フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

ウォルサム(waltham)クリーニング

2017-05-15 18:59:08 | 腕時計

水に浸けてしまった、ウォルサムのクリーニング

 誤って水に浸けてしまった、ウォルサムの分解掃除を依頼されました。すぐに取り出して水分を拭き取ったそうなのですが、風防の内側には水滴が付いてしまったようです。

 稼働していたので、錆などはまだ出ていなようです。裏蓋を開けます。

 裏蓋には、幅のあるパッキンが付いていました。ムーブメントもキレイな状態です。

 リュウズを抜いて、ムーブメントを取り出します。リュウズには、パッキン(Oリング)が付いていなかったので、ここから水が入ったようです。もうすっかり乾いていたのですが、風防を拭いて、ブロワ―でかけました。

 

 文字盤の周囲に腐蝕があったので拭き取って、秒針の先端の赤い塗装剥げていたので、メタルカラーのアンバーで塗りなおしました。

 パッキンにシリコングリスを塗って、蓋閉じ器ではめ込みます。

 終了です。針と時刻の目盛りに夜光塗料が塗られていましたが、汚れていて劣化していました。一応クリーナーて拭ってみたのですが、腐蝕していてキレイにはなりません。文字盤も汚れがあったのですが、あまり強く拭うとムラが出てしまうので、これで好とします。

 

~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 取手市藤代庁舎前でフリマ | トップ | 藤代フリマ(報告)リフレッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腕時計」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。