屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

赤レンガ前の池が凍る

2007年12月29日 | 日常


道庁前の池が半分ばかり凍って、
鴨の群はいくらか窮屈そう、このまま全面凍てついてしまったら、
餌はどうするのだろうかと心配する。

ウトナイ湖の渡りをしない白鳥 の場合、
ネーチャーセンターでは自然のままに見守るというスタンスなので、
これが道庁の鴨であっても、餌までの面倒はみないだろうね。



コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

タクシー・ドライバー

2007年12月27日 | 映画
ニューヨークの夜を走るベトナム帰りのタクシードライバーの狂気と混乱を描き出した作品。
社会に対する異常な潔癖さが殺意を生む・・


ロバート・デ・ニーロの偏執的な表情は不気味であるが、
彼をヒーロー扱いしたラストのラストはいただけない。
アメリカ映画の正義?とはなんだ。

年の瀬は映画漬けの毎日である。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2007年12月25日 | 日常
今週のNHK俳句王国から・・

十坪の箸屋にぎはふ師走かな  神野 紗希

淡々として、いかにも古きよき俳句らしい表現だと思う。
このような句を詠めればと思うのだが、
なにか理屈っぽいというか、感性のない自分の頭の硬さはどうしょうもない。

彼女は若い俳人だが、夏にはこんな透明感のある句も詠んでいた。

青葉騒柱時計のなかは闇   神野 紗希

百合が原公園、今は赤い実だけ・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

メリー・クリスマス

2007年12月24日 | 日常
粉雪がまっているけど、
いつのまにか今年も穏やかなクリスマスイヴ、
今夜は真っ赤なポインセチアがお似合いかな。



12月25日をもって、フォトアルバム(同期会の写真など掲載)を閉じることにいたしました。
いままでのご愛顧ありがとうございます。


これ、トナカイの橇あと?かと。





コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

おひとりさまの老後

2007年12月22日 | 
上野千鶴子の「おひとりさまの老後」

結婚していようがいまいが、だれでも最後はひとり。
「これで安心して死ねる」
いよいよのときを選ぶことはできないが、
それまでの生きるだけは楽しくありたいものである。

女性のための”老いたる道”の指針であるが、
まあ、歳をとれば男でもさしてかわるまい。

露出補正をマイナスにしたせいか、
ちょっと暗いが、こんなふうに撮ってみたいときもあるんだし。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

人生という名の列車

2007年12月20日 | 日常
馬場俊英のアルバム「人生という名の列車」を購入
今更、人生のスターラインにたつ若さも謙虚さもないが、彼の歌に懐かしさを感じたから。
やわらかな歌声とひたむきさ、これがいいのだと思う。

スタートライン~新しい風
もうダメさこれ以上前に進めない
そんな日が誰にだってある
・・・
くじけそうな時こそ遠くをみるんだよ
見えないこのスタートからまたここから
・・・

紅白歌合戦では、この歌を歌うとのこと。

百合が原公園のシクラメン



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

新日曜美術館

2007年12月19日 | 日常
12月16日の「新日曜美術館」は”こんぴらさんの美をさぐる”
応挙の障壁画や201の草花が空間を埋め尽くす若冲の「花丸図」は息を呑む美しさであった。

わたしは美術家田窪恭治の椿群像にひきつけられた。
藪椿を描いた何十枚ものタイルを焼き付ける。
ポルトガルのタイル絵アズレージョの日本版といったらよいのか。
そのタイル絵を壁一面に組み合わせると、壮大な藪椿の群生が出現したのである。
青一色で描く優美で力強い世界であった。



”こんぴらさんの藪椿”には及ぶべくもないが、百合が原の椿の花三態である。






コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

仏手柑

2007年12月18日 | 日常
もう三日ばかり、外出していない。
このまま、こもりきりになって、根っこがはえてくるかもしれない。

 冬ごもり幼馴染の通りゃんせ
   行きはよいよい帰りはこわい


幼馴染 は延べ2万人の訪問者がありました。
有難いことです。




いつの間にか、冬ごもり中の蜜柑畑に紛れ込んでしまった。
まるで大仏さまの御手のような仏手柑、
インド原産の柑橘で、輪切りにして紅茶にいれるのがお薦めとか。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

情熱大陸

2007年12月17日 | 日常
やっと冬らしくなってきて、
今朝も駐車場に除雪車がはいったから、
今冬は一昨日に続いて二回目である。
除雪費用はあらかじめ年間定額契約なので、
損得?だけ考えたら除雪回数は多いほうが儲かる。(これ冗談だよ)

細かい雪が降りしきって、藻岩山の方は何も見えない。

先ほど、”情熱大陸”をみていた。
将棋のプロの凄まじい集中力に圧倒される。
しばらく将棋から遠ざかっているが、こういう番組をみるとまた指したくなってくるね。
アハハ、もうかなり棋力は落ちているだろうけど。。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトクリスマス

2007年12月16日 | 日常


”ホワイトイルミネーション”の散歩はこれでおわり、
クリスマスまでもうすぐだね。

イヴには英語で諳んじている唯一の歌、 
”ホワイトクリスマス” これをみんなで歌いたいものである。
「いつまでも平和であることを祈って!」

I'm dreaming of a white Christmas
Just like the ones I used to know
Where the treetops glisten and children listen
To hear sleigh bells in the snow



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加