独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

韓国被爆者ら、米政府に「謝罪と賠償を」 調停申し立て

2017年08月07日 | 朝鮮エベンキ族
韓国被爆者ら、米政府に「謝罪と賠償を」 調停申し立て
8/4(金) 22:41配信 朝日新聞デジタル
 広島への原爆投下をめぐり、韓国の被爆者や被爆2世らが3日、米国政府を相手に、原爆投下を「違法行為」と認めて謝罪し、賠償するよう求める民事調停を韓国南部の大邱(テグ)地裁に申し立てた。不調に終われば、訴訟に踏み切り、米国の原爆投下に対する責任を、司法の場で問う方針だ。

 調停を申し立てたのは、5歳の時に広島で被爆した釜山市在住の李曲之(イゴクチ)さん(77)、両親が広島で被爆した韓正淳(ハンジョンスン)さん(58)=大邱市=ら。昨年5月の米オバマ大統領(当時)の広島訪問で「原爆投下への謝罪の言葉」がなかったとして、準備を進めてきた。

 申し立てでは、米政府が原爆投下は「違法行為」だったと責任を認める▽米国が保有する被爆者に関する情報を公開し、謝罪する▽被爆者らの実態調査をし、被害回復のための財団を設立して損害賠償する――ことを請求。原爆を投下したB29爆撃機エノラ・ゲイを製造したり、原爆開発で核物質製造に関わったりした米企業3社も相手にしている。

 同時に、韓国政府に対しても、韓国の被爆者らが日本に損害賠償を求める権利があると確認するため、日本政府と交渉するよう申し立てた。韓国の憲法裁判所は2011年8月、韓国人被爆者らの賠償請求権をめぐって韓国政府が日本と交渉しないのは「違憲」と決定している。

この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、米に「最終手段辞さず」=安保理決議に反発

2017年08月07日 | 朝鮮エベンキ族


日本を朝鮮テロ支援国家に指定して下さい!!

こいつらは国内に朝鮮学校を作らせ資金支援や優遇支援をしています。

さらにパチンコを国内広く認めて北に送金させています。



北朝鮮、米に「最終手段辞さず」=安保理決議に反発
8/7(月) 16:05配信 時事通信
 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮は7日、政府声明を発表し、国連安保理で新たな制裁決議が採択されたことについて、「全面排撃する」と強く反発した。

 その上で、「米国がわれわれを圧殺しようとする無謀な試みをやめず、軽挙妄動するならば、いかなる最終手段もちゅうちょしない」と警告し、米国の圧力強化に対してさらなる軍事挑発を示唆した。

 2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて、安保理が5日に採択した制裁決議をめぐり、北朝鮮が反応したのは初めて。北朝鮮は声明で米国への対抗意識を強く打ち出し、決議を米国による「でっち上げ」と批判。「断固とした正義の行動に移る」とけん制した。 



この記事をはてなブックマークに追加

正義記憶財団、「慰安婦」被害者ハルモニたちの念願を込めたリストバンド製作

2017年08月07日 | 朝鮮エベンキ族


朝鮮エベンキ族のキ印、、、

大きいところでは1,国の名前を<<慰安婦>>に変更する。2,さらに国際空港を<<慰安婦空港>>

小さいところでは1,慰安婦まんじゅう 2,慰安婦せんべいなど名物化する。



正義記憶財団、「慰安婦」被害者ハルモニたちの念願を込めたリストバンド製作
8/7(月) 7:10配信 ハンギョレ新聞
正義記憶財団、「慰安婦」被害者ハルモニたちの念願を込めたリストバンド製作
「慰安婦」被害者のハルモニたちの願いを込めたリストバンド=正義記憶財団フェイスブックの画面キャプチャー
正義記憶財団、七色のリストバンドを公開  「オレの心は負けてない」など刻み 後援者に提供し、水曜集会で販売も
 「日本軍性奴隷制問題の解決のための正義記憶財団」(以下正義記憶財団)が「慰安婦」被害者のハルモニ(おばあさん)たちの願いと意志などの証言を込めた七色のリストバンドを製作して公開した。正義記憶財団は今月4日、フェイスブックに白、オレンジ、黄、水色など七色のリストバンドの写真を掲載した。

 写真によると日本に勤労挺身隊として連行され、「慰安婦」被害者となった故金学順(キム・ハクスン)さんの「被害者がここに生きています」という証言が白の腕輪に刻まれている。

 オレンジ色の腕輪には日本に居住している宋神道(ソン・シンド)さん(94)の証言が盛り込まれたが、ソンさんは「オレの心は負けてない」というメッセージを残した。

 キム・ボクトンさん(92)の「私たちのような被害者が生まれてはならない」という願いは紫色のリストバンドに、「全世界の人々に私たちの問題を知ってもらいたい」というキル・ウォノクさん(89)の願いは空色のリストバンドに刻まれた。リストバンドに書かれたハルモニの証言はキルさんの手書きの文字だ。

 尹美香(ユン・ミヒャン)正義記憶財団常任理事は6日、ハンギョレとの電話インタビューで「歴史の中でハルモニたちが言った言葉とメッセージを記憶する方法を模索していたが、被害者証言の中から意味のある言葉を選んでリストバンドに刻み込むことにした」と明らかにした。

 リストバンドの七色は、「慰安婦」被害者の尊厳と尊さ(紫色)は、市民たちの希望と連帯(黄色)や調和(オレンジ色)、生命(緑)、平和(空色)が重なり合って成り立つことを意味するという。リストバンドは正義記憶財団の後援者たちに提供される。今月7日からは正義記憶財団のホームページ(foundationforjustice.org)とソウル鍾路区(チョンノグ)旧在韓日本大使館前で毎週水曜日に開かれる水曜集会の現場で販売される。

パク・スジン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)



この記事をはてなブックマークに追加

・・・アルツハイマー、歯周病が誘発 九州大がメカニズム解明、関与の酵素特定

2017年08月07日 | 日記
アルツハイマー、歯周病が誘発 九州大がメカニズム解明、関与の酵素特定
8/7(月) 11:25配信 西日本新聞
アルツハイマー、歯周病が誘発 九州大がメカニズム解明、関与の酵素特定
武洲・准教授
 歯周病がアルツハイマー病を誘発するメカニズムを、九州大大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)・准教授(神経免疫学)の研究グループが解明し、関与している酵素を特定した。歯周病とアルツハイマー病の相関関係は近年、患者の状況や脳の解剖から指摘されているが、どういった過程をたどるのかは未解明だった。酵素の働きを止める薬や食品を開発できれば、アルツハイマー病の発症や症状悪化を食い止められる可能性がある。

 6月中旬、オランダの科学誌電子版に研究成果を発表した。

 先行研究で、アルツハイマー病患者の脳から歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」が見つかっている。グループはマウスにこの菌を毎日少量ずつ5週間にわたって投与して歯周病状態にしたところ、投与していないマウスに比べて認知機能が低下。脳内にアルツハイマー病特有の炎症や老人斑が認められた。

 さらに、投与したマウスの脳内で「カテプシンB」と呼ばれる酵素が増大していることに着目。遺伝子操作でカテプシンBをあらかじめ欠損させたマウスに菌を投与すると、認知機能低下などアルツハイマー病特有の症状や脳炎症などは起こらなかった。

 培養皿上でもこうした過程の再現に成功。カテプシンBが脳内での炎症作用を促す一方、老人斑の生成にも関わっていることを突き止めた。

 グループは、カテプシンBの働きを阻害する食品の開発に向け研究を始めている。武准教授は「食品や薬の開発には長い年月がかかる。まずは若いうちから口腔(こうくう)ケアをして歯周病を予防することが、アルツハイマー病予防にもつながる」と話している。

この記事をはてなブックマークに追加