王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

国連総会 「首都エルサレム撤回」要求を採択 !!

2017-12-22 08:40:47 | 米国(トランプ)関連
首都エルサレム撤回要求を採択 国連総会、日本も賛成

今日22日未明国連は「米国がエルサレムをイスラエルの首都と認定」した問題で緊急特別総会を開き、米に方針の撤回を求める決議案を賛成128か国、反対9か国そして棄権が35か国との結果、圧倒的多数で採択されました。
因みに日本も撤回に賛成したそうです。
まあ良く多国間の反応を見極めた結果だと思います。ホッとしました。

これまでも国連の決議案はいろいろな事案で採択されていますが当事国にその実行を強制するものではない様です。

仲裁は時の氏神とか!! トランプ大統領の「移転宣言」で公約の一つを実行したことになりましたし「移転撤回」の採択で移転準備を取りやめにすれば大人の対応になるでしょう。

結果的にパレスチナの要人が「米国をイスラエルとの調停国と認めない」との発言を重く見ればトランプ政権は「中東和平の調停国」としての重い立場を下ろされ(否定され)米国ファーストの取り組むことが可能になります。

話は飛んでこの話は各紙が取り上げていますが朝日の記事が国連総会の評決ボードを写真で上げています。
賛成は in favor
反対は against
棄権は abstention と示すのですね。abstentionは念のため辞書を引いたら棄権とありました。
英/米語が母国語の人には当たり前の表現なのでしょね。
21か国(参加国193から引き算すると)が欠席したようですが何だかその気持ちわかるような気がします。
トランプ大統領には世界級リーダーとしての品格を見せて欲しいものです。


写真:総会で採択

朝日新聞:
米トランプ政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定した問題について、国連総会(193カ国)は21日(日本時間22日未明)に緊急特別総会を開き、米国に方針の撤回を求める決議案を128カ国の賛成多数で採択した。反対は9カ国、棄権は35カ国。日本は賛成した。

 採決に先立つ20日、トランプ大統領が決議案に賛成した国への財政援助停止を示唆したことに中東諸国などから「米国の脅しには屈しない」などと反発が広がっていた。
(以下省略)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米大統領 エルサレム首都承認へ !!

2017-12-07 10:11:59 | 米国(トランプ)関連
米大統領、エルサレム首都承認へ=大使館移転を宣言、時期未定―歴代政権の方針転換

昨日6日(現地時間)トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、現在テルアビブにある米大使館を移転する考えを宣言するそうです。

歴代米大統領が実行を先延ばししてきた案件をトランプ大統領が決断したという事に着きますがなぜ今なのか素人には分かりません? 内政面でトランプ大統領の支持が落ち続けているせいですかね?? 

以下の記事にも振れている様にこの決断」でパレスチナ自治区の猛反発そしてアラブ諸国の抵抗は激しいものになりそうです。
大統領選の際の公約の一つを実行したわけですが「火に油を注いだ」決断でイスラエルとパレスチナ自治区(ひいてはアラブ諸国)との和平交渉の中立的仲介者としての立場はなくしそうです。

神様でないので先が見えませんから、あとであの時「あんな事をしなければ/決めなければよかった」と後悔することが多々あります。
トランプ大統領の今回の決断がそれに見えますがはてどうなるでしょう?
余り反発が強くイスラエル周辺でテロや暴動が起きる様なら「停止刊移転は又延期」もありそうですがそれでは優秀なスタッフに囲まれている要衝区の決断とも思えません。
ISのテロも根絶とは言ってませんから新たな火種は心配です。ハラハラしながら見守るしかありません。


写真:握手するトランプ大統領とアッバス議長(5月)

時事通信:
【ワシントン、エルサレム時事】トランプ米大統領は6日午後(日本時間7日未明)、エルサレムをイスラエルの首都と認め、現在は商都テルアビブにある米大使館を移転する考えを宣言する。米政府当局者が5日、明らかにした。「治安上の懸念」などを考慮し、実際の移転は当面行わない。ただ、首都承認は「エルサレムの帰属はイスラエルとパレスチナの和平交渉で決める」という歴代米政権の方針転換を意味し、アラブ側は猛反発している。

 トランプ氏は5日、イスラエルやパレスチナ、アラブ諸国の首脳と電話会談を行った。パレスチナ側によると、正式発表を前にトランプ氏は大使館移転の意向を伝えた。

 「エルサレムの帰属」はトランプ氏が「究極のディール(取引)」と見なす中東和平交渉の最重要問題の一つ。イスラエルが首都と主張する一方、パレスチナは東エルサレムを首都とする国家樹立を目指している。米国が一方的な判断を下したことで「中立的な仲介者としての役割を損なう」(ニューヨーク・タイムズ紙)のは避けられない。

 トランプ氏は大使館移転を選挙公約に掲げてきた。ただ、米当局者は「移転は数年かかる問題だ」と指摘。トランプ氏は具体的な移転計画を示さず、パレスチナ側に一定の配慮をしたとみられる。

 イスラエルは1967年の第3次中東戦争でヨルダン領だった東エルサレムを占領・併合し、エルサレム全域を「不可分の永遠の首都」と位置付ける。しかし、国際社会はイスラエルの主張を認めず、日本を含む各国大使館はテルアビブに置かれている。

 5日の電話会談で、パレスチナ自治政府のアッバス議長はトランプ氏に「(イスラエルとの)和平プロセスや、地域や世界の治安と安定に重大な結果を招く」と警告した。 
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米中首脳会議 北対応で温度差 !!

2017-11-10 07:03:10 | 米国(トランプ)関連
【トランプ氏訪中】中国、「対北制裁」を確約 どこまで履行?

昨日9日トランプ大統領と習金平国家主席と首脳会談が行われました。
主題は1:「北への対応」と2:「米の貿易赤字是正」だったと思われます。
1については「核所有は認めない」との立場で合意しました。
しかしその対応については米中で温度差 別の紙面では平行線と表現されています。

米国は(多分)原油のパイプラインを止めて欲しいとの要求だったと思われますが中国は国連の制裁決議の範囲内と(効果が出るのに)時間が掛ると返答した様です。加えて中国は「各国と共に」解決を図る散ってまして各国の主たるものはロシア(プーチン大統領)で俺にだけ「尻もちを押し付けないで!」と米国をけん制しています。

その代り2の「赤字是正」では事前の交渉がありましたが28兆ドルに上る米製品の買い入れの商談が整いトランプ大統領はご満悦の様です。
北の問題解決を持ち込みトップセールスに成功したとも見えます。

そのせいか中国の人権問題を批判する米側の主張は見られません。

表現は違いますが中国外務省の報道官の(これまでの)居丈高な表現はとも角として、その線で落ち着きました。
トランプ大統領は日本時間の朝10時北京を離れる予定です。
次の訪問国はベトナムですがそこにはAPECの締めにプーチン大統領が出ますから当然米ロ首脳会議が行われます。
北の非核化も含めロシアがどんな反応を示しますかね?
想像するに「ロシアも国連制裁案の範囲内」でしょうか?
「北への国連制裁レベル」の締め付けに北がどんな対抗策に出るか? あるいはトランプ政権が抱えるスキャンダルを逃れる為、北への限定攻撃を独自でやるか? 両国の我慢比べですね。
残念ながら日本が独自でできる事は少ないみたいです。
又またベトナムでの会議待ちですかね!!


写真:首脳会議を前に人民公会堂で

産経新聞:
【北京=黒瀬悦成】トランプ米大統領は9日、中国の習近平国家主席との首脳会談で、北朝鮮の「完全かつ検証可能、恒久的な非核化」に向け、中国に「国連安全保障理事会の全ての北朝鮮制裁決議の厳格な履行」を確約させた。だが習氏は、トランプ氏の求めに応じてどこまで北朝鮮を追いつめていく意思があるのだろうか。

 「あなたは強い男だ。私のために(北朝鮮)問題を解決してくれると確信している」

 会談に同席したティラーソン国務長官が記者団に明らかにしたところでは、トランプ氏は習氏にこう語りかけ、北朝鮮に対する影響力行使を促した。

 ティラーソン氏は「習氏は北朝鮮の核保有を認めないという立場を明確にしている」と指摘し、北朝鮮を核放棄に向けた交渉のテーブルにつかせるよう米中が連携を深めていくことの重要性を強調した。

 米政府高官は、中国が安保理による9月の北朝鮮制裁強化決議の採択を受け、中国の金融機関に北朝鮮との取引停止を命じたり、中朝国境ビジネスの制限に動いたりしたことを「想定以上の前向きな動きだった」と評価する。

 ティラーソン氏によれば、習氏はトランプ氏に「制裁の効果が上がるには時間がかかる」と理解を要請。これに対し米政権は「中国は安保理決議を履行している」との認識から理解を示しつつ、「中国にはもっとできることがあるはずだ」と指摘する。

 トランプ政権が中国に対し最終的に期待するのは、北朝鮮に対する原油の全面禁輸など、北朝鮮経済の息の根を止める措置だ。

 しかし、トランプ氏が「非常に特別な男」と呼ぶ習氏が今後、制裁強化によって北朝鮮の金正恩体制が不安定化し、中国に悪影響が及ぶという古典的リスクの懸念を超えて、どこまで国際社会の圧力強化に同調するのかは見通せない。

 実際、習氏は会談後の声明で「対話と協議を通じた朝鮮半島問題の解決」との立場を改めて強調。ティラーソン氏は「北朝鮮問題に関してトランプ氏と習氏に意見の相違はない」と断言したものの、軍事行動も含めた「全ての選択肢」を掲げて北朝鮮に核放棄を迫るトランプ氏との温度差は明白だ。

 トランプ氏は会談に際し「北朝鮮問題には解決策があると信じる。習氏もそう信じている」と述べたほか、「何かが起きる」と思わせぶりに語ったりもした。米国務省などが金体制との接触を進めているとの観測も広がっている。しかし実際にはトランプ政権が中国を本格的に動かす決め手に欠く現在、「事態の急速な進展は期待できない」(米中関係筋)というのが実情だ。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領 故宮で夕食会 !!

2017-11-09 07:26:12 | 米国(トランプ)関連
習主席、故宮で歓待=トランプ氏初訪中、異例の厚遇―夕食会も、信頼構築狙う・北京

昨日8日昼には韓国の国会で演説していたトランプ大統領は午後遅くには北京に到着しました。さすがに自国の空軍基地という訳にはいきませんでした。多分北京国際空港ですかね?
さてこの日は公式行事はなかった様で夕刻は故宮(紫禁城)の一室か一施設で非公式の夕食会を習主席のホストで催したそうです。

昔皇帝が使っていた場所を手直しして習皇帝が遠方の強国の王様を迎える趣向ですかね?
浜爺も中国で勉強していた頃故宮を見学に訪れましたが天井の高い広大なスペースはもう冬の気温の北京では寒かったでしょうね。
勿論国賓級の接待ですから暖房の工夫は十分にされたとは思いますが??
まあ現代建築ならエアコンの設置は織り込み済みですが明・清朝の頃の施設ですから大変だったと思いますよ。
何だか 肌寒くない?? なんてゲストに言われたら「没有面子」ですからね。
まあ接待上手の中国に抜かりはなかったのでしょう。

今日9日の米中首脳会談で何が話されるのか? 興味があります。
しっかり注目の3回目です。


写真:故宮を背景に米韓首脳夫妻

時事通信:
【北京時事】韓国訪問を終えたトランプ米大統領は8日午後、大統領専用機で北京に到着した。大統領就任後、中国訪問は初めて。9日の首脳会談に先立ち、習近平国家主席は、トランプ大統領を明・清朝時代の皇宮「故宮(紫禁城)」で歓待し、夕食を共にした。異例の厚遇でトランプ氏との個人的信頼関係の構築を狙う。

 トランプ氏とメラニア夫人は、故宮内の西洋風建築「宝蘊楼」の外で習氏と彭麗媛夫人の出迎えを受け、それぞれ握手。両夫妻は中心部の壮大な「太和殿」を訪れた後、京劇を鑑賞した。トランプ氏は豪華な衣装をまとった出演者と記念撮影する際、「美しい!」と語り上機嫌だった。

 北京では大気汚染が深刻だが、8日は青空に恵まれ、両夫妻は和やかなムードで参観した。締めくくりの非公式夕食会も故宮で開かれた。中国外務省によると、トランプ氏訪中に関し、習氏は「重要な成果を得られると信じている」と述べ、トランプ氏は「成功を期待している」と応じた。 
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米韓首脳会議 晩さん会に元慰安婦 !!

2017-11-08 06:46:50 | 米国(トランプ)関連
【トランプ氏訪韓】晩餐会に元慰安婦、韓国が露骨アピール

昨日7日の午後ソウルで米韓首脳会議が開かれましたがその夜の晩さん会で「元慰安婦」が招待されており同晩さん会のメニューには「竹島近海」で取れたエビ料理が供されたと大統領府が発表したそうです。

菅官房長官も談話で述べたように「他国の会談のありようをどうこう言うこては出来ませんが「北の暴挙」を止めるべく米国の大統領が「日米」「米韓」その結果「日米韓の緊密な関係とその連携」を確認するため日本と韓国を訪問しているのに「虚偽の慰安婦問題」を蒸し返すべく元慰安婦を晩さん会に呼び「不法占拠の竹島」の領有権を訴える(これを韓国の告げ口外交と呼ぶ向きもあります)のには何ともその反日あるいは侮日感情を感じ前朴大統領も新文大統領も関係なく「本気で付き合えない」国の一つだなーと思ってしまいました。
共同声明では北に対する方針が一致したことになっていますが。親北?派の文大統領は腰が引けていることが分かっています。
今夕「北の尻持ち」である中国にトランプ大統領は向かうのですが「日米韓」の隙間風は中国に読み取られましたかね。韓国の腰が定まらないのは中国の韓国に対する経済的締め付けが利いているわけですから先刻ご承知でしょう!!

中国は多トンプ大統領を最大級の雰囲気で持て成す様です。
そのオモテナシの陰で米中どんな駆け引きが荒れるのか? ドキドキしますね。
しっかり見守りたいと思います。


写真:晩さん会で元慰安婦とハグ(聯合ニュース)

産経新聞:
【ソウル=名村隆寛】トランプ米大統領を招き、韓国大統領府で7日夜に開かれた晩餐会に元慰安婦の李容洙さん(88)が出席した。韓国大統領府が招待した。

 李さんは2007年に米議会で慰安婦問題について証言し、米下院は日本に謝罪を求める決議を可決した。その後も訪米を繰り返し、内外での慰安婦像の設置に関わるなど、現在も15年の慰安婦問題をめぐる日韓合意の破棄を強く求めていることで知られる。

 文在寅大統領は日韓合意について「国民の大多数が受け入れられない」との立場を安倍晋三首相にも伝えている。晩餐会の場を利用し、慰安婦問題に対する韓国の国民感情への理解を求める考えとみられる。

 また、晩餐会のメニューには、竹島(島根県隠岐の島町)近海で捕れた「独島(竹島の韓国での呼称)エビ」を使った料理が含まれており、大統領府がわざわざ発表した。

 日米両国が成功裏に首脳会談を終えた直後に、トランプ氏の訪韓に合わせ慰安婦問題や竹島の領有権などでの自国の主張をアピールした韓国政府。その露骨な手法が、今後の日韓関係に影響を及ぼす可能性は否定できない。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加