王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

田辺市女児 スプレー事件 犯人逮捕!!

2017-12-23 11:54:09 | 駄目だ! こりゃ
女児の顔にスプレー、重傷負わせた容疑者「体触ろうと」

19日午後3時過ぎ田辺市で下校途中の小3女児が「スプレー缶の液体を吹きかけられ」顔に重傷を負う事件が起きました。
女児は健気にも泣きながら近隣の家に助けを求め顔を拭ってもらいましたが3か月の重傷との事。
こんなことをした奴は許せんません。

二階幹事長のおひざ元ですから和歌山県警に早急解決の叱咤激励が飛んだかもしれません?!

それはとも角翌20日には田辺市の臨時職員、宮下祐介容疑者(20)が速攻逮捕されました。付近の学童を持つ親御さんはホッとしたことでしょう。
その後の調べで「体を触る目的でスプレーを掛けた」そうでますます許せない気になりました。それにしてもスプレーの成分はなんでしょうね? クマよけ? 痴漢撃退? 良く効くのは良しとしても「犯罪目的」では一般人は迷惑です。
娘さんは目は大丈夫だったのでしょうか?顔の怪我が速く良くなると良いですね。


写真:宮下容疑者(ネットより)

朝日新聞:
和歌山県田辺市で帰宅中の女児がスプレー缶の液体を吹きかけられて顔に重傷を負った事件で、県警は22日、傷害容疑で逮捕した市臨時職員、宮下裕介容疑者(20)=同市新屋敷町=について、わいせつ目的だったとして容疑を強制わいせつ致傷に切り替えて和歌山地検田辺支部に送検した、と発表した。

 県警によると、宮下容疑者は、調べに対し、「体を触ろうと思った。スプレーをかけた後、女児が泣き叫んだので逃げた」と供述しているという。県警は、容疑者の自宅から携帯電話やパソコンなどを押収し、スプレーの入手先などを調べている。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日産 無資格車検 38年間 ?!

2017-11-18 07:23:10 | 駄目だ! こりゃ
【車無資格検査】検査員受験者に解答配布…日産報告書は問題多数 国交省は「刑事罰も排除せず」

日産の完成車に対する無資格者による完成検査が国交省の立ち入り検査で「ばれて」からざっと1か月半、昨日17日調査報告と再発防止策が国交省に提出されたそうです。
9月末の立ち入り検査に対して一部門の長(多分部長級?)が釈明していましたが浜爺の様な素人が見てもそんな単純な問題でなかろうと思いました。
案の定社長が釈明する事態になりましたが、「無資格車検はしない」と」明言した後でも生産現場では無資格車検が行われていた体たらくでした。

今はやりの英語で言えば「ガバナンスが利かない」のと「コンプライアンスに欠ける」結果が日本有数の乗用車生産会社でまかり通っていた結果でした。

同日横浜本社で行われた(恐らく国交省で油を搾られた後)記者会見での発言は社長として起きた結果に対し責任を感じそれにどう対処するかの点で他人事の様に聞こえました。
漏れ聞けば西川社長はゴーン会長の増産政策をひたすら推進し今日の地位があるようですからゴーン会長のせいだとは言えないのでしょうね。
それなら一切を背負い込んで「コンプライアンス重視」の体質にして身を引くのも身の処し方でしょうが見事に人生を生きるのは難しい様です。
「上は下の事情お構いなし」「下は目標達成のためなら手段を問わない」これでは日本の民間企業はダメになるのは必定です。
38年でばれてこの期間が長いのか短いのか? 体質が早急に変わるか?
悩ましい問題です??

幹部一丸となって再建二努力してください!!


写真:17日記者会見を終えての西川社長

産経新聞:
自動車の無資格検査問題で、日産自動車が17日、調査報告と再発防止策を国土交通省に提出。日産のずさんな検査現場の実態が改めて浮き彫りとなった。石井啓一国交相は同日の記者会見で「厳正に対処する」と強調しており、刑事告発の可能性も視野に今後の対応を決める方針だ。(佐久間修志)

 報告書では、日産が検査員の試験で受験者に解答を配布したり、講習時間を短縮したりするなど“検査以前”の問題も多いほか、一部の検査項目が未実施だった可能性も新たに判明。9月の国交省の立ち入り検査で、従業員が虚偽とも受け取れる説明をした。

 「自ら決めたやり方を決めた通りに行っていれば問題がなかった。誠に驚きを禁じ得ない」

 報告書を受け取った国交省の奥田哲也自動車局長は、平身低頭する日産の西川広人社長に厳しい口調でこう伝えた。

 道路運送車両法によると、無資格検査が基準を満たさないと認められれば30万円以下が科せられる。検査に対する虚偽報告や妨害があったと判断されれば、1年以下の懲役か300万円以下の罰金、もしくは両方が科されるほか、両罰規定で法人も2億円以下の罰金。国交省は日産に「結果として刑事罰となる可能性も排除しない」(幹部)方針で臨むという。

 ただ、刑事罰の適用に必要となる刑事告発は一筋縄ではいかない。

 国交省自動車局は「単に検査妨害や虚偽報告をしただけでは罪に問えない。故意性がなければいけない」とハードルを指摘する。仮に刑事告発をして不起訴になった場合は、「国民に誤ったイメージを発信しかねない」(政府関係者)といった懸念もあり、国交省は「検査と報告内容を丹念に突き合わせながら対応を決める」としている。



 日産自動車の西川広人社長は17日の記者会見で、無資格検査問題の原因究明と再発防止策を説明した。報道陣との主なやり取りは次の通り。

 −−管理側が現場を理解せずに指示していたのでは

 「工場は上意下達の風土が強く、そうした要因は認めざるを得ない。現場の強みを生かしながら(工場担当の常務執行役員を増やすなど)管理側を立て直す」

 −−「内部告発をしても聞いてもらえないのでは」という空気をどう改善する

 「風通しの悪い職場では内部通報も機能しない。現場の係長クラスから意見を聞き、(品質保証課長などに)登用する、といったところから手を打っていく」

 −−カルロス・ゴーン会長を含めた役員の報酬カットは

 「この場では差し控えたい」

 −−(数値目標で経営管理し効率化する)「ゴーン流」も原因だったのでは

 「国内生産はずっと右肩下がりだったが、近年増えた。一方、団塊世代の退職で働き手が減った。こうした事情は自動車各社同じだ。完成検査員の人数不足は事実だが、(無資格検査は)長年の習慣であり、(人手不足が)直接の原因ではない」

 −−西川社長は、進退を含め経営責任をどう取るのか

 「私の責任は、あくまでこの状態からの挽回。事業の正常化が使命であり、責任だと思っている。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出所後 再度 女性強姦で 逮捕 !!

2017-10-16 07:31:02 | 駄目だ! こりゃ
55歳元民放局員逮捕 女性乱暴疑い、3件関与か 大阪府警

昨日15日大阪府警が強制性行(昔の強姦の事)と住居侵入の容疑で無職 岡部純一容疑者(55)を逮捕したことが分かったそうです。
この男平成16年に民放のテレビ局員(社名を書いてある報道もあり)っ当時に強姦事件を起こし懲役10年の刑に服し平成24年に出所していたそうです。
すると事件に対する反省も足らず僅か4-5年で同様の女性に対する強姦事件を起こしていた事になります。
今回は取り敢えず一人に対する「強制性行(刑法の改正で強姦がこう呼ばれるようになった)」で逮捕起訴のようですが容疑者の自宅付近では同様の事件が未遂も含めて複数件あるようです。

調べがすんだら追起訴にでもなるのでしょうね。
大会社で悪いのもいけませんがこうして個人で悪いのも許せません。
それにしても服役後もやめられないのは病的な嗜好でもあるのでしょうかね?
まあ異常としか見えません。
一人暮らしのご婦人はよくよく戸締りに気を付けてくださいね。


産経新聞:
大阪市内の近接したマンションで、無施錠の玄関から男が侵入し、女性が乱暴される事件が数年前から相次ぎ、このうち1件に関与したとして、大阪府警が強制性交と住居侵入の疑いで、元民放テレビ局員の無職、岡部順一容疑者(55)を逮捕していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。9月13日に逮捕され、すでに強制性交罪などで起訴された。大筋で容疑を認めているという。

自宅から数百メートル圏内で犯行?

 起訴状によると、岡部被告は7月中旬の未明から早朝にかけて、大阪市内のマンション6階の一室に無施錠の玄関から侵入。住人の当時20代女性に対し「静かにしていたら何もしない」などと言い、タオルで目隠しして両手を縛ったうえ、女性に性的暴行を加えたとされる。府警はこの事件の発生後に、女性を縛るために使われたとみられる布のようなものが、岡部被告宅のごみ集積場に捨てられていたのも確認している。

 逮捕容疑となった現場マンションでは、別の部屋でも女性が乱暴されそうになった強姦(ごうかん)未遂事件が起きているほか、近隣マンションでも女性の被害が確認されており、いずれも岡部被告の自宅から数百メートル圏内の場所に位置していた。

 この3件の事件は、いずれも鍵がかかっていない玄関から侵入し、就寝中の女性を襲っている点が共通しているという。府警は手口の特徴や防犯カメラ映像の分析から、岡部被告が一連の事件に関与した疑いが強いとみて捜査している。

 岡部被告は平成16年、女性に性的暴行を加えたとする強姦などの罪で懲役10年の実刑判決を受けた。その後服役し、24年に出所していた。
(以下省略)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

線路突き落とし 28歳男 殺人未遂で逮捕 !!

2016-12-14 08:24:24 | 駄目だ! こりゃ
線路突き落とし、28歳男を殺人未遂容疑で逮捕

今になると11日の夕刻大阪のJR新今宮駅で女性二人が男に突き飛ばされ1人が線路に転落した事件がありました。
侵入してきた電車は7メートル手前で緊急して二次被害を防ぐことが出来ました。

男はにげましたが13日名古屋で無銭飲食をして警察に保護されていた所を殺人未遂容疑で逮捕されました。男は大津市に住む朝鮮籍の裴(はい)晃大 (28)で容疑を否認しているそうです。

TVニュースでは逮捕直後大津の自宅を報道陣が押し掛け「母親が謝罪してました」が成人の男がやった事に母親が誤るのもと思いました。
事件の前にも近くで無銭飲食をして逃げたようで店員は母親と電話で会話していた様です。
2件の無銭飲食との類似性もあり早期解決となったのですかね?
男は「軽い知的障害があり」刑事責任能力について慎重な調べるとの事。
突き落としておいて逃げていますから「責任能力はありそう」ですが裁判はもめそうですね。
この手の再犯は絶対に困ります。
GPSのついた装置をつけて居場所を監視でもしないといけないかもしれません。
余談ですがこの裴という漢字ですがどこかで見た気がして考えていたのですが10年以上前小母さん達が叫んだ「ペ・ヨんジュン」さまのペですよ。
どうでも良い事でした。


写真:犯人を載せた警察車両

読売新聞:
大阪市浪速区のJR新今宮駅ホームで11日、女性2人が突き飛ばされ、1人が線路に転落した事件で、大阪府警は13日、大津市南志賀、朝鮮籍の無職中川(本名・ 裴 はい ) 晃大 あきひろ 容疑者(28)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 容疑を否認しているという。中川容疑者には軽度の知的障害があり、府警は刑事責任能力について慎重に調べる。

 発表では、中川容疑者は11日午後5時頃、同駅ホームで、電車を待っていた高校3年の女子生徒(18)と主婦(63)を後ろから押し、主婦を線路に落とした疑い。直後に快速電車が進入してきたが、約7メートル手前で緊急停止し、主婦は無事だった。女子生徒はホーム上に踏みとどまった。

 中川容疑者は「女子生徒には触っていない。主婦は力を込めて触ったら落ちたが、殺す気持ちはなかった。逮捕されると思い、必死で逃げた」と供述しているという。
[引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲盛り土問題 中西副知事他7名の責任者 !!

2016-11-01 23:07:55 | 駄目だ! こりゃ
【豊洲問題】“8人の責任者”の中西充副知事「深くおわび、処分受け止める」、塩見清仁局長「責任を痛感」

昨日1日 豊洲の盛り土を決めた「責任者を特定する」臨時記者会見が午後4時ころから行われるとの事で楽しみにしていましたが野暮用で外出せねばならずTVで見る事が出来ませんでした。

その後ウエブで小池都知事が8名が責任者としたことを知りました。
しかし8名がどこの誰だか一覧で職位[元や膳にしても)並んでいる様な形でなされていない様です??
でも今朝2日の朝のニュースショーで徐々に顔写真と名前と当時の役職が揃って出てきている様です。
要するに豊洲移転を決定したのは元石原東京都知事だが盛り土をする事も決まっていたのに新市場整備部長宮良眞氏で盛り土なしで地下空間を作る案にすり替えられそれを当時の中央卸売市場長岡田氏と現副都知事にして元中央卸売市場長の中西氏は「知るべき立場にあったのに知らなかったとか盛り土をしていると思った」の様に他人事の返事をしています。もう東京都は組織としての艇をなしていません。戦前満州事変を起こした中級将校による上官抜きの行動を思い出させます。はやりの言葉でいえば「何ともガバナンスの効かない組織」です。

全都知事路線なら今日11月2日は豊洲に移転でシャンシャンシャンでした。ゾッとしますね。
更に犯人探しと犯人の処分は決めるとして豊洲に移るのか? 移らないのか? そうなら現状をどうするか? 専門家チームに聞いてばかりいないで小池都知事は行政の長として「政治判断をする」必要があります。まあ「今後のロードマップ(道路地図つまり予定表の様なもの)」を示すといっています。
都民でありませんから静かに見守りですね。


写真:昨日責任に言及する中西副知事

産経新聞:
豊洲市場の盛り土問題で、内部検証報告書で責任者の1人と認定された元中央卸売市場長の中西充副知事は1日、都庁で「市場関係者や都民の皆さまに申し訳なく、改めて深くおわび申し上げる。今後出される処分を誠意を持って受け止めたい」と謝罪した。

 中西氏は「豊洲市場の敷地全面になされているものと受け止めていた」と述べ、盛り土の未実施は知らなかったと釈明。「情報が円滑に流れて上から下まで同じ思いで仕事をする必要があったが、結果としてうまくいかなかったのであれば、私の責任」と話した。

 元管理部長の塩見清仁五輪・パラリンピック準備局長は「当時、モニタリング空間という概念は承知し、地下の空間の認識はあった。しかし、それが盛り土をしないということにつながるという認識がなかった」と説明。一方で「当時の立場として知り得た状況。責任を非常に痛感している」と謝罪した。
[引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加