独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

愛子さま“緊迫の食卓” 雅子さまから厳しい叱責「青いものだけでも食べなさい!」

2017年02月28日 | 政治社会問題
愛子さま“緊迫の食卓” 雅子さまから厳しい叱責「青いものだけでも食べなさい!」
週刊女性PRIME 2/27(月) 23:06配信

愛子さま“緊迫の食卓” 雅子さまから厳しい叱責「青いものだけでも食べなさい!」
1年前に公開された写真との比較
 皇太子さまの57歳のお誕生日の写真などが公開され、その“激ヤセ”ぶりで話題になっている愛子さま。そもそもなぜ、ここまでのお姿になってしまったのか。

【この記事のすべての写真を見る】

 新谷医院院長で摂食障害に詳しい精神科医の新谷太さんと、パークサイド日比谷クリニック院長で摂食障害が専門の立川秀樹さんは拒食症の可能性を指摘しているが、もしそうだとしたら……。

「拒食症の原因は、母子関係に問題があることが多いです。それは決して親からの愛情不足ということではありません。

 子どもは母親に対して、無意識に仕草や表情を通して“情緒信号”と呼ばれるものを発信します。“こうしたい、ああしたい”という信号を母親がきちんと受け取れていないことで、子どもに不満が募っていくことが拒食症につながることがあるのです」(立川医師)

 母親によっては信号に敏感ではなかったり、仕事に没頭していたり、家族の誰かが問題を抱えていることで気づけないことがあるという。

「雅子さまは適応障害という心のご病気ということもあり、余裕がない状態だったのかもしれません」(立川医師)

 療養から13年がたって最近は復調ぎみではあるものの、公務に出られない時期も長く、愛子さまの機微をとらえる余裕を持てなかったこともあったのかもしれない。

 一方で、愛子さまが学習院初等科時代にいじめが起こった際には、1年半以上も一緒に登校したり、校外学習にも付き添われこともあった。

 その「過保護」ぶりからは、娘との意思の疎通ができているようにも思える。

「先日の『冬季アジア大会』は“寒さ”と“日程の長さ”が理由で欠席されましたが、愛子さまのご体調を心配した面もあったのではないでしょうか」(宮内庁担当記者)

“激ヤセ”はいじめ問題の影響か
 しかし、立川医師によれば母娘の密着が問題ではないという。

「雅子さまが愛子さまの登校に付き添われていたのは、母子が一体となっているということなので、いいことだと思いますよ。しかし一緒にいるだけではあまり意味がなく、信号を受け取ることが大事なのです」

 子どもからの信号に気づけないことで母子のすれ違いが生まれると、子どもの“自我形成”がうまくいかなくなることにつながるのだという。

「自我がなければ、他人の発言に影響されやすくなります。愛子さまが昨年の夏ごろからおやせになっているところを見ると“やせていることが素晴らしい”という周りからの言葉に影響されたのかもしれません。自分が好かれるために相手の好きなことをするという意識になってしまうのです」(立川医師)

 愛子さまの“激ヤセ”について、初等科時代のいじめ問題が影響しているかもしれないと前出の立川さんは指摘する。

「いじめというのは理不尽で、自分ではコントロールできないものです。対して“やせるという行為”は、思春期の子どもにとって唯一、自分でコントロールできる行為であることも、やせ方を加速させてしまった原因なのかもしれません」(立川医師)

 昨年からの“公務”が増えたことも拒食症の原因のひとつではないかと話すのは、前出の新谷さん。

「お出ましになられた際に“きれいになられた”“大人っぽくなられた”などといった声がうれしくて“もっとやせよう”という気持ちになられた可能性はありますね」

 再来年には両陛下が退位される見通しが強いだけに、しっかりと公務をやり遂げる“内親王としてのプレッシャー”が生まれたのかもしれない。

雅子さまが厳しくお叱りに
 そんな中、お住まいでの“緊迫の食卓”の様子を東宮職関係者が明かしてくれた。

「昨年11月の2~3日間ほど、愛子さまはほとんど食事を召し上がらない時期がありました。皇太子さまは“作ってくれる方もいるのだから”と食べるように諭したのです。

 しかし、愛子さまは“それはわかっています”とお返事しただけで、なかなか食がすすまなかったそうです」

 両陛下や皇太子ご一家のお食事は、宮内庁の「大膳課」という料理担当者が調理するので皇太子さまとしては見過ごせなかったのだろう。

 父親の言葉にも耳を貸さない愛子さまに対して、ついに雅子さまも業を煮やされたようで、

「雅子さまは“青いものだけでも食べなさい”などとおっしゃったそうです。それでもなかなか言うことをお聞きにならず、厳しく叱ったこともあったとか……」

 例えば献立に「肉じゃが」が出た際に、ねぎや白滝はお召し上がりになっても、じゃがいもとお肉には手をつけられなかったという。

 また、愛子さまがなかなか自分の部屋から出てこられなかったこともあったという。

「11月のころを底だとしたら、現在は食べるようにはなりましたが、それでもおそばなどの食べやすいものだけを召し上がっています。お肉は今も口にされないそうです」(前出・東宮職関係者)

 一部では“炭水化物ダイエット”をしているという報道もあったが、肉類もお控えになっているとは……。

 今後も偏った食事を続けていると、いつか愛子さまのお身体にも支障をきたすことがあるだろう。拒食症ならば、どんな治療法があるのか。

「一般的に薬が処方されたり、精神療法が行われます。治療の基本は、まず家族面談という形でお話をうかがいます。親子関係に潜む病理をあぶりだし、家族が原因を共有することで団結して病気を治していけるように医療がお手伝いします。治療期間は10年、20年にわたる場合も珍しくありません」(新谷医師)

 昨春の『オール学習院の集い』では、友達と気軽に焼きそばやアイスクリームを買い、召し上がっていたが、そのころの愛子さまに戻ることはできるのだろうか─。



結論から書くと弟殿に次期天皇の座を譲るべきでしょう。

このような状況では<<天皇皇后陛下としての国家的な職務を遂行できない!!>>

これは一大事です。

日本の国体に関わる大問題です。

皇太子は、先日のマスコミインタビューで次期天皇に意欲とか、、、この方は、自分の家族の状況や日本国家について真剣に考えてるのでしょうか?


この件については、天皇皇后両陛下が助言すべきと考えます。




この記事をはてなブックマークに追加

豊洲問題 築地市場敷地も土壌汚染の恐れ 義務付けられた調査怠る

2017年02月28日 | 政治社会問題


豊洲問題 築地市場敷地も土壌汚染の恐れ 義務付けられた調査怠る
産経新聞 2/28(火) 14:45配信

豊洲問題 築地市場敷地も土壌汚染の恐れ 義務付けられた調査怠る

築地市場=17日午後、東京都中央区築地(本社チャーターヘリから、桐原正道撮影)(写真:産経新聞)
 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題をめぐり、築地市場(中央区)の敷地が土壌汚染されている可能性があるとの報告を都がまとめていたことが28日、関係者への取材で分かった。築地の敷地には戦後、ドライクリーニング工場が建てられ、有害物質を含む有機溶剤などを大量に使ったとみられることから、土壌汚染の可能性があると指摘しているという。豊洲移転の可否に関する小池百合子都知事の判断にも影響を与えそうだ。

 平成13年10月に施行された都の環境確保条例では、3千平方メートル以上の敷地面積がある土地を改変する場合、土地利用の履歴を調査して届け出るとともに、汚染の恐れがある場合に本格調査することを義務付けている。築地では条例施行以降、常設・仮設含めて複数の施設が建設されるなどの用地改変が行われたが、関係者によると、担当部局の中央卸売市場は新築に伴う土地の履歴・汚染調査をしてこなかったという。

 築地をめぐってはこれまで、仮設建築物35棟の使用許可を更新せず、約12年間、違法状態で放置していることが明らかになったほか、耐震強度不足の建物が6棟あることも確認された。市場当局の管理体制のずさんさが改めて浮き彫りとなった。

 関係者によると、幹線道路の環状2号建設に向けて、都が条例に基づき、築地市場などの道路予定地の履歴を調査した。調査では、築地の敷地には戦後、ドライクリーニング工場が建てられたことが判明。クリーニングに使用する有機溶剤の「ソルベント」が大量に使用された疑いがあるという。また、その後も給油所や車両整備工場があったことも確認。土壌汚染の疑いがあるとして、昨年3月に文書で報告したという。

 豊洲では地下水モニタリング調査で環境基準を超える有害物質のベンゼンなどが検出された。築地での汚染可能性が指摘されたことで、移転判断に向けては今後、それぞれの安全性の比較が必要になるとみられる。




豊洲に移転すればいいだけ、、、大騒ぎしてる時に書いてのだが<<都内で汚染されてないところなど殆ど無い>>

まあ、、豊洲の場合埋立地だから地震で液状化で同しようもない事態になるが<<誰も指摘しない=笑>>作ってしまった以上、使用するしか無い。

本当は、高速のインター直近の郊外に作ればよかった<<全国から海産物などが集まるので交通利便性や液状化など回避できるし、土壌汚染も回避できた>>

もう遅いわ。。。。。。



この記事をはてなブックマークに追加

中国、通報なく海底調査=岸田外相「極めて遺憾」

2017年02月28日 | 政治社会問題


中国、通報なく海底調査=岸田外相「極めて遺憾」
時事通信 2/28(火) 10:36配信

 岸田文雄外相は28日午前の閣議後の記者会見で、日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国が日本側への通報なく海底の調査を行っていたことを明らかにした。

 外相は「極めて遺憾だ」と述べ、中国側の対応を批判した。

 日中両国は海洋調査について、相互事前通報制度を設けている。外相は「毅然(きぜん)かつ冷静に対応していく」と述べ、活動が確認された場合は、海上保安庁の巡視船による中止要求や外交ルートを通じた抗議を行う方針を強調した。




戦後の腰抜けモヤシ民族は虐められ放題!!

イカンイカン、、、、、

どうしようもない腰抜け民族だ!!!



この記事をはてなブックマークに追加

身近な「サイコパス」から身を守るための知識

2017年02月28日 | 政治社会問題


身近な「サイコパス」から身を守るための知識
ニューズウィーク日本版 2/27(月) 20:11配信

<職場でも恋愛でも――。人の弱みにつけこみ、コントロールする技術をもつサイコパス。『サイコパス』はその謎を脳科学から解き明かす>

『サイコパス』(中野信子著、文春新書)は、脳科学者である著者が、なにかとわかりにくい部分の多い「サイコパス」の実態を、脳科学的な観点から明かした新書。

サイコパスとは何か。謎も多いだけに、いろいろと知識を身につけておきたいところだ。しかし、多くの人がまず知りたいのは、相手がサイコパスであるか否かを判断する基準ではないだろうか? そこで役に立ちそうなのが、著者が「はじめに 脳科学が明らかにする『あなたの隣のサイコパス』」で挙げているサイコパスの主だった特徴である。

・外見や語りが過剰に魅力的で、ナルシスティックである。・恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々として見える。・多くの人が倫理的な理由でためらいを感じたり危険に思ってやらなかったりすることも平然と行うため、挑戦的で勇気があるように見える。・お世辞がうまい人ころがしで、有力者を味方につけていたり、崇拝者のような取り巻きがいたりする。・常習的にウソをつき、話を盛る。自分をよく見せようと、主張をコロコロと変える。・ビッグマウスだが飽きっぽく、物事を継続したり、最後までやり遂げることは苦手。・傲慢で尊大であり、批判されても折れない、懲りない。・つきあう人間がしばしば変わり、つきあいがなくなった相手のことを悪く言う。・人当たりはよいが、他者に対する共感性そのものが低い。(7~8ページ「はじめに 脳科学が明らかにする『あなたの隣のサイコパス』」より)

こうした特徴を確認すると、「ああ、あの人はサイコパスっぽいな」と誰かのことを思い浮かべる人も少なくないはず。つまりはそれほど、サイコパスは身近な存在だということである。

ちなみにサイコパスに対し、飢餓に苦しむ人などの悲惨な画像を見せても、感情と関連する部分の脳は活性化しないのだそうだ。つまりはそれが、「共感性が低い」といわれるゆえんだろう。

 アメリカの国立精神衛生研究所(NIMH)に所属する著名な精神医学者ジェームズ・ブレア、デレク・ミッチェル、カリナ・ブレアの3人の著書である『サイコパス 冷淡な脳』によれば、他者の悲しみを目のあたりにしたとき、自律神経(循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経)の反応が、サイコパスは一般人よりも弱いのです。また、表情や音声から他者の感情を読み取る実験をおこなうと、「怒り」「喜び」「驚き」といった感情については一般人と同程度に読み取れるものの、「恐怖」「悲しみ」を察する能力には欠けていることがわかっています。(47ページより)

共感性が低いにもかかわらず、サイコパスが他者を騙して利用したり、詐欺を働くことができるのには理由がある。サイコパスは、相手の目つきや表情から、その人が置かれている状況を読み取る才能が際立っているというのである。



また興味深いのは、サイコパスが人の弱みにつけこみ、コントロールする技術を身につけているということだ。

――まず、相手に貸しを作る。お金で困っていたらお金を、人脈で困っていたら人脈を提供する。頼まれなくても親切にする。関係の初期段階ではとにかく「この人はいい人だ」「自分を助けてくれて、本当にありがたい」と思わせる。 ところが、ある程度の信頼関係ができたところで、脈絡なく、あるいは非常に些末なことでキレる。「あんなによくしてくれた人が怒ったということは、自分は何か悪いことしたのかな?」 本当は謝る理由はないのに、関係を維持するために謝っておこうかな、という気持ちに相手はなっていきます。 それを繰り返して、相手が下手に出て来たところで言いがかりや難癖をつけて「あんなによくしてあげたのに、どういうこと?」などと怒る。普通の人は、恩のある人物から嫌われたくないので、自分が悪いわけではないと思っていても、たいていは謝罪します。 するとまた態度を豹変させ、謝罪を受け入れるのです。そして「そうやって素直に謝ることができるのは、あなただけですよ」などと、相手の自尊心をくすぐるような持ち上げ方をする。(50~51ページより)

このようにアメとムチを繰り返し、被害者側の「怒られたくない」「嫌われたくない」という罰を回避する気持ち、「褒められたい」「またいい思いをしたい」という欲望を巧妙に刺激して、借りがある人にはなにかお返しをしなければならないという「好意の返報性」を悪用することによって、上下関係を完成させていくというのである。

実際のところ、職場や恋愛など、狭い人間関係のなかにおいてはよくありそうな話ではあるが、もしかしたらその相手はサイコパスだったのかもしれないということだ。極端な場合には、その人物の許可なしには行動できなくなってしまうというようなことさえ起こりうるという。

 サイコパスはこうしたテクニックを駆使して、人を操作していきます。冷徹に"カモ"の目や表情から心情の揺れ動きを読み取り、ここまではいじめて大丈夫、ビクビクしたところで相手のここを持ち上げれば"落ちる"、といったことをごく自然にやってのける能力を持っているのです。(52ページより)

ちなみにサイコパスには、「捕まりにくいサイコパス」(成功したサイコパス、勝ち組サイコパス)と、「捕まりやすいサイコパス」(成功していないサイコパス、負け組サイコパス)が存在するという。

【参考記事】サイコパスには犯罪者だけでなく成功者もいる



後者は、危険な存在ではあるものの、ためらいなく犯罪をおかしてしまうタイプなので悪事が発覚しやすい(捕まりやすい)のが特徴。しかし問題は、監獄ではなく、私たちの周囲にいる「勝ち組サイコパス」だという。彼らは他人をうまく利用して生き延び、容易にはその本性を見せないからである。

被害者からすればたまったものではないが、脳科学的な意味において、サイコパスの全貌が明らかになるまでには、まだまだ長い時間がかかるだろうと著者は記している。しかし現実に、サイコパスは100人に1人という、決して少なくはない社会の成員なのである。つまり私たちは、なんらかのかたちで周囲のどこかに潜んでいるであろうサイコパスと共存していかなければならないということになる。

 アメリカ・ルイジアナ州立大学法科大学院教授のケン・リーヴィは、サイコパスに刑事責任を科すべきか否かを問うています。サイコパスは理性的には善悪の区別がつくのに、情動のレベルでは犯罪行為が道徳的に間違いであることがわからないからです。罰金や懲役といった刑罰が、悪事や過激な行動をセーブする役割を果たさないのであれば、それを科すことの意味もまた、問い直されなければなりません。「反省できない人もいる」「罰をおそれない人もいる」という事実を、人はなかなか認めることができません。しかし、これは事実です。そして、罰をおそれない人間からすれば、反社会的行為を抑制するために作られた社会制度やルールは、ほとんど無意味です。 別の手段によってサイコパスの犯罪を抑制・予防する方向へ、発想を転換しなければなりません。(229~230ページより)

サイコパスの特徴は、どことなく先日ご紹介した「クラッシャー上司」に通じるものがあるような気もする。しかし、そうはいっても現実的に「どうすべきか」についての明確な答えが見出せないのである。

だとすれば、著者が本書で主張しているように、「あいつは遺伝的に危険だ」と機械的に排除するような風潮が高まることは、それ自体が極めて危険な行為だ。つまるところ、少なくとも現時点ではなんらかの形で彼らと共存していくしかないわけだが、だからこそ我々ひとりひとりが今後も考えていくべきことは多そうだ。

ところで本書を通じてサイコパスのことを知ると、多くの人が頭に思い浮かべるであろう人物のひとりがトランプ米大統領ではないだろうか。このことについて知りたいのであれば、著者が『文藝春秋』3月号に寄稿している「トランプはサイコパスである」を併せて読んでみることをお勧めする。こちらも、とても説得力のある内容になっている。


『サイコパス』
中野信子 著
文春新書


[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に、「ライフハッカー[日本版]」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、多方面で活躍中。2月26日に新刊『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)を上梓。



この記事をはてなブックマークに追加

「俺らの顔立てて~や」…傷害被害者を救急車から降ろす、山口組系幹部2人逮捕

2017年02月27日 | 政治社会問題
「俺らの顔立てて~や」…傷害被害者を救急車から降ろす、山口組系幹部2人逮捕
産経新聞 2/26(日) 19:11配信

「俺らの顔立てて~や」…傷害被害者を救急車から降ろす、山口組系幹部2人逮捕
神戸市灘区の山口組総本部(写真:産経新聞)
 車の通行をめぐるトラブルで4人を殴って負傷させたとして山口組直系組長ら3人が逮捕された傷害事件で、大阪府警捜査4課は26日、被害者に被害届の提出を断念させようとした強要の疑いで、指定暴力団山口組直系「大原組」幹部、金芳次(52)と、同組幹部の大井栄治(49)の両容疑者を逮捕したと発表した。ともに容疑を否認している。府警は暴力団の威光を背景にした悪質な犯行とみて、さらに捜査を進めている。

■事件のきっかけはクラクション

 傷害事件は昨年5月15日午前2時ごろ、大阪市生野区内で発生。スナックで酒を飲み、3台の車に分乗して移動しようとした山口組直系組長3人と、それぞれの運転手役だった暴力団組員3人の計6人が、同市内に住む40代男性が運転する車にクラクションを鳴らされ、激高したことがきっかけだった。

 6人は男性を車から降ろして近くの駐車場で取り囲み「(山口組の)直参にけんか売ってどうなるか分かってるんやろうな」などと脅迫。男性のほか、騒ぎを聞いて駆けつけた家族や知人ら3人を殴り、けがを負わせたとされる。

 4人にけがを負わせた山口組直系組長は「極粋会」会長、森尾昇(59)▽「早野会」会長、鈴川憲司(48)▽「中島組」組長、里照仁(57)-の3容疑者。今月23日、運転手役の3人とともに暴力行為処罰法違反や傷害の疑いで府警に逮捕された。

 当時、現場には警察官や消防隊員も駆けつけて状況を確認していたが、直系組長らの逮捕まで9カ月以上も要したのには理由があった。

■突如登場、別の直参

 府警によると、直系組長らに殴られた4人のうち、最もけがの程度が重かったのは、クラクションを鳴らした男性の家族だった40代女性。救急隊員から応急処置を受け、救急車で病院へ搬送されるはずだったが、突如姿を見せた山口組直系「大原組」の幹部2人が、“圧力”をかけたという。

 大井容疑者(49)は女性に対し「俺ら大原の顔を立ててーや。このまま病院行ったら街から追い出すで」と救急車から降りるよう指示。男性には「このまま警察に被害届出したらお前ら家族住めんようにしたるからな」と脅した。

 さらに、大井容疑者よりも組で役職が上位の金容疑者は、「大原の顔に泥を塗るな。言うこと聞けへんのやったらホンマに出ていってもらうからな」と追い打ちをかけていた。

 大原組は同区内に本部を置く地元の暴力団組織。のちに、女性は全治3週間の打撲と判明したが、当時は金容疑者らに屈する形で救急車を降り、現場を立ち去ったとされる。

 その後、捜査員の度重なる説得を受け、昨年11月に被害届を提出。府警は、直系組長ら6人の逮捕と同日の今月23日に強要の疑いで大井容疑者を逮捕し、26日に金容疑者を逮捕した。

 捜査幹部は「暴力団幹部に脅されたら、普通の人はなかなか抵抗できない。悪質な犯行であり、逮捕した暴力団幹部を厳しく追及する」としている。

この記事をはてなブックマークに追加

<ライオン襲撃>来園した親子の目の前で

2017年02月27日 | 政治社会問題


<ライオン襲撃>来園した親子の目の前で
毎日新聞 2/27(月) 10:41配信

<ライオン襲撃>来園した親子の目の前で
女性職員を襲ったとみられる雌のライオン=小諸市動物園で2014年5月25日、武田博仁撮影
 長野県小諸市丁の市動物園で26日、嘱託職員で飼育員の大井沙耶香さん(22)がライオンに襲われ重傷を負った事故は、来園した親子の目の前で起きた。事故を受け、市は動物園を急きょ閉園とし、職員が対応に追われた。

 同日、記者会見した小泉俊博市長は「子供が訪れ、安全を確保しなければならない場所で、このような事故が起こってしまい、ご家族や市民におわびします」と謝罪した。

 市などによると、獣舎は室内居住室とオリのある屋外に分かれ、雌の「ナナ」(15歳)1頭だけがいる。大井さんは清掃しようと獣舎に入ったという。午前9時半ごろ、子供と来園した女性が屋外側で襲われたところを目撃し、園内の男性職員に知らせた。男性職員が駆けつけると、大井さんは血を流してあおむけに倒れていた。ライオンは大井さんの右足をかみ、オリから室内につながる通路まで引きずったという。別の男性職員がライオンに放水し、救出した。

 室内と屋外間には二つの扉があるが、手動扉が開けられ、自動扉は半開きになっていたという。大井さんが獣舎に入った際、閉まっていたかは不明。市は安全を確保するまで当面、休園にする方針。



この記事をはてなブックマークに追加

子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会

2017年02月27日 | 政治社会問題


「子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会
カナロコ by 神奈川新聞 2/25(土) 18:15配信

「子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会
県が補助金交付を留保した問題で開かれた集会=神奈川朝鮮中高級学校
 【時代の正体取材班=石橋 学】朝鮮学校に通う子どもたちの学費補助金の交付を県が留保している問題で保護者や学校関係者らは24日、集会を開いた。民族教育を守ろうと会場の神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)には卒業生も含め約200人が集まった。

 3人の子どもを通わせているオモニ(母親)会の白(ペク)珠妃(チュビ)さん(47)は「民族の尊厳の問題。子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい。大人たちが何とかしなければ」と呼び掛けた。

 県は拉致問題の記述が教科書にないことを留保の理由にしているが、「神奈川朝鮮学園を支援する会」の佐々木克己元事務局長は「補助金は県が保護者に出すもので、第三者の学校を理由にするのはおかしい」と矛盾を指摘。

 「日本で暮らし続ける子どもたちのため日本のことも教えている朝鮮学校は、どの外国人学校より日本の学校に近い。他の外国人学校は補助が出て、朝鮮学校だけ補助されないのは理解できない」と話した。



不法入国して寄生する明らかに敵国の朝鮮エベンキ族。

今まで腰抜け二ホンが甘やかして恫喝されると銭を出していたので、こうなった。



この記事をはてなブックマークに追加

桜井誠氏が日本第一党を結党「政権を取ったら韓国と断交する」 神奈川新聞の記者に向かって「北朝鮮の批判をしてもヘイトかい?」

2017年02月27日 | 政治社会問題


桜井誠氏が日本第一党を結党「政権を取ったら韓国と断交する」 神奈川新聞の記者に向かって「北朝鮮の批判をしてもヘイトかい?」
産経新聞 2/26(日) 18:39配信

 市民団体「行動する保守運動」代表、桜井誠氏(44)が党首を務める政治団体「日本第一党」が26日、東京都内のホテルで結党大会を開いた。

 同党によると、出席者は約270人。26日現在の党員数は全国で約1600人だという。

 桜井氏は就任あいさつで「政権をとったら韓国と断交する」と断言した。

 桜井氏は「外国人参政権をよこせというデモが数寄屋橋であったとき、反対するために集まった人数はたったの20人くらい。今は300人くらい集まるようになった」と述べ、「世の中を変えるのは、ここにいる皆さんだ。外国人が生活保護を受け、日本人が餓死するような社会ではいけない」などと述べた。

 「腹違いの兄貴を平気で殺す。人を殺すことに金正恩(朝鮮労働党委員長)は良心の呵責を感じない」と述べた上で、桜井氏の活動を「ヘイトスピーチ」と批判している神奈川新聞の石橋学記者に向かって「これに抗議しても差別なんでしょ」と挑発した。

 「世界はグローバリズムから自国第一主義に向かっている。4年後は東京ドームを満員にするほど党勢をを拡大させたい」などと語った。

 都議選で数人を出馬させる意向を示していたが、これまでのところ、立候補予定者は1人で「我こそと思う人は立候補してほしい」と呼びかける一幕もあった。



この記事をはてなブックマークに追加

楽しかった集団がなぜ…? ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるとき

2017年02月27日 | 日記


楽しかった集団がなぜ…? ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるとき
All About 2/26(日) 21:15配信

楽しかった集団がなぜ…? ママ友ワールドが「ママ友地獄」に変わるとき
楽しくもあり、わずらわしくもあるのが「ママ友」のお付き合い。ママ友トラブルはなぜ発生するのでしょうか?
◆楽しかった集団がなぜ「ママ友地獄」に!?
以前、芸能ファミリー同士のママ友バトルが話題となり、ママ友同士の感情的なトラブルはいつの時代でも、変わらずに生じる普遍的な問題だとつくづく感じています。

なぜ当初は楽しかったはずのママ友ワールドが、いつの間にか「ママ友地獄」に変わってしまうのでしょう? そこには、子育て中の主婦のお付き合いに多いトラブルポイントがあるからです。

主として外に働きに出かける夫と異なり、地域の中で子どもの世話に追われながら生活するのが、多くの主婦の日常。そんなとき、子育てに不安を抱えた母親たちは、自分と似た価値観や境遇にある「ママ友」とのつながりを持つことで、安心・安全を感じることができます。

特に、年齢や境遇、感性が近い人の方が接点が多く、安心・安全を感じやすいため、ママ友集団では「似たカラー」の人が自然に集まるようになります。とはいえ、似たような人が集まれば、その中では微妙な優劣差や感情的な葛藤を感じやすく、小さなトラブルが発生しやすくなるのも、集団の常です。

◆「似たカラー」の集団で起こりがちなこと
そんな「小さなトラブル」の一つが、カラーに合わない異分子を排除すること。集団の雰囲気を乱す人が加わると、その人から距離を置き、関わりを持たないようにする空気が生まれます。

たとえば、「やっぱり幼稚園バッグは、手作りじゃなきゃね」という優等生風のママが多数の集団の中で、うっかり「面倒くさいじゃん。既成品じゃダメなの?」などという意見を述べる人が加わると、「カラーの合わない人」「空気を読めない人」として距離を置かれて(=排除されて)しまったりします。

また、「似たカラー」の人が集まっているだけに、少しでも秀でた人に対するジェラシーも発生しやすくなります。「みんなよりちょっとお金持ち」「みんなよりちょっと高学歴」「子どもが他の子よりちょっと目立つ」といった要素は、集団のジェラシーを買う格好の材料になります。

最初は「カッコいい」「うらやましい」と思っていた感情が、いつしか「お高く止まってない?」「上から目線じゃない?」といったマイナス評価に変わり、気がつけば、噂のターゲットをスケープゴートにしてしまうことも、少なくありません。

さらに、集団の中には微妙な「序列」も発生しがちです(ママ友集団では、俗に「ママカースト」と呼ばれます)。発言力の強いママの意見には何となく逆らえず、睨まれないようにと気を使う一方で、甘く見られそうなママ、気の弱そうなママには、冗談まじりにチクッと失礼なことを言ったり、からかったりするなどして、カースト下位に転落しないように操作する、といったようなことが起こりがちです。

◆深そうに見えて浅いママ友つながり
夫の不在中、1人で子どもを保護しながら生活する主婦にとって、同質性と共感性でつながったママ友ワールドは、命綱と思えるほど大切に感じられるものかもしれません。

特に、夫との関係に溝ができていたり、近くに実家や他の友人がいない場合には、「ママ友こそ分かり合える関係」と過剰にのめりこんでいく人もいるでしょう。

とはいえ、ママ友付き合いは深そうに見えて意外に浅く、時がたてば疎遠になっていくのが常です。成長とともに子どもの個性が分かれると、母親の都合で子どもを一緒に行動させることが難しくなりますし、小学校に入ればお迎えがなくなり、保護者活動も少なくなり、ママ友と顔を合わせる機会は少なくなっていくからです。

その他、引っ越しや勤務の開始などで、メンバーが抜けたり、みんなで集まる機会が減っていけば、集団の凝集性は崩れていきます。

こうして、「子ども」で結び付いたママ友ワールドは、意外にあっけなく終わっていくことが少なくありません。お付き合いし続けても、しだいに「子どもの成績」「受験」「進路」「生活水準の変化」などを巡って微妙な感情が生まれやすく、子どもが幼い頃のような「共感」の関係は、持続しにくいのです。

いっとき「同じ」と感じていたママ友とも、いずれはライフスタイルの変化、子どもの個性の変化に合わせて、「違い」を感じていくもの。あらかじめ「そういうものだ」と想定しておけば、熱くなりすぎず、ほどよい距離感で、楽しく柔軟に付き合っていけるのではないでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

2017年02月25日 | 政治社会問題
産経新聞 2017.2.24 17:35更新


「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

のりこえネット共同代表の辛淑玉氏が講演で「爺さん、婆さんは嫌がらせをしてきて下さい」と話している場面の動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)のりこえネット共同代表の辛淑玉氏が講演で「爺さん、婆さんは嫌がらせをしてきて下さい」と話している場面の動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)のりこえネット共同代表の辛淑玉氏が講演で「爺さん、婆さんは嫌がらせをしてきて下さい」と話している場面の動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影)


 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。


質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

 我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(WEB編集チーム)

この記事をはてなブックマークに追加

米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出

2017年02月25日 | 政治社会問題


米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出
産経新聞 2/25(土) 8:19配信

米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出
米西部グレンデール市内に設置された慰安婦記念像(黒沢潤撮影)(写真:産経新聞)
 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去をめぐり、地元の日本人たちが米連邦最高裁での上告審を求めていることについて、日本政府が「請求は認められるべきだ」との見解を表明した意見書を連邦最高裁に提出したことが24日、分かった。日本政府が連邦最高裁に第三者意見書を提出することは異例。米国内で相次ぐ慰安婦像・碑の設置に関し、日本政府の意見表明の機会になると判断したようだ。

 像の撤去を求めているのは、現地在住の目良浩一氏と日系住民らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」。地方自治体であるグレンデール市が慰安婦像設置を通じて外交問題に関して立場を表明することは、外交における全権を連邦政府に付与した米国憲法に違反するとして、2014年2月、連邦地方裁判所に像撤去を要求する訴訟を起こしたが、地裁と高等裁判所で敗訴。今年1月に最高裁に請願書を提出している。

 日本政府の意見書は今月22日付で連邦最高裁に提出された。意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」と主張した。

 また、慰安婦像脇の碑文に「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」などの事実と異なる文言が記されていることに関しても言及。州や地方自治体に外交分野における表現の自由を認めれば「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」と指摘した。

 さらに「慰安婦問題は日韓間の敏感な問題であり、米国の矛盾する判断によって混乱が生じかねない」とも訴えた。



この記事をはてなブックマークに追加

職業別給料ランク発表 1位は「パイロット」に

2017年02月25日 | 政治社会問題


職業別給料ランク発表 1位は「パイロット」に
AbemaTIMES 2/24(金) 15:33配信

職業別給料ランク発表 1位は「パイロット」に
職業別給料ランク発表 1位は「パイロット」に
 フルタイムで働く労働者のうち、昨年の平均月給が最も高かった職業は6年連続で飛行機のパイロットだったことが分かった。

 厚生労働省によると、フルタイムで働く一般労働者の昨年6月分の平均月給は前の年と変わらず、30万4000円となったという。男性の33万5200円に対し、女性は24万4600円と7割程度だが、ここ数年、女性の賃金は上昇傾向にあり、比較ができる1976年以降で最も高かったという。

 職業別の月給では6年連続で飛行機のパイロットが149万3300円と最も高く、次いで医師が85万8900円、歯科医師が67万6400円と続いた。一方で、老人ホームの職員を含む福祉施設介護員は21万5200円、保育士は21万5800円といずれも全体の平均を9万円近く下回る結果となった。

 職業別平均月収(厚労省調べ)
・1位 パイロット 149万3300円
・2位 医師 85万8900円
・3位 歯科医師 67万6400円
・4位 大学教授 65万5600円
・5位 大学准教授 52万8600円
・6位 弁護士 48万9100円
・7位 掘削・発破工 47万2400円
・8位 公認会計士、税理士 46万5700円
・9位 大学講師 44万800円
・10位 客室乗務員 43万4500円

 パイロットが6年連続で1位となっている理由については、航空機路線の増加・格安航空会社の参入などによる世界的なパイロット不足から起こる給料増加などが挙げられる。(AbemaTV/原宿アベニューより)




政治屋とマスゴミ関係が無いじゃないか。

知事や市長、国会議員など2500~3500万の年収で他に色々な手当がつく!

マスゴミも平均年収2000万くらい、、売国公共放送NHKは平均1600万だ!!

愚民先導師のマスゴミ、、、、


この記事をはてなブックマークに追加

元知事に億単位の年金を払うナイジェリアに援助

2017年02月25日 | 政治社会問題


元知事に億単位の年金を払うナイジェリアに援助


http://tobiafra.blog.fc2.com/blog-entry-166.html


ナイジェリアでは、退職した州知事・副知事らに億単位の年金が
支払われているそうです。
http://www.vanguardngr.com/2017/01/how-states-spent-n37-367bn-on-pensions-of-47-ex-govs-deputies/


最高額は北部(イスラム圏)のバウチ州で、
4年間で231.8億ナイラ(当時のレートで約100億円)!

退職後も車を支給され、警察や警備も複数ついているそうです。
これは他の州もご同様ですが。

在職中、身に覚えがあるので、警備が必要なわけですね。

ナイジェリアは政党の候補者に認定してもらうために、
多額の献金や他候補の選挙支援をし、
知事就任後は不正蓄財に邁進します。

後継者になるのに前任者から支援してもらえば、
多額の退職金や、その後も誕生日祝いの寄附などします。

前任者の不正が追及されず、汚職がひどくなる一方なのは、
こんな背景があるからなのです。

ラゴスでは有力候補が暗殺されたこともありましたが、
当時の知事がやらせたと言われ続けて、10年以上。

権力を握った側の悪事は処罰に至らないのです。

下手に動くと、自分の命がないので。

年金が多額なんてことは、まだかわいいものかもしれません。

私達に刺客を送り続けてきた元アダマワ知事など、
不正額は数百億円ですから。

nyako with mistress
(4人の妻以外に10代の愛人も複数――プライベートジェットで旅行へ)


嘆かわしいのは、アフリカ援助の一環で、こんなナイジェリアにも
「厳しい財政状況のため」
と、日本の税金もつぎ込まれていることです。

ユニセフ経由で人道援助や予防接種費用などなどを援助しているほか、
https://www.unicef.org/nigeria/media_6538.html

単独でも、年金最高額のバウチ州を例にとると、井戸を寄附。
Japan Donates 13 Boreholes to Communities in Bauchi State (2013年)
http://allafrica.com/stories/201302280562.html

borehole.jpg


井戸そのものの経費以外に、日本から派遣される人員の
コストもバカになりません。

アパートやホテル代だけで一人毎月30万円以上だったり。


電力供給の費用も寄附されています。

バウチと周辺3州の電力化のため、2000~2003年に総額2920万ドル寄附。
Japan -Nigeria Relations: The Aid Impact

 (2)地方電化計画

 ナイジェリアの地方農村部では、集落ごとに独立電源による電力の供給が行われていたが、燃料費・部品の手当や日常的な維持管理が実施できず、供給電力の質の低下、電力供給の時間制限が著しくなり、電力供給が停止することもみられるようになった。その結果、地方農村部の電化率は極めて低くなっている(ナイジェリア全体の電化率は約35%)。このためナイジェリア政府は、地方農村部に中長期的に質の良い安定した電力供給を行うため、これまでの独立系電源に比して維持管理が容易であり、料金徴収システムが確立されている既存送電網に地方農村部を連結し、電化を行うことを計画しているが、厳しい財政状況のため、実施が困難な状況にある。

 このような状況の下、ナイジェリア政府は、特に電化率が低い、ナサラワ州アウェ町およびケアナ町、バウチ州ボゴロ町、ゴンベ州カッシンギ町、ボルノ州ダマサク町の5地区における「地方電化計画」を策定し、この計画を実施するための送配電用資機材の調達に必要な資金につき、わが国政府に対し無償資金協力を要請してきたものである。

 この計画の第3期実施により、未電化であったボルノ州ダマサク町が電化され、第1期・第2期において実施されたナサラワ州アウェ町およびケアナ町、バウチ州ボゴロ町、ゴンベ州カッシンギ町とあわせ、対象地区における9万8,300人の住民に対して24時間の安定した電力供給が可能となり、対象地域の経済・社会開発に大きく資することが期待される。


http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/h_14/020711_3.html

当時、大統領は兆円規模で収奪していたのに、「厳しい財政状況のため」。


他の州でも日本は学校の校舎を寄附、人道援助、インフラ整備の支援・・・


産油国ナイジェリアで、激しい収奪のために、
庶民のインフラに回すお金がないからといって
寄附し続けるべきなのでしょうか。


超成金生活をしているナイジェリアの政治家にとって
小遣い程度の寄附では、国連で日本を安保理常任理事国に強く推すほど
感謝しているでしょうか。

中国さまからもお金がばら撒かれていますし。


砂漠にひしゃくで水を撒くようなものであっても、
援助する側は、多少とも現地住民の生活が向上すれば
よしとするのでしょうか。



この記事をはてなブックマークに追加

(朝鮮日報日本語版) 金正男殺害:「LOL」Tシャツ女、複数の韓国人男性と交際

2017年02月24日 | 政治社会問題


(朝鮮日報日本語版) 金正男殺害:「LOL」Tシャツ女、複数の韓国人男性と交際か
朝鮮日報日本語版 2/24(金) 9:31配信

(朝鮮日報日本語版) 金正男殺害:「LOL」Tシャツ女、複数の韓国人男性と交際か
(写真:朝鮮日報日本語版)
 北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、実行犯とされるベトナム国籍の女ドアン・ティ・フオン容疑者(28)のものと見られるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」のアカウントが発見された。このアカウントには韓国ビビンバの写真やハングルが掲載されているとロイターが22日(現地時間)、報道した。

 ロイターがフオン容疑者の家族に確認したフェイスブックのアカウントには、韓国料理の写真が掲載されており、ハングルの子音字が書かれていた。フオン容疑者は先月15日、ビビンバと見られる料理の写真を掲載した後、「私はあなたのために料理する」と英語で書いた。また、今月9日には自身の写真と共に「人生は食べ物だ。私はすごくたくさん食べられる」と英語で書き込み、韓国語で笑を意味するハングル文字を付けている。フオン容疑者のフェイスブックの友達65人のうち、27人が韓国人と推定されるとロイターでは報道している。

 フオン容疑者は犯行の2日前だった今月11日、空港近くで「私はもっと寝たい。あなたのそばで」と書き込んでいる。犯行当時に着ていた「LOL」Tシャツと見られる服で撮った写真もあった。

 ロイターは、フオン容疑者が昨年6月にベトナムで親族の名前を借りて、ベトナムのテレビ局のアイドル・オーディション番組に出演したとしている。この日、動画投稿サイト「ユーチューブ」にはフオン容疑者が歌を歌っている30秒間の動画も掲載された。

 朝日新聞は23日、フオン容疑者の友人の話として、「フオン容疑者はコリアン(韓半島〈朝鮮半島〉出身)の男性と交際していた」と報道した。フオン容疑者と最近まで同じ部屋に住んでいた友人の女性は「フオン容疑者は事件の1週間ほど前、男性と一緒に『韓国の済州島へ行く』と話していたと明かした」と報じた。ただし、同紙はフオン容疑者の友人が語った「コリアン」の男性が北朝鮮の男性なのか、韓国の男性なのかははっきり書いていない。

 韓国捜査当局は、フオン容疑者が昨年11月初め、済州国際空港にノービザ入国して4日間済州島に滞在し、当時20代の韓国人男性がフオン容疑者の身元保証人になっていたことを把握、捜査を進めている。



この記事をはてなブックマークに追加

正男氏殺害 マレーシア人男を逮捕=住居から化学物質発見

2017年02月24日 | 政治社会問題



金正男氏殺害 マレーシア人男を逮捕=住居から化学物質発見
聯合ニュース 2/24(金) 9:48配信

金正男氏殺害 マレーシア人男を逮捕=住居から化学物質発見
23日、マレーシアの北朝鮮大使館前で警戒に当たる現地警察=(聯合ニュース)
【クアラルンプール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件を捜査しているマレーシア警察当局は、この事件に関与しているとみられる現地の30代の男を逮捕した。現地紙「ザ・スター」が24日伝えた。

 現地警察は22日夜、クアラルンプール市内のコンドミニアムで30代のマレーシア人の男を逮捕し、近くの別のコンドミニアムから化学物質と多数の手袋、靴を押収した。

 現地警察はこの男がすでに逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者と関係がある可能性を調べているが、この男が正男氏の殺害にどのような形で関与したかは具体的に伝えられていない。

 マレーシア警察はすでに逮捕された容疑者の取り調べ過程でこの男の身元を把握し、逮捕したとされる。

 警察関係者は「このマレーシア人の男が化学関連の専門知識を持っている可能性を排除しない」と話した。

 化学物質が発見されたコンドミニアムには家財道具などが放置されており、急いでその場を後にした痕跡があったと伝えられた。

 今回の事件と関連して、警察はこれまでに北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者とベトナム、インドネシア国籍の女2人の計3人を逮捕して取り調べている。

 主犯格の北朝鮮国籍の容疑者4人は犯行当日の13日、正男氏がクアラルンプール国際空港で毒物による攻撃を受けた直後に出国して平壌に逃走。同じく容疑者とされる北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と北朝鮮の航空会社・高麗航空のキム・ウクイル職員は現地の北朝鮮大使館に潜伏しているとされる。



この記事をはてなブックマークに追加