独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

この糞カワサキが!!!又修理代が!!!

2017年11月04日 | モーターサイクル整備関係
この糞カワサキが!!!又修理代が!!!


昨日から書いてるが<<クソカワサキ>>

やはりクラッチ関係が壊れた。


カワサキバラコBC175アジアモデルは<<クラッチアイドルギアーが明らかに欠陥で>>シャフトに入るギアーのインナーにスリーブが有るが、これが摩耗で吹き飛ぶ。

ここはベアリングを使用すべきだが、カワサキはホンダと並ぶ馬鹿だ。

本当にカワサキとホンダは終生買わない!!!欠陥だらけ。


ヤマハなどこんな問題は皆無。


更に今回は<<クラッチハウジングも破壊された。


行きつけのディーラーでパーツ購入<<6200ペソなどと言うので>>

マケロ!!!で、5800ペソ。


うちはカワサキを多数使用している<<失敗した>>川崎はダメだ=ホンダよりましだが。


ヤマハが少し有るが、、全然問題ない。


俺は、日本在住時にハーレーとカワサキビッグマシンを多数所有してた関係で<<フィリピンでもカワサキと==完全失敗>>カワサキは馬ヵ。


二度と馬ヵカワサキと最悪地獄ホンダは買わない。












この記事をはてなブックマークに追加

この糞カワサキが!!!

2017年11月04日 | モーターサイクル整備関係
この糞カワサキが!!!


ミステイク、、、うちはカワサキを多数買い、、、ロクナモンジャネエ!!ホンダよりましだが、、、カワサキもダメだ。


昨日、ギアーが入らないと来た。


今朝、修理に出したが、、、、、


特に、該、1台が故障多数。


担当運転手は馬鹿!!!


昨日焼きくれた!!!!


カワサキとホンダは終生買わない!!!!!!!!!!!




この記事をはてなブックマークに追加

RX-7やランエボ 1990’s中古スポーツを「もたせる」車種別メンテ法

2017年10月21日 | モーターサイクル整備関係
二ホン車の場合はアメ車と異なり年中年も前のParts供給は不可能(純正や社外カスタムメーカーが豊富でジャンクショップにも多数ある)

ここが二ホン車は移動道具消耗品と言われることろで車文化が異なる。

一番の問題は経年問題=即ち、タクシーのように5年で50万キロなどならいくらでもパーツが有る。
20年も前の車両だと大事にしてエンジンフルオーバーホール(リボーア=オーバーサイズピストンやコネクテングロッド交換など、すでにPartsがないことがおい)

クランクベアリングはNSKなどがユニバーサル規格のを出してるので問題ないが(ベアリングのサイドに規格ナンバーが有る)肝心のピストンアッセンブリーやコネクテングロッド、カヌシャフトなどの摩耗で交換の場合にホン車は絶望です。

まさか、旋盤屋で個別に作るなど日本では、大変な費用がかかり非現実的。

これが二ホン車=消耗商品です!


2輪4輪限らず、、日本者は消耗品と悟りです。


欧米とは違うのだよ、、、、所詮文化の深さが異なる。


日本車は定期的な買い替え、、スクラップ。






RX-7やランエボ 1990’s中古スポーツを「もたせる」車種別メンテ法
10/21(土) 8:00配信 ベストカーWeb
RX-7やランエボ 1990’s中古スポーツを「もたせる」車種別メンテ法
最後のロータリーターボエンジン搭載車として根強い人気を誇るRX-7
スカイラインGT-Rを始め、RX-7やランエボ&インプレッサSTI、ホンダのタイプR群など、1990年代の国産スポーツは、その中古車価格の高騰ぶりからもわかるように人気の車種が多い。そして、これらの車種はその強烈な個性と同様、トラブルの出やすい箇所などもなかなか独特。そこで、本記事ではそれぞれのメーカー・車種に定評があるプロショップに、モデル別にメンテナンス法を聞いた。

RX-7やランエボ 1990’s中古スポーツを「もたせる」車種別メンテ法
日産 スカイラインGT-R(R33型)。1995年から1998年まで販売
GT-R&エボ 4WDターボスポーツのポイント
■スカイラインGT-R(R33型/1995-1998年)

(注意点として)重要度が高い部分のひとつ目が足回り関係。リアサスペンションメンバーと、それに付随するブッシュ類をリフレッシュすること。長年使われているので、ゴムブッシュの劣化が激しい車が多い。そのままでは乗り心地もよくないし、操安性も悪く運転していて楽しくない。

ふたつ目は、エンジンルームで水回りのホース類を交換してもらいたい。これはアッパーホース、ロアホースだけでなく、バイパスホースなど含めての交換で、水漏れによるエンジンへのダメージ発生を予防できる。

3つ目は内装関係で、こちらも劣化しやすいウェザーストリップやドアの金具類(ヒンジやストライカーなど)といった消耗品を交換してもらいたい。


【まとめ】トラブル対策3大ポイント

1.リアの足回り部品は交換必須

2.水回りのホースはすべて交換

3.消耗品は積極的に交換するべし


■三菱 ランエボ(IV~VI/1996-2000年)

ひとつ目がタイミングベルトで、約8万kmで交換したい。その際にはタイミングベルトだけでなく、ベアリングやウォーターポンプなども一式交換したい。タイミングベルトだけ交換しても、その後ウォーターポンプが壊れたら出費がかさむからだ。

ふたつ目はオイル関係。ランエボはエンジン、ミッション、デフ以外にも、AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)やトランスファーなどオイルを使用しているシステムが多く、それらも定期的にオイル交換する必要がある。

3つ目はブレーキのメンテナンス。キャリパーの熱によるダストブーツの破け、不適切な管理によるピストンの錆でオイル漏れとなった場合にはキャリパー(純正ブレンボ製=片側20万円)交換となり、高額出費が発生する。定期的にオーバーホールしてもらいたい。


【まとめ】トラブル対策3大ポイント

1.タイミングベルト交換時は周辺部品も交換

2.オイルは高品質な物を短いサイクルで交換

3.長く乗るならメンテナンス費用はケチらず




例、該、ハーレイ購入した場合、後、、、Partsは100年以上供給される。

純正から社外カスタムメーカまで、、、心配ない。


ここが二ホンと異なるところ、、、、日本など消耗品という考え。


こんな事は、欧州文化に触れれば分かること。


次元が異なる。








この記事をはてなブックマークに追加

地獄ホンダモーターサイクル、、ホンダは悪魔だ。

2017年10月19日 | モーターサイクル整備関係


地獄ホンダモーターサイクル、、ホンダは悪魔だ。


そういう事で、買い置きのBTフル充電して解決だが、、、、

こういうこともホンダが悪い!!!!


ホンダは1970年代までは良かったが、後年、、糞だ。


マトモはヤマハだけ。

ホンダは地獄だ、、、ジョンとすれば人生が終わる。






この記事をはてなブックマークに追加

ホンダはダメだ!!また、バッテリーが駄目

2017年10月19日 | モーターサイクル整備関係


ホンダはダメだ!!また、バッテリーが駄目


この糞ホンダ、、スクーピー110

2000キロでそうちゃくBTが駄目で交換したが<<今朝 又 駄目、、8000キロ>>

通学用などに使用している。


スクーターは<<キックスターター>>が、異常な後部に有るので、一人では始動できない。


普段便利なスクーターだが<<BTが死ぬと災難だ>>


ちなみ、ビックスクーターもあるが、キックなど無い、、、出先でBT死んだ場合、、、大変なことになる。

スクーターは、<<押しがけが出来ない>>


昔乗っていた<<ショベルのワイドグライドは=1340cc=キックが付いていて始動できる>>


スズキスカイドライブ125も有るが<<1度BT交換した>>現在メーター=15000キロ


この記事をはてなブックマークに追加

ヤマハのタペットクリアランス調整

2017年10月16日 | モーターサイクル整備関係


ヤマハのタペットクリアランス調整


マイナーチェンジモデルだが、カムシャフトの材質がダウンしてカムの摩耗が激しい(これが高価で5000ペソくらいする=まだ交換必要ない段階)

タペットを打ち出したので、今朝、調整した(エキゾースト側だけ)


ヤマハのエンジンは素晴らしく良く出来ていて<<いじっていてストレスがない>>地獄ホンダやバカカワサキとはぜんぜん違う。



この記事をはてなブックマークに追加

タイヤを買ってきた 不良品のフィリピン

2017年10月11日 | モーターサイクル整備関係


タイヤを買ってきた 不良品のフィリピン


昨日、又、タイヤに瘤ができて交換<<3本目>>


昨日はキャブレター社外品が加工不良で返品<<他の在庫もすべて加工不良で使えない物>>

前に同じものを複数買ったが問題なかった。


これが後進国の現実<<キャブの箱には日本語で、、お客様の信頼に応える~~>>などと書いてある。



この記事をはてなブックマークに追加

糞カワサキのアイドリングが、また、不安定で自分で修理

2017年10月10日 | モーターサイクル整備関係


糞カワサキのアイドリングが、また、不安定で自分で修理


昨日メカニックにやらせたが駄目、、、、


今朝、面倒なのでキャブ交換新品と考えて買いに行くと<<何と社外品が不良品>>ピストンがキャブから抜けないほどクリアランスがない加工不良だ!!>>店のストックすべて見たが同じ。

工場不良品を、、メーカーが大量に流したのだ。


店の野郎が客から返品クラウが<<次の客に流すのだ>>無責任。

学習したが<<キャブなどの精密Partsは新品状態で必ず密封してある!!開いてるのは問題があるエビデンス。


以前同ブランド問題なかった。


純正糞ミクニキャブが5500ペソボッタクリなので買わない。


返金させて<<うちの在庫キャブを調整する、、、>>

するとベテランドライバーが丁度いて  <<チョーク>>??変だ??外すと、、シャフト曲がり!!

この糞カワサキはノブを上に引くとチョーキング状態になるが、場所が悪いので馬鹿がやると曲がるのだ。糞ミクニキャブ。


そこで、他の在庫から外して交換した。

すると、今度は、先程までニードル固定問題ないが<<これもミクニの欠陥で>>ニードルとピストンの装着がオーバークリアランスでカラー(極小)を入れないと駄目で、いれてるはずのが外れたらしい。

そこで再度、極小のワッシャー入れてガタなくすと<<やっとアイドリングが落ち着いた>>


本当にカワサキは二度と買わない。

ホンダはカワサキより酷い。






この記事をはてなブックマークに追加

アジアカワサキの糞、、、フィリピンライフ

2017年10月09日 | モーターサイクル整備関係


アジアカワサキの糞、、、フィリピンライフ


カワサキは日本でリッタマシンを乗ってた<<ハーレーが一番だが>>ので東南アジアでも、、、

原住民らがホンダを使用してるので3台入れたが<<呆れるほどの粗悪>>そこですべて売却して、カワサキメインに多数入れたら<<これも糞で同しようもない>>


先日からアイドリングが出ない糞カワサキが1あるがキャブ交換しても同じ。。

そこでメカニックの所に行かせると<<キャブのピストンが悪いらしい>>

ミクニの欠陥キャブレターだ!!!!ピストンが軟弱でアイドル調整ボルトの先端でピストン側がえぐれる!!!!

こんなものを使用しているのだ。


ケイヒンなら、こんなトラブルはないが<<カワサキは馬鹿なのでミクニキャブを使用している>>

トンデモナイ不良品だ。


おい!カワサキの馬ヵ!!!オマエラは、フィードバックの声を聞かないか??????


このバカは、初期型のバルブシャフト経を太くした、、改良した、、馬鹿なので強度不足!!

その次は2型でコネクテングロッドビックエンドの幅を広くした!!

このばかカワサキ野郎~~~

キャブレターも欠陥ミクニからケイヒンに変えろや!!!!!!!


とにかく地獄ホンダ、カワサキは二度と買わない!!!!





この記事をはてなブックマークに追加

カワサキはダメだ、、、アジア

2017年10月08日 | モーターサイクル整備関係


カワサキはダメだ、、、アジア


カワサキバラコ175,、、、

1台がアイドリングが出ない<<キャブ交換したが=糞ミクニキャブが駄目なので修理したキャブレターが予備として多数ある>>駄目。

この場合<<バルブスラッジの可能性が高い>>

バカカワサキはバルブが非常にカーボン蓄積が有る。


ヤマハは、こういう不具合などない!!




この記事をはてなブックマークに追加

カワサキのオイルシール買い出し、、フィリピンライフ

2017年10月06日 | モーターサイクル整備関係


カワサキのオイルシール買い出し、、フィリピンライフ


そういう事でヤマハなど交換したことがないが<<カワサキはオイルシールが駄目になる>>

各所のオイルシールを複数買った。

1,ギアーチェンジシャフト

2,キックスターターシャフト

3,クラッチアームシャフト

4,Eスプロケットシャフト(ここは0リングも2個あるが摩耗する)


これらを多数買ってきたが<<行きつけに店の一つだが>>狭い、汚い、暑い!!~で、Partsオーダーして出揃うまで時間がかかる。

ここは、オイルが安いので箱買いしてる所<<まあ、汚い狭い店=家賃がやすのでオイルも安価にできるのだろう>>中国系の店だ。

大体、中国系がやっている(他店も)


ホンダは最悪で地獄で<<すべて原住民に売却処分した>>が、その後、多数カワサキ入れたが失敗した!!川崎は馬鹿なのだ<<設計が悪い>>ガソリンタンクまで溶接部が漏れる始末だ!!!何台も修理した。

ミクニキャブレターも欠陥だしどうしようもない。他にもParts交換が多数発生する。


ヤマハが一番良く、滅多に壊れないしオイルシールなど交換なしだ!!!

この記事をはてなブックマークに追加

カワサキは駄目だなあ、、アジア、、、

2017年10月05日 | モーターサイクル整備関係


カワサキは駄目だなあ、、アジア、、、


カワサキバラコBC175,、、、


こいつら手間がかかる、、、、良いところ=フレーム堅牢、CDIやオルタネーター故障がない(ホンダなど壊れまくり、、ほかも)))

その他は、カワサキ馬ヵ問題。


今日もオイルシール交換。


クソカワサキは、

1,クラッチオイルシール

2,キックシャフト

3,ギアーチェンジ

4,エンジンスプロケット(ここは,さらに0リングが2個あり摩耗する)


これらが必ず摩耗する。


ヤマハなど一切交換がない!!!!!!


この糞カワサキ二度と買わない!!!!!!!!!!!!!


ホンダは、カワサキより地獄だ!!!!!!!!!!!!!!




この記事をはてなブックマークに追加

今日の整備、、、フィリピンライフ

2017年10月03日 | モーターサイクル整備関係


今日の整備、、、フィリピンライフ


1台のドライブチェーン交換。

簡単完了。


因みに、ここの所<<馬ヵカワサキのキャブレターインシュレータ〉〉不良がない。

カワサキは馬鹿なのでゴムで出来てるが、亀裂が入るのだ(ヤマハなど金属製なので10年でも問題ない)

純正が350ペソなどというボッタクリで亀裂が入るので社外品しか使わないが、質が良くなったようだ。


もう二度と<<地獄ホンダと馬ヵカワサキを導入することはない>>




この記事をはてなブックマークに追加

不良タイヤで、、、フィリピン

2017年09月30日 | モーターサイクル整備関係


不良タイヤで、、、フィリピン


ビックブルという名前のタイヤだが<<昨日一昨日と2ホンが不良で交換〉〉1個はデカイコブができた!!残り7分山だ。

もう一つは、何故かトレッドの局所のゴムがなくなりだ、、これは残2分山。

このタイヤは販売店が言うには<<元は、ピットブルという名前=前に頻繁に買っていた=だが、会社が譲渡され>>ビックブルという名に変更された。


明日はSandyなので店が休みで、うちの在庫が1本、、、


そこで先程買い出し<<ブルドック>>という名のタイヤを買ってきた。

これはレオという会社。


イズミのニューモデル<<ジャイアント>>は品切れ、、、





この記事をはてなブックマークに追加

新車を買ってすぐにやらない方がいい「5つのタブー」

2017年09月30日 | モーターサイクル整備関係
昔じゃが~~~2輪話し

1,ドカッテイのマイクヘイルウッド900新車買って<<1度、アイドリングからエンジンをフル回転させたら、それ以降、極端にエンジン始動が悪くなった>>因みにセル無しなので大変。

2,スズキRH250(2ストオフロード)を新車で買って、信号で前に糞ホンダ750がいて全開でかっ飛んでいくので、自分も全開にして追いついたが<<それ以降、エンジンパワーがガクンと落ちた>>

現在も、10台以上ありますが、すべて新車慣らし丁寧にします。

エンジンオイルは、100キロで交換(工場から手元までに時間経過している)再度1000キロで交換。

スクーターも、ファイナルリダクションオイルを1000キロ前に1度交換しています(大抵は問題ないがホンダの糞が新車でオイルが乳化していたことが有る!!)

APIーSH以上で、化学合成系(鉱物系と比較してガクンと性能が落ちることが体感しない)


追伸、、まだあったわ。

ハーレー ショベルヘッド(確かファットボブ)中古、冬場に時間がないので暖機運転せずに走り出して後ろシリンダーのインテークバルブがピストンにヒットしてオシマイ(バルブ交換)仕事キャンセルしたことが有る。

このハーレーは、例の000バロンの友人店長のところで格安で友人に紹介したものだが、その友人が<<新横の交差点でエンジンストールでウントモスントモ言わなくなり=原因はハイテンションコイル>>修理したが嫌になり買ってくれと言うので買って、通勤に使用していたものです。

中古で整備の履歴が不明、、、だがコンプレッションなど十分なので少なくとも腰上をリボーア、バルブ、バルブガイドなど交換してるようだったが、パーツが不良で(ガイド、バルブのクリアランスが渋い=規定のクリアランスがない)起きたトラブル。

修行です。






新車を買ってすぐにやらない方がいい「5つのタブー」
9/29(金) 21:40配信 ライフハッカー[日本版]
新車を買ってすぐにやらない方がいい「5つのタブー」
新車を買ってすぐにやらない方がいい「5つのタブー」
新車は慣らさなければなりません。新車を慣らす時期に何も考えずに乗っていると、エンジンのパフォーマンスが悪くなったり、寿命が短くなったり、ダメージを与える可能性もあります。今回は、新車を買ってすぐにやらない方がいい5つのタブーをお教えしましょう。YouTubeチャンネル「the Engineering Explained」の動画の中で、メカニックエンジニアのJason Fenskeが、新車慣らしの期間にやると車に負担をかける運転を説明しています。避けた方がいいタブーは次の5つです。

【画像】新車、何も考えずに乗ってない?

1.アクセルを踏み込む
ピカピカの新車は速く走るかもしれませんが、アクセルを踏み込んだり、エンジンを全開にするのは、緊急事態以外にはやらない方がいいです。

2.ギアを最大回転数まで上げる
ギアを最大まで上げるのは普段なら最適ですが、新車慣らしの期間は回転数は低めにしましょう。

3.自動速度制御装置を使う
新車慣らしの間は、運転中にエンジンを様々な回転数にした方がいいです。自動速度制御装置を使うと、一定の回転数にエンジンを設定してしまいます。

4.かなり短い距離を運転する
新車慣らしの間は、車を運転する度にエンジンが動作温度まで上げたいところです。短い距離の運転では、必ずしもそこまで上がりません。

5.何かを牽引する
牽引はエンジンにかなり高い負荷をかけます。何かを牽引するには、車は車体以上の重量を動かさなければならず、エンジンがさらに回転します。1番で言った通り、エンジンは全開にしない方がいいです。

新車慣らしの期間は車によって違います。数百kmで済む車もあれば、数千kmかかる車もあります。納車までの間に慣らしが終わっている車もあるかもしれません。自分の車のマニュアルを見て確認してください。



5 Things You Should Never Do In A Brand New Car | YouTube
Patrick Allan(原文/訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

この記事をはてなブックマークに追加