カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

中国に関する醜聞 36

2015年08月31日 06時27分04秒 | アジア

誰にも醜聞があります。本人が否定しようが、肯定しようが(笑)。

ここでは最近の「中国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクも用意しています。 

中国で「爆発」事故が多発しています。

「危険物の管理」ごときにまわす資金があれば賄賂・蓄財に回すほうが上策! よって事故が多いのかもね。

なぜ中国共産党が国民を無視・犠牲にするかといえば

中国共産党(1921年結党)が中華人民共和国を建国(1949年)したのであり、国益よりも党益を優先するからですね。一党独裁という構造ゆえに、どうしても事故を減らせないのでした。

中国国民のことなど、どうでもいいのです。「国民のことを深刻に考える」ふうに見せる演技はとても得意ですが、共産党幹部の頭には、「党に不利益にならないか」だけしかありません。これに反すると即刻解雇され、甘い汁を吸えなくなるので、これだけは避けなければなりません。

よって何か事故が起こったとき、責任者を拘束・逮捕・投獄して一件落着を図りますから、同じような事故が何回も何回も延々と繰り返されることになります。原因の究明など、ありえないのですね。


2011/09/28日午前8時ごろ深センでPC爆発店舗火災…焼け跡で店員「火事出してない。訓練」

消防が駆けつけて、火災を消し止めた。他の店舗や住宅部分への延焼はなかった。警察は現場を調べ、店内にあったパソコンが爆発したとの見方を示した。爆発と火災で店員1人が軽いやけどを負ったという。:サーチナ 2011/09/30 

従業員は、共産党政府のご指導ご鞭撻(ごべんたつ)通り、これは火災ではなく「訓練だ」と言い張っていたようで、おもわず笑ってしまいますが、締め付けの厳しさを想起させ、ハイお疲れさんとしか言えません。

さらに「真実を追究することがあり得ない」中国ですから、警察が原因を究明することもなく、そして同じような事故が、これからも延々と続き、ニュースで報じられるのでした。

真相を究明する方向へ舵を切れば、必然的に文化大革命天安門事件の究明も含まれるため、事件事故の真相究明だけは絶対にできません。なぜならばこの2重大事件は、ご存じの通り中国共産党にとって「ひた隠し」にしなければならず、これが国民にバレては(知られては)いけません(笑)。


四川省瀘州(ろしゅう)市でに発生した走行中のバス炎上サーチナ 2011/11/30

まぁこれに似た事故はどこの国でも見られますが、乗客は驚くでしょうね。 


新車購入祝いの爆竹で爆発 車どころか家も焼失―中国:2011/12/30 サーチナ

一ヶ所にしぼる日本の花火も似たように事故を繰り返していますが、多くは花火師の事故です。

しかし中国での爆竹は、日常生活のあらゆる場所で使われているため、事故があれば一般市民が犠牲者となり、油断ができません。


午前7時半ごろ、山東省日照市の石油工場で大爆発:2015/07/16 YouTube

石油工場には様々な危険物があるので、周辺住民の心配が消えません。そんな危険地帯に住むのも、つらいものですね。 


中国天津市浜海新区の危険物倉庫で発生した大規模爆発事故: 2015年8月13日午前0時半ごろ(日本時間) 

これはかなり大規模な爆発で、驚きました。

日頃から内政外交で失敗を続けているこんな時こそ、交代するべき政党がない一党独裁ですから、日本をののしる行動に出て、国民の不満の目を国外へそらそうとするでしょう、ちょうど朝鮮半島のように(大笑)。

普段から中国共産党によって「日本が攻めてくるぞ」と洗脳されている中国人たちですからその惨状を目の当りにして「日本人が攻めてきた」と思ったことでしょう。しかし実際には自国政府・中国共産党が攻めてきた、のですね(笑)。

こういう大惨事の場合

間違いなく中国共産党による報道規制があり、例によって自由な報道ができなくなります。すべては中国共産党の発表通りに報道しなければならず、それ以外の報道は許されません。爆発の原因が中国共産党の支配に関連していたことが発覚すると、「爆発騒ぎ」どころではなくなるからですね。

この報道規制に違反すると即座に拘束・逮捕・投獄となります。

これは2008年の北京オリンピックでも見られた報道規制で

事前の「自由に取材できる」という約束など、中国共産党恒例の偽りであり、いとも簡単に破られます。

7年後の2022年冬季五輪北京大会でも、「自由な報道ができる」と思っている人は、「ハチミツより甘い」!


山東省の化学工場で爆発、従業員1人が死亡、9人がけが。:2015年8月22日 朝日新聞

また爆発ですか。多すぎますね。中国では、危険物管理がまったくできていない、と言えます。 


「携帯端末機が普及している現在ですから、報道規制など不可能」と純朴に信じていらっしゃるかたがいますが、さてどうか・・・・

  • 事故が起きると、けが人や死者が病院に運ばれますが、中国で病院が死傷者数を発表できる、と思いますか。もちろん病院は中国共産党の支配下にあり、勝手に取材を受け発表できるはずがありません。どうしても病院が声明を出さねばならない場合に備えて、中国共産党が指示した声明が用意されています。
  • 一般庶民が、個人で撮影した静止画・動画をインターネット上で公開することがありますが、政府にとって不都合な情報はすぐに「強制削除」されます。これは中国政府の「権利」なのです。共産党によるネット支配を、お忘れなく。
  • 事故現場では厳重な報道規制が敷かれており、勝手にテレビ局が取材できません。違反すれば、即座に拘束・逮捕され、報道機関ならば、中国共産党の息がかかっている場合は関係者が解雇され、息がかかってない場合なら会社の営業停止・取りつぶしになるでしょう。
  • 中国でも海外のテレビ放送があるではないか、と信じている人へ。中国共産党がすべてのテレビ放送をチェックしており、海外のテレビニュース番組の中で「都合が悪い内容」があれば、瞬時に放送を遮断する検閲態勢になっていることをお忘れなく、と申し上げます。中国共産党の汚点を国民に知らせるわけにはまいりませんからね。

このように中国では、すべてが中国共産党の管理下

にあって、こうしないと武力で統一した広い領土の統一維持ができない、こう中国共産党は考えています。そもそも経済開放をすることで社会主義・共産主義の夢は破れ、修正主義・経済開放に走ったのですが、この期に及んでもまだ共産党が全土を支配しなければならない、らしい。それが腐敗の大元締めであることを知らないまま!

これでもまだ、中国では

「携帯端末が普及しており、報道規制などできない」

と、がんばりますか(笑)。

お考えのように

  • 完全に報道規制ができないことは、今も昔も同じ。しかし中国共産党による、なりふり構わぬ党益のための国民弾圧からは、目をそらせないようにして下さいね。
  • 報道規制はできない」とする見方のほうが、裏で悪質な報道規制をする中国共産党を益するかも知れません。
  • むしろ「なりふり構わぬ報道規制」を警戒しておく見方の方が健全ではないか、と思う次第です。
相次ぐ爆発事故とその始末〔責任者の処罰方法〕から、なんらかの中国共産党の動きを読み取れるでしょうし、さらに陥没事故が重なり、大気汚染・株価暴落による経済恐慌・汚職蓄財などの党幹部の腐敗などなど、もう国としての体をなしてません
 
こんな時の中国共産党の常套手段をご存じですか? 

そうです共産党の存立が危うくなれば敵を外に作ることです。これが江沢民以来の伝統です。 

手っとり早いのが日本を攻撃すること
 
攻めるは守るなり、とばかり、自国の恥部に触れないまま、つまり自国の文化大革命〔1966-1967〕や天安門事件〔1989〕はなかったことにしたまま、第2次大戦以前にさかのぼって何を言い始めると想定されますが・・・・これは中国共産党が生き残るための「すべ(術)」と化したか(笑)。

にもかかわらず、これを耳にした「一見して善良そうな日本人」は、それほど戦前の日本人はあくどいことをしたのか、と考えるようになり、ますます中国共産党の思う壷にはまり込んでしまうのです。視野が狭いと、いくら立派な人でもこんなふうな偏ったものの見方に堕してしまうのですね。現実に目を向ける訓練を普段からしていないと、こんな風になるという好例でしょうか。

これだから中国からは、目を離せません。
  • 別に私は、反中・嫌中ではなく、ごく普通に中国の現実を理解している範囲で申し上げているだけであり、好き嫌いで何かを主張しないように努力しているつもりです、念のため。
  • こういうのは中国にヨイショするだけの日本のマスメディアからは得られないでしょう。マスメディアにだけ頼っていては危険、という意味ですか。
  • えっ、マスメディアを尊重することが知識人ですって・・・・
 う~ん、ど~なんでしょうね 


爆発にともなうのが「爆風スランプ」で、スランプとくれば「Dr.スランプ」ですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞36

2015年08月30日 07時24分59秒 | アジア

誰にも醜聞があります。たとえそれが、事実であろうが、なかろうが(笑)。


 頭のいい男と馬鹿な男に共通している点は、自分と同じように考えない人間は馬鹿だと思うところだ。(モーリス・シャプラン):P.248 ジェローム・デュアメル(吉田城訳)「世界毒舌大辞典」大修館書店  


これは韓国人だけでなく、中国人にも、贈呈したい言葉です。

頭のいい人・頭の悪い人自己中心的

自己中心的」だけでは分りにくいので少し詳しく書くと・・・・・・

普通の人は、人の思考に多様性があると認めていますが、「頭のいい男」と「頭の悪い男」は共通して、「こんなことが分らないのか」と自分以外を馬鹿だと決めつける、と言うのです。

だましあいの社会、中国・韓国にこれほどふさわしい言葉はありませんね。

自信をもつことは決して非難されるべきことではなく、むしろ推奨さえされますが、自慢はいけません。 


■普通の人 「自信をもつが、自慢はしない

なぜならば、人は自慢したいと思っても他人の自慢話にはウンザリするので、自分自身で自慢するよりも、「自分自身の中で自信をもつように奮い立たせる」、ほうを選ぶものなのです。

これは日本のみならず、世界中を見渡しても、だいたいは言えることです。それがあり得ないのが、韓国と中国。

韓国人 「自信をもつために、自慢する

韓国人から自慢を取り去ると、自信さえ持てません。韓国人にとって「自慢」は、必須なのであり、自慢のない韓国人など、あり得ません(笑)。

そして「ポッキリ」折れることがありますが、また新手(あらて)の根拠がない「でっち上げ」を発明して「自慢」し始めます(笑)。「ものごとを抽象的にとらえる能力」を欠いているのでしょうか。

こうみてくると、普段みられる韓国人の不可思議な言動が見えてきませんか(笑)。

朝鮮半島のお人、ほんに、情(じょう)があって、上(じょう)機嫌の攘(じょう)夷思想、常(じょう)軌を逸し、すへて冗(じょう)談であってほしい、さうおもふけふこのころてした。

4「じょう」を、一句にまとめると・・・・

♬ 韓半島 情があって 上機嫌 

攘夷思想は 常軌を逸す ♬

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本「抗議表明の度合い」

2015年08月30日 06時18分19秒 | 社会

それぞれの国が、国益を重視した上で(そうでない国もあるらしい)、複雑な国際関係のできごとに対し

  • 沈黙する
  • 抗議の声明を発表する

の選択肢をもっています。

後者の場合、日本ではどうなっているかについてのニュースです。


外務省幹部の説明によると、日本外交においては抗議の意思、批判的な見解、懸念などを他国(組織も含む)に伝える場合、「8段階」の表現で使い分けている。

  1. 断固として非難する
  2.      非難する
  3. 極めて遺憾
  4.    遺憾
  5. 深く 憂慮する
  6.    憂慮する
  7. 強く懸念する
  8.   懸念する

:産経新聞 2014/11/06

ただし

  • 通しの連番に変更・整形して見やすくしました。
  • またすでに記事元が削除済み・リンク切れなので、同じ内容を引用しているところ〔こちら〕をご紹介しておきます。

ここでは公式な最大限の抗議表明である「断固として非難する」の例をご紹介します。

断固として非難する」を

  • 無差別テロに対して用いているようですが、詳しく言えば国が行なった殺戮に対しては、使わないようです。
  • ですから、シリア政府と反政府勢力との争いで、シリア政府がひどいことをしても使わないようです。
  • また仮に現在、中国で「文化大革命」や「天安門事件」のような悲惨な事件が起こっても、国際社会は「断固として非難する」という表現を使わないということでしょうか。

因みに中国では

今でもこれら両事件「文化大革命」や「天安門事件」に触れることは厳しく禁じられていて、少しでも知ろうとしたり公にすれば即刻拘束・逮捕・投獄されます。この国では、中国共産党に不都合なことはすべて禁止なのです。不自由な国ですね(笑)。

これを一党独裁の弾圧国家と言いますが、かつてのエジプト・リビア・イラクと同じレベルの中国が今なお現存していて、そんな江戸時代のような国が近所にまだあることをご存じでない方がいらっしゃるようですね。1000年前か2000年前の中国しか知らないのですね(笑)。

何か大事件が起こったときに見られる各国の声明とその翻訳を、これから注視してみたいものです。何かが見えてきますから・・・・ 非難→遺憾→憂慮→懸念

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞35

2015年08月29日 10時34分31秒 | アジア

誰にも醜聞があります。たとえそれが、事実であろうが、なかろうが(笑)。 


ヴォルテール先生は言った。「私はあなたの主張には反対だが、あなたの言論の自由は、命をかけても守る」と言った。:P.132 柏楊(ポーヤン)「醜い中国人」張良沢・宗像隆幸 共訳 光文社

「韓国人がこの意見に賛同するかどうか」を考える前に、「韓国人にこの主張の意味が理解できるのだろうか」が気になります。

あ、そうですか、分らないことには反対ですか(笑)。


 日本人の中位主義と韓国人の黒白主義 

日韓の間でのいき違いは、言語表現、習慣、感じ方の違いからくるものが大きいが、もうひとつ、発想や価値観の違いからくるものも無視することができない。ここでは中位とか中間という問題をとりあげてみたい。 

日本人は物事への観点を、一定の幅をもった中位、中間におこうとする傾向が強い。日本人が極端を嫌って平凡さを好み、熱烈な好き嫌いよりは長続きのする淡い感情を好むのも、また、外国人からしばしば指摘される「曖昧性」も、そうした中位の位置を拠り所とすることを示すものだと思う。

一方韓国人は、日本人とは逆に中位、中間を排する傾向がことのほか強い。右か左か、上か下かの極端を指向し、好き嫌いの感情が激しく、立場や姿勢の「曖昧性」を嫌う。韓国人は中位をとるにしても、それは日本人のように幅のあるものではなく、一点へと絞りこまれた第三の立場としての中位である。 

日本人にとって中位とか中間の位置は、考えや感じ方の緩やかさ、柔らかさ、優しさ、淡さなどを物語っており、最も安らぐことのできる理想的な「常態」ともされる。しかし韓国人にとって中位とか中間の位置は、黒白のはっきりしない灰色の位置である。韓国ではだいたい、悪者か善者か、敵か味方か、あるいは左翼か右翼かをはっきりさせたがり、その中間の姿勢をとる者は灰色で疑うべき者だ---となる。 

こうした国民性は、韓半島の歴史が、常にAかBかの結論を出さないと民族としての生存を脅かされるような状況にあったために形成されたと推測する学者もいる。私は、そこにはさらに、均質でわずかな差異しかもたない小集団が、大同につくより小異で争いつつ中央権力を目指すという、韓国に伝統的な社会構造上の問題もあると思う。 

このような中位、中間をめぐる日本人と韓国人の発想や価値観の違いに関心が向けられることなく、同じ儒教の影響を受けた国だから、韓国人も中庸を好むに違いないなどという理解で接すると、大きないき違いを生んでしまうことになる。

日本人は対立を緩和するために話し合いを求めるのが普通だが、韓国人では得てして対立をよりはっきりさせるために話し合いを求めることが多いものである。: P.27-28 呉善花「新・スカートの風」角川文庫


少し引用が長くなりましたが、どこも削れないため、こうなってしまいました。

韓国人がヴォルテールの主張に賛同するのかどうか以前に、この意味が分るかどうかと、私が疑問に思ったわけを説明する意味で、「新・スカートの風」から引用した次第です。

あなたの主張には反対だがあなたの言論の自由は守る

  • これは、まず、人の考えの多様さを示しています。
  • 韓国人にこう言うと、意味がわからないまま、「なぜ反対なのか、そのわけを言え」、とこうなるでしょう。
  • 自分にだけ正義があるのではなくで、誰にも正義がある」とする成熟した見方が身についた人ならば、こんなことにはなりません。幸せな韓国人たち、というところ。
  • 韓国人の主張にひとつひとつ反論したいのですが、韓国人がよって立つその根拠から説き始める必要があり、多くの場合「もう邪魔くさい」「うんざり」となってしまうようです。 

あなたの主張には反対だが、あなたの言論の自由を尊重する」という主張は

あなたは、私の主張に反対だろうが、それでも私の言論の自由を認めてもらいたい

と主張しているとも受け取れます。

そうです 

あなたには「私の言論の自由を尊重する」ことは無理かも

とさえ、臭わせています。


そこでは

韓国でしばしばみられる「相手の言論を封殺しようとする意図」

が、まったく、ありません

しかし残念ながら

  • 韓国には自分と異なる意見を許すという寛大さが存在せず、これが言論を封殺している社会だと受け取られ、私が「韓国には言論の自由がない」とする根拠となり、「韓国人にヴォルテールが主張することの意味が分るだろうか」という疑問が生まれたのでした。
  • 呉善花の言う通り、わずかの違いを強調する時代を長く過ごしていると、このように様々な見方を許す社会などあり得ないのでしょうか。
  • こうしたことから朝鮮半島では、意見の違いがみられるとすぐに、低レベルの争い、不毛な対立に終始してしまうのでした。

一言でいえば、韓国人には

  • 「多様性」を認めない〔「多様性」の意味さえ分らない〕
  • 白黒をはっきりさせたい〔「棲み分け」の意味が分らない〕
そんな性向がみられ
  • もう何千年ものあいだ、ずっと暴力的な中国の威嚇に悩まされており、賛成か反対かをはっきりさせないと生きていけない、そういう宿命があったのでしょう。
  • 朝鮮半島人をつぶさに見ていると、いまや日常的に使っている言語が異なるだけで、それ以外の多くの点で中国人との違いが見られません。
韓国人には、中国人以上に、中間があり得ないのでしょう。
にもかかわらず
  • 中国が9月3日に開催するとされる「抗日70年記念式典と軍事パレード」に参加するかどうかについて、韓国はぎりぎりまで決められませんでした。中国とアメリカの間に立って、例によって「リーダーシップをもっている」かのように振る舞っていましたが、どちらに転んでも言い訳できるような優柔不断な言動は、この地域の人たちには、どうしても必要なのでしょう。
  • 結局、朴槿恵(パク・クネ)は式典に参加することになりましたが、軍事パレードにも参加するかどうかについては口を濁していました。ただし 2015/08/27 のニュースで初めて、軍事パレードにも参加することになったと報道されました。中国は韓国首脳陣をどうしても軍事パレードに参加させたい意向でしたから、最終的には「いい子」に落ち着いたということでしょう。
ちなみに
としていて、表現がみな違っていて、おもしろいですね。

「戦勝」「勝利」「戦争勝利」、「記念式典」「70年」「70周年記念」「70年行事」などなどを組み合わせた表現です。

一方、日米は

未来にわたる友好関係を築くための行事ならいいが、勝ち誇るような行事なら首脳は参加しない、としており、安倍もオバマも参加せず、官僚を参加させるだけのようです。

たしかに崩壊の危機にある中国共産党としては、今こそ「敵を外部」に「創造」しなければなりませんから、「日本こそ悪」だとして国内の団結を図ろうとし、それを覆い隠すためにも各国から首脳を招きたいところ。ただしその企みも見え見えで、中国共産党が自然崩壊へと向かうのを、いったいたれが止められるといえるのだらうか。
 
歴史を歪曲しがたる国ほど歴史を引用したがる

この意味をきっとご理解いただけると思います。
そうです、歴史は自分の思い通りにねつ造できるからこそ、好き勝手に引用できるのです(大笑)。

後の引用に備えて、今をねつ造する偽りの声明を出しておくのです。「ほら、あのときに言っただろう」と引用するために、誰が反対しようが、ちんぷんかんな大風呂敷を広げねばならないのです。

アリバイ作りとも言えますね。どう転ぼうとも有利になるよう、今を偽るわけです。これが「だましあい国家」中国の実態でした。

きっとこの意味がお分かりだと思います(笑)。

文化大革命〔1966-1967〕や天安門事件〔1989〕については、歴史のねつ造に失敗したため引用はできず、従って、この歴史に触れることさえ、厳しく禁じています。違反すれば即座に拘束・逮捕・投獄となります。こんなのを簡単に「言論の自由がない」とごまかしていると、その意味さえ分らなくなるでしょう。中国の実態を知らねばならないゆえんです。
 

この手法は、歴史的に中国共産党が採用してきた国是「国内で失敗したら、国外に敵を作れ」にはっきりと見られます。

これをみても、韓国は

どっちにつくか分らないように「装い」ながら瀬戸際外交を続けて、本人だけがリーダーシップをもっていると「錯覚」していますが、結局は、白黒をはっきりさせる元凶である「中国の脅しに屈する」という伝統的な作法に、いきつくのでした。

あくまでも「装う」ことが大切、そして自ら「錯覚」しなければなりません。中国・韓国に「客観性」があってはならないのですね(笑)。

韓国としては、北朝鮮の脅威に対抗するのに米軍が必要だけれども、北朝鮮以外では中国の属国に過ぎません。米国の軍事力と中国の軍事力を操っている、と信じていますが、国内の対立をまとめられないまま外交的にも分裂状況を見せています。

これが文字通りの「韓国の瀬戸際外交」で、これを中国共産党が狡猾に利用しています。

ですから、呉善花のいう「白黒をはっきりさせたい韓国人」という言葉は
  • 中国の横暴と威嚇におびえながら、白黒どちらかを選択しなければならない韓民族の2000年以上にわたる苦悩を暗示している
  • 近年では北朝鮮の威嚇におびえるようにもなり、その血気盛んな民族性は先鋭化し、2000年にわたる均質民族の「わずかな違い」を過大に誇張する傾向を強め、均質ではない外部の人が見たら「なぜそんな些細なことで先鋭化するのか」と疑問に思うことが多々ある
という意味でしょうか。

これは過去2000年以上も続きましたから、この様子だと、あと1000年以上続きそうですね。

現在の朝鮮半島民族をこのように追い込んでいる悪質な「中国」という(擬似)共産国家は
  • ソ連がかつては東欧地域、今はロシアが、ベラルーシや東部ウクライナという地域を「緩衝地帯(かんしょうちたい)」として欲しているように、「北朝鮮・韓国」という緩衝地帯を必要としているのでしょう。
  • ちょうど超右翼と超左翼の間に普通の人がいるように、弾圧国家や一党独裁国家には、どうしても緩衝地帯が必要なのでした。
韓国は、近い将来
  • いままで独立国家として自治権がありましたが、中国の自治権のない「自治区」になる可能性が充分にあります。
  • とはいえ、チベット自治区や新疆ウイグル自治区などのように、朝鮮半島から国家として消え去ったとしても、中国の自治区として充分に生きていけるはず、と思います。きっとそのほうが幸せなのでしょう。
  • チベットはかつて独立国であり、そこに「自治権」がありましたが、中国共産党に武力占領されてしまってからは、「自治のない自治区」になったことをお忘れなく!
朝鮮半島がチベットの二の舞になるやいなや、関心をもち続けたいと思います。

800年前の元寇のように
  • 中国と朝鮮半島が一体となって、日本を攻撃する可能性が、充分にあります。いや30年前から突然、中国・韓国の自分勝手な国内事情によって、すでに攻撃は始まっているのかも。
  • 元寇に対しては、鎌倉幕府のように自分のことは自分で守らねば、どの他国も守ってくれないようです。
ただし
  • こういった中国共産党の横暴という「夜陰」に乗じて武器商人〔誰のことかは言いません〕がのさばることがないよう監視を続けなければなりません。安倍政権がそれらに引っ張られる恐れが充分にあるからです。選挙で大勝させてしまうと、そんな危険が表面化するのですね。
  • しかし野党が、安倍政権に反発するあまり、中国の言いなりになりそうなのが、政権を取り維持できない一因ではないか、とも思うのです。
  • 安倍政権が極端な右翼主義者を内部に含んでいて危険だと思いながら、野党勢力が反自民に走るあまり「中国共産党べったり」になっているのは、もっと危険であり、これらが相反する主題となって私を苦しめているのでした(笑)。
5日ほど前に台風15号が

北九州の、大宰府や博多湾あたりを通過したので、てっきり私は、中国や朝鮮が攻めてきたので、またまた「神風」が吹いたのか、と思っていました・・・・元寇を思い出しましたか(大笑)。

ちなみに、中国・韓国が国民を洗脳するときの決まり文句
  • 日本が悪
  • 再び日本人が攻めてくる
であることを、お忘れなく! もちろんこれは、内部対立して政権維持が危ないときに「敵を外につくる」という伝統です。

対馬や壱岐への狼藉→元寇で日本を侵略→秀吉が朝鮮を侵略→欧米が中国を侵略→明治政府の満州・朝鮮半島侵略→韓米のベトナムでの狼藉

こういった歴史を認識できず、自分に都合のいいように歴史をでっちあげ、特段に「秀吉」と「明治政府」のみを取りあげて犠牲者ぶる朝鮮半島人の薄汚さが、どこかにないでしょうか。

もしも朝鮮半島人に、自らをふり返るという、ごく普通の歴史認識があれば、もっと違った展開になるはず、私はそう、思います。

よって、自分をふり返るという認識がないまま「日本が歴史を歪曲している」というのは、いわば当然の流れというべきか、身から出た錆(さび)なんでしょうね(笑)。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 35

2015年08月28日 07時25分40秒 | アジア

誰にも醜聞があります。本人が否定しようが、肯定しようが(笑)。

ここでは最近の「中国の醜聞」を集めてみました。必要な方のために出典も明示し、あればリンクも用意しています。


中国人は、一生懸命に善と美を追及する。しかし真実だけは追及しない。:P.139 柏楊(ポーヤン 1920-2008)「醜い中国人」張良沢・宗像隆幸 共訳 光文社 


中国人の本質を短い言葉で表現していて、おみごと。

もう何も付け加えることがありません・・・・と言いながら、何かを書いていますが(笑)。

もしも、たとえばの話ですが、ひょっとして、中国に「真実」を追求する意思が、少しでも、あったと仮定すれば

あれほど国家権力を用いて文化大革命や天安門事件を隠し続けることは、ない

のであり、これが中国に「真実」を追求する意志がない明確な証拠になっていますね。

  • しかし中国共産党の公式声明だけが真実だと信じて、この重大な事実を知らない日本人が多すぎるようです。
  • 中国の公式声明とは、恥部に触れないまま「賢そうに親の目をごまかそうとする」小学校高学年の児童の作文のようです。
  • 中国の公式声明では、真実が「いつも美しい言葉で打ち消されて」おり、相当悪質な共産党政権ですから、だまされてはいけませんよ!
  • それでも中国共産党の言葉を信じますか。もしそうなら、それも一つの生き方ですのでやむを得ません。そこで、こう述べる私と、絶対に反論を許さず暴力で押さえつける中国共産党の違いだけでも、分っていただけたら、たいへんうれしゅうございます(笑)。
  • テレビや新聞の「中国の威嚇に屈した」ニュースだけをみて中国を判断していると、とんでもないことになります。平たく言えば、中国共産党の「いちゃもん攻撃」を恐れて真実を報道できないのが、日本の多くの報道機関の姿。
  • もちろん韓国もその例にもれることはありません。もしも韓国が中国の支配下(自治区になること)に入ってしまうと、10年ほど経過した頃、ちょうど香港と同じように、笑顔から一転して、武力で言論を押さえつけるようになるでしょう。それが分った上で、現在、韓国が中国に接近していることを理解するのが大切だと思います。韓国人たちは、どうやら、普段の激しいケンカ対立の国民的な不満を、武力弾圧で押さえつけられて初めて解消できるようです。しょせん韓国人には「自由と規律」などは、夢のまた夢か?
  • 日本では法整備がなかった一昔前の時代に、マスメディアが報復を恐れて「ヤクザや総会屋の威嚇に屈した」のですが、これと同様の状態が、いま中国への対応に表われているようです。私にはそう見えてきますが、皆様はいかがですか(笑)。

中国共産党は、誰もが知っている事実を、なぜ隠し通そうとしているのですかね。中国共産党は、文化大革命〔1966-1967〕や天安門事件〔1989〕で、よっぽどひどい国民無視の殺戮を行なったからでしょう。それしか考えられないからです。

一方、

「善」とか「美」は、これはそれなりに大切なものですが、いくらでも中国共産党がでっち上げることができますから、どんどん追求できるのです。

確かに中国は、「善」「美」を求めるが「真実」を求めない、と一貫していますね。

「真善美」については、こちらをどうぞ。

ポーヤン〔1920-2008〕先生、まいりました。

  • 文化大革命〔1966-1967〕や天安門事件〔1989〕をつぶさに見ていらっしゃったのですね。
  • こんな立派な人だからこそ、共産党政権をきらって中国から台湾へ脱出したのでした。
  • それにしても今の中国共産党幹部は、自分より優れた人を文化大革命〔1966-1967〕や天安門事件〔1989〕で処刑しており、今の中国共産党幹部は残りカスの子孫なのですね。中国では、立派な人はすべて野に下っているか、逮捕されて刑務所で過ごしていてやがて原因不明のまま餓死という名の殺処分をされるか、はたまたポーヤン先生のように海外へ脱出するのでしょうか。最低の国家だと思いませんか。
  • 尤も「カス」はカスなりに、酒粕(さけかす)という、実に味わい深い食べ物が日本には存在しますが、もちろん中国には当てはまりません(笑)。
  • 中国共産党が、いかに「立派そうな」ことを述べても、いかに「正義らしき」ことを述べても、やはり「真実を追究することを恐れている中国共産党」は、崩壊するしかないのです。今しばらくのご辛抱ですので、皆様、忍耐強くお待ち下さいますようおねげーしますだ(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投票率と利害

2015年08月27日 08時44分27秒 | 社会

通常

固定支持層をもつ政党は、投票率が低いと有利、投票率が高いと不利

とされます。安定国家の場合は与党もこれに含まれるかも知れません。

これがあるからこそ、

無党派層は寝ていてくれた方がいい(選挙の日曜日、投票に出かけないことを期待)、と考える人が減りません。これを聞いて森喜朗を思いだした人はスルドイ!

森の釈明によれば、発言文脈は報道通りではないようですが、当時ひんぱんに見られた森の湿原(しつげん)、いや失言(しつげん)がわざわいして、マスメディアが意図的に脚色したものと思われます。

確かに

上の通り、固定支持者がある政党は、投票率が高いと不利になりそうですが、ここに浮動票なるものが絡(から)んでくると、事情はそう簡単ではなさそうです。

結局は

投票率が高いから有利とか不利、低いから有利とか不利、というのは、当たらないようです。厳密に言えば何かが言える可能性もありますが・・・・

要するに、有権者をだまして自陣の候補者へ投票させるテクニック次第、ということですね(笑)。

これを時の政権誕生と結びつけた人がいます。 

たしかに

この年代別投票率の図にも問題点がないとは言えません。人は年ごとに年齢を積み重ねるものであり、ある年に行なわれた選挙での自分の年齢は、10年後には10歳上の分類になっており、10年経っても同じ傾向を示す人もいれば、異なる人もいるからですね。

ただし

  • その選挙時の年齢ごとの投票傾向」、たとえば年齢ごとの支持政党の違い、などをつかむのに一定の意味がある、くらいなら確かにそう言えるでしょう。
  • さらに「投票率が組織をもつ政党に有利か不利かを考える材料」としては、意義があると思います。

それにしても、年代別の投票率をどうやって算出したのでしょうね。出口調査ですか、それとも・・・・

投票率について見ると

2005年の郵政解散で小泉自民党が大勝しましたが、後になってそれより投票率が高かった2009年の麻生解散では自民党が大敗し代わって民主党政権が誕生した、のは御承知の通りです。

そこに「投票率が高くなっても与党が有利とは言えない」と主張する根拠があります。

そもそも小泉解散でも投票率が低かったとは言えず、もっと回数を重ねた分析が必要でしょう。 

衆議院議員総選挙の一覧
        回    実施内閣     投票日    投票率
======================================================

  • 第41回 橋本1    1996年10月20日 59%
  • 第42回 森1      2000年06月25日 62%
  • 第43回 小泉1改2 2003年11月09日 59%
  • 第44回 小泉2改  2005年09月11日 67%
  • 第45回 麻生     2009年08月30日 69%
  • 第46回 野田改3  2012年12月16日 59%
  • 第47回 安倍2改  2014年12月14日 52%

出典

したがって

投票率の高/低だけで、政党にとっての有利/不利は決らない

と思うのです(笑)。

60%以上の高投票率でも、与党が有利になることもあれば、政権を失うこともあるのです。


混沌とした状況で

何も断定できない人が多い中を、懸命に何かを発見しようと努力する姿に、私は敬意を払いますが、かといってその結論を導いた仮定に疑問があればその旨、指摘しなければなりません。

ただし

「懸命の努力」そのものを否定しているわけではありませんので、念のため申し添えます。何も見えないところに何かを発見しようという動機は、尊いものですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞34

2015年08月26日 09時32分21秒 | アジア

「なぜ日本だけを標的に?」欧米から疑いの目を向けられる韓国妄執の“自業自得”

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1月12日の年頭記者会見で、日韓首脳会談について「日本側の姿勢の変化が重要だ」と曖昧な注文をつけ、慰安婦問題を早期に解決しなければ「韓日関係だけでなく、日本の歴史にも重荷になる」と言い募(つの)った。一方的でかたくなな態度には、ため息が出るばかりだ。

 ■冷めた日本政府

 「ムービング(動く)・ゴールポストだ」

 韓国について政府関係者らと話すとき、何度この言葉を聞いたことか。慰安婦問題などで着地点を求めてそこを目指すと、いつの間にか韓国側がゴールをさらに先の方に動かしているという意味だ。

 それでいて韓国側は日本に対し、具体案を示さずに「誠意を見せろ」と要求し続けているのである。

 日本政府は現在、こうした韓国側の十年一日のようなあり方に冷めた視線を向けている。小紙の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止のような人権侵害を除き、韓国に対しては「放置でいい」(政府高官)との基本姿勢だ。

 何ともやるせない現状だが、予期せぬ効果もあった。韓国が日本だけを標的に歴史問題にこだわればこだわるほど、欧米で「なぜなのか」という疑問が高まり、客観的な事実関係を知ろうという新しい動きが出てきているのだ。

 今年に入り、韓国メディアは相次いで次のような米国の元政府高官の「妄言」を伝えている。

「日本は過去、恐ろしいことをしたが、韓国もベトナム戦争の際は非常に冷酷だった。ベトナムではそれが非難を浴びている」(デニス・ブレア元国家情報長官・太平洋軍司令官)

 「日本は韓国人戦争犠牲者に8億ドルを支払ったが、当時の朴正煕政権が慰安婦と呼ばれる被害者たちに伝えていなかった。古傷が治癒しない理由がここにある。韓国は、ベトナムで韓国軍が民間人に犯した行為を脇へ置いて、韓国と国交を結んだことを考えるべきだ」(ロバート・シャピロ元商務省次官)

 ■欧米も疑問視

 欧米メディアも昨年来、韓国側の負の歴史に注目するようになり、日本を執(しつ)拗(よう)に非難する韓国の外交姿勢に疑問の目を向け始めた。次のような報道がだんだん目立つようになってきた。

 「慰安婦問題は、政争の具として利用されるべきではない。結局、日本から支払われた何億ドルもの賠償金を、犠牲者のためにではなく、莫大(ばくだい)な公共事業のために使ったのは朴大統領の父親だ」(米フォックス・ニュース)

 「ライダイハンはベトナム戦争中、ベトナム人の母親と韓国人の父親の間にもうけられた子供を指す。多くは韓国人兵士によるベトナム人慰安婦への虐待から生まれた」(米CNN)

 「韓国には、米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。ここで働いていた元米軍慰安婦120人以上が、『韓国政府が米軍のために組織した』として、1人1千万ウォンの賠償を求めて韓国政府を提訴した」(英BBCニュース)

 元米軍慰安婦の訴訟に関しては昨年末、米軍準機関紙「星条旗新聞」も取り上げている。朴大統領が慰安婦問題を提起し続けた結果、韓国が触れてほしくない問題もまた、白日の下にさらされることになった。

 日本は過去の経験から、韓国にいくら譲っても結局、ゴールポストを動かされるだけだと見切った。韓国側も、そろそろ歴史カードの乱用は控えないと「重荷」になるばかりではないか。(政治部編集委員 阿比留瑠比)

iza :産経ニュース 


引用が長くなりましたが・・・・韓国の言動が「ムービング・ゴールポストとは絶妙の表現でしたので、ついつい長くなってしまいました、お許し下さい(笑)。

ゴールを狙われ、危ないと判断するや、シュートが入らないようゴールポストを先へ移動させる、という悪質な違法行為のことですね。

日韓関係でみせる韓国為政者の動向を的確にとらえていて、お見事と言わざるを得ません(笑)。

ひょっとしたら韓国には

    • ムービング・ピッチャーズプレート(マウンド)
    • ムービング外野フェンス

があるのかも(笑)。

    • バドミントンの試合ではムービング風(エアコンのオンオフ)がありましたね(笑)。

とにかく、リーダーシップをもっている、と信じて疑わない『白黒をはっきりさせないで左右にブレる』思考が『ムービング』を必然的に生んでしまったのであり、物事の基準・ルールを自分の好み通りに動かすことは「真理」ですから、本人が「それは間違っている」と気付くはずがないし、もちろん後ろめたいことは何もないのです。

裏でこそこそ「だましあう」という韓国の国民性が、自己を日本人に投影したがり、「日本人は裏で何をするか分らない」となります。

それは自分のことではないのか、と考えるのが普通の日本人ですが、韓国人が自分自身を疑うことは、ありません。かわいそ~な国民性でしょうか!

自分を省みることなく

加害者意識を忘れ、被害者を装うだけで、日本に謝罪要求し続ける韓国為政者に、どうやら疑惑が向けられてきたようです。遅すぎるとも言えますが、気付いた時が一番はやいとも。

これまでヨーロッパは、

EU対立問題や不法移民問題に追われ、日韓関係などに、さっぱり興味を示しませんでした。ときどき見られても、ピント外れが多かったものです。

アメリカも又、

次期大統領選挙・キューバ関係・ロシア問題・中国への牽制などで忙しく、どうでもよかった日韓関係。しかしようやく、

  • ロシアの違法な領土拡張覇権主義
  • 中国の対外的な領土拡張覇権主義

に関連して、日韓のしこりにも興味を持ち始めたようで、けっこう毛だらけ、中国、灰だらけ

↑ 何回も爆発を起こし「中国が灰だらけ」に。

中国共産党の恥部が表面化してはいけませんから、隠しとおさねばなりません。爆発の原因究明など、夢のまた夢。

これはもちろん車寅次郎の「結構、毛だらけ、猫、灰だらけ」から来ました。

今まで韓国は、

  • ただ主張するだけで、他人の批判には耳を傾けるきざしがなかったのですが、そのままことが運ぶかどうか、というところ。他人を攻撃すればするほど、自分の墓穴を掘る、とも言います。
  • 「韓国がいつも北朝鮮にちょっかいを出されている」焦燥・不満のはけ口が、「日本へちょっかいを出す」方向での快感につながっています。人は、バランスを取らねば生きていけないのですね。

韓国が、自分自身に関する過去に起こった疑惑について

無言を通しているうちに、やがて非難が静まり、頃合いを見計らって、ふたたび日本攻撃に転じることでしょう。韓国に限れば、批判に答えることなど、あり得ませんね。いまは忍従の時、だまって台風が過ぎるのを待ちましょう。そうだそうだ。

これが正調韓国節です(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリシャの醜聞 17

2015年08月26日 06時02分13秒 | 海外

ギリシャのチプラス首相が辞任して議会選挙を実施するらしいのですが、一体どういうことでしょうか。


 ギリシャのチプラス首相が突然、辞任を発表し、近く総選挙を行う方針を明らかにしました。

 チプラス首相は20日、夜のテレビ演説で「できることはすべてやった」と語り、総選挙で改めて民意を問いたいと訴えました。反緊縮政策を掲げて発足したチプラス政権は、EU(ヨーロッパ連合)との金融支援の交渉で公約を翻し、緊縮策を受け入れたことから、首相の方針に反対する与党議員が続出する事態が続いてきました。ただ、国民の支持率は今も高いことから、総選挙を通じて反対勢力を一掃し、政権の安定を図る狙いもあるとみられています。:テレ朝 news 2015年08月21日


ギリシャ首相辞任、総選挙へ=投票日、9月20日か―EUに譲歩「審判あおぐ責任」

【ブリュッセル時事】ギリシャのチプラス首相は20日夜(日本時間21日未明)、パブロプロス大統領に辞表を提出し、早期の総選挙実施を要請した。投票日は9月20日を軸に検討される。

経済危機に苦しむギリシャに対する欧州連合(EU)の金融支援をめぐり、チプラス首相率いる与党・急進左派連合(SYRIZA)は分裂状態になっている。選挙に勝利して自身に反対する勢力を一掃したい狙いが首相にはある。

チプラス首相は辞表提出直前の20日夜、テレビを通じ国民向けに演説、EUなどとの妥協について「望んだ合意を得られたわけではないが、現状では最善のものだ」と訴えた。また「合意は守るが戦いは続ける」と述べ、緊縮策に苦しむ国民に理解を求めた。・・・・

その上で「自分の行ったことに対し、国民の審判をあおぐ道義的責任が今の私にはある」と呼び掛けた。国民の前で辞意を表明し、現政権の政策継続を望むかどうかを争点に「国民が決断を下さなければならない」と主張、解散総選挙に踏み込む決意を示した。

首相自ら主導した7月5日の国民投票では「反緊縮」の民意がはっきり示された。ところが、首相は直後にEUに大幅譲歩している。ギリシャでは今年1月に総選挙が行われたばかり。チプラス氏はその選挙に勝って首相となった。在任はまだ1年にも満たない。:時事通信 2015年08月21日 


またまた動きを見せたギリシャのチプラス首相。

  1. ギリシャの放漫財政
  2. ギリシャがEUに加盟しているため、財政支援の代償として「EUがギリシャへ財政緊縮を要求」
  3. ギリシャの粉飾財政が発覚
  4. ギリシャ国民が不公平な緊縮財政に不満〔この段階で国民は政府の隠蔽工作に洗脳され、国内政治の問題であることを知らされていなかった可能性がある〕
  5. ギリシャ国民に反EUの動き〔実は反政府なのかも〕
  6. 状況を察知したチプラスが2015年1月の選挙において「反EU」を唱えて首相に
  7. EUがギリシャにさらに緊縮財政を要求し、チプラスが不本意ながら条件付きで合意か・・・・このあたりが不透明で分りにくい
  8. ギリギリの不利な状況下、チプラスは国民投票を決行し信を問うとした
  9. 国民投票の結果は「EUが提示する不利な条件に反対し緊縮財政に反対する」というもの。つまり最初のチプラスを支持。さてこまったのが豹変済みだったチプラス。・・・・このあたりもまた分りにくい
  10. しかし国民投票の結果を無視して、チプラスはEUとの「屈辱的?」な合意に。もちろん反政府運動が激化。
  11. チプラスが辞任を表明し、反対議員を排除すべく、総選挙に打って出て、たった8ヶ月くらいでふたたび議会議員の選挙に向かうことに。
  12. さてどうなるか。

こういう流れだったと思います。思い返してみると、この8ヶ月の間にチプラスはさまざまな経験をしましたね。

  • 反EU
  • 反国民投票〔首相就任後の豹変〕
  • 反議会〔さらなる豹変〕

豹変に次ぐ豹変のチプラス首相なのに国民の支持が高そうな動きを理解することなど困難ですから、さらに先を予言することなど、私にはとてもできませんが・・・・

もしも来月(2015年9月)に予定されるという8ヶ月後の再びの議会総選挙で

もしもチプラス与党が勝利した場合

豹変したチプラスを議会が承認したことになり、本格的なEUとの交渉が再開され、ギリシャの財政改革が前進することでしょう。ただし不公平感のない財政改革が必要で、これをギリシャ政府が実施できるか、にかかっています。

不法移民問題では、さらにEUからの支援が必要でしょう。これはEU全体の問題でもありますから。

もしもチプラス与党が敗退した場合

ギリシャ国民は議会選挙を通じて、「ギリシャ政府の不公平財政緊縮政策」ではなく、「EUに不満」をぶつけたことになり自国の放漫経営を見て見ぬふりをしたか。

そして豹変するチプラスを見限ったか。そうすると、

3つの公の行動で、ギリシャ国民はほぼ同じ「反EU」の決意を固めたことになります。

世論操作・言論を封殺していると、このようなねじれた状況をもたらすものですね。中国共産党はその最たるもの、韓国も似たようなものか。

この場合どうなるか、予断を許しませんが、

  • ギリシャはEU離脱不法移民という2つの難問をかかえることになります。これからは自立して生きていかねばならず、そこへ中国やロシアがどうかかわるか、注視しなければなりません。
  • 制裁され通貨ルーブル安や原油安で一時の好調経済を見失ったロシアや、そもそも共産党一党独裁下での経済が破綻しようかという中国が、ギリシャに接近すれば、これらの国の対EU戦術が大きく変ってきます。
  • しかしながら、ロシアも中国も、今、経新たな投資ができる余裕があるかどうか、まったくわかりません。余裕に関係なく投資をすることで、国家の衰退を早めることになるかも。
  • AIIBもギリシャ問題に関連しているため、難航が予想されます。2015年末頃の各国批准がうまくいくかどうか、不透明です。

参考までにAIIB関連では

  • 参加を表明したのは57カ国
  • 参加に署名をしたのは50カ国〔7カ国が離脱
  • 2015年末の批准状況ですが、一体何カ国の離脱があるのか。根拠のない私の予言(笑)では、10カ国以上は批准できないとみています。せいぜい30~40各国が傾きつつある中国経済にすがろうとするか。これは傾きつつあるギリシャに難民がすがろうとしている昨今を連想させます。 

9月には

  • このギリシャの総選挙
  • 防衛省と沖縄県との交渉再開
が予定されています。国外も国内も、難問山積ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年台風15号日本海へ

2015年08月25日 14時13分25秒 | 科学(気象)

台風が九州を突き抜けて、日本海へ出たようです。

大宰府や博多湾あたりを通過したというので、ひょっとしたらモンゴル軍〔高麗(朝鮮)兵・宋兵(中国)・モンゴル兵など〕が800年後に再び攻めてきたので、またまた「神風」が吹いたのか、と思いましたが、モンゴル勢が占領したのは、大相撲の世界でしたね(笑)。

とにかく巨大な台風でして、雨の被害も多いようです。

最大瞬間風速〔単位は m/s〕の記録をみると

 1 静岡県 富士山   91.0 1966年09月25日〔時速換算328km/h〕
 2 沖縄県 宮古島   85.3 1966年09月05日〔時速換算307km/h〕
 3 高知県 室戸岬   84.5 1961年09月16日 
 4 鹿児島県 名瀬   78.9 1970年08月13日 
 5 沖縄県 那覇     73.6 1956年09月08日 
 6 愛媛県 宇和島   72.3 1964年09月25日 
 7 沖縄県 石垣島   71.0 2015年08月23日〔時速換算256km/h〕
 8 沖縄県 与那国島 70.2 1994年08月07日 
 9 沖縄県 西表島   69.9 2006年09月16日 
10 徳島県 剣山     69.0 1970年08月21日

となっております〔気象庁〕。新幹線を上まわる速さですね。

こうしてみると、上には上がありますが、

  • 上位はいずれも40~50年前の記録ですから、近年20~30年に限れば今回の石垣島の71m/sは日本最大でしょう。
  • 私はこれを今回経験したのですが、停電の中、ものすごい風切り音が鳴り渡り、まさに恐怖の一夜でしたが、明るくなってから雨はないものの暴風の中を撮影に出かけたのは無謀でしたかね(笑)。
  • また上記記事でご紹介の通り、車が1台横転しているのを見て驚いた経験がありますが、今回は車の横転・反転はざらにみられ、ブリキ製の小屋が吹っ飛び、陸上の船は言うに及ばず水上の船さえ傾き、いたるところで倒木が走行を邪魔し、農作物への被害は相当大きいし、しばらくは漁業もできず、日用品を運ぶ船もしばらく来ないので、やや不自由な生活が続くのでしょうか。
  • こういった被害が九州地区でもあるかと思うと、どうしても気になってしまうのです。

各地の被害状況です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年台風15号九州へ

2015年08月25日 07時46分15秒 | 科学(気象)

いよいよ九州へ到達した猛烈台風。

なぜこのように詳しく記述するか、ですが、台風が襲来して

  • いまテレビ受像器に「蓄電機能」が備わっていないため、停電すると一番状況を知りたい被災地でテレビを受信できず、小型ラジオに頼らざるをえない
  • 中継地が暴風で機能不全に陥ると、たとえ停電が起こらなくてもテレビ電波を受信できない

からでした。

台風の襲来が予想される地域では、このように

  • 停電の可能性が高いこと〔これを解決できるのは「薄型化と細密化の競争」ではなく「蓄電機能競争」でしかない〕
  • 中継地が崩壊し放送できない可能性もある

これらを覚悟していかねばならないため、こうして詳しく記述しているのでした。

これらを避けるために自治体としては

  • 停電の起こらない段階、すなわち暴風雨に至っていない段階で「避難勧告」をしなければならず、それに従わない人がいる
  • しかし停電後に「避難勧告」をしても住民には伝わらない
  • そもそも「避難地」の安全性を高めなければ何の意味もなくなるが、そういう危機感が自治体にあるかどうか

最後にもう一度繰り返します。

地震や台風などが発生した時の停電に備えて、テレビ受像器に蓄電機能を

この場合

ラジオや照明のための「電池の充電」ではなく、受像器そのものに「蓄電機能」が必要だと主張しています。この場合、多少画面が暗くなってもかまいません。どうせ照明が消え室内が暗くなっている危機であり、安定期ではないため「子供がアニメを見るときには室内を明るくして」とは意味が異なります。

充電とは

電気が通じている時に、機器へ蓄電する機能のことであり、電気が通じていない時に機能を発揮する「受像器の蓄電機能」とは、意味が異なります。

高画像や薄さ競争が終わったら

製造会社の皆様、地味ではあるけれども、万が一に備えるこの機能を強化しませんか。それも安全ではなさそうなリチウムイオン電池とは異なる蓄電機能を!

アンテナさえちゃんと向ければ停電中でも受信できる衛星放送を、災害時にもっともっと活用できるはずです。

携帯端末機のこの意味での充実化も、その一助になるでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国に関する醜聞 34

2015年08月25日 00時15分55秒 | アジア

氏族共同体の基礎が崩壊して、世襲時代にはいることになりました。

もちろん、一時にそうなったのではありません。徐々にその方向にむかったので、仰韶(ぎょうしょう)期〔前5000~前3000〕の遺跡にさえ、僅かながらも貧富の差がみられます。それは墓葬の規模や副葬品の多寡にもあらわれているのです。

ユートピア時代を、後世の中国人、とくに儒家の人たちは、めざすべき状態とみなし、それを「大同」と名づけました。大道がおこなわれた、差別のない、おだやかな時代のことです。

中国では、改革をめざす人は、そのモデルを、かならず過去にもとめます。復古イコール改革というのが、政治だけではなく、芸術の分野でも、とうぜんのこととされているのです。:P.78-81 陳 舜臣「中国の歴史」第1巻 神話から歴史へ  


中国の歴史では、

殷墟が発見されたことから、さかのぼって「殷(いん:3700年前-3000年前)」までは実在したとする方向にあるようです。

30年も前でしたか

ある人が「中国の最初は殷でしょう」と私に問いかけてきました。

決して私の専門分野ではありませんが、「もっと古い国である夏(か)があったようですが、遺跡として発掘され実在したとされるのは殷からでしょう」と答えております。

今回、陳舜臣の話を聞いて、

今の夏(か)はかつての殷(いん)にそっくり、と思いました。

かつて殷(いん)は、実在を疑われていましたから、たとえ夏と殷の時代が重なっていたとしても、です。

  • 夏(「か」 前2070年-前1600年)
  • 殷(「いん」前1600年-前1046年)

やがて50年~100年後には、定説として夏(「か」)が登場することでしょう。

神武天皇と同じで中国古代神話の世界ですが

史記によると、五帝とは、

①黄帝②センギョクコク尭(ギョウ) 舜(シュン)

の順らしい。

もっとも史記以外では別の五帝を主張しています。

尭の時代に王から治水を命じられ成功しなかった鯀(こん)でしたが、尭から禅譲された舜の時代になって、やはり鯀(こん)の息子の禹(う)が治水を命ぜられ、これが成功したため、舜の王は禹(う)に王位を禅譲し、禹が夏の開祖(紀元前2070年頃)となった、という美しいお話です。

あくまでも「物語」であり、神話はこのように「非のうちどころがない立派な逸話」として脚色されるものです。

この夏(「か」前2070年-前1600年頃)の頃から

中国社会は、氏族共同体から、世襲王朝時代へ移行したとされます。急激に変ったのではなく、徐々に移っていったのでしょう。

中国4000年の歴史と言うと、このように夏からの年代を含めているのでしょう。

村落共同体の時代から、富の配分に偏りが見られ始め、必然的に王位を継承するのには「世襲制が安全」と考えられるようになったのでしょう。

  • 夏(「か」    前2070頃-前1600頃)・・・・神話?
  • 殷(「いん」  前1600頃-前1046年)・・・・以降は実在
  • 周(「しゅう」前1046年-前 256年)
  • 以下略
こういう歴史を、
  1. 中国では正しく教えているのか、それとも
  2. 中国共産党に都合のいいことにしか興味がない
のでしょうか(笑)。だいたい歴代の中国王朝はそうでしたから、多分後者(2)に違いありません。

そして、こういうところに科学・学問は育ちません。たとえ「不都合であろうと、疑惑があればそれを解決する気構え」が科学・学問の世界では求められます。この意味で、中国共産党は、条件を満たしていないと断定できるでしょう。

よって優秀な中国人は
  • 国内の独裁的な中国共産党支配を嫌って、海外へ出て腕を磨くことになります。
  • 国外へ脱出した中国人をいかにして囲い込むか、これが中国共産党の大切な国策。スパイとして活用できるか、それともそっぽを向かれるか、用意周到に網をかぶせようとしています。ニンジンをぶら下げてスパイに仕立てようとするのは、楽なようで大変なのでしょう。
  • そのために中国共産党は、中国内でのひどい差別を棚の上に上げて、国外では差別が多いだろう、と持ちかけるはずです。母国恋しさを利用しない手はありません。実際は母国である中国のほうが、もっともっとひどい、みじめな状況にあろうとも・・・・・・。
  • 中国政府直轄とも言えるレノボ社〔2004年に米IBMのPC部門を買収〕製のPCが世界一の出荷数に至っているのを利用し、レノボ社製のPCが世界中から個人情報を集めようとしているとし、2006年にはいち早く世界中に警告が発せられました。いくらだましに長じた中国企業の技術といえども、幼稚ですから、すぐに見破られてしまったようです。
レノボのノートPC付属のソフトに結果が見つかったというニュースがありました〔2015/08/20 NHK〕。
  • 私など、相当前から中国共産党を疑っていましたから、もちろん中国製のPCなど買ったこともなければ使ったこともありませんが、レノボ製のPCを使っている人にご忠告を申し上げる次第です。
  • インターネット経由でアップデートするようになった昨今、レノボ製に関しては充分にご注意下さいませ。これ以上は言えませんが、絶対に謝罪することがない中国共産党である、とだけ申し上げておきます。
できれば
  • 中国製の食べ物と電子機器に関しては、利用しないほうが安全です。それでも表示義務のない加工食品のどこに中国製が紛れ込んでいるか分りませんが・・・・。
  • まともな政府が中国で樹立されるまでの、いましばらくの辛抱でございますのでお待ち下さいますよう(笑)。
一般に国外に住んでいる人は、母国がどんなにひどい国であっても、母国を支持するもの(笑)。 
  • 中国人も、韓国人も、この例に洩れません。  
  • あからさまに反日を主張しながら日本国籍を要求したり、諸外国のマネをして日本国籍をもたないまま参政権を要求する人たちがいます。 
  • しかし日本の国が崩壊するでしょうから、これを認めてはいけません。どの国でもそうですが、「その国を否定しながらその国の国籍を取得できる」なんて、あり得ませんね。 
  • 該当する皆様は、ぜひとも、ごく普通の人へ改心してから、堂々と日本国籍を取得しましょうね。
  • いや、それでも、反日のままがんばって参政権取得を目指しますか・・・・。まぁ、お幸せに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年台風15号が西表島を通過したらしい

2015年08月24日 13時29分13秒 | 科学(気象)

ここ石垣島では、昨夜21時頃から

停電したり復旧したりを繰り返していました。停電を予想していた私は日曜日の夜の早めに就寝。ものすごい風雨の音の中でした。このあともしも津波が発生していたら、わたしはもうこの世のものではなかったでしょう(笑)。

そして目覚めたのが翌日(本日)3時頃で、まだ停電中でしたので、電池式の蛍光灯をかざしてしばらく過ごしたのち、ふたたび就寝。

そして再び目覚めた6時頃まだ停電中。外へ出てみると明るくなり始めていて雨が止んでいたものの、ものすごい風が吹き荒れています。くわばらくわばら(←古い表現)とばかり、部屋に戻り、充電済みのノートPCをとりだし、メモを書き始めました。停電なのでルーターも停止し、ネットワークにつながることはありません。

そしてついに

8時過ぎから台風直後とはいえ暴風の中、石垣島内の散策に出かけました。なんとまた勇気があることか。

しかし海の近くで見られたのは、用もないのに私と同じで「念のため様子をうかがいに来た車」の列(笑)。まあこちらは写真を撮るというささやかな目的がありますが・・・・・・。

結論からいえば、

かつて台風で車が横転していたのを1回だけ見たことがありますが、石垣島在住2年半の中で、今回は最悪の被害

車の横転、上下反転は、10件以上。無残な「わ」ナンバーですが、軽量化・低燃費化ゆえの現実でしょうか。

陸にあげた船が傾いているのも3件ほど。

港に係留している船でまだロープで支えられているのになぜか傾いている船が1件〔積み荷が動いたためか?〕。

バンナ岳のスカイラインを南から北へ通過しましたが、途中で道路を防ぐ倒木があり、車の通行は不可能。私のスクータはギリギリ左端を何とか通過しました。

その他道路を小枝が埋め尽くしているのは当たり前、信号は1.5ヶ所で点灯しているのみで、730交叉点も含めすべて停止中でした。

1.5ヶ所としたのは、1ヶ所ともう一つ半分方向だけ点灯という意味。

1つは桟橋通を北から南へ降り「泰山石敢當」の三叉路を左折し、シードー線を通過後、次の交叉点で点灯していました。もうひとつは登野城漁港近くで、走っていると信号が切れているのになぜか反対側の車だけが停止していました、不思議に思い通過後ふり返ってみると信号が赤だったのです。そのご私の後ろの車は徐行しながらもちろん進行を続けていました。

停電中なのでコンビニはほとんど閉店中でしたが、10時にスーパー「サンエー」が営業していたのに驚きました。自家発電でやや照明を暗くして営業。多くの棚では品物が空っぽでした。私は「本わさび(580円:税抜き)」などだけを購入。帰宅後しばらくして11:12に停電が復旧したという次第です。

ただしテレビはBSのみ映り、地上波NHK2局はなぜか「ただいま休止中」、8chのみ視聴可能でした。12:28、14:50現在もなぜか、民放3局を除いて、NHK2局だけが映りません。

さて11:12の停電復旧のあと、こうして原稿を書いているところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年台風15号接近中

2015年08月23日 13時38分32秒 | 科学(気象)

またまたやってきた台風。確かに今年は、多いですね。

例によって気象庁のデータをGoogleEarthに書き込んでみました。

今日の12時

時速15kmで北上中とのことで、石垣島との距離は110kmほどですから、このままでいくと、20時頃に西表島~石垣島を通過する見込みです。

現在のところここ石垣市では、大雨で風も相当強くなっています。石垣市の中心地でも短い時間だけ停電になる可能性があります。

なお新しいひまわりの動画が見られます。

  • 鮮明で迫力があるものの
  • どの場所なのかがよく分らない
ようです。可視カラーを見ただけの印象ですが。

ダウンロードしてから動画(.mp4)を御覧になるのがよろしいようで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の醜聞33

2015年08月23日 12時57分26秒 | アジア

韓国人「日本はひどい」、日本人「韓国にうんざり」・・・高まる「悪しき世論」=韓国メディア

韓国メディアの中央日報は8日、日本国内の韓国に理解のある人々が「日韓政府の対立よりも、両国国民がお互いに悪い感情をもつようになることが真の日韓関係の危機だ」と見ているとし、韓国人は「日本はひどい」と考え、日本人は「韓国にはうんざりだ」という世論が高まっていると報じた。

中央日報は5日、“日韓関係の危機""の解決方法について、元朝日新聞主筆である若宮啓文氏に電話でインタビューをし、元駐韓日本大使の小倉和男氏と東京大学東洋文化研究所の真鍋祐子教授には4月17日、国際機関の日中韓三カ国協力事務局(TCS)が主催する記者団交流プログラムにて話を聞いたことを伝えた。:サーチナ 2015/5/9 13:57


私の見方は

  • この20~30年もの間、様々な原因により日本経済の停滞期間が続き、相対的に中国・韓国の経済力が伸びてきた。
  • これに乗じて中国・韓国がかなり攻撃的な「反日国是」を発案し、戦後の長きにわたって「日本から多額の援助があったこと」を言論弾圧で国民にほとんど知らせないまま、都合のいい論調だけに終始して政権を維持してきた。
  • 当初、日本では楽観的でしたが、近年になり無視することができないレベルに達したため、これに呼応して日本で「嫌中・嫌韓」意識が増え、関連図書も激増した。

というもの。したがって

日本が右傾化したのではなく、中国・韓国が右翼よりも右、甲子園球場ならば右翼アルプススタンドか、はたまた右翼場外に陣取り、よくもまぁ自分のことを棚に上げて、あれほど支離滅裂になれるものだと、人間の醜さをしみじみ感じる

しだいでおぢゃります(笑)。

これに拍車をかけるのが、日韓両国のマスメディア。

ただしこの両者、金儲け・民衆をあおる・国民の支持という点では一致するものの、その他では一致しません。国民性なのですね。

一言だけ言えるのは、

「マスメディアには注意しましょう」

「健全な批判力をもつこと」

1紙しか購読せず同じ社の系列テレビを主にみる、などは最悪で、まるでオウム真理教徒の洗脳状態です。皆様は大丈夫ですか(笑)。

さらに「嫌中・嫌韓」本が増えたことに関連して、私は次のように思っています。

  1. いままで日本人の多くは、中国や韓国の「現在」を、あまりにも知らなさすぎで、中国・韓国が暴走しているにもかかわらず、親中派と称し韓流ドラマにのめり込んでいると自認する人が多かったのです。「人は現状を知らない狭い視野で生きていると愚かになる」という見本でしょうか。もう少し視野が広ければ、違った展開があったかも知れません。
  2. しかし中国・韓国の目に余る暴走が限度を超すや、日本人の心の中に中国・韓国の過去および現在を知りたいという知識欲が芽生え、「嫌中・嫌韓」と題する本が店頭に並ぶようになりました。ブームにのって売るためには「刺激的な題名にするのが最良なのでしょう。
  3. しかしながら、言論を封殺している中国・韓国としては、事実を知られるとまずいので、この日本での事情を隠したまま、「過激な題名」だけを攻撃し、日本が右傾化した、とでっち上げました。まぁでっち上げ・歴史の書き換えは、中国・韓国の得意とするところで、客観性〔ゃっかんせい〕の「」さえ見られません(笑)。
  4. 日本で親中派や新韓派が多かったのに、なぜ急に「嫌中・嫌韓」が増えたかについて、中国・韓国は詳細な事実を伝える必要があるでしょう。自分の責任を棚に上げて日本を分析していると、従来通りのピントはずれの論調しか生みません。このような本をきっかけにして、まともな歴史を知りたいという日本人が増えている、という面に焦点をあてるべきだと思いますが、むりかな?
  5. なぜ「むりかな?」としたかと言えば、中国や韓国が「言論を封殺し、自由に発言し著作できる環境に至っていない」ことが深刻な障害になっているからです。今まで通りの言論弾圧で、都合のいい論調しか認めない社会ならば、残念ながら、「正しく日本を見つめる必要がない社会」を続けることになり、また「正しく日本を見つめることは無理」でしょう、という意味です。
  6. まとめると、中国・韓国では、言論を封殺できるからこそ、日本人が本当の中国・韓国の姿を知りたいという知識欲を「右傾化したと危険視」できるのです。もっと自由に発言できる時代になれば、そうとう変ってくるはずです。

もともと

中国・韓国が国内政治経済の運営に失敗し国民の目をそらせる意味で外国とくに日本に向けて「反日」国是なるものを発明し、これに反する意見を封殺なんとか政権維持をはかってきた

こういう構図を、私たちは知っておかねばなりません。

自国内で、ありのままの日本を理解しようとする意見を許さない、こういう中国・韓国の社会制度に、より深刻な問題がある

と言えます。

記事では、

日本経済の停滞からおこった自信喪失をナショナリズムで突破しようとしている、というのですが、私の見方は違っています。

自信喪失はあったのでしょうが、それが直接の原因ではなく、それにつけ込んで「言論弾圧」の下で政権維持をはかった中国・韓国にこそ、日中関係・日韓関係を最悪に至らせた責任がある、と思うのです。

韓国メディアから意見を求められたようですが

韓国人が自分に不利なコメントを出しそうな人にインタビューすることなど考えられませんし、コメントを求められた人としても、韓国に不利なコメントだけだと取りあげられない恐れがあるため、手心を加えたコメントになっていることは知っておかねばならないでしょう

自民党が呼んだ3人ともが「憲法違反」という事態などは、中国や韓国では決してあり得ません。日本に関係する/なしにかかわらず、何かにヨイショ・洗脳の蔓延社会ですから(笑)。

自民党が呼んだ3人とも「憲法違反」・・・・

東京湾は濁っているのに自民党に透明性があるか(笑)。

沖縄の翁長が・・・・

第三者集団とは言えない瑕疵(かし)のあるヨイショ集団に、埋立て承認に関する法的「瑕疵(かし)」を認めさせたことには、沖縄の海のような透明性が見られません(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアの醜聞 08

2015年08月22日 05時14分23秒 | アジア

似ていますね。

  • ロシアがウクライナ領クリミア半島を相手の国の意向など関係なく自分勝手に武力併合した違法なやり口
  • 中国が南沙諸島などで相手の国の意向など関係なく自分勝手に埋立てる違法なやり口

とにかく、自分に利ありと考え、相手に隙(すき)がある地域を見つけたら、その地の主権がどこにあろうとも、そこを所有したいという欲望にかまけて、なんだかんだと口実をもうけ、「そうだ、侵略し領土拡張が可能だ」と判断する独善性が芽生えるところなど、いかにも共産主義国家らしく、実に恐ろしい。

ロシアや中国が独裁の共産主義国家ではないと信じているかたがいたら、はい、お疲れさま(笑)。


 南京条約で中国は、5つの港を外国貿易用に開いたが、中国全域の港の開放を求めていた英国にとっては不満であった。一方、フランスも宣教師殺害事件で中国と交渉中であったが、1856年、英国国旗を掲げたアロー号が清国官憲によって臨検され、同船乗り組みの中国人船員が海賊容疑で逮捕されたことから、英仏両国は1857年に共同出兵した。 

英軍は艦隊170隻、兵員1万8000名を、仏軍は艦隊33隻、兵員6300名を送り込み、両国は広東、天津を陥れて清との間に天津条約(1858年)を結んだ。 

英仏両軍は1860年10月、北京西北郊外に進軍し、清の離宮である「円明園」を略奪した上、焼き払ってしまったが、この庭園と大宮殿は、雍正帝や乾隆帝の代にヴェルサイユ宮殿を模して造営されたものであった。略奪の主役はフランス軍で、放火の主役は英国軍であったと言われているが、貴重な文化財を破壊された上、つづいて締結された北京条約で、清は香港対岸の九龍(クーロン)半島も奪われてしまった。 

しかも英仏両国と清の間に立って仲裁役を演じたロシア帝国は、仲裁料として現在の極東沿海州部分を清からもぎ取っていった。ロシアの所行は火事場泥棒というよりは強盗行為に等しいが、ロシア人はそうした略奪の地に現在も住み、なんら良心に痛痒(つうよう)を感じていないのは、満州民族国家が滅びてしまったからであろう。

:P.248 杉山徹宗「真実の中国4000年史」祥伝社文庫 


英仏のあくどい侵略行為とともに、清朝末期のどさくさに紛れて行なった

ロシアの所行(しょぎょう)は火事場泥棒というよりは強盗行為に等しい

という杉山の主張通り

その後もロシアには「どさくさに紛れて何をするか分らない」という独善性の印象が定着してきました。何をするか分らない国家には普段から警戒感をもち続けなければならない、という意味ですね。

あの中国でさえ大きい不信感をもつほどひどい独善性がロシアにあるとは、世の中には、上には上があるもの(笑)。

ただし念のために言っておけば

だからといって中国の所行に不信感がない、とは言えず、むしろロシアと中国という地域には、共産主義国家となる以前から、視野狭窄(しやきょうさく)・視野欠損(しやけっそん)の症状が備わっていたと主張するのに、私は躊躇しません。

独善性は、独善性を大いに嫌うものです。いまのままだと、中露の対立は永遠に続くことでしょう。ただしそこが元共産主義(社会主義)国家同士の天童よしみで、見かけ上の接近は欠かせませんが・・・・ 「さて、さて、あ、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ

そして

「他の国も自分の利益しか考えない」という定番の反論に対しては、「中国・ロシアの場合、その度合いが大きすぎ、期間も長すぎる」としておきます。 

北朝鮮(労働党)や中国(共産党)やロシアは、かつてあれほどの友好関係をもっていたのに、残念ながら見せかけの笑顔に過ぎなかったようです。これらの為政者の間で利害が一致することなど、まずあり得ないのでしょう。

一言でいえば、自分を鏡にうつすという習慣がない、一途さでした。

中国・北朝鮮・ロシアほど「独裁・弾圧」という言葉がふさわしい地域は、アフリカ諸国を除いてほかに見られません。

鏡よ鏡、世の中で一番立派な国はどこ?

もちろん、お前の国だよ! (大笑)。


ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争 

9月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合を開催したロシア極東のウラジオストクは、2年前の2010年、市の創設150周年を盛大に祝った。

ウラジオストクはもともと中国領で、1860年の北京条約によりロシア領に移管。帝政ロシアはこの天然の良港に、「極東を制圧せよ」を意味するウラジオストクという名前を付けた。

だが、中国の新しい歴史教科書には、「極東の中国領150万平方キロが、不平等条約によって帝政ロシアに奪われた」との記述が登場した。

中国はある日突然、ウラジオストクを「中国固有の領土」として返還を要求しかねない。中露間で歴史的なパワーシフトが進む中、ロシアにとって、尖閣問題は他人事ではない。時事 


記事に日付がありませんが、ウラジオストックで9月にAPEC首脳会議があると記述されていることから、記事の日付を 2012年8月としておきます。

しかし考えてみれば、

たしかにロシアが清から「どさくさに紛れて奪い取った」と言えますが、ではその清がどこから「どさくさに紛れて奪い取った」か、となると、もう泥仕合ですね。

こんな中国やロシアが、次のようなレベルに達するのは、いつのことでしょうね(笑)。 

(みの)るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂(いなほ)かな

ある辞書では、次のように記しています。

実るほど 頭の下がる 稲穂かな

:広辞苑第六版

これらは、次と同義ですね。 

育つほど 土に手をつく 柳かな

:一龍斎貞山「赤穂浪士の勢揃いから討ち入り」 NHK日本の話芸(講談)2012/12/15 04:30

私も一句できました。

  • 育つほど ふんぞり返る 中露朝 〔はと〕
  • 育つほど 眺めよくなり よく転び〔はと〕
大きく成長するにしたがって先々のことを考えるようになり、背が伸びて眺望はよくなりますが、だんだん足元が見えなくなり転び易くなるものです。

着眼大局、着手小局」とはよく言ったものです。全体を見渡しながらも一歩ずつ確かな歩みを続けなければならないのですね。尤も「独善的」な着眼ではいけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加