王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

松本復興相 「民主・自民・公明嫌いだ」 物議!

2011-06-30 09:48:37 | 東日本大震災
復興相の「民主・自民・公明嫌いだ」発言追及へ(読売新聞) - goo ニュース

この方が復興相に登用された際の印象をブログに書きましたが民主党党員である徴(アイデンティティー)が欠けると指摘した通り正にそれを鮮明にした28日の記者会見でした。

それを言うなら「民主党も自公もみんな大好き」だから復興に一丸となって協力して欲しいと言うべきでした。
どこかの引越しセンターで「ぞうさんも好きだけどキリンさんもー」と可愛いお娘ちゃんが答えるCMがありましたよね。

本来「言葉の力」で身を立てる国会議員である上、弱者救済の活動(部落解放同盟副委員長?)をされてきたならPolitically Correct(差別や偏見を含まない或いは引き起こさない)な発言をしなければいけません。

加えて取り巻きのお調子者に知恵を付けられたのでしょう働く前から「チーム ドラゴン」とか自ら二つ名を付けていました。
こんな呼び名は:
もし復興活動が軌道に乗り被災地の住民が生き生きと暮らせる様になれば土地の老人が松本氏の後姿に手を合わせるとか通りの上から花びらを撒かれる中で自然と(人呼んでーーと言うわけ)相応しい名前が付けられる事でしょう。それにはこれから4年も5年も掛かりそうです。
本来は「死してその屍拾うものなし」ほど厳しい汚れ仕事だとの覚悟が足りない気がします。

活動前から国会で野党の追及を受けるようでは「チーム ドボン」ですよね。
しっかり松本復興相の言動を見守りましょう。


読売新聞:
自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長らは29日、都内で会談し、松本復興相の言動が不適切だとして、菅首相の任命責任も視野に、国会で松本氏を追及することで一致した。

 松本氏は28日の記者会見で、閣僚交代人事に対する野党の反発について聞かれ、「3月11日(の東日本大震災発生)以来、民主党も自民党も公明党も嫌いだ。政局の話はしない」などと発言した。

 29日の会談では、「野党にお願いする立場にもかかわらず、信じられない言葉。任に当たる資格がない」などとする批判が続出。松本氏が記者会見中に突然サングラスをかけたことについても、「問題だ」などの指摘があがった。

 松本氏は29日、都内で開かれた民主党議員のパーティーであいさつし、発言について「被災者に寄り添うことが使命であるということを言いたかった」と釈明した。
(引用終わり)

コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

民主党 両院総会 大荒れ!

2011-06-29 07:41:50 | 東日本大震災
首相に350議員の冷ややかな目…民主両院総会(読売新聞) - goo ニュース

いやはや暑いですね!
昨日は午後から気温が激しく上がりましたが今日は朝から暑いです。
PCを立ち上げたら「windows がlock されました」との表示と共に「パスワード」を入れろと指示がでて事実上使えなくなりました。

あれこれパスワードを入れましたが合いません。そもそもwindowsにパスワードを入れた記憶がないしそれらしいメモも残ってないのです。

電力を切って再起動したら戻りましたが、煩わしい事です。朝からすごく暑い!!

さて昨日28日夕刻民主党は両院総会を開きました。
何か新たな動きが出るかと期待していましたが無いも起きなかった様です。
「出る出ると言って出ないのは冬のお化けと菅首相の辞任」とか言っちゃって!

407人ほどの民主党国会議員に対し350人程度の出席と言いますから50人ほどが欠席です。議決機関ではないのでしょうが迫力に欠けますね。
さて菅首相は退陣の三条件:
第2次補正予算案の成立
特例公債法案の成立
再生可能エネルギー特別措置法案の成立と27日記者会見と同じ事を言い切り公務を理由に55分で会場を去ったそうです。
しかも再生エネ法との関係で「脱原発は次の衆院選での争点」と言及したそうで、この部分は「解散」をちらつかせたとこれまた不人気です。

何度も書いていますが「引退を口にした首相が条件をつけて居座りは頂けません」。
かくして更に東日本大震災に対する復興は愚か復旧さえも先送りになりました。

ついでながら「ねじれ国会」ですが菅内閣のやった「浜田代議士一本つり」ですが各党の党議拘束を外し「代議士一人一人の判断で法案に賛否を決められる様にすれば国会審議は流動的になります」
今回は一本釣りで一匹しか掛からなかった事と菅政権に釣り上げられる点に疑問は残ります。でも一本釣りで参院で5-6匹を釣る位の力量を見せて欲しいのですが菅首相では無理でしょうね。
再生エネ特法を菅さんが急いでやる性格のものでなくもっと深い議論をすべきだと思います。急がば回れと言いますね。
菅直人と言う名は後世に残りそうです。


読売新聞:
民主党は28日、国会内で両院議員総会を開いた。菅首相(民主党代表)は自らの退陣の3条件を改めて説明し、理解を求めたが、出席した議員からは、今月2日の党代議士会で退陣を表明しながらも時期を明示しない首相に対し、厳しい批判が続出した。

 これに対し、首相は「脱原発」を争点とした衆院解散の可能性をちらつかせ、早期退陣論をけん制した。

 総会は、首相が与党の会合でつるし上げられるという異様な光景となった。

 28日午後5時。首相は約350人の議員の冷ややかな視線を浴びながら、会場入りした。

 「2011年度第2次補正予算と特例公債法、再生可能エネルギー特別措置法が成立すれば、一定のメドがついたと考える」

 首相は厳しい表情のまま、27日夜の記者会見で明らかにした退陣の3条件を改めて明言。福島第一原子力発電所事故に関連し、「原子力行政の改革について、早急に一定の方向性を出したい」とも強調した。(引用終わり)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菅政権 自民 浜田氏を政務官に登用

2011-06-28 08:14:20 | 東日本大震災
禁じ手人事、お構いなし 自民から一本釣り(産経新聞) - goo ニュース

2-3日前から菅政権の内閣改造について動きが有りましたね。
今回は自民党参院議員浜田和幸氏を復興担当の政務官とする事が決まりました。
これについてアンチ民主党の産経新聞がコピペした参照記事の様に厳しく切っています。

東日本大震災の被害や福島原発事故の惨情を考えれば与野党が協力して「復旧と復興対策」に取り組む事が大切です。
しかし震災以来の官首相の野党自民党に対する協力要請の悪さ、不信任案回避の為の辞任発言と居直りによって与野党の関係は決定的に壊れた様に見えます。

本来は菅政権が復興大方針を掲げそれに賛同する党と連携して衆参議院で常に過半数を確保できる体制を作らないと法案が成立しません。
日本では党議拘束が国会議員個人の意思を縛りますから「党対党」の連携が成り立たないと与党対野党の個人議員という連携が出来にくいですよね。
その点「浜田議員」が自民党を抜け民主政権に協力する形は中々の物と思えますが産経新聞は「禁じての一本釣り」とお怒りですし自民党参院議員の山本一太氏も同様です。

浜爺が思うには「小局面で浜田氏の考えは正しい」と思いますが、菅首相と何時まで一緒に政策を実行に移せるかを考えると疑問が残ります。

平成23年度の予算執行のため50兆円の国債発行が成立しなければ早晩国民生活にしわ寄せが出ます。それに加えるに別途「復興財源のもう50兆円は必要なんですからね」
菅首相が退陣の為の3つの法案成立なんか条件に出す事がいかれているし又出来る様子に見えません。

一層の事、衆院解散で民自両党にお引きいただいて生き残った議員で立法府の建て直しが必要なのかもしれません。
さて与野党の本音は何処でしょね。
しっかり見守って行きましょう。


産経新聞:
【民主 漂流】

 政府・民主党幹部から8月末までの退陣を突き付けられながらも、延命に向け政権基盤を強化しようと菅直人首相は執念をみせた。原発事故担当相として細野豪志首相補佐官を起用したほか、自民党議員を一本釣りして復興担当の政務官とする“禁じ手”に出るなど、なりふりかまわずに人事権を行使した。民主党内からは「最後の悪あがき」との反発が一層強まった。

 ◆自民から一本釣り

 27日夜、官邸での記者会見で、首相は退陣のめどとして再生エネルギー特別措置法案など3案の成立を挙げた。条件を明確にしたようにみえるが、首相は相変わらず具体的な退陣時期には触れなかった。今国会の会期内に成立しなければ、9月以降も続投する「居座り宣言」と言える。

 輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長が70日間の延長国会を「バトンゾーン」にたとえるなど、政府・民主党幹部はこの間に首相交代のバトンリレーを実現させようとしている。

 だが、首相には唯々諾々と従う気はさらさらない。この日午後、官邸の執務室で向き合った国民新党の亀井静香代表に首相はこう切り出した。

 「原発事故担当相には細野氏を起用したい」

 原発事故発生直後から一貫して対応にあたってきた海江田万里経済産業相の任務を奪う形で、細野氏を“抜擢”したのだ。

 これまで「首相に度々怒鳴られながらも耐えてきた」(首相周辺)海江田氏だが、首相への不満は強い。従来の原発重視から再生可能エネルギーへの転換を目指す首相にとって、若い細野氏のほうが自らの意向を通しやすいとの思惑もある。

 首相は野党の中にも手を突っ込んだ。自民党の浜田和幸参院議員を復興担当の総務政務官として起用したのだ。

 当初首相が目指したのは野党から十数人を引き抜き、参院で過半数を確保して、これまで政権を悩ませてきた「ねじれ」状態を解消することだった。呼応したのは浜田氏だけだが、首相の狙いは今、別なところにあるかもしれない。

 浜田氏引き抜きで反発を強める自民党との対立を激化させる。野党が法案審議に応じず、態度を硬直化すればするほど、2次補正など首相が退陣条件に掲げる3つの成立が困難になる。そうなれば、おのずと辞める必要はない。

 ◆反発ばかり

 そんな首相の手法に民主党内からは批判の声が相次いだ。27日の党役員会で声を張り上げたのは仙谷由人官房副長官だった。

 「こんなことをしたら、大変なことになる。よりによって石破茂自民党政調会長の地元から引っこ抜くなんて」

 安住淳国対委員長も続いた。

 「国会運営が困難になるぞ。これで70日間で重要法案が通らなくなった」

 人事でも、首相は退任する馬淵澄夫首相補佐官を経済産業副大臣に起用しようとしたが拒否された。

 国土交通相を務めた馬淵氏にとっては、補佐官を外されたうえ副大臣では、事実上“降格”であり、首相への不信を示したといえる。

 与野党ともに反発を強める中で、首相が「脱原発」を掲げて解散に打って出る可能性も、消えてはいない。

 与党幹部は自嘲気味につぶやいた。

 「辞めるといった人は、失うものがないから強いね」(小島優)
(引用終り)

コメント   トラックバック (11)
この記事をはてなブックマークに追加

生肉食べ食中毒 小牧市の焼肉店で

2011-06-27 06:05:30 | 社会
愛知の焼き肉店で食中毒…「生肉自粛」後も提供(読売新聞) - goo ニュース

今月10日に始まった話なのですね。
小牧市の焼肉店「炭火焼肉 南山」で食事した女性客6人がO-157による食中毒を発症したそうです。
6人は解放に向かったそうですから不幸中の幸いでした。
女性らは22歳から34歳との事ですから若さが死亡事故につながらずに済んだのでしょうか?

東日本大震災以来、世の中が生き難くなっている気がします。節電15%なんて行動も気が重いですね。
さてO-157を始めとする食中毒は4月末の「焼肉酒家えびす」で4人もの死亡事故を起こして以来騒動になりました。
その後は店側も客も「ユッケや生レバ」の提供を止めたり注文をしないなど警戒の動きが出ていました。
この「南山」も5月の18日保健所には生肉の提供を自粛と答えていたそうですが翌19日から提供していたそうです。どこか腰の据わらない営業方針ですがその結果、付けは重くのしかかってくるでしょうね。
今回は客の要望(注文があったのでしょう)だそうですが双方脳天気というか無用心な行動でした。
客は命に別状がなかったのが救いでしょうね。

24日でしたか堺市で80歳越えの爺ちゃんが「生レバ」をたべて中毒死した話をチラッと読んだ気がします。
この方ももう少し大事に日々を送れば更に長生きが出来たのでないかと思うのです。
残念です。     合掌
お互いに少し注意して暮らしましょうね。


読売新聞:
愛知県小牧市春日寺の焼き肉店「炭火焼肉 南山」で今月10日に食事をした女性客6人が腸管出血性大腸菌 O ( オー ) 157による食中毒を発症したとして、同県春日井保健所は25日、食品衛生法に基づき同店に営業禁止を命じた。

 6人は快方に向かっているという。

 県生活衛生課によると、10日夜、同店でユッケやレバ刺し、焼き肉などを食べた22~34歳の女性客6人が下痢や腹痛を訴え、うち1人が春日井市内の病院に入院。検査でO157が原因と判明し、病院が20日に同保健所に届け出た。保健所が残る5人を検査したところ、うち3人からO157が検出されたという。

 「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、5月18日に保健所が調査した際には、同店は生肉の提供を自粛すると説明していたが、翌19日から提供していたという。同課によると、店側は「客からの要望があった」などと説明しているという
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜の女性殺人 容疑者出頭

2011-06-26 07:36:41 | 社会
借金断られ激高…女性殺害容疑、出頭の男逮捕(読売新聞) - goo ニュース

21日未明横浜の港南区の団地で殺人事件がありました。
浜爺が店番している南区の隣の区です。
こんな穏やかな地区で殺人事件なんて嫌だなーなんて思っていました。

25日になると容疑者が警察に出頭してきたそうです。
殺人の容疑者は同じ団地に住む無職松崎彰彦(57)で逮捕されました。
記事によれば:
「就職先に通う為の借金を頼みに行った」
「そんな関係でないと断られた」
「かっとなって自宅にあるかなづちで殴るなどした」そうです。

まだ真実が見えませんね。
女性の一人住まいの方が夜分に男を部屋に上げたのが失敗でしたね。
また「物は言いよう」で丁寧に金が無い事を説明してお引取り願うべきでした。
その上松崎容疑者は一度部屋を出ているのですから、その間に自室の鍵をかける程度の要人というか自衛策は講じないといけなかったですね。

二人は1年前にごみ出しが縁で親しくなった程度なんですね。
16歳しか違わないのに男から母親の様に慕われて女性はうれしいでしょうかね?
それを頼りに「借金を頼まれた事がきっかけで」殺されてしまうなんて全く酷い話です。
年を取ったら用心深く生きないといけないと思わせる事件でした。
飯田さんのご冥福をお祈りします。       合掌

読売新聞:
 横浜市港南区港南台の団地の自室で、パート従業員飯田幸子さん(73)の他殺体が見つかった事件で、港南署特捜本部は25日、出頭してきた同じ団地に住む無職松崎彰彦容疑者(57)を殺人の疑いで逮捕した。

 発表によると21日午前0時頃、飯田さん宅で、飯田さんの頭をかなづちで殴り、手で首を絞めて殺害した疑い。死因は窒息死で、頭蓋骨が折れていた。

 捜査幹部によると、松崎容疑者は20日夜、飯田さんに借金を頼んだところ、「そんな関係じゃない」と断られて激高。自宅にあったかなづちで飯田さんを殴るなどしたという。2人は約1年前、ごみ出しで親しくなり、松崎容疑者が飯田さんを母親のように慕い、悩み事などを相談していたという。松崎容疑者は、「新たに決まった就職先に通うための交通費が必要だった。殺したことは間違いない」と供述している。
(引用終わり)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加