独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

『ダメおやじ』と高度経済成長期の狂気――古谷三敏インタビュー【あのサラリーマン漫画をもう一度】

2017年04月30日 | 日記
『ダメおやじ』と高度経済成長期の狂気――古谷三敏インタビュー【あのサラリーマン漫画をもう一度】
HARBOR BUSINESS Online 4/30(日) 16:20配信

『ダメおやじ』と高度経済成長期の狂気――古谷三敏インタビュー【あのサラリーマン漫画をもう一度】
「BARレモンハート」でインタビューに答える古谷先生
 忘れられないあの漫画。そこに描かれたサラリーマンは、我々に何を残してくれたのか。「働き方改革」が問われる今だからこそ、過去のサラリーマン像をもう一度見つめなおして、何かを学び取りたい。現役サラリーマンにして、週刊SPA!でサラリーマン漫画時評を連載中のライター・真実一郎氏が、サラリーマン漫画の作者に当時の連載秘話を聞く連載企画。

 第3回目に取り上げるのは、1970年代に社会現象にまでなった過激な少年漫画『ダメおやじ』。家庭でも会社でもサディスティックに虐待される史上最弱のダメ人間は、当時の子供たちに強烈なトラウマを残し、日本人のサラリーマン観に大きな影響を及ぼした。

 著者である古谷三敏先生は、1936年生まれの戦中派。焼け跡から高度経済成長期とバブルを経て現在に至る日本の盛衰を、漫画を通して見つめ続けてきた一人だ。そんな古谷先生に、『ダメおやじ』から『BARレモンハート』に至る創作の裏話を、お孫さんがバーテンダーとして腕を振るう「BARレモンハート」で伺った。

◆『ダメおやじ』がいきなり少年サンデーの人気トップに

――僕は子供の頃に『ダメおやじ』を読んで、会社ってこういうシビアな場所なんだなって思ってました。「サラリーマン=ダメおやじ」というイメージだったんです。

古谷:「地震・雷・火事・おやじ」という言葉があったけれど、当時はおやじの権威がまだ残っていて、でもそれが失墜しはじめているかも、というのは何となく感じていたんです。だから、家の中で子供にまでバカにされるお父さんの漫画を描こうと思った。最初は家庭漫画として考えたけど、副編集長から「どうせなら会社でもいじめられることにしたら」というアドバイスをもらって、それは面白いということで、主人公をサラリーマンにしたんです。僕はサラリーマンの経験は無かったけれど、当時はお父さんの50%以上はサラリーマンでしたからね。

――サラリーマンが主人公の少年漫画って、当時としてはかなり珍しいですよね。

古谷:少年雑誌だから、主人公を大人にするのはどうなのか、とは思いました。みんな子どもが主人公だったから。でも、もともと赤塚不二夫先生と違う漫画を描かなきゃいけないというのがあったから。先生は少年漫画で明るい笑いだから、僕はダークな感じの笑いを目指した。感覚的にも江戸川乱歩とか怪奇小説を読むのがすごく好きだったし。先生よりちょっと大人っぽい漫画を描けば違う方向に行けるのでは、と意図的に考えてましたね。

――結果的に大成功して、社会現象みたいになりましたよね。

古谷:権威だったはずのおやじが子供にバカにされる、というのがウケたんですよね。子供はそれを見てゾクゾクしたらしくて。特に女の子から「いじめたりない!」という手紙がたくさん来た(笑)。たった5ページで始まった漫画なのに、あれよあれよという間に少年サンデーの人気投票でトップになっちゃった。当時の渡辺静夫編集長が「はっきりいって古谷さん、僕はこの漫画嫌いです」と言われたけど、人気があるからしょうがない、やめるわけにはいかない、ということになった。

――連載を始めてからどれくらいで人気トップになったんですか?

古谷:すぐですよ。1970年10月に、ひっそりと後ろのほうで目立たない感じで連載が始まったのに、初回から人気がいきなり3位。本当は全8回で年内に終わる予定だったのが、これは凄いということで増ページして。翌年にいろんな人の新連載が次から次へと始まるんだけど、『男どアホウ甲子園』を連載していた水島新司さんとエレベーターで会った時に「古谷さん聞いた?たくさん連載始まったのに、古谷さんと俺のが1位、2位だよ」って言われて。それで「あ、この漫画はウケるな」っていう感触を感じたんですよね。最終的に13ページになって、扉がついたり巻頭カラーになったりした。

――『ダメおやじ』の初期は、赤塚不二夫先生も手伝ってくれていたという話ですよね。

古谷:そうです。当時僕はフジオプロにいて、赤塚先生のゴーストというかブレーンをやっていたわけです。『おそ松くん』とか『もーれつア太郎』とか『天才バカボン』とか、全部の連載のアイディアを僕が出していたんですよね。先生の横にいて、とりとめもない話をしながら作り上げていく。僕は『ダメおやじ』一本しか連載がないけど、先生は10本くらいあったから、「ダメおやじを早く終わらせて俺の漫画を手伝え」っていうことで、『ダメおやじ』を手伝ってくれたんです。

――そういうことだったんですね。

古谷:はじめの10本くらいは先生がネームを入れてくれました。絵は僕が描いたけど、話はバーっと作ってくれた。ほかのアシスタントからは「古谷さんの漫画なのに、なんとも思わないのか」と言われたりしたけど、なんたってギャグの王様がネームを入れてくれるんだから、こんなにありがたいことはないと思って(笑)。『ダメおやじ』が最初からウケた原因は、それもあったと思う。先生はページをめくるリズムが飛びぬけて上手かったので。

――では、頭を釘で打つとか眼球が飛び出るといった残酷な虐待描写も、赤塚先生が考えていたんですか?

古谷:あれは僕ですね(笑)。どんなに死にそうになっても次の日に元気になっている、これはそういう芝居だと勝手に決めちゃっていた。でも、足を縛って天井から逆さに吊るして目に鍵をかける、というのは赤塚先生が考えた(笑)。そんなこと、普通は思いつかないですよね。

◆映画版のオニババ役は和田アキ子になるはずだった?

――ダメおやじのモデルになる人物っていたんですか?

古谷:最初はいたんですよ。フジオプロのみんなで酒を飲みに行ってお金を払うときに、いつもちょうどトイレに入ったり眠っていたりして払わない人がいた。「あいつって汚いよな」という話になって、じゃあこれからあいつのことを「およばれおじさん」って言おうと赤塚先生が言って(笑)。スタッフの中で重要な人だったから、面と向かっては言えなかったんだけど。その人がもとになって、そういうせこいやつを主人公にしようということになった。

――そもそも『ダメおやじ』っていうタイトルが強烈ですが、どうやって思いついたんですか?

古谷:タイトルは自然に出ちゃった感じですね。違うタイトルにしていたら、もう少し企業とかの宣伝に使われたんだろうけど、『ダメおやじ』だとねえ。みんなパチンコのコラボですごく稼いでいたので、僕も「なんとか使ってよ」と言ったんだけど、「タイトルがねえ、球が出ない感じがして無理なんですよ」と言われた(笑)。

――「ダメおやじ」とか「オニババ」は、当時の流行語みたいにもなりましたよね。オニババがとにかく怖かったです。

古谷:大人にとっては、かなりショックなテーマだったかもしれないですね。僕と永井豪さんの『ハレンチ学園』が同時期にPTAでやり玉にあがって、PTAのおばさんたちと対決するという事件があったんだけど、永井さんが逃げたので(笑)、僕だけが10人くらいの女性に「なんで女の人をこれだけ嫌な風に描くんですか!」と言われて。でも、彼女たちもちゃんと読んでないんですよね。だから「よくみてください。確かに主人をいじめたり殴ったりしてるけど、女としてやることはちゃんとやってます、洗濯も掃除もご飯も。ただ給料が少ないから、怒ってるだけなんです」と逆切れっぽく言って黙らせた。

――アニメ化もされましたが、意外と長くは続いてないんですよね。

古谷:あの頃は、なんでもかんでもちょっと人気が出るとアニメにしてたんだよね。でも、アニメが終わると同時に漫画も終わる、というジレンマもあった。アニメにされてもそんなにお金にもならないし、ヒットしないで消えた漫画もずいぶんあるので、結構怖かったんですよね。それに僕の漫画は紙でやってるからいいけど、あれが動くとなると、自分でも恐ろしいなって。本当に悪い漫画を描いてるな、子供に見せられないなという感覚があったから、2クールやった時点で、もういいですやめましょう、と言ったんです。

――三波伸介さん主演で映画化もされましたが、先生は深く関わっていたんですか?

古谷:映画はね、すごいモメたっていうかね。監督が野村芳太郎先生ですよ、すごいよね。脚本がジェームス三木さんだし。作る前から松竹に子供たちから電話がたくさんあって、期待はされていたんですけどね……。

――でも完成した映画は完全に大人向けのサラリーマン映画になっちゃっていたという。

古谷:あれはもうちょっと気楽に作ればよかったのに、さすが野村芳太郎先生という映画になっちゃった。だから思ったほどヒットしなくて、一本で終わった。松竹としてはお金をかけて、いいスタッフで作ったけど。僕はまずキャスティングが良くないと思った。もともとオニババは和田アキ子さんに、ダメおやじはせんだみつおさんにしたいと言ったんだけど(笑)。和田さんにはイメージが悪くなるからという理由で断られたらしい。さもありなんだよね。

――和田アキ子さん版、見てみたかったです!

古谷:オニババ役になった倍賞美津子さんは、アントニオ猪木さんと結婚しているときだったからいいんじゃないかといわれたけど、どんどん真面目な感じの映画になっていったんだよね。洗濯機の中にダメおやじを入れてグルグル回すシーンをどう描こうかと野村芳太郎先生が悩んでいましたよ。

――残酷描写は、あくまで夢の中でちょっと出てくるだけなんですよね。

(次回に続く)

<文/真実一郎>

【古谷三敏】

1936年、旧満州生まれ。漫画家。終戦とともに茨城県に移る。’55年、少女マンガ『みかんの花さく丘』でデビュー。手塚治虫、赤塚不二夫のアシスタントを経て『ダメおやじ』を発表。現在、「漫画アクション」誌上にて『BARレモン・ハート』を連載中

この記事をはてなブックマークに追加

他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬと大前研一

2017年04月30日 | 日記


他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬと大前研一
NEWS ポストセブン 4/30(日) 7:00配信

他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬと大前研一
韓国製品は技術やデザインの模倣が多い EPA=時事
 韓国経済はかつて、「日本を追い抜く」「世界を牽引する」と喧伝された。それが今、苦境に喘いでいる。なぜ韓国は、経済の面で先進国になりきれないのか? 大前研一氏が解説する。

 * * *
 一般的に1人あたりGDPが2万ドルを超えると中進国、3万ドルを超えると先進国とされる。だが、3万ドル経済に向かおうとする中進国は、しばしば為替や労働コストが高くなって競争力を失い、3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。これが「中進国のジレンマ」だ。

 韓国経済も、調子が良くなるとウォンや労働コストが高くなり、そのたびに競争力を失って落ちるという悪循環に陥っている。韓国が「中進国のジレンマ」から抜け出せない最大の理由は、イノベーションがないことだ。

 では今後、韓国は何らかのイノベーションによって「中進国のジレンマ」から抜け出せる日が来るのだろうか?

 残念ながら、当面は難しいだろう。なぜなら、戦後日本は財閥解体で従来の秩序が崩壊して経済にダイナミズムが生まれたが、韓国は未だに財閥支配で縦方向の秩序が固まっているからだ。

 その秩序を壊してイノベーションを起こすためには、松下幸之助氏や本田宗一郎氏のような学歴がなくてもアンビション(野望)のある起業家が必要となる。
 
 しかし、韓国は極端な学歴社会だから、アンビションを持っている人でも、いったん受験戦争に負けたら這い上がることが難しい。つまり、イノベーションが起こりにくい硬直した社会構造なのである。

 また、受験戦争に勝って財閥企業に入った人たちも、ファミリー企業なので出世に「ガラスの天井」があるし、近年は45歳くらいでリストラされるケースも多く、すんなり定年までエリートの道を歩むことが難しくなってモチベーションが低下している。どこをどう切っても、反転できる要素が見当たらないのだ。

 韓国の根本的な問題も指摘しておかねばならない。それは自分たちの問題を何でもかんでも日本のせいにする、ということだ。日本が高度成長した時に我々は朝鮮戦争で発展が遅れてしまった。その原因は日本の植民地支配だ。そういう“エクスキューズ(言い訳)文化”だから、自分たちも努力すれば日本に追いつき、追い越すことができるという発想が生まれにくい。ここが同じく日本の植民地だった台湾との大きな違いである。

 台湾の場合は“ノーエクスキューズ文化”である。私は韓国にも台湾にも200回以上行っているが、台湾で日本の植民地支配のせいで発展が遅れた、などと言う人には会ったことがない。それどころか、台湾の人たちの大半は、日本のおかげでここまで成長できた、と感謝している。

 そういう姿勢で素直に日本に学んできたから、サムスンをはじめとする韓国企業が壁にぶち当たって突破できないでいる一方で、鴻海精密工業や半導体受託生産企業のTSMC(台湾積体電路製造)、「格安スマホの仕掛け人」と言われる半導体メーカーのメディアテックといった台湾企業はますます世界を目指して成長し、新しい企業も続々と誕生している。

 韓国は日本をエクスキューズに使っている限り、前に進めないと思う。自分の中に成長できない理由を見つけ、それを乗り越える努力をしなければ、「中進国のジレンマ」から抜け出して先進国になることはできない、と思い知るべきである。

この記事をはてなブックマークに追加

講演料は4500万円=オバマ氏の高額報酬が波紋―米

2017年04月29日 | 政治社会問題
講演料は4500万円=オバマ氏の高額報酬が波紋―米
時事通信 4/29(土) 14:42配信

 【ワシントン時事】オバマ前米大統領が9月に予定しているニューヨーク・ウォール街での講演が波紋を広げている。

 報酬が40万ドル(約4500万円)に上り、ウォール街を「太った猫」と批判してきた大統領時代のイメージと懸け離れているためだ。

 米メディアによると、オバマ氏が出席するのは投資銀行キャンター・フィッツジェラルドが主催する医療関係の会議。昼食会で基調講演を行う。40万ドルは高額の講演料を批判されたクリントン元国務長官の約2倍で、大統領の年間の給料とほぼ同額だ。

 これに対し、ワシントン・ポスト紙は「民主党のウォール街批判は見せ掛けだと思われる危険がある」と指摘。同党リベラル派のウォーレン上院議員は「困惑している」と漏らし、サンダース上院議員も「人々がウォール街に不満を募らせている時に残念だ」と語った。

 トランプ大統領も28日、自身は庶民の味方だと言わんばかりに、民主党内の動揺を伝えるニュース記事をツイッターでリツイート。米メディアの間では、オバマ氏は契約再考を余儀なくされるかもしれないという見方も出ている。 


かりん糖、、、、無能オバマ

リベラルなどというのが世界に戦争を招く。

無能と観葉が混同されている、、馬ヵだらけなので、、、、

TRUMPの不法移民排除も<<不法=イリーガル=犯罪者を掃除>>だがクソマスゴミ共が、すべての移民の脅威と煽る。

自国第一主義など<<当たり前>>

自分の国民を幸福にできない=全てはグローバル企業の悪行。

銭儲けの企業は国など無関係なのだ。


こういうことに漸く気がついた民衆だ。


ネット時代に愚民誘導は通用しない!!!!!


よほどの馬ヵ出ない限り騙されない。



この記事をはてなブックマークに追加

馬鹿なのでカワサキバイク、、ガソリンタンクからのガソリン漏れ多発する欠陥

2017年04月29日 | モーターサイクルメーカーなど


馬鹿なのでカワサキバイク、、ガソリンタンクからのガソリン漏れ多発する欠陥


疲れるわ、、、、カワサキ、、、、、最早、諦め怒りはない、、慣れた。


だいたいガソリンタンクのガソリン漏れなど日本在住で未経験だ。信じられない経験だったフィリピン低能アジア二ホン車糞。


最早成れた。

処理

1,ガソリンを抜く、、コックなど外す

2,洗剤で内部を洗浄

3,マシんしョップでアセチレン溶接


以上ソリューション

最早、何台もやってるので慣れた、、全てカワサキの馬鹿なのだ。



ホンダはカワサキより酷いが<<カワサキが、馬鹿なので、そこらじゅうに問題が出る>>地獄
ホンダは3台あったが、あまりに酷いのですべて売却処分した。

地獄ホンダはエンジンから電装、FRAMEなど全て最悪で壊れまくり修理連続と成る!!!!!

そこでカワサキを導入した訳だが、、、殆どがカワサキでヤマハが少し有る。

バアカワサキは、ガソリンタンクの鉄板が薄く、、、無駄にデカイ、、、本当に馬鹿なのだ。

アジアカワサキ=バラコBC175

地獄のホンダや優秀なヤマハなど、こんなことはない。

ガソリンタンクの内側=FRAME取り付け側、、、様々な溶接箇所から、必ずガソリンが滲んでくる=非常に危険。

すべての車両が同じ、、、うちは何台もカワサキが有る<<失敗した>>欠陥だ。


今日も1台漏れでアセチレン溶接、、、、ところが仕上がりが良くない!!!!!運転手らに任せたので、、、下手なやつがやったのだ!!!!!



◎そこで、随分前に<<漏れで呆れ果てて、新品ガスタンクに交換した=トンデモナイ高価だった>>ガス漏れの古いタンクを、先程<<いつもの信頼できるマシンショップに俺が持ち込んで完全修理を依頼した>>

こいつを修理して<<予備タンクとして使用する>>

バカカワサキが、ガソリン漏れを起こしたら<<即座に予備ガソリンタンクに交換する>>


最早、マトモなのはヤマハしかないが、、、これはこれで深刻なパーツ供給問題が有る!!!!!!!!!!

ディーラー、市中のパーツ屋にパーツがない場合が多い!!!!!!!!!







この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮>弾道ミサイル発射、、ガースーの何時もの無気力コメント、、、

2017年04月29日 | 政治社会問題
ガースーの何時もの無気力コメント、、、


独自の情報がない、、いつも韓国の情報によると、、、

オメエの偵察衛星はどうした!!??

平和ボケ家畜日本民族!!!!


国家安全閣僚会合??????

何にも役に立たない、、、、、


社畜の親分は、どこまでも無能、、、、、




北朝鮮に厳重抗議=NSC開催、米韓と緊密連携―日本政府
 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は29日朝、首相官邸で緊急に記者会見し、「国連安全保障理事会決議などへの明白な違反であり、度重なる挑発行為を断じて容認できない」と強く非難、引き続き警戒監視に万全を期す方針を示した。




<<北朝鮮>弾道ミサイル発射 失敗か
 【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部によると北朝鮮は29日午前5時半ごろ、北朝鮮内陸部の平安南道・北倉一帯から弾道ミサイル1発を発射した。北倉から北東に向けて発射し、ミサイルは高度71キロまで上昇したが発射数分後に空中で爆発して失敗した模様だ。


トランプ氏が北非難ツイート「中国の願い無視」
 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は28日、自らのツイートで、北朝鮮による新たな弾道ミサイル発射について、「失敗だったとはいえ、中国とその非常に立派な(習近平(シージンピン))国家主席の願いを無視したものだ。ひどい!」と非難した。


/font>

この記事をはてなブックマークに追加

又カワサキのガソリンタンクからガソリン漏れ発生

2017年04月29日 | モーターサイクルメーカーなど


又カワサキのガソリンタンクからガソリン漏れ発生

アジアカワサキバラコ

すべての車両が同じ、、ガス漏れ、、、非常に危険。

アセチレン溶接の為にマシんショップに行かせた。

カワサキは疲れる、、、今後一切導入しない。

カワサキより酷いのが地獄ホンダ。

この記事をはてなブックマークに追加

韓国、トランプ氏の「THAAD配備費10億ドル」負担要求を拒否

2017年04月28日 | 政治社会問題
タダで他国に防衛してもらえるか??




韓国、トランプ氏の「THAAD配備費10億ドル」負担要求を拒否
AFP=時事 4/28(金) 15:16配信

韓国、トランプ氏の「THAAD配備費10億ドル」負担要求を拒否
韓国南部・慶尚北の道星州郡にあるゴルフ場に配備が進められている米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(サード)」(2017年4月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】韓国政府は28日、同国南部に米軍が配備を進めている最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、韓国側に10億ドル(約1100億円)の負担を求めるドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の発言を一蹴し、支払いを拒否する姿勢を表明した。

【関連写真】北朝鮮、過去最大規模の砲撃演習実施

 THAADは在韓米軍が韓国南部・慶尚北(North Gyeongsang)道星州(Seongju)郡のゴルフ場に配備を進めており、既に装備の第一陣が到着。複数の米高官によると「数日以内」に運用が可能になる見込みだ。

 ロイター通信(Reuters)によると、トランプ大統領はTHAAD配備の費用について「韓国が負担するのが適切だろうと韓国側へ伝えた。10億ドルのシステムだ」と述べていた。

 これに対し韓国国防省は、米韓地位協定(Status of Forces Agreement)に基づいて韓国はTHAADの配備場所を提供するが、配備・運用費を負担するのは米国だと反論。「この基本姿勢に変わりはない」との声明を発表した。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
北朝鮮、米国との緊張めぐりASEANに支援求める
朝鮮半島情勢、緊張の火に油注いでいる元凶はトランプ氏 分析
特集:トランプ政権 最新ニュースと分析・解説一覧
〔写真特集〕世界のミサイル・無人機~ ハワイから発射されたTHAAD~
〔写真特集〕米原子力空母「カール・ビンソン」

この記事をはてなブックマークに追加

死者が地球の化学組成変える? 研究

2017年04月28日 | 日記
死者が地球の化学組成変える? 研究
AFP=時事 4/27(木) 12:32配信

死者が地球の化学組成変える? 研究
中国・香港の墓地(2017年4月2日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】人間は、生きている間に自然に爪痕を残すだけでなく、死後にも腐敗分解される遺体によって貴重な土壌の化学的性質を変化させると警告する研究報告が26日、オーストリアの首都ウィーン(Vienna)で開かれた欧州地球科学連合(EGU)総会で発表された。

 土葬や火葬された遺体からは、鉄、亜鉛、硫黄、カルシウム、リンなどが、後に農地、森林、公園などとして使われる可能性のある土地の土壌に浸出する。

 今回の最新研究によると、これらの元素類は必須栄養素ではあるものの、人間の葬儀の慣習によって、自然界全体に均一に分散されずに墓地に集中することになるという。

 このことは、動植物による最適な吸収量に対して過度に栄養素が集中している場所と、逆に栄養素が不足した状態の場所が生じる可能性があることを意味する。

 さらに、人間の遺体には、歯の詰め物に由来する水銀などの有害な元素も多く含まれている。

 今回の異色の研究に参加したチェコ生命科学大学(Czech University of Life Sciences)のラディスラフ・スメイダ(Ladislav Smejda)氏は「腐敗した遺体の化学的痕跡は、土壌中で非常に明確に識別できる場合が多い」と話す。また、これらの痕跡は、数百年から数千年の非常に長期にわたって残存するという。

 その影響は、埋葬される遺体が増えるにつれてますます顕著になり、「現在の観点ではそれほど問題にならないかもしれないが、世界的に人口が増加すれば、将来には差し迫った問題となる可能性がある」とスメイダ氏は指摘した。

 スメイダ氏と研究チームは、墓地や遺灰「散骨園」などの土壌化学組成を分析するために、蛍光X線分析を行った。


■死してなお

 また研究チームは、動物の死骸を用いて「風葬」と呼ばれる古代の葬制の理論的影響を評価した。風葬は、遺体を埋葬せずに外にさらして自然に処理させる方法だ。

 分析の結果、土葬、火葬、風葬の三つのケースすべてで、土壌には周辺よりも「有意に」高い濃度の化学物質が含まれていたと、スメイダ氏は指摘した。

 もし墓地がなかったら、人間の遺体は、動物の死骸と同じように無作為に分布して、死体から放出される栄養物が「何度も繰り返し、至る所で」再利用されると考えられると、スメイダ氏はAFPの取材に語った。

 だが、遺体を特定の場所に集めることは「自然ではないこととみなすことができる。それは人的な影響であり、自然の濃度を変えることになる」と、スメイダ氏は説明する。

 そこで問題となるのは「必須元素をより広範な地理的範囲にわたって分散させる方法に関するより良いアイデアを生み出すことは可能なのか」だと、スメイダ氏は続けた。

「より環境に優しく、より環境保護に寄与する可能性のある新たな埋葬方法や、新たな遺体処理方法などが発明、開発、実現される可能性は確かにある」と話しながらも、葬儀の習慣は文化や宗教に深く根ざしているものであるため、多くの人々にとってこの種の話題が「タブー」となっているのは事実だと、スメイダ氏は認めた。

「これは非常に複雑な問題で、われわれはまだ議論のスタートラインに立ったばかりだと思う」と、スメイダ氏は話した。【翻訳編集】 AFPBB News

この記事をはてなブックマークに追加

女性巡査、ホストクラブはまる=費用捻出で着服、停職処分―神奈川県警

2017年04月28日 | 日記
女性巡査、ホストクラブはまる=費用捻出で着服、停職処分―神奈川県警
時事通信 4/28(金) 16:50配信

 ホストクラブに通うため旅行積立金154万円を着服したとして、神奈川県警は28日、県警南署生活安全課の女性巡査(24)を停職3月の処分とした。

 同日付で退職した。親が全額弁済したことなどから、立件は見送る方針。巡査は「みんなのお金に手を付け、本当に申し訳ない」と話しているという。

 県警監察官室によると、巡査は同課15人分の旅行積立金を管理していたが、昨年10月ごろから今年2月までの間、6回にわたり口座から計90万円を勝手に引き出したほか、預かった現金を入金しないなど計約154万円を着服。「返金すれば大丈夫」とホストクラブ代に充てたという。

 巡査は2015年11月に高校の同級生に誘われたのを機に、東京都新宿区内の4~5店を月2~3回、多い月は十数回訪れた。特定のホストに入れ込み、これまで計60回ほど通ったといい、カードローン約500万円、ホストクラブの売掛金50万円の借金があった。 

この記事をはてなブックマークに追加

「機能ある以上当然」「全部はやりすぎ」リクライニングどこまでOK? ツイートに賛否  交通各社に聞いてみた

2017年04月28日 | 旅行


「機能ある以上当然」「全部はやりすぎ」リクライニングどこまでOK? ツイートに賛否  交通各社に聞いてみた
西日本新聞 4/28(金) 11:18配信

「機能ある以上当然」「全部はやりすぎ」リクライニングどこまでOK? ツイートに賛否  交通各社に聞いてみた
新幹線の車内。GW期間中は旅行客で混雑することも予想される
 29日からゴールデンウイーク(GW)。新幹線や高速バスを利用して長距離を旅する人も多いだろう。長旅では座席のリクライニングを倒してゆっくりくつろぎたいものだが、倒す時は注意が必要。後ろ乗客とトラブルになるケースもあるからだ。「当然の権利」か「マナーの問題」か。リクライニングは一体、どこまで倒していいの?。

⇒「すんません回送中です」350台中たった1台 宮崎市の路線バス

 「新幹線のリクライニング(略)マックス倒したら怒られました」「倒してよい角度おせーて(原文のまま)」

 3月下旬、短文投稿サイト・ツイッターでお笑いタレントの小籔千豊さんがこうつぶやくと、1500以上の「いいね」や千件近くのリツイート(共有)とともに、「倒してイイですよ!だって倒れるのですから」「マックス倒されると圧迫感がある」などの賛否が寄せられた。

 新幹線の自由席の場合、傾きは最大で20度程度。さて、市民は最大限倒すことをどう思うのか。JR小倉駅(北九州市)周辺で新幹線や高速バス利用者の男女計20人(10~60代)に聞いてみると、肯定派は8人、否定派は12人だった。

 肯定派は「長距離移動では座り心地は重要。リクライニング機能がある以上、最大限倒す権利がある」(40代男性)、「前の人が倒したら後ろも倒せばいいだけ」(50代男性)などなど。否定派は「倒すのは良いが全部はやり過ぎ。後ろは席を立ちにくい」(40代男性)、「狭い空間なのでマナーは重要」(40代女性)といった声が多かった。

交通各社、“客任せ” 識者「思いやり持って」
 リクライニングの使用基準をJRやバス会社に聞いたが、答えは曖昧だ。

 JR西日本は「シートの機能活用は自由だが、後ろの乗客には配慮を」。JR九州も「ルールはない。車内秩序の維持に協力をいただきたい」。基本的には客任せと言え、小薮さんのつぶやきに対する答えは「おせーて(教えて)」くれなかった。

 高速バスを運行する西鉄(福岡市)は「後ろのお客様へ配慮の上、座席を倒しておくつろぎください」とアナウンスしているが、「基準やマニュアルはない」という。別の夜行バス会社の担当者は「あくまでお客様同士の問題だが、大きなトラブルへの発展を防ぐため乗務員が対応することもある」と打ち明ける。

 30年以上にわたり全国各地のバスや鉄道に乗ってきた自称高速バスアドバイザーの須田浩司さん(44)=札幌市=は「公共交通機関である以上、乗客にはマナーやモラルが求められる。互いに思いやりを持てば問題は起こらないはずだ」と指摘する。

 一方、北九州市の天久泰弁護士は「座席を倒すことは乗客の一つの権利と言えるが、後ろの人には空間を圧迫されない権利もあり、一概には言えない」とした上で、「突然座席を倒すと後部座席のコーヒーがこぼれるなど相手に損害を与える可能性もある。リスクを防ぐためにもひと声かけることは必要ではないか」。

 楽しい旅行。トラブルを防ぐには、やはり後部座席にひと声掛けることが賢明のようだ。

=2017/04/28 西日本新聞=

この記事をはてなブックマークに追加

子どもが教室内カースト「D~Fランク」に落ちた親の神対応5

2017年04月28日 | 日記


子どもが教室内カースト「D~Fランク」に落ちた親の神対応5
プレジデント 4/23(日) 11:15配信

子どもが教室内カースト「D~Fランク」に落ちた親の神対応5
写真・図版:プレジデントオンライン
■「Fランク」まである!  今どきのスクールカースト

 新年度が始まり、進級進学を迎えたお子さんを持つ親御さんは多いだろう。「新しい環境」というものに対し、期待に胸を躍らせた子どもたちがいる一方、元気をなくしてしまう子どもたちも珍しくない。実は、小学校高学年から高校生ぐらいまでは、新しい環境に少し慣れてきた今頃からゴールデンウィーク明け頃までが、1年で一番、子どもが元気をなくしてしまいがちな時期になるのだ。

 今回は、
「子どもが学校に馴染めていないようだなぁ~」
「友だち、できないのかなぁ? 」
「でも、いじめというわけでもなさそうだなぁ」

 と感じている「ちょっとだけ心配」という親御さんに向けてのその対処法を綴ってみよう。こうした症状に“罹患”してしまう率は中高生に多い。

 思春期という自分ではコントロールできない体の変化に戸惑いを感じる時期であることがひとつ。

 人の目が異様に気になりだすという気持ちの揺れがぶつかる時期であることがひとつ。

 さらにここに「スクールカースト」(教室内でのヒエラルキー、序列)という逃げ場のない問題が登場する。「大人が押し付けて来た性善説」=「みんな仲良し、みんな平等」という前提について、多くの子どもたちは漠然と違和感をもっている。それがここではっきりと「性善説は間違っている」という自覚をもつようになるのである。

 スクールカーストというものは、女子の一部では、早くも幼稚園時代には発生するように感じる。それは中学生になれば、ほぼ100%確率で教室内を格付けしているものだと認識している。

 私は先日、ある中学校の取材をしていたが、そこの先生は驚くことを言っていた。

 「今のカーストは上位、中位、低位、いじられの4段階というよりも、もっと細かく分かれていて、例えるならば大学の格付けのような感じになっています。つまりAランクからFランクまであり、さらにその中でも細分化されているという状態ですね。AからCまでは言うなれば、プロスポーツチームの1軍から3軍って例えればわかりやすいでしょうか。Dランクはいじめられっ子になる率が高く、E以下になると存在すら意識の外に置かれるというポジションになります」


■4~5月が教室内「カースト決定」の時期

 この序列は「こと細やかに画一的な集団行動を押し付ける」というわが国の教育制度により一層、強固なものにされていると私は思う。

 こうした格付けに対して、どこの位置に所属認定がされようとも全く意に介さないというお子さんは除外である。それはそれで、とても賢明な生き方なのだ。

 しかし、問題はこの格付けに「強烈な違和感」を持つケースだ。

 大昔からどの国でも、どの学校でもあるものだと言われれば、そのとおりかもしれない。ただ、今の子どもたちが昔よりも可哀そうだなぁと思うのはSNSなどの発達で、24時間、そうした格付けされた世界から抜け出すことができないことだ。ネットの普及は、子どもたちを逆説的に、あまりにも狭い「リアル空間」に閉じ込めてしまっている。

 一般的には4月から5月までがポジション取りの季節であり、つまりは「カースト決定」を意味するのであるが、これは恐ろしいことに1年間はほぼその位置で固定化される。よほどのことが起こらない限り、下克上のような動きはなく、しかも気を抜くと下がるというリスクを常に抱えているのだ。

 格付け社会からリタイアしてしまった自称「大人」から見れば、「実にくだらない」であるとか「他人からどう見られるかで行動するな! 」であるとか、「空気を読んで行動することに意味があるのか? 」といった感想になりがちではある。

 しかし、「学校からのリタイア」について「人生詰んだ」という発想でとらえる親子は少なくない。そうした家庭環境である場合、子どもたちは行くも戻るもままならず、その生きづらさに悶々としているのである。

 この時期、元気をなくしてしまった子どもたちの多くは「教室内のポジション取り」に失敗してしまった、あるいは決まったキャラクターを演じることが苦痛という理由で凹んでいるのだと思われる。

 これは哀しいことに親にどうこうできる問題ではないが、わが子の日常では、上記のような凄まじいポジション争いが繰り広げられているのかもしれないと認識できていれば、わが子への接し方にも違いが出てくる。

 親としては、新しい環境はストレスフルである、ということ理解した上で、淡々と日常生活のサポートをしてあげることが一番なのだ。

 特に子どもと接する時間が長くなりやすい母親がこのポイントを誤ると、子どもの自尊心を低下させ、対人恐怖の度合いを一気に押し上げてしまう。以下、接し方のポイントを挙げてみよう。


■即効チャージ! 新年度、元気をなくした子の親の心得5

 【元気をなくしてしまった子への賢い対処法1】
子どもには詰問しない

 子どもは親が自分のプライバシーにうるさく口を挟むことを嫌う。中学生(あるいは小学校高学年以上)ともなれば、親離れに向かう時期で「ほっといてほしい」ということが一番の望みになりやすいのだ。

 ただし、子どもは「ワガママな自己中」であるので、指示命令を一切せず、自分がしゃべりたい時にだけ黙って聞いてくれる親を求めている。

 心配のあまり詰問しがちであるが、ここは「親のスッキリ」よりも子どもの「スッキリ」を優先させよう。子どもが「親に話してもいいかなぁ」と気持ちを委ねることができる環境作りをまずは目指すべきである。

 【元気をなくしてしまった子への賢い対処法2】
生活習慣を乱さないように努める

 朝はきちんと起こし、食事を用意し、身支度を整え、清潔な暮らしをさせる。そうした生活リズムを崩さないようにすることもかなり大切になる。特に中学生以上の子どもの睡眠時間確保については難しくなっているが、日々のリズムを乱さないように努めたい。

 【元気をなくしてしまった子への賢い対処法3】
家庭はチャージ機能だということを心する

 「男は敷居を跨げば七人の敵あり」とはよく聞く話だが、きょうびは子どもでも疲れ切って自宅に戻ってくる場合がある。その時に「ホッ」とできる空間を用意してあげられるのは、特に母親なのだ。

 家族との団欒タイムやくつろげる空間作りは子どもの元気をチャージする。できれば、そこで「笑い」の要素を意識すると、子どもの元気も満タンになりやすい。

子どもが教室内カースト「D~Fランク」に落ちた親の神対応5
写真・図版:プレジデントオンライン
■「あったかい飯を食わせ、あったかい布団に寝かせる」

 【元気をなくしてしまった子への賢い対処法4】
子どもの話に共感する

 子どもが元気をなくしている理由を話してくれたのならば、そのときは無条件に「肯定」あるのみだ。親とは生きている時代が違うので、ほとんどのアドバイスは役には立たない。ただ、ひたすら話を聞いて、「そうか、そうか」と相槌を打つだけで子どもは自分の頭を整理し、明日への活力を自ら生み出していく。

 【元気をなくしてしまった子への賢い対処法5】
友だち100人説を否定する

 母親にありがちなのだが、子どものためと思い、クラスメートの母親に「ウチの子をハブにしないでね」と頼んだり、「ウチの子も誘ってくれるようにお宅のお子さんに言ってください」などと裏工作をしたりしてはいけない。子どもには子どもの世界があるし、幼稚園児ではないのだから親が子どもの交友関係を支配してはならない。

 もし、言うとすれば「友だちなんか要らなくない?  私(母)もそう言えば友だちなんていないわ」と笑い飛ばすか「友だちは作るものではなく、できるもの。自然体、自然体」くらいで留める。そのほうがお互いに負担が少なく、悠然としている母親の元には、やがては自分自身の力で物事を解決できる子が育つのだ。

 一方、父親の場合、なかなか子どもと接する時間をつくれないという場合もあるだろう。

 子どもにとっての大問題は親にとっても憂うものではあるが、もし父親が家族をリードする立場であるならば、必要以上に騒ぎ立ててはいけない。もし、妻が子どものことでいっぱいいっぱいになっているなら、妻の話に耳を傾け「俺たちの子だから、大丈夫」と安心させよう。そして「わが家の危機」を回避するために、父親こそができる限り子どもと食卓を共にしよう。

 筆者のお勧めは、「うなぎパイ」のキャッチコピーと同じく「夜のお菓子」を父が土産に買って帰ることだ。お菓子でも、スイーツでもいい。団欒のひととき、説教も小言も抜きで家族でくつろぐ。これが意外と効くのである。

 親は子育てでは気を揉むことしかできないのではあるが、まずは「あったかい飯を食わせ、あったかい布団に寝かせる」。これだけでも大抵の問題は乗り越えられるように感じる。子どもが大変な4~5月は親も頑張り時だからね!  というエールを送ろう。

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー 鳥居りんこ=文

この記事をはてなブックマークに追加

中国に続き日本人観光客も激減…済州観光業がピンチ…

2017年04月28日 | 旅行


中国に続き日本人観光客も激減…済州観光業がピンチ…
WoW!Korea 4/27(木) 11:27配信

中国に続き日本人観光客も激減…済州観光業がピンチ…
中国に続き日本人観光客も激減…済州観光業がピンチ…
中国に続き、日本でも韓国訪問を自制する動きがあり、済州(チェジュ)観光業界の憂いが深くなっている。

 27日、済州島観光協会によると、日本の最大連休=ゴールデンウィークに済州島を訪れる日本観光客は950人と集計された。

 これは、昨年の同期間2915人に比べて67.4%減少した数値。クルーズや国内船舶を利用して済州を訪れる日本人観光客は、昨年の2008人から50人へと97.5%も減少した。

 このように日本人観光客が激減した理由は、外務省が去る11日に北朝鮮の弾道ミサイル発射などを理由に韓国訪問を自制するよう呼びかけたためだ。日本政府が連日、マスコミなどを通して朝鮮半島の情勢不安を報道すると、実際に日本人観光客の予約キャンセルが相次いでいることがわかった。

 イ・スンチャン済州島観光局長は「済州と日本間の直行路線を通すため、現地旅行会社と航空会社に会い、努力を続けてきたのだが、北核問題があり”足止め”状態になったことは残念だ。1日もはやく情勢が好転するのを願うのみ」とし、「日本人観光客が心配する部分を説得し、理解してもらいながら現地でマーケティングを積極的におこなう計画」と語った。



この記事をはてなブックマークに追加

ドリブンスプロケットハウジングのベアリング交換、、、、ここは重要

2017年04月28日 | モーターサイクルメーカーなど


ドリブンスプロケットハウジングのベアリング交換、、、、ここは重要


メーカー無関係で重要な箇所が、、、


リアスプロケットのハウジング部に有る<<ベアリングだ>>

ここは、少しのクリアランスが出ても、、、解り難いが、ホイルベアリングが正常にも関わらず、**僅かに**左右にクリアランスがある場合は、即座に交換だ。

1,ホイルベアリングお点検して異常がない。

2,しかし、取り付けると<<僅かに、ホイルは左右に動く>>素人はここを見逃す。




この記事をはてなブックマークに追加

停電にならない、、フィリピン

2017年04月28日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな
停電にならない、、フィリピン


昨日、今日の朝6時から夕方5まで広域停電という情報があったが<<停電しないぞ!!>>

この前のSandyは、いきなり事前情報無しで、朝7時から夕方5時まで長時間停電した!!

全く同しようもない、、、


この記事をはてなブックマークに追加

韓国急行電車、不良漏電遮断機をガムテープで固定して運行

2017年04月28日 | 旅行
韓国急行電車、不良漏電遮断機をガムテープで固定して運行
中央日報日本語版 4/28(金) 8:46配信

韓国急行電車、不良漏電遮断機をガムテープで固定して運行
ITX列車の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機に、作業員がガムテープを貼っている。このような措置はKORAILが運営するITX便23本すべてで行われていた。(写真=読者提供)
ITX(急行型電動列車)の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機で火災が発生して列車が停止する事故が相次いで発生したが、運営会社のKORAIL(韓国鉄道公社)は遮断器の修理をまともに行わず、遮断機をガムテープで固定するだけの応急措置で列車の運行を続けていたことが分かった。

27日、鉄道業界によると、今月17日、ITX-セマウル号が京釜(キョンブ)線梅浦(メポ)駅付近で25分間停止した。このため、該当の路線を通る他の13本の列車に最長一時間の遅れが出た。主回路遮断機に火災が発生し、列車への電力供給が止まったことが原因だった。ITXは2万5000Vの特高圧電流が流れる電車なので、安定した電力供給および異常電力遮断の役割を担う主回路遮断機が核心安全装置だ。

これ以前にも同様の事故が発生していたが、KORAIL(韓国鉄道公社)はこれについても主回路遮断機にガムテープで固定する臨時措置だけを施していたことが明らかになった。今月4日、ITX-セマウル号が京釜線永登浦(ヨンドンポ)駅付近で停止する事故が起きたが、これも主回路遮断機の問題だった。KORAILは当時、固定したガムテープが美観上、見栄えが良くないとの理由でその上にグレーのペイントまでした。このような臨時措置はKORAILで運行する23本すべてのITXで行われた。

匿名を求めたKORAIL関係者は「まだ無償メンテナンスの期間中だが、正式なアフターサービスを強く要請せず、KORAILが自主的に臨時措置だけを講じている理由が分からない」と話した。ITXはロテムが製作し、KORAILに納品した急行型電車で、2014年5月に初めて運行された。

KORAIL側は「短期的に製作会社のロテムに主回路遮断機の絶縁測定および制御ボックスの内部状態を毎日点検・確認するようにし、今後根本的な対策を樹立するよう措置をした」と明らかにした。

この記事をはてなブックマークに追加