カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

ビビンバ・プサン(ハングル)

2017年10月22日 15時57分45秒 | 似た言葉

なかなか難しいのが「外国語を日本語に移す」作業です。翻訳は「創造」とされることさえあります。

大切なのは

    • 本国人がどう言っているか(言い方の揺れや地域語も加味)
    • 日本人にどう聞こえるか 
    • 日本語の表記方法の問題  

でしょうか。  


韓国語で、いつも話題になるのが「釜山ビビンバ」の日本語表記です。 

語頭の「濁音」が見られないという韓国語の特徴からすれば

  • 金大中(キム・ジュン)・・・・・・これは語頭ではないので通常らしい。
  • んばります」:語頭ゆえ「ンバリマス」になり日韓の違いが。

実際に

発音記号でも「p/b」と似た記号を使っていますが、語頭に「b」が使われることはなさそうです。

よって「釜山」の発音は語頭の濁音を避けるならば「サン」ではなくて「サン」らしい。

また日本語のビビンバ」は韓国語ではありえないようで「*ン*」になりそうです。「ピ」「ビ」だけに絞れば

    • ・・・・・・これが有力か
    • ・・・・・・これもあり得るか

などが考えられます。

 

韓国語「まぜごはん」は日本語でビビンバ」ですが、韓国人は上記から

ピビ

と発音しているのかも知れません。日本語ではとても言いにくいため、かってに「ビビンバ」と言い替えているのでしょうか。 


さてこのようなハングルの特徴は次の通りです。

  1. それまで中国の属国にあまんじていた朝鮮半島では、自国語(朝鮮語)を記述する文字がなかったようです。しかし助詞のような言葉でさえ漢字を使わざるを得なかった「漢字」ばかりの「漢語」に疑問をもったのは自然なことで、その結果「音を表わすだけの表音文字」の「ハングル」が誕生したというわけです。
  2. 私見では、ハングル混じりの漢語が朝鮮語の記述に適していると思うのですが、そうはならなかったようです。ハングルだけというまるで小学校低学年のような「さいた、さいた、さくらが、さいた」のような言語体系になってしまうことが心配で、平易には違いありませんが、「ハングル」だけでは抽象的な思考に向いているとは言えないのかも知れません。ただし欧米語のアルファベットと同じように、これらの組み合わせて将来(100年後)どうなるか分かりませんが・・・・・・。
  3. 日本語の場合、まず「50文字」ほどの「かな/カナ」がありこれらは単に音を表わすだけの表音文字であって意味はありませんが、このほかに意味のある漢字があり主に抽象的な言葉を記述しています。日本語は「かな・カナ混じりの漢字」という欠点を補い合う仕組みで成り立っているのです。
  4. ハングルの場合、単純に日本語と比較は出来ませんが、組み立てている部品ごとに発音が決められていて、それさえ理解できれば、この組み合わせで「すべて」の発音を記述できる、というハングルは比較的わかりやすい言語でした。しかし1446年に発案されたものの、漢語にすっかりはまってしまっていた事大主義的な保守層(旧両班たち)がこれを「未熟な言語」だとして激しく反発し、ハングルを使って暴政を批判する張り紙があったことから、部分的には使用されていたらしいのですが、ハングルを禁止する方向へ走り、ハングルは広く普及せずにそのまま放置されたようです。
  5. その後、ハングルが復活しましたが、最近では逆に「すべての漢字を禁止」した北朝鮮もあれば、一時期「ハングルまじり漢字」を使っていた韓国でも「ハングルだけで漢字を禁止」したため研究者の中でかつての文献を読めない人が出てきて問題になり、最近では初等教育でも一部の「漢字」が復活したようです。
  6. さて前政権の文物をすべて破棄するという中国そっくりの歴史をかかえており、すべて前政権を否定することしかできない(前大統領が例外なく不幸な老後「暗殺・逮捕・死刑・自殺」を送る)韓国で、ちゃんと過去の文献を読める研究者が現れるかどうか、見ものですね。言語に断絶があると「儒教で過去を大切にしている」と言いながら前政権を完全否定したり過去の文献さえ読めなくなるという事態に陥ってしまっているのです。不可解ですね。
  7. 禁止しなかった日本でさえ、文体や用語が変わりつつあるため、そのままでは1000年前の文献を読めないことは確かですが、注釈さえあれば今の日本人でも1000年前の文献を読めるのですが、「国が漢字の使用を禁止」する朝鮮半島とは、まったく意味が異なってくるでしょう。

つまり

漢語だけ→ハングル発明→ハングル禁止→部分的に使用→ハングル復活(禁止を緩和)→再び漢字禁止

その後

    • ハングルだけで漢字は禁止(北朝鮮のみ)
    • ハングル中心で一部漢字復活(韓国のみ)

などの変遷があったもようです。

いいも悪いも、こういうふうに二極化するのが朝鮮族で、もうこれだけは止められません。

この「やめられない」特徴によって、研究者でさえ言語の断絶があり、ますます孤立化が進むのでしょうか。

関係がないかも知れませんが、ノーベル平和賞という言語に関係がない政治的な分野でしかそこの在住者に縁がないのでしょうか。

こういったハングルの歴史から、私たち日本人は何かを学べるはずです。 


ノーベル賞受賞者(Wikipedia:2017/10/22 現在) 

中華民国 

李政道 (当時大陸時代の中華民国)物理学賞1957年
楊振寧 (当時大陸時代の中華民国)物理学賞1957年
李遠哲 (当時日本統治時代の台湾)化学賞1986年 

中華人民共和国 

劉暁波 平和賞2010年
莫言 文学賞2012年
屠・ゆうゆう 生理学・医学賞2015年 

大韓民国

金大中 平和賞2000年 


台湾の場合、よき大陸時代の名残が残っているようです。

中国共産党の場合

2015年の生理学・医学賞が例外で、多分に政治的な臭いがする平和賞や文学賞など、合計で3人とは、13億からしてあまりにも少ない印象ですが、これも中国共産党の弾圧の結果とみるべきでしょう。

尤もうぬぼれ国家の中国としては「基準に問題がある」として、独自の不可解な孔子平和賞なるものを設けているという話ですが・・・・・・。


孔子平和賞パンフレットにはノーベル賞を非難する文章が書かれている:Wikipedia 


韓国

これも多分に政治的とされる平和賞の1人だけ(金大中)で、しかもこの人の受賞の結果、ずっと韓国は北朝鮮にだまされ続けてきて、今の文在寅大統領もその延長上にある左翼政権ですから、先が思いやられます。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞280 独自制裁ができるか

2017年10月22日 14時29分55秒 | アジア

たとえそれが、事実であろうとも、なかろうとも、誰にも醜聞があります。ここでは最近の「韓国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクも提示しています。


中国の共産党大会へ北朝鮮が祝電を送ったらしいので

の1週間(2017/10/18-24)の間に「ミサイル・核実験」などの挑発はなさそうですが、これは11月に予定されているトランプのアジア訪問時に残しておいたのかも知れません。

いわば北朝鮮が背後から韓国を威嚇し、これに文在寅がまんまとのせられたようにみえてきます。

文在寅(ムン・ジェイン)が言う対話を求めるために今こそ韓国が独自の制裁を課すべきだと思います。私は武力による解決には反対ですが、物事には限界があるのでしょう。いわば文在寅は、自分が言っている「対話」のために何をするべきかが分っていないだけではないでしょうか。むなしい「対話・対話」の連呼は、選挙前の「よろしくお願いします。~候補、最後のお願いにあがっております」という選挙カーの連呼にまかせておきましょう。

米大統領トランプのアジア訪問日程(こちら)ですが

  • 2017年11月03日・・・・・・ハワイ
  • 2017年11月05日・・・・・・日本(10月22日の衆議院選挙で自民党が勝てば安倍首相に)
  • 2017年11月07日・・・・・・韓国
  • 2017年11月08日・・・・・・中国
  • 2017年11月10日・・・・・・ベトナム(APEC)
  • 2017年11月12日・・・・・・フィリピン(ASEAN)

このどれかをねらって北朝鮮は「ミサイル・核実験」で挑発するのでしょうか。 

問題は、韓国だけが北朝鮮への独自制裁をためらっているらしいことです。

アメリカ・EU・中国・ロシア・日本も、その規模や種類こそ違え、独自の北朝鮮制裁を発表していますが、「韓国だけが北朝鮮へ独自の制裁をしていない」のです。

これは韓国の文在寅政権にとってゆゆしき事態ですね。

独自の北朝鮮制裁を発表すれば、同族の北朝鮮から何を言われるか分らないのでためらっているようですが、2017/05/10の発足から5ヶ月も経とうというのに、例によって国内の保守(朴槿恵)政権を倒して、自分が大統領に就任するので精一杯であって、もう精根つきはてたのでしょうか(笑)。

つまり左翼政権としては

あくまでも北朝鮮寄りであって、決して北朝鮮を敵とみなさず、あくまでも「北朝鮮と対話を模索」しているのですが、その北朝鮮からは「対話を拒否」されるや無視されっぱなしで、何の応答もありません。それでも「美しい」と信じて疑わずに「対話」を強調しております。

その反動でしょうか

内政で前政権の力を削ぐことに関しては、精力的に動いていますが、いかにも韓国らしいところです。

文在寅大統領が大統領職を辞したあとで、いま自分たちが行なっている報復と同じ報復が待っているとも知らずに、ひたすら前大統領・前々大統領の権力を干すことに全エネルギーを費やしています。このため、「韓国としては北朝鮮への独自制裁どころではない」のでしょう。もしそんなことをしたら11月のトランプのアジア訪問時に北朝鮮が何をするか分らないのですから・・・・・・。

こんな韓国からはいち早く手を引き、最低限の隣国関係に留めておくべきでしょう。深入りしてはいけません。こんな時に限って「日本に笑顔をふりまく」のが韓国で、裏で「ぺろり」と舌をだしていることに注目し、決してだまされてはいけません。

韓国が独自の北朝鮮制裁をすれば

北朝鮮が何をし出すかわからない。このため韓国が独自の制裁に戸惑っているとしたら、やはり文在寅ではだめということになってしまうでしょう。

憲法違反で文在寅を弾劾し、これが合憲となり、失職後に逮捕するのが、韓国の矜恃(きょうじ)であり、韓国の幸せにつながると信じています。

キョロキョロと中国・米国の顔色をうかがって、いい顔をしている八方美人が、結局は八方美人になってしまいます。それを得意の美容整形でごまかすのでしょうか(笑)。 


北朝鮮危機:独自制裁、米から再三の要請も韓国政府は「検討中」:2017/10/19 韓国朝鮮日報   


国連制裁以外の韓国独自の北朝鮮制裁を出せるかどうか、ですが

まだ韓国は、何もしていません。

しかし11月にトランプ大統領が韓国を訪れる予定ですから、これに合わせて独自の「ゆるい、どうでもいい制裁」を発表するかも知れません。それはトランプ訪韓時に、大々的に発表されることでしょうが、実際にはかなり縮小された制裁に終わると、私は見ています。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 280 フェイク・ニュース

2017年10月22日 13時28分41秒 | アジア

みなさま、もう中国・朝鮮半島のフェイク・ニュースになれましたか。

一刻も早く、私のように「免疫」をつくってくださいね。

免疫力をつけるには、様々なことを考える必要があるので、「何でも反対」ほど簡単ではありませんが、免疫をつくる過程で「何でも反対」の人たちの負の面に気づくかも知れません。

そうです、「何でも反対」はしょせん「何でも賛成」なんです。

なかまで何でも賛成だからこそ、なかま以外なら何でも反対と言えるのでしょう。

「内容」ではなく、「内と外」で賛成・反対を決めるのですから、何も考える必要がなく、こんな楽ちんなことは、ほかにありませんね。わっかるかな(松鶴家 千とせ:しょかくや ちとせ )。


習氏の長~い演説、3時間半 出席者はあくびにトイレ:朝日新聞 2017年10月18日17時31分 


なぜ参加者が習近平の長い演説を真剣に聞かなかったのか、ですが

  • 全部フェイク・ニュースだったから・・・・・・それも一理あり
  • 「長すぎた」から
  • なぜ「長すぎたか」ですが、「網羅しようとした」から
  • なぜ「網羅しようとしたか」ですが、「フェイク・ニュースをフェイク・ニュースで隠そうとした」から。つまり何を言われても、どこそこで反論している、と言えるようにしたのです。信頼性などまったく関係がありません。堂々と言えるかどうか、だけの問題でした。ウソをウソで塗り固めた典型で「反論を一切許さない・異論を完全に排除する」のですから、長ければ長いほど「ヤバくなる」のが一般的です(笑)。
  • 一旦ウソをつくと、それを覆い隠すために、別のウソをつかねばならなくなり、積もり積もって巨大な砂上の楼閣になってしまい、その重さに耐えかねて自分でつぶれてしまうか、図々しく白を黒と言える人間に堕し、場合によっては自暴自棄に陥るでしょう。
  • 言論の自由を保証された日本に住みながら、言論の自由が全くない中国共産党について何も語ろうとしない人がいるのも、これまた視野狭窄症(しやきょうさくしょう)そのもので、不思議です。中国共産党を非難することが、自分が批判している組織の主張と同じになることが許せず、切っ先が鈍るとして中国批判を避けているのですが、それが原因で中国共産党のまわし者ではないかと疑われるのでした(笑)。このように「何を言うか」も大切ですが、何を言わないか」でも何かが分ってくるものですから、世の中は注意しないとすぐにバレてしまいますね(笑)。 

こんな程度のことなど、言わなくても分りますか(笑)。 


この記事では、習近平演説の内容については、触れていません。

それについては別途配信したからなんでしょう。

まだ読んでいませんが、そこでは多分いつものように、

    1. 日本国内の記事では、自社説を入れて(それは好ましい)
    2. 中国共産党の記事では、自社説を入れずに(それはダメ)、まるで北朝鮮「朝鮮労働党」日本支部を演じていた旧社会党のように、朝日新聞が中国共産党の日本支部を演じている

私には、そう映るのです。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加