王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

マニフェストは正式でない 民主党鳩山氏

2009-07-31 12:45:32 | 政治
民主政権公約 バラバラ…意思の疎通大丈夫?(産経新聞) - goo ニュース

27日にマニフェストを発表したばかりの民主党の党首が「マニフェストは正式でない」と発言したとか。

真意が分からないので「書いたもので確認したい」と思っていたら下に引用した様に産経新聞のあひる氏が書いたものを目にした。

29日熊本で遊説中の(記者団に対する)発言で:
民主党のマニフェストに対して大阪の橋下知事が「地方分権に配慮が足りないとか」発言した事に反応して「「国と地方の協議機関の法制化」を明記するよう軌道修正したと報じている。

一般的に言って「これが政権交代後のマニフェストです--と言った舌の根も乾かぬうちに追加或いは積み残ありの発言するのは頂けない」

岡田書記長の「必要があれば訂正」も一般論で結構だが昨日の今日では「書記長の目配り」に不足がある。

その点小沢前党首の「(既存のやり方を根本から変えるので)追加の必要が無い」との発言に重みがある。

既に現党首が発言してしまったのであるから取り消しは効かないであろう。
しかし「橋下知事と全国知事会も一体でないし橋下氏とそのシンパの真贋も分からないのに過剰に反応した鳩山氏の政治的力量は後日問題を呼ぶのでないだろうか」
党首・幹事長に力量があれば「マニフェスト」は速成なので地方分権についても後日(政権が発足したら)取り扱いをするとでも発言しておけば良かったのだよ。

総選挙前に「自傷行為(セルフインフリクト)」でつまずかない様気をつけてください。


産経新聞:
■鳩山氏「正式なものでない」

 ■岡田氏「必要があれば訂正」


 ■小沢氏「追加の必要はない」


 民主党の鳩山由紀夫代表が、27日に発表したばかりの衆院選マニフェスト(政権公約)について「正式なマニフェストではない」と発言したことが波紋を広げている。


 与党側は、さきのマニフェストについて「政治的責任を負う」と断言した鳩山氏を批判。民主党の小沢一郎代表代行も鳩山氏にかみつくなど、党首脳間の意思疎通が十分でない実態が浮き彫りになった。


 鳩山氏は29日、遊説先の熊本県菊陽町で記者団に対し、「この間(27日)出したのは正式なマニフェストではない。正式なマニフェストは公示日からしか配れない」と述べた。大阪府の橋下徹知事が民主党のマニフェストを批判し、追加するよう求めていた「国と地方の協議機関の法制化」を明記するよう軌道修正を図ったものだ。マニフェスト作成を主導した岡田克也幹事長も30日の記者会見で「必要があれば(マニフェストを)訂正することは、やぶさかではない」と述べた。


 だが、小沢氏は同日、岐阜県可児(かに)市で記者団に対し、協議機関の法制化について「盛り込んで悪いわけではないが、わたしたちは今の行政の仕組みを根本的に変えようと言っている。今の仕組みを前提にした議論をする必要はない」と追加の必要はないとの考えを表明した。(以下省略)
コメント (4)   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

教諭 下着をつけぬ足をもませる

2009-07-31 07:55:42 | 駄目だ! こりゃ
事故装い下着つけぬ足もませる、教諭を起訴(読売新聞) - goo ニュース

これまでも役人、教員や警官等社会的地位もあり(民間に較べれば)雇用も安定していると思われる方の愚考を書いてきた。
世に泥棒のタネが尽きないと言われる様に愚考のタネも尽きないようです。

6月27日(この日は土曜日)夜10時頃、宮崎県立日向高校教諭甲斐正直(39歳)は女性を待ち伏せしてたまたま自転車で通りかかった女子生徒(16歳)にぶつかり被害者を装い近くの敷地でスボンを脱ぎ下着を着けない右股を30分ほど揉ませるなどした容疑で30日起訴されたのだと。

この男一体何を考えていたのでしょう?
39歳と言えば通常結婚していて小学生位の子供もいて不自然ではありません。
いや独身者であっても納得の行かない行為ですよ。

「下着を着けない」と有りますが「最初からズボンの下はフルチンで待ち伏せしていたのでしょうか?」
可哀想に女子学生は「事故で気が動転して先生のチ○ンボコを目にしたり触れたり」させられたのでしょう。

まあそんな事が先生の目的だったかもしれません。
39歳で破廉恥罪で起訴されて「免職」になりますかね?
免職にならなくとも地域の有名(変人)となると継続して今の高校に勤務は難しいかもしれません。
東国原知事にお願いして秘書課の要員で採用して頂いてはどうでしょう?!


読売新聞:
宮崎地検は30日、自転車事故を装って女子高校生に下腹部を触らせたとして、宮崎県西都市三宅、県立日向工業高校教諭甲斐正直容疑者(39)を県迷惑防止条例違反(卑わい行為の禁止)で宮崎地裁に起訴した。

 起訴状では、甲斐容疑者は6月27日午後10時頃、宮崎市内の歩道で、同市の高校に通う女子生徒(16)の自転車にわざとぶつかり、被害者を装ってマッサージを要求。近くの会社事務所敷地で約30分間、自分のズボンを脱がせて右足の付け根をもませるなどしたとしている。下着は身に着けておらず、歩道に止めた自分の車の陰に隠れ、女性が通るのを待っていたという。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人年齢 18歳に引き下げ?!

2009-07-30 07:37:02 | 政治
成人年齢、18歳に引き下げ=実施時期「国会の判断」-自立促す・法制審部会(時事通信) - goo ニュース

今朝の「みのさんの朝ズバッ」でも軽く触れていました。
もしこの法案が成立すると関連する法律が114?有るそうです。
そのうち「ーー未成年は云々」とある条文は自動的に18才が適用になるそうですが「ーー20歳未満は云々」とあると18歳に直さないとまずいそうです。
そりゃそうだよな。ある法律だけが18歳19歳を未成年扱いしていてはね。

そんな問題はあるけれど次の政権が法制化すれば18歳成人が実現します。
負の面は「サラ金(と今は言わないが)からの借り入れが出来る」同様に「売買契約が親の同意無しで出来る」のでそのあたりを心配する意見があります。
爺も一部の若者は悪の罠に引っかかるのが出そうな気がします。

期待される面では「選挙権の行使」が出来ますから若者を引き付ける「提言の出来る政党」は得票率が増えそうです。
また「未成年」と言うことで信じられないような凶悪な犯罪が「割合軽い処分」で済んでいたのがそれでは済まなくなる事でしょうから幾らかでも犯罪の抑制になるでしょうか?

あれやこれや18歳の若者が「どれだけ社会常識を弁えた人間になっているか」に尽きそうです。
一般論でなく「成人式で意味も無く酒を飲んで暴れる若者」を思い浮べると「底辺と言うか下層の若者の中には心配が当たりそう」です。
まあ幾つになっても多重債務者とか詐欺のコロリと引っかかる手合いは居ます。

法律が通れば18歳は今まで以上に大人の自覚が必要となるのでしょう。


時事通信:
法制審議会(法相の諮問機関)の民法成年年齢部会は29日、現在20歳と定めている民法の成人年齢について、公職選挙法に基づく選挙権年齢が18歳に変更されることを前提に、「18歳に引き下げるのが適当」とする最終報告書をまとめた。引き下げ時期は、若者に自立を促す施策などの効果や国民意識の動向を踏まえ、「国会の判断に委ねるのが相当」と結論付けた。男は18歳、女は16歳となっている結婚年齢にも言及し、男女とも18歳とするよう求めた。9月の法制審総会に報告される。

 成人年齢が引き下げられれば、親の許可がなくても契約行為ができる年齢も下がるなど、国民の社会生活に及ぼす影響は大きい。今後は、法制化の時期に焦点が移るが、引き下げには反対論も根強く、実際にいつ実現するかは不透明だ。 
(引用終わり)
コメント (1)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

中田横浜市長 辞任

2009-07-29 07:52:51 | 政治
「国民運動に力注ぐ」=中田横浜市長、辞任会見(時事通信) - goo ニュース

横浜市の中田市長が28日午後辞任する事を発表しました。朝日新聞の夕刊の一面はその記事がデカデカとでています。
しかし中身は余りありません。たぶん取材の方法でなく中田氏の発言に中身が無いのでしょう?

TVのニュースを見ていた爺は「あっ 衆議院総選挙に立候補か?!」と思いましたが中田氏は確かざっと9年前衆議院議員を辞めて横浜市長になった筈だよ??

人口367万人 3位の大阪市に90万人の差をつけ日本第2位の都市横浜です。そこの地方首長の方が陣笠3期目の国会議員より裁量の範囲が広く自分の政治理念を実現するのに打って付けに見えました。
それなのにですね。2期4年をあと8ヶ月残して突然の辞任です。
何を考えているのでしょう。

横浜市の財政状況は一般会計:1兆4千億円前後と特別会計:1兆8千億円前後
合計3兆3千億円程度ですが借入金が5兆円ほどあります。

これは別に中田市長の怠慢の故でなくその前の保守系市長3期十二年の無策プラスバブルの崩壊による税収減かつもっと前からの市議会における与野党総市長派(
与党)という無節操の齎した結果でした。

中田市長は借入金の増大に歯止めを掛け市債の発行も逓減させましたがまだ毎年1000億円ほどあります。
決して赫々たる実績を上げて市長を卒業なんて言える内容ではありません。
まあ「ごみ30%削減」で焼却炉増設を2箇所止めさせた実績は認めましょう。
しかし就任直後よく調べもしないで「市バス不採算路線の廃止」で我が家は横浜駅との直接アクセスを切られ生活パターンを変えざるを得ませんでした。

この件については怒りのエントリーをしばしば書きました。特に廃止しを決めてから職員による大量の乗車賃の横領が発覚しています。

話が飛びますが:今月からこのgooのブログのテンプレート(表題部)の構成が改悪され常設されていた「ブログ記事検索機能」が削除されこれまで書き溜めた記事を簡単に見つけ出す事が出来なくなってしまいました。

そんなもので市財政の批判も市バス廃止に対する怒りの声をお見せできないのが残念です。

中田氏はこれまで「女性問題が2-3度指摘されましたが事実は無いと否定する事」で乗り切っていました。
案外こんな所に根っこがあるかもしれません。
淫行や不倫疑惑があっても自民党の総裁候補になりたい某県の知事より良いかもしれません。
開港150周年のイベントも企画倒れに見えます。
まあ衆議院議員から日本2位の都市の首長そしてそれを突然辞任して「国のためならなんでもやる」とか。
「どんなに美しい言葉も心に愛が無ければ相手の胸に届かない」聖パウロの言葉より-----なんて引用を30年以上も前に通勤途上のラジオで聞いたものでした。
そんな感じがぴったりの中田氏の会見でした。
しばらく彼の言動に注目しましょう。


時事通信:
横浜市の中田宏市長(44)は28日午後、同市役所で記者会見し、市議会議長に辞表を提出し、辞任する意向を正式に発表。今後については「国民運動に力を注いでいく」と述べ、将来の国政復帰も視野に、今秋に他の首長と設立する政治団体などの活動に取り組む考えを明らかにした。

 中田市長は会見で「国を改めるために何でもやる」と強調。「国政復帰もか」との質問に「ある」と答え、国政復帰や新党結成の可能性を認めた。ただ、来月の衆院選には出馬せず、「まず国の形を形作る」ことを念頭に、中村時広松山市長、山田宏東京都杉並区長らと結成を目指す政治団体「『よい国つくろう!』日本国民会議」に「全力を注いでいく」と述べた。 
(引用終り)
コメント (8)   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

民主党がマニフェスト発表

2009-07-28 08:17:14 | 政治
民主党がマニフェスト発表 主要政策に初年度7.1兆円(朝日新聞) - goo ニュース

27日民主党がマニフェストを発表したそうです。
24日「ラジオ日本のミッキーのずばり勝負」を聞いていました。
この日のゲストは横浜港湾協会会長の藤本幸夫氏でした。氏によればマニフェストとは海運用語で「船にどんな積荷を幾つ何処に向けて何時までに届ける」と書いたものの明細一覧表の事だそうです。
そんな事から政党の政策宣言書とか日本で言う政権公約とかの意味で使われています。
さて話は民主党のマニフェストに戻ります。
今朝の朝刊各誌もTVニュースもいろいろ論評しています。

曰く「予算の裏づけがない」「バラマキ」とか言われています。爺もそう思います。社会主義政権風ですね。自助努力している人にインセンティブ(動機付け)が感じられません。

個別に細かい話に入る前に大枠の話をしたいと思います。
イギリスや米国であれば政党は異なっても「国家像」とか「国家の基本戦略」とか呼ぶ物は確立されています。
一方日本は戦後マッカーサーの指示の下「親米非武装路線」で「ソ連の共産化政策」と戦っていれば良かったのですからね。
日本政府としての無策は「7千数百万人から1億2千万人へと増え続けた人口が徴税基盤を支えその失敗(放漫経営)を救ってきました」

近時「戦争放棄の憲法」「三権分立の結果その統合者が不在」「官僚政治の跋扈」等戦後の無策のツケが回り政権与党の自民党でさえ国論を代表する「国家像」を提案できません。
従ってついこの間結党し旧社会党系の左派や自民党並みの右派まで党員に抱えた「民主党」に「日本人のかなりの人々(ざっと半分)を納得させる国家像」等提案出来る様な事情にありません」

従って新「日本丸」と言う船の行き先と装備が決まっていないのですから「マニフェスト」に整合性があるわけ有りません。

昨日のマニフェストは「民主党そうだったら良いのにな!」一覧表です。
あれだけの事をやろうとするならその前に:
「国の借金800兆円の処理」
「消費税の廃止」
「官僚政治の廃止は良いにしても国会議員の半減」

程度は提言しないと自公与党に変わる革新政党とは呼べません。
まあここ数ヶ月は民主党が力を付けたと言うより麻生総理と与党幹部のお粗末さに国民があきれ果てその結果「民主党の位置が相対的に上がった」に過ぎません。

でも「大化けする」と言う言葉があります。民主党が政権交替を実現したらそうあって欲しいと思います。


朝日新聞:
民主党の鳩山代表は27日、東京都内で記者会見し、衆院選マニフェスト(政権公約)を発表した。主要政策の実行時期と予算額を示す「工程表」を初めて明記。「生活不安の解消」を掲げ、来年度分として、子ども手当の半額支給(月1万3千円)や高校無償化など総額7.1兆円規模を盛り込んだ。一方、消費増税には言及しておらず、同党が主張する予算の組み替えや「無駄遣いの根絶」だけで財源を賄えるか論争が活発になりそうだ。

 民主党はこのマニフェストを「予算編成の基本方針」と位置づける。政権交代すれば、政府が決めた10年度予算の概算要求基準(シーリング)を見直し、マニフェストの内容を反映させる方針だ。
(以下省略)
コメント (4)   トラックバック (18)
この記事をはてなブックマークに追加