王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

劉暁波氏 がんで死去 !!

2017-07-14 12:09:09 | 中国関連
強大化した中国、劉氏を恐れた理由 死去の報道も制限

全国で大雨大水の被害を受けている方には申し訳ないようですがここ横浜は空梅雨の様でこの数日は暑さが続き、それでなくても働かない頭が煮えそうです。

さて14日の夕刊で末期がんの治療のため刑務所外の病院で治療中の「劉暁波」氏が亡くなった事を知りました。
中国の民主化を求める運動家で再三政府からにらまれ投獄、釈放を繰り返していました。2008年には投獄されたまま「ノーベル平和賞」を受賞しましたが(当然の事ですが)政府は授賞式への出席を認めませんでした。
2010年懲役10年の実刑判決が下り錦州の刑務所に収監されました。
特に中国の政府が殺したわけではありませんが「末期がん」なんて突然なるものではありませんから数年前からわかっていた事をいい加減な治療で死の後押しをしていたなんて事はあるかも知れません?!

昨日の夕刊では「遺体は灰にして海に散骨せよ」なんて政府が遺族に命じたとありますから死して劉氏のお墓が民主化活動家の聖地になる事を真底から嫌っている事が良くわかります。

さて中国の若い人による民主化要求の声はどう広がってゆくのでしょうかね? 江沢民ー胡錦濤ー習近平と続いている共産党一党独裁は金持ちにはなったけれど鼻持ちならない様にも見えます。

さて話は飛んで報道の前日には法務省が2名の死刑囚の刑を執行したと報じました。
早速人権団体が「(そのうちの1名は)再審請求中であるのを捉え)重大な人権侵害だ!」と非難する声が上がっています。この死刑執行後で確定死刑囚が125人いてそのうち92人が再審請求中だそうです。

おそらく中国政府の対応と日本の人権活動家の避難の中間位に民主的なる概念の実態があるのでないかと思いました。
劉氏のご冥福をお祈りします。


写真:生前活動中の劉氏

朝日新聞:
獄中でノーベル平和賞を受賞し、中国の民主化運動の象徴的存在だった人権活動家の劉暁波(リウシアオa:
ポー)氏(61)が13日、亡くなった。民主化の夢は一党支配を死守しようとする当局の壁に阻まれ、末期がんに侵されても出国もかなわなかった。だが、その死は強大になった共産党政権に大きな問いかけを残した。

 「民主化を目指す我々の精神的な支柱だった。とても悲しくて、怒りでいっぱいだ」。劉氏が投獄される原因になった「08憲章」に最初に署名した1人で杭州の学者、温克堅さん(46)は言った。病院に見舞いに行ったが、病室すら教えてもらえなかったという。

 北京の著名人権活動家、胡佳氏(43)も「出所したら、一緒に中国の変革を目指して戦いたかった」と無念さを口にした。ただ、政府が出国を認めなかったことへの怒りは大きい。「せめて最後は自由のある土地で死なせてあげたかった。人道的な配慮すら認めない、体制のひどさを多くの人が知ったのではないか」

 入院先の遼寧省瀋陽市の中国医科大学付属第一病院では13日午後5時半ごろ、劉氏の病室があるとされる病棟に霊柩(れいきゅう)車が到着。多くの私服警官らが警戒するものものしい雰囲気のなか、午後6時半ごろ、劉氏を乗せたとみられる霊柩(れいきゅう)車が護衛とみられる4台の車が前後を固めて走り去った。

 その後、近くのホテルに当局が設けたメディアセンターには多くの報道陣が集まった。担当者から「記者会見を開く」という説明があったが、夜になってもなかなか開かれなかった。

病院側は13日深夜に会見し、「肝臓がんは早期発見が難しい。外国の専門医も我々の治療を高く評価した」と述べた。主治医によると、妻の劉霞(リウシア)氏や劉氏の兄弟も付き添っていたという。

 中国メディアは13日夜の段階で劉氏死去のニュースを国内向けには流さず、海外メディアの放送も制限。英BBCは約10分間画面が暗くなった。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米中ガチンコ対決へ ?!

2016-12-18 08:17:36 | 中国関連
「一つの中国」見直し示唆のトランプ氏けん制か

15日中国海軍が南シナ海で米海軍の無人潜水艇を持ち去った事件が起きました。
米海軍の返還要求に対し中国は「米軍は返還合意を一方的に公表した」と新たな諍いに転じています。

この記事は現場でのもめごととみるのでなく2日にトランプ次期大統領と台湾の蔡総統との電話会談に始まり11日にはトランプ次期大統領の「一つの中国」との認識に対する疑問を呈するなどマジでガチな中国との応答の延長上にあると見方を紹介しています。

米国の内政重視により南シナ海は中国の内海となるのでないかとの懸念とは別の動き実見えます。
もちろんトランプ次期大統領はこの間、7日には習主席と親交のある前アイオワ州知事を中国大使に任命するなど緩衝材も入れてはいます。

大統領就任まであと1か月余りになってきていよいよトランプ次期大統領の言動から目が離せません。
この人のオバマ大統領との差はオバマ大統領の(スピーチライターの手も借りて)「よく練られた美しいロジックと論理的な表現」を使うのと違いツイッターですぐ「自分の考えを呟く」ところです。
大統領になって同じ表現法を使うとするとその国民や関連国の人々の反応は新しいものになる気がします。
やはり新大統領のツイッターから目が離せません。


写真:最近の米中衝突

読売オンライン:
【ワシントン=大木聖馬】中国海軍が15日、南シナ海で米海軍の無人潜水機を持ち去ったのは、「一つの中国」原則の見直しを示唆するトランプ次期米大統領へのけん制との見方が出ている。

 中国が領有権を主張している南シナ海で対米圧力を強める中、トランプ氏は南シナ海問題では、オバマ政権以上の強硬路線を取るとの見方が強く、来年1月の政権発足直後から米中間の緊張は高まりそうだ。

 トランプ氏は17日、ツイッターで「中国は米海軍の潜水機を国際水域で盗んだ。これまでにない振る舞いだ」とつぶやいて、中国をけん制した。トランプ氏はこれまでに海軍の海上艦船を増強するなど、米軍を再建して「力による平和」を実現すると公約しており、南シナ海にも適用される可能性が高い。
[引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国警備艇 中国漁船の体当たり 沈没 !!

2016-10-10 08:28:40 | 中国関連
韓国警備艇、中国漁船の体当たり受け沈没

昨日9日韓国の仁川沖で中国の漁船が警備艇に体当たりして警備艇(高速ボートの様です)に体当たりして沈没させた事がわかりました。

事件は7日に起きたようで韓国の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業していた40隻の中国漁船を発見し1隻を拿捕のため海洋警察の係りが複数で乗り込んだところ別の1隻が警備艇に体当たりして沈没させたもの。警備艇に残った1名は他の警備艇に救助され無事。漁船は現場から逃走した様です。
海洋警察の係りが乗り込んでいた漁船は拿捕できたのですかね??

あちこち関連記事を探すと韓国の抗議に対し中国側は「遺憾の意を表し漁船の指導取締りを強化する」と発言しどうやらそれでお仕舞に見えます。
9月末にはも木浦で違法操業の中国漁船に発光弾を打ち込み漁船3人の死亡事故を起こした後です。
軽い取り締まりと強い抵抗・反撃で強い抵抗側のやり得です。
某国の警備船の様に「出会いかしらに機関銃を発砲し停船させる」なんて強い取締りは韓中の間では困難でしょうね。日中間でも同様です。捕まえても「脅されて超法規的に釈放」なんて情けない実績のある日本はなめられているでしょうね。
とても他人事とは思えません。


写真:中国総領事(聯合ニュース)

ヨミウリオンライン:
ソウル=中島健太郎】聯合ニュースによると、韓国北部・ 仁川 インチョン 沖の黄海で7日、違法操業を取り締まり中の海洋警察の警備艇が中国漁船の体当たりを受け、沈没した。

 韓国外交省は9日、在ソウル中国大使館総領事に抗議した。

 海洋警察は、韓国の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業をしていた約40隻の中国漁船を発見。隊員が漁船を 拿捕 だほ しようとしたところ、1隻の漁船が突然、警備艇に体当たりした。乗っていた海洋警察の隊員1人は別の警備艇に救助され、無事だった。海洋警察は、中国漁船が故意に警備艇に衝突し、現場から逃走したとみている。
[引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮 核実験 !!

2016-09-10 08:35:04 | 中国関連
【北朝鮮核実験】“後ろ盾”だった中国も「断固反対」 メンツ潰された習近平政権「新たな制裁は当然」の声も

昨日9日朝9時半頃北朝鮮が核実験を行ったと思われる地震波を探知したとの報道がTVに流れました。
日本でも安倍さんが「情報を収集する様に」指示したとの画像が流れたり気象庁の人が「通常の地震と波形が違う」と語りました。
核実験だとすると今年に入り3度目、そして9月5日には日本のEEZにミサイル3発、同日は中国がホストを務めるG20の最中で中国は「北のけつ持ちとして統制力を疑われメンツを失いました」。

加えて核実験ですから「中国の非難も国連の決議もキムジョンウンにとっては効き目がない」のですよ。

一応国連の経済制裁を受けていて(中国の民生物資輸出は抜け穴としても)どこから武器開発の金が出てくるのでしょうかね? 8月24日には潜水艦発射のミサイル実験に成功しています。
まだ実験ですが英国では実戦配備の潜水艦搭載の核ミサイルシステムは金がかかりすぎるので廃止を検討しています。
繰り返しますが北は維持費をどこから出すのでしょうね?
マツタケと明太子の輸出くらいではミサイル開発の金が稼げるとは思えません? 偽札、合成麻薬あたりは低コストで大きな稼ぎがありそうです。
日本で出来そうなことは「人とモノの往来の厳重遮断」「覚せい剤の水際阻止」の二つですかね?!

日本のけつ持ちの米国は「オバマ政権末期でレイムドダック(動きが取れない)状態です」
北の国内では政府高官が粛清されたり亡命したり外国の「朝鮮料理屋の姐さん達まで(結構市民としては身分が良い)亡命しています」
中露は朝鮮半島の北半部という軍事学でいう要衝が混乱する事を望みません。
でも自分でもめごとを起こしているキム同士をどこまで優しく見守る気でしょうか??
北は航洋海軍を持ちませんから軍が大量にせめては来ません。
いやな隣人に注意して様子見するのが日本の今の姿勢ですかね?!


写真:8月24日 成功と伝えられるSLBM の実験(ネットより)

産経新聞:
【北京=西見由章】北朝鮮による核実験を受け、中国外務省は9日、「断固とした反対」などを盛り込んだ声明を出した。今年1月の核実験時と同様の表現だが、今回は中国が「国際社会とともに」朝鮮半島の非核化を推進するとの内容が追加され、かつて「後ろ盾」を務めていた北朝鮮と距離を置く姿勢を一層強めている。

 中国外務省の華春瑩報道官は9日の定例会見で、北京の北朝鮮大使館側に申し入れを行う意向を表明。「中国は国連安全保障理事会の常任理事国として、関連協議には責任ある建設的な態度で臨む」と述べ、新たな制裁決議の採択に協力する可能性も示唆した。

 7月に韓国が米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を決定して以降、中国は冷却していた北朝鮮との関係改善を模索した。ただ、中国は自国での20カ国・地域(G20)首脳会議の主催を目前にした8月下旬、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射すると、国際社会の目を意識して安保理の非難声明に同意せざるを得なかった。これに対抗するかのように北朝鮮はG20期間中に弾道ミサイルを発射して習近平政権のメンツを潰し、今回の核実験が追い打ちをかけた。

 ただ、国営新華社通信は9日、THAAD配備決定が「半島の緊張を高めた」として米韓側にも原因があるかのような見方を伝えた。

 自国の核抑止力を無効化しかねないTHAAD配備と北朝鮮の暴走に挟まれ、中国の対北政策は身動きがとれない状態だ。

 北京の北朝鮮研究者は「北朝鮮が今年に入って核実験・ミサイル発射を加速させているのは、オバマ米政権が任期末を迎え実際の行動を取る能力がないと判断しているためだ」と分析。北朝鮮の核開発問題を解決しなければTHAAD問題なども解決できないとし、「今回の新たな実験で、朝鮮半島の核問題はさらに危険な状況に陥った。新たな制裁を行うのは当然だ」と語った。
[引用終わり)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

G20 後 日中首脳会議 !!

2016-09-06 09:52:15 | 中国関連
安倍首相が東シナ海で自制要求、中国主席と会談

4日と昨日5日の二日間中国杭州でG20が開催されました。
開催国の中国は会議を成功と印象つけるため官製歓迎体制を敷き清澄な空気や余裕のある景勝地を作り出し(地域住民の不満はどこえやら)外国人に好印象を与える工夫をした様です。

それはさて置き5月の末に伊勢志摩のG7で世界の政治と経済状況について話したのに「決定的な解決策や対応策」が出なかったし、リーマンショック以来の危機と言った安倍首相に英国のブレア首相がどこにそんな危機が?? と疑問を呈して(それはその時点で正しい)帰国をした途端EU離脱が国民投票で決定し自国が「新たな経済危機」の種をまいたばかりです。ISの問題もG8から外されたロシアの参戦で抑え込んでいる始末です。

まあ世界が7-8か国で回っている時代ではありませんから総論G7 各論でG20が地域の問題に合意形成ができればそれはそれで良い事なのでしょう。

習近平は「南シナ海にかんするハーグ裁判所の判決(中国の歴史的権利は認めない)の影響を薄めるべく全力を挙げたようです。
日中首脳もG20の会議前でも最中でなく終了後に時間を制限してかつ(公表できる)主題を絞り込んでの様です。
両国とも首脳会議を単にやったとのお座なりの会議ですね!!
おまけに5日の昼過ぎには北朝鮮が日本海に向けミサイルを3発発射するハプニング(嫌がらせ? 意図的政治アッピール?)で安倍首相が習近平に「国連決議を順守させよ」と注文を付けさせてしまいました。
日本は中国の国威発揚会議の結果に踊ることなく平素の活動を丁寧に行うことが大切です。
日本発の経済危機など起こさぬよう個人消費の増加、求人率の向上、正規・非正規社員の格差是正、保育大気児童の解消等など地道な前進を期待しています。


写真:4日の会議で

ロイター:
[杭州 5日 ロイター] - 安倍晋三首相は5日、中国の習近平国家主席と会談し、東シナ海と南シナ海で活動を活発化させる中国に自制を求めた。両首脳は、空や海での偶発的な軍事衝突を回避するための連絡体制の早期運用に向けた協議を加速することでも一致した。

中国の杭州で開かれた20カ国・地域(G20)会合に出席した安倍首相は、5日夜に習主席と会談。その後の会見で、中国の海洋進出によって日本や東南アジア諸国との緊張が高まっていることについて「日本の立場を率直に、明確に伝えた」ことを明らかにした。中国公船の東シナ海での活動に遺憾の意を表明し、状況を改善するよう求めた。

東シナ海の尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺では、中国の公船、軍艦、軍用機が活動を活発化させている。6月には日本が接続水域と主張する海域に中国軍艦が侵入したほか、中国の戦闘機が南下する動きを見せ、日本側との緊張が高まった。

一触即発の事態を避けるため、安倍首相と習主席は防衛当局間による連絡体制「海空連絡メカニズム」の構築に向けた協議を加速することで一致した。安倍首相は会見で、「さまざまな分野、さまざまなレベルでの対話を進めることで合意した」と語った。

尖閣諸島をめぐっては、中国が領有権を主張する一方、日本は固有の領土として領有権争いは存在しないとの立場を取っている。

このほか両首脳は、5日午後に北朝鮮が3発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射したことも協議。安倍首相は、北朝鮮に強い影響力を持つ中国に連携を求めた。同首相は会見で、北のミサイル発射は「国際社会への明確な挑戦であり、断固抗議する」と語った。
(引用終わり)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加