屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

ダイナブックを無線ランで接続

2007年02月28日 | 日常


東芝に息子が勤めていることもあって、二台目のPCはダイナブックを選んだ。

昔、最初に買ったワープロは東芝のルポ、液晶画面によくないと思って禁煙もした。
そして昭和64年、初代のダイナブックを大金(会社から借金)をはたいて購入、
表計算ソフト(ロータス123)を合わせると30万円位だったと思う。
そのお蔭でいままで何日もかけてきた原価計算や本社利息計算がわずか二日ばかりで完了・・
あらためて表計算ソフトの魔法のごとき性能に感動したことはいまだに忘れられない。
しかし、会社標準の表計算ソフトが123からエクセルに変わったことは愛着があっただけに残念であった。


さっそく、無線ランでダイナブックを接続した。
これでわたしも妻もパソコンの順番待ちをしなくて済む。
画像データ満載の「屯田物語」もストレスなく開けるから満足である。

 デスクトップ   Dell Dimension 8300
 ダイナブック  東芝 CX/855LS
 無線ランルータ Buffalo Airstaion


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春の走り 神楽岡

2007年02月28日 | 日常
旭川へきたときは、必ず神楽岡にくる。
ここに幼いときの思い出がたくさんつまっているからだ。
まだ雪に埋れているが、いつのまにか冬は通り過ぎて”春の走り”の風景となっていた。



面影 ←(昨年のブログ) という歌が好きで、「恵比す」で唄ってきた。

北国の春浅い川岸
涙をこらえ ちぎれた雲を
じっとみていたあの娘よ
おくれ髪がおくれ髪が風にふかれ
白いうなじがふるえてた
・・




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

”藤乃家”のスープカリー

2007年02月27日 | 日常


”藤乃家”のチキン野菜カリー
店内はすっかり南の島の楽園。
ちょっと警戒?して辛さの度合いは下からニ番目としたが、これでもかなり辛く感じる。
スパイスが効いて、じわっと額から汗・・
でも、肉はとても柔らかく、野菜は大ぶりで豪快である。



珈琲も旨かったので、もう一度来てみたいお店だね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスローズ

2007年02月26日 | 日常
旭川のホテルから、
まだ約束の時間まで少しあるので。。
雪は少ないけど、歩道はがりがりに凍結している。
友人のPCがネットに接続するとかなり重くなるという、
そこでお宅に伺ってディスククリーンをおこなったら結構回復した。
その代わり、旨い珈琲を飲ませてもらったので満足である。

百合が原公園のクリスマスローズ・・
ヘレボレスニゲル



名前がわからない・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春浅い川岸

2007年02月25日 | 日常
きのうから旭川にきているが、
やはり雪が少なくて驚いた、義父は四年前の3月末に亡くなっているが、
そのときと街の風景はかわらないように見える。
いつもの年よりひと月だけ季節の進みがはやくなってきている。
雨竜の道の駅で丸々とした猫柳もみかけた。

明日は同期の友人たちと 恵比す で飲む・・
旭川では忘年会以来なので楽しみである。



豊平川の雪景色だけをみると真冬のようであるが、
雪の質感はもう春の雪、これは北国に住むものしかわからない感覚かもしれない。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

北国の暮れなずむ里

2007年02月24日 | 日常
”隠し剣 鬼の爪”を観た。
下級武士の哀歓を美しい映像でしっとりと描いている。
山形庄内地方の風景が美しい・・あれは鳥海山であろうか。
鬼の爪の正体がわかったときは痛快であった。
”たそがれ清兵衛””武士の一分”いずれも海坂藩を舞台にした名作となった。
”蝉しぐれ”も山田洋次監督で撮ってほしかったと思う。



定山渓大橋の”緑の少女”
暮れ行く北の空は、もう春の匂いが・・

幼馴染 ←クリック  でそのときの情景を詠んでいます。



道路は今朝からの雪が少し残っているだけ・・
両側は堆く雪が積もっているが、これから急速に雪解けが進んでいくだろう。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓大橋の”緑の女神”

2007年02月23日 | 日常


河童のモニュメントはともかく、”緑の女神”像はとても溌剌として素晴らしいと思った。
薄く雪のベールをまとった姿は春浅い定山渓の景色に溶け込んでいる。

ここは定山渓大橋・・
まだ雪は深いが、その橋を渡ったときのことを俳句で詠んでいる。 
わたしの俳句ブログ 幼馴染 ←クリック  をご覧下さい。

もう、すっかり日が落ちたから、ほんとうに帰らないとね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓の河童群像

2007年02月22日 | 日常


↑”旅館章月”の前、手湯にある河童・・

定山渓温泉には河童伝説があって、ユニークな河童モニュメントがたくさんいてるので、
興味のあるかたは、この カッパ群像 を理屈ぬきで眺めてみるのも面白いかも。
雪のなかでみるとちょっと雰囲気が違うものだね。

↓湯に浸かっている、これはオス河童・・



足つぼの湯があるところ・・
↓思わず笑いかけたくなるとぼけた表情がいい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓の日暮れ

2007年02月21日 | 日常


かなりの雪が降っているなか定山渓の町を歩いてきた。
しかし、豊平川の橋をひとつ間違ってしまったので、一時間以上もさまよってしまった。
これで吹雪なら、死の彷徨?になったかもね。

定山渓温泉には河童伝説があって、まちのあちこちに河童が出没している。
まずは橋のところで踊っていたのを見っけたっと・・



少し寒くなってきたし、お腹も空いたので早くホテルへ帰ろう。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪見の朝風呂

2007年02月20日 | 日常
定山渓にいます。
しんしん豊平川の源流に雪の舞う静かな朝・・・
ひらひらした雪片が湯煙のさきで溶けてしまうから、お湯のところまで落ちてきませんね。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加