爺の様な凡人が納得する価格かどうかは分かりませんしオークションですから落札価格は上がるのはまあ当然なのでしょうね。

落札価格は4億ドルの様でそれに諸費用が加わり4億5030万ドルとなったそうです。
どうやら落札したのは個人の様でまたまた死蔵されてしまうのでしょうか?

この話を聞いて日本でもバブルの頃ゴッホの「ひまわり」を58億円で落札した保険会社があったなーと思い出しました。
次に世の中には金を持っている人がいるんだなーとつくづく思いました。まあ日本だって70代80代の人が相変わらず1-2千万円もの金をころころいまだに騙されているのですからね

最もこれとそれでは金額の規模が違いますがね!

ひょっとしたらパナマ文書とかパラダイス文書に名前が出るような個人の大金持ちなのかもしれません。

たまたまこのニュースの前に日本人でインパール作戦に動員され現地のビルマ人により英国兵の捜索を逃れた94歳の方の活動を報じていました。
戦後復員できると個人で日本とビルマの架け橋になるべく留学生の世話をし今ではその1期生あたりが日本とビルマの通訳を務めるほどの歴史を重ねている様です。
普段は何かと意見の合わない老妻ですがこの方の生き方には「私財を投げ打って人に尽くすなんてできることでないね」と意見の一致を見ました。
まあそれぞれ次元の違う話ですね。


写真:オークションで落札された「サルバトール・ムンデ」

時事通信:
【ニューヨーク時事】イタリア・ルネサンス期を代表する芸術家レオナルド・ダビンチ(1452〜1519年)が描いたイエス・キリストの肖像画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が15日、米ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションに掛けられ、芸術作品としては史上最高額の約4億5030万ドル(約510億円)で落札された。

 クリスティーズによると、作品は1500年ごろに制作された油絵(縦65.7センチ、横45.7センチ)。青いローブを身にまとい、右手を掲げ、左手に水晶玉を持ったキリストの上半身が描かれている。

 一時は英王室の収蔵品だったが、1763年の競売後に所在不明となり、「幻の作品」とされていた。2005年に再び存在が確認され、専門家の鑑定でダビンチの作品と判明した。現存するダビンチの絵画は20点に満たず、個人が所有する唯一の作品として希少性が高まっていた。 
(引用終わり)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

カタルーニャ州 独立抗議のデモ 30万人 !!

2017-10-30 07:14:20 | 海外
【カタルーニャ問題】独立宣言への抗議デモに30万人 スペイン中央政府はプチデモン前州首相の選挙参加容認 

今朝の横浜は台風22号一過、少し雲が残り風があります。なんとこの風は今シーズンの木枯らし1号だとか!!
さて衆院選の敗戦処理で野党がごちゃごちゃしていて国会召集まで政治問題は動きそうもなさそうです。加えてトランプ大統領の訪日が迫りますから「北と対米貿易の問題」で政府は忙しいでしょうね!
さてスペインのカルルーニャ州の独立宣言問題ではスペイン首相は「州議会解散を宣言」しました。どうやらEUも関連主要国の仏も独も「州に肩入れはご免なさい」の様です。

先には州の独立宣言を喜ぶ「賛成派」のデモを報じましたが29日(現地時間だと思います)に「独立宣言反対派」のデモが行われ市当局の発表によれば30万人が参加したそうです。
バロセロナ市の人口が160万人ほどで福岡市(154万人)川崎市、神戸市が147万人ほどですから何となく規模が分かります。
州の独立ですから他州から大勢押し掛けたのでないとすればそして主催者ではありませんが当局(多分中央より)の発表で話半分の15万人にしても大変な動員力です。
たとえば今年春の連合のメーデーの参加者が主催者側発表で4万人ですから本気度が分かります。
まあ細かく見ると「賛成と反対」は僅差の様で英国のEU離脱と趣は似ています。
何にしろ「賛成派と反対派」の衝突でも起きて流血沙汰や最悪死傷者が出たりしないか気にしていましたがその様な事はなかったみたいで他人事ながらホットしています。
日本に例えるなら「日米安保賛成か反対か?」みたいなものでそれだけでスパッと切り分けられない微妙な側面があるのでしょうかね?
同政治的に決着つけるのか日本人と違う政治風土の人の対応を興味を持って眺めています。


写真:独立に抗議するデモ隊(毎日)

産経新聞:
【パリ=三井美奈】スペイン東部カタルーニャ自治州の州都バルセロナで29日、州の「独立宣言」に反対するデモが行われた。市当局は約30万人が参加したと発表した。

 現地のテレビによると、参加者はスペイン国旗とカタルーニャ旗を掲げて、「スペイン万歳」「法と民主主義を守れ」などと叫びながら、市中心部を行進した。独立宣言を批判して、「(州首相を罷免された)プチデモン氏を刑務所に送れ」と書いたプラカードを掲げる参加者もいた。デモは、独立に反対する民間団体や政党が呼びかけた。

 「独立宣言」は27日に州議会が決議。その後、中央政府は同州の自治権停止と直轄統治を発表し、独立支持派が抗議デモを行った。29日のデモは独立支持派に対抗する狙いだが、双方の衝突が懸念されている。

 一方、中央政府の報道官は28日、自治権停止に伴い州首相を罷免されたプチデモン氏について、12月21日に行われる州議会選への参加を認める方針を示した。ロイター通信のインタビューで述べた。

 報道官は、プチデモン氏が28日のテレビ演説で中央政府の直轄統治に対する「民主的な抵抗」を呼びかけたことに触れ、「彼が選挙に参加すれば、民主的な抵抗になる」と述べた。

 その上で、プチデモン氏が自身の罷免を認めなければ、「常識に基づいた措置をとる」と述べた。中央政府の統治を妨害した場合には、強硬措置も辞さない構えを示したものだ。反乱罪で有罪になると、最高で禁錮30年の刑罰が科される。

 州議会選は、中央政府のラホイ首相が今月27日に実施を発表した。中央政府の直轄統治の下で州議会選を行い、新政府を発足させた後に自治権を復活させる狙いとみられる。

 州議会選に参加する政党は、11月に届け出る必要がある。独立強硬派の政党からは、「われわれは独立国。スペイン政府が行う選挙に参加すべきでない」という意見が出る一方、穏健派は「州議会にとどまるべきだ」との声が強く、意見が分かれている。

 保守系の全国紙ムンド(電子版)が29日に報じた同州の世論調査によると、州議会選挙を現在の政党構成で実施した場合、独立派が42・5%、反独立派が43・4%を得票する見込みで、支持は拮抗している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加