王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

尖閣 接続水域の潜水艦は 中国海軍 !!

2018-01-13 19:46:15 | 政治
尖閣接続水域に潜水艦=中国軍艦も進入―防衛省

10日午後尖閣諸島の接続海域に中国のフリゲート艦と潜水艦がそれぞれ1隻侵入したと報じられました。
フリゲート艦は見えますから国籍の確認はできますが潜水艦のそれはちと難しいですね。

その後潜水艦とフリゲート艦は11日午前大勝島の接続水域にあらわれ午後2時頃には接続水域を出たとの事。
何と潜水艦はその後公海上で浮上し中国国旗を掲揚したそうです。

確かに五星紅旗を上げています。
中国海軍の潜水艦運用の規則は知りませんが「潜水艦は潜航してその所在を明らかにしない事が使命の第一」と思うのです!!
それが接続水域に接近するまで浮上していて接続海域では潜航しそこを離脱後また浮上して国旗まで掲げればその存在は(日本に)バレバレですよね??

そうだとすると中国は尖閣付近にはフレーゲート艦はもちろん潜水艦だって持ち込めるのだぞ!と武力を見せたという政治ショーかもしれません。

でも海自のおおなみとP3Cに監視され「音紋(潜水艦の出す固有のプロペラや船体から出る音」をしっかりと捕捉され次回はこの艦が来ればすぐ分かる筈です。
次回は小型で良く届く水中マイクか水中マーカーで「接続水域であるから入るな」と警告を流すように政治的な意味でやる必要があります。「近寄っても何も言わないでないか」と筋違いの反論をされないためにね。
でも孫子の兵法によれば「有るを無いとする」微なる極致でいれば新聞報道程度が良いかも知れません。
海自の2-300トン級の小型船舶に対潜装備をして尖閣周辺をパトロールする用意が必要ですね。
マグロカツオ船をチャーターしても改造も良いかもしれません。平時の備えが大切なんですよね。

追記:その後15日防衛省は潜水艦が商級攻撃型原子力潜水艦と発表しました。
原子力潜水艦をこのような形で使う中国の考えは改めて理解できません。トラの子の原潜の音紋をしっかりと日本に取られ以後はこの間が近づけば即正体がバレバレです。
写真を元級から商級に差し替えます。

写真:商級攻撃型原子力潜水艦(ネットより)

時事通信:
防衛省は11日、沖縄県尖閣諸島の大正島周辺の接続水域内に、それぞれ1隻の潜水艦と中国海軍フリゲート艦が入ったと発表した。潜水艦は中国籍とみられる。尖閣接続水域で潜行した外国潜水艦が確認、公表されるのは初めて。領海への侵入や海上警備行動の発令はなかった。

 潜水艦の国籍について防衛省は、判明したかどうかも含め明らかにしていない。フリゲート艦側に対しては海上自衛隊の護衛艦が、接続水域である旨を無線で呼び掛けたという。

 防衛省によると、護衛艦「おおなみ」と哨戒機P3Cが10日午後、宮古島の東北東側の接続水域内を北西方向へ潜行する潜水艦を確認した。潜水艦は11日午前にいったん接続水域を出たが、尖閣諸島の大正島北東で再び同水域に入った。

 同じ大正島北東の接続水域では同日午前11時ごろ、中国海軍のジャンカイII級フリゲート艦が潜水艦の移動ルートと並び航行するのが確認された。2隻は同日午後、ほぼ同時に接続水域を出た。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩波書店 台湾は中国の一省 と!!

2017-12-25 07:17:33 | 政治
広辞苑表記に台湾抗議…岩波側「誤りではない」

22日岩波書店は「広辞苑第六版」が「中華人民共和国民国」に関する項目台湾を中国の一部で「台湾省」と紹介したことについて自社ホームページで「記述を間違いであるとは考えていない」と発表したそうです。

この話は10日ほど前に台湾の代表部が岩波に抗議をして訂正を求めた話を読んでいました。
なんと岩波書店のトップと言えば「教養豊かな知識人」とばかり思っていましたがそうでもない様です。

中国が国際社会に復帰するときに「台湾は中国の一部」と当時の中国要人が言ったのですがそれに対する英米の反応は:英文では「中国がそういった事をtake note する」としています。発言した内容を承認したり同意するのでなく、そういったと覚えておきますよ! 
であってその時々の両国間の力関係で重心が微妙に変わるタフにして微妙な言い回しです。
日本は米中国交回復を機に徹底的に台湾と国交を断絶したようですが欧米はもっとしたたかにやっています。
さて実態は北京の支持で中国の軍艦や、戦闘機が台湾の領域に問題なく侵入できる訳も有りませんから岩波書店の見解は偏向がありそうです。
写真は第六版です。

既に「広辞苑第7版」が出ていますがそれはどうなっているのですかね?
図書館に行って広辞苑をさがしてみます。

写真の社長さんは少し左よりかも知れません。
追記:年の暮れ市立図書館に行って問題の第6版の該当項目を読みましたが台湾の抗議したような内容はなくごく穏やかな地理的解説でした。ついでながら三省堂の「台湾」では中国の一省なる政治的記述がありました。
台湾代表部の早とちりですかね? 


写真:岩波の岡本社長(ネットより)

読売オンライン:
岩波書店が発行する辞書「広辞苑第六版」が「中華人民共和国」に関する項目で台湾を中国の一部の「台湾省」と紹介していることについて、岩波書店は22日、「記述を誤りであるとは考えていない」との見解を自社ホームページで発表した。

 この記述を巡っては、台湾の在日大使館に相当する「台北駐日経済文化代表処」(東京)が11日、事実と異なる内容が見受けられるとして岩波書店に抗議し、修正を要望するなどしていた。

 台湾の外交部(外務省に相当)は22日、「中華民国台湾は主権独立国家であり、絶対に『中華人民共和国の一つの省』ではない。記述は事実ではなく、すぐに訂正すべきだ」とのコメントを発表した。

 日本は中国共産党が建国した中華人民共和国と1972年に国交を樹立。このため、共産党との内戦に敗れ、中国大陸から台湾に移っていた国民党の中華民国とは断交となった。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池都知事 希望の党 共同代表を辞任 !!

2017-11-15 09:40:03 | 政治
【小池代表辞任】希望の党分裂の引き金か 所属議員は淡々

昨日14日希望の党の両院議員総会で小池東京都知事が希望の党の共同代表を辞任しました。
そしてその後玉木氏の代表就任があっさり決まりました。

この10日の共同代表選挙は何だったのか?と正論を吐く向きもありますが衆院選以降国政にやる気がなくなった小池氏の言動を見れば「共同代表とは片方が辞任すればもう片方はどうなるのか?」共同で無くなったら「単独代表選」をやるのか手続き論なり現実的処理法なり幹部は話し合っておかねばなりませんよね。

今朝15日のTVニュースショーでは今回の衆院選をきっかけに希望の党立ち上げから代表選の後まで時系列で小池代表の発言を映像と共に追って見せました。
ぶれぶれですよね!!

憲法改正、安保関連法容認の誓約書まで入れさせて希望の問いに入れたはずの一部(大串氏を推した議員)は、早離党或いは分裂ムードです。
こうなれば元の民進党の水ぞ恋しきかもしれません。
一時のムードあるいは空気に浮かれて道を誤るとまたまた道を誤りかねません。
国政レベルの政治家はそれ自体が飯のタネでは国民は困ります。
不見識を恥じて「国会議員辞任」しても政治活動は出来るのですがね!
ついでながら前原氏が希望の党に入党を認められたそうです。
春秋の筆法を借りれば「前原氏と小池氏こそが安倍1強政権を強化した」のです。
小池都知事は都政に専念するそうですが与党公明党は離れ足元の区議選で都民ファは大不振の様です。
まず築地の豊洲移転に大方の賛同を得る方針を示してください。


写真:両院議員総会前の小池都知事

産経新聞:
小池百合子東京都知事が14日、希望の党の代表を辞任したが、所属議員の間には安堵の感すら漂った。小池氏の存在自体が「党運営に害しかなかった」(衆院ベテラン)というのが理由だ。多くの民進党出身者は衆院解散直後、小池人気にすがって公認を願い出たにもかかわらず、人気が失速したとみるや平気で突き放す。党内は安全保障法制などをめぐる意見対立が残っており、「一枚看板」の退場は党の分裂を加速させる可能性もある。(松本学、奥原慎平)

 14日に国会内で開かれた両院議員総会。小池氏が辞意表明すると、散発的な拍手が起き、玉木雄一郎共同代表の新代表就任があっさり承認された。異論や質問は皆無だった。

 多くの議員は党首のスピード交代という異例の事態を淡々と受け止めた。

 結党メンバーの細野豪志元環境相は記者団に「驚きはない」と語り、別のベテランは「小池氏はいずれ辞めなければならなかった。国会議員団への関心も薄れていた」と切り捨てた。

 熱気の乏しさを象徴するかのように、代表就任記者会見で玉木氏が語った言葉もどことなく空疎だった。

 「わくわくしている。明るく元気にさわやかな執行部を目指していきたい」

 一方、共同代表選で玉木氏に敗れた大串博志衆院議員は、小池氏の辞任が諮られた際、賛成の拍手を拒んだ。総会後、記者団に「『玉木氏を推挙する』という一言での決め方に違和感をおぼえた」と不満をぶちまけた。

 大串氏は同時に、党の衆院選公約とは相いれない安全保障法制違憲論を改めて唱え、「野党連携を具体的に実現していくことだ」と訴えた。小池氏という「重し」が取れたことは党内の不満分子の背中を確実に押している。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4次安倍内閣 発足 !!

2017-11-02 07:53:53 | 政治
少子化対策、12月上旬にまとめ…第4次内閣

昨日1日夜、第4次安倍内閣が発足しました。閣僚は全員再任ですから顔ぶれの紹介もなく報道は淡々としています。
原発の問題も安保法制の問題も衆院総選挙の結果、自民党に圧倒的信任を寄せた国民の選択ですから、まあこれが日本の民主主義の実力ですから認めるしかありません。

既に発足以前に新内閣では野党の質問時間を短縮する意向が漏れ聞こえ野党の大反発を買っています。謙虚に謙虚にとはおまじないでしたかね??
中国の古い諺に「ひっくり返すには大いに背伸びをさせれば良い」とか。
道長、清盛近くは信長みんなそっくり返ってひっくり返りました。安倍内閣の最盛期かもしれません。

別紙ではこの8月は過去最高の164万2千余りの「生活保護世帯数」だと報じています。確かに異次元の金融緩和で金利の大幅低減と円安で大儲けしている企業があり登記上平均すれば経済の伸びがあるのは事実ですがこれまで何度も書いて来たように「上下の格差があまりにも大きい」ので金持ちはますます金持ちに、貧乏人はますます貧乏になる仕組みのせいです。

さていよいよ5日アメリカのトランプ大統領が来日します。日米間のしっかりした同盟関係の確認は「北との対決ムードの今は結構でしょう」が迎撃ミサイルを打つとなって「日米ともに日本海の周辺で当たるのか?」疑問に思っています。
初日に懇親ゴルフが取りやめとの話があります。
国内での大統領派の重鎮に対するロシアンゲート追及で大統領の足元が危ない時にゴルフはないだろうとの批判を気にしているとか?
そうなると聞き逃れには「強い大統領はカンフル剤です」

習主席に会い「限定攻撃」を了解させ北に一発かませる手が無きにしもあらずですね。
トランプ大統領のアジア歴訪中に北がミサイル発射か核実験で米国に手を出すかしっかり見守っていないといけません。


写真:第四次安倍内閣の雛壇:

読売オンライン:
自民、公明両党の連立による第4次安倍内閣が1日夜、発足した。

 安倍首相(自民党総裁)は同日召集された特別国会の衆参両院本会議で第98代首相に選出された後、組閣を行い、全ての閣僚を再任した。特別国会の会期は12月9日までの39日間。衆院選で自公両党が憲法改正の国会発議に必要な3分の2を上回る議席を獲得したことを踏まえ、首相は与野党に改憲議論の促進を呼びかけた。

 首相は1日夜の記者会見で、引き続き経済最優先で政権運営を行う考えを示した上で、「生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化という最大の壁に立ち向かう」と強調。12月上旬に教育無償化などを柱とした2兆円規模の政策を取りまとめる考えを示した。初閣議では待機児童対策などを盛り込んだ2017年度補正予算案の編成を各閣僚に指示した。
(引用終わり)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小池百合子希望の党代表帰国

2017-10-26 07:22:32 | 政治
小池氏「創業者としての責任ある」 希望代表の続投明言

昨日25日の9時前フランスから帰国した小池東京都知事を待ち受けていたのは「共同記者会見」でした。
本来ならパリでの会議の成果がどうであったのか? それには東京がどうかかわったのか? などが質問の中心のはずですが「会見」の主題は今回の衆院選における「希望の党に惨敗についてどう考えているか?」だろうと察しはつきました。

小池さんこの場合は希望の党代表は(いつものように)話す事がが多い割には中身のない返事をしていました。唯一実のある話は「創業者責任はある」と答えた事でしょう!
午後に希望の党の両院議員懇談会があるそうですからそこでの議論を踏まえないと答えられない面もあったろうと思います。

さて午後の懇談会は3時間いも及び議論白熱したようです。
昨日の夕刊にはその話は間に合わなかった様で今朝の朝刊が簡単に触れています。
どうやら:
1;小池氏は続投で共同代表を選ぶ様です。
2;執行部は小池氏一任でなく組織的に選ぶという事で小池氏の意向を踏まえた党運営は出来なさそうです。もっとも選挙前の小池氏側近は全員討ち死にしてしまいましたから組織(と言うか民進党系の)以降が強く出そうです。
そうすると取り敢えず「党の看板」としてしばらく名前は残りますが都政に打ち込むそうですから影響力は失せますよね。

民進党系の議員は(落選した人と今の自分の(みすぼらしい?)立場」を小池さんの排除発言のせいとして声を大にして責めています。よくよく考えなければいけない場面でしたがね。
立場は違いますけど現職自民党副大臣を辞任して希望の党に走ったF氏がいます。この人は神奈川8区で江田さんに勝てない(三期連続比例復活)ので心変わりをしたようですが東京5区で敢え無く落選しました。政治信条より選挙区事情の方はかなり多かったと思います。同時に選挙区の足元の県議なり区議や同盟の助けが機能しませんでした。ここは安倍さんの「早期解散戦略」の勝ちです。
以上素人の判断で:政党助成金のもらえる来年1月1日までは持っても希望の党は2分裂、残りはそれぞれ既存政党に吸収や合併ですかね。

三日天下は民主党でしたが天下も取らず消滅とは立党の思想性の無さによるものと思えて仕方ありません。組織の消長をしばらく見守りたいと思います。


写真:懇談会で挨拶する小池代表

朝日新聞:
希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は25日午後、国会内で開かれた同党両院議員懇談会で「(「排除」発言など)私の言動でご苦労をおかけした。多くの方々を傷つけたことを謝りたい」と陳謝した。小池氏の進退について「代表を辞めるべきだ」「続投してほしい」と両方の意見が出たが、小池氏は会合後、記者団に「創業者としての責任がある。続けていきたい」と代表続投を明言した。

 この日午前、小池氏は都知事としての公務で訪ねていたパリから帰国。その後、「(国会議員の)意見を聞きたい」と会合に出席した。3時間以上の議論を経て、国会議員から「共同代表」を選出する方針で一致したという。また、衆院選の公約を基本としつつ、より政策の議論を重ねることを確認したという。

 小池氏は共同代表について「国会議員にお決めいただく」と述べ、衆院選で当選した衆院議員らに人事を一任する考えを示し、自らは都政に重点を置く考えを強調した。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加