迷走日報。。。

競艇・競輪・オートレース…博多の小バクチ打ちが綴るグダグダ日記です。目標は毎日更新。

博多の山(26)

2016年05月15日 | 福岡のデカ盛り
これを「大野城の思い出作り」にするか、デカ盛のカテゴリーにするか、最後まで悩んだが…
国道3号線立花寺の信号近くにあるお店。「たちばなでら」ではなく「りゅうげじ」と読む。
うどん屋なんだが。一見さんお断りみたいな雰囲気を醸し出す店構え、1人で入店するのには度胸がいるかも。
頼んだのは当然看板商品である「どんめん」である。


それなんでんねん うどんでんねん うどんのおつゆなんでんねん どんでんでんねん ではなく…
どんめんでんねん。うどんの麺にちゃんぽんの具、そして売りは直径38cmもあるでっかい丼だ!
容量は?って、見りゃわかりますよね。こまどりうどんのジャンボ丼以上ときたもんだ。


山はさほどでもないが、器がでかいので量は十分。
ツユの味はさっぱりしていて、麺は博多のうどん恒例の柔らかめ。野菜も十分摂取できるとあって十分満足。


普段のどんめんは800円だが、この時は熊本震災の直後。よって男気価格。素晴らしいと思いました。

◎峰松本家 本店
住所:福岡市博多区立花寺1丁目9-34
電話番号:092-503-3687
営業時間:11:00~21:00
定休日:元日

~おまけ~
どんでんのCM

坂田利夫と岡田彰布による掛け合い漫才風CM。このCMが元で、いまでも岡田氏は「どんでん」扱い…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多の山(25)

2016年02月06日 | 福岡のデカ盛り
年イチ更新今年も健在。ブログの更新をサボっていても、このコーナーがあるおかげでアクセスして下さる方がいる。
しかし、このコーナーは毎回己の胃袋と血液検査との戦いでもある…文字通り「キラーコンテンツ」ではなかろうかと。

今回の店は自宅の近所にあった。自分が知らないうちに、いつのまにか出来てたというか…
サテいきなりだがここでクエスチョン。伊万里と聞いて想像するものは何か?
おそらく99%の方が「伊万里焼」と答えるのではなかろうか。それ以外思いつかないし。
残り1%の方が「伊万里ちゃんぽん」と答えるか否か。今回行った店は、その伊万里ちゃんぽんのお店。
…っていうか、伊万里ちゃんぽんって初耳なんですけど?


今回注文したのは、この「富士山ちゃんぽん」ヒュー!早くも伊万里ですらねぇ!”ふじさん”じゃないからセーフって事か?
1,300円と値が張るが、まぁここは目を瞑って。井手の両盛りも980円ですし。


注文してから5分で富士山ちゃんぽん到着。大きさは井手よりデカイ!


山っぷりも見事なものです。富士山を名乗るだけの事はある。具沢山で食い甲斐も十分。
肝心の味だが、豚骨風味だが若干甘め。井手のとはチョイと違う。これが伊万里ちゃんぽん流か。


量が量だけに結構ハードだったが、食い尽し&スープも一滴残らず飲み干した。私はまだ戦える!
客数は結構多かったので繁盛しているんだろう。話のタネに注文してみるのもありかと。
しかし、大盛りを謳うなら、この店の近所にある「あの店」の方がインパクトが強いかも。
「あの店」のネタは来年まで取っておくか、それとも今年中にやっちゃうか。それは気分と胃袋と体調次第。

◎伊万里ちゃんぽん 福岡店
住所:福岡県福岡市博多区金の隈1-33-33
電話番号:092-504-3877
営業時間:月・火 11:00~15:00 水~日 11:00~21:00
定休日:不定休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多の山(24)

2015年01月05日 | 福岡のデカ盛り
新春早々「博多の山」だ。これで1年に1回のペースは保たれる。次回は来年末だったりして。

昨年末、聖夜前日の昼休憩に目的地に向かう。時間は14時。理想の時間帯だ。
向かった先は承天寺。博多祇園山笠の第2ターンマーク的な場所の、あの寺だ。
このお寺には「博多はうどん発祥の地であるという碑」が立ってある。
この碑については本当に、本当に山ほど言いたい事があるのだが…墓まで持っていく。
今回はこの承天寺の近くにあるうどん・蕎麦屋をご紹介。うどん発祥の地なだけに。

このうどん屋さんの特徴は「1玉でも複数玉でも同料金」という事。鳴門うどんと同システムだ。
今回は新蕎麦が出始めで美味しい時期だったので、あえてざる蕎麦を注文。

それで出てきた商品がこちら。おおぅ、想像以上のインパクトですね。っていうか器でけぇ。
ちなみに、これは4人前である。ある条件を満たせばこの逸品を注文できる。

その条件とは…この店には独特な、独特すぎるシステムが存在する。
開店から14時までは1杯~3杯までは同じ料金で注文することができる。これだけでも凄いのだが…
14時以降は何杯食おうが同料金なのである。
こんなシステム後にも先にも聞いたことがない。うどんも蕎麦も食い放題とか。1回の注文は最大4人前、以降は替玉方式。
食べ終わりかけに店員さんが「追加はいかがですか?」と聞いてくる。おもてなしの心がスゴすぎる。
追加した場合は、店員さんが別の器でラーメンの替玉みたいに持ってきてくれる。ざる蕎麦は麺つゆのおかわりもあるぞ。
ちなみにこの日食したざる蕎麦は4人前+4人前+2人前=10人前。昼休憩明けの勤務がキツかった…


ざる蕎麦を食べたなら、当然蕎麦湯もいただきましょう。
時期は冬、新蕎麦は大変美味しゅうございました。次はうどんでチャレンジしてみたい。


で、久し振りに承天寺に来たのだが…こんなん前からあったっけ??

◎春月庵 承天寺前店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-1
電話番号:092-473-2911
営業時間:11:00~16:00 [土曜] 11:00~15:30
定休日:日曜・祝日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多の山(23)

2014年10月05日 | 福岡のデカ盛り
2年振りとなる「博多の山」更新。探せばまだまだネタはありそうだが、私の胃袋が持つかどうか…
今回の店は赤坂。地下鉄赤坂駅から徒歩数分だが、天神からでも歩いて行ける距離。ていうか歩こう。健康の為。


お店の名前は「ニクゼン」書いて字の如く肉をウリにしているお店。
それにしても「超高級焼肉が福岡一安い!」とは、ビッグに出たな。


今回のターゲットは、こちらの店でランチタイムのみで提供している「ステーキ丼」の特盛990円。
もう写真の時点でドえらいモノが出てきそうなオーラが尋常じゃなくて。
という事で11時半開店に間に合うよう赤坂に向かうが、開店前から行列ができるという店だという情報を入手。
嫌な予感がしたので11時到着で様子を見ていると、開店20分前なのに並ぶ人が現れた。
これはヤバイ!と思い、私も並ぶことに。すると数分も経たないうちに続々と並ぶ客が訪れ、10分前には完全に行列に!
何このスゴイ店?テンションむっちゃ上がる!開店の瞬間がこんなに楽しみなのは本当に久し振り。


開店し、ステーキ丼の特盛到着。盛り上がっとる!蓋が盛り上がっとる!私も盛り上がる!
ちなみに、右下にあるのはワサビです。


蓋を開けたら肉の山ー!たまんねぇなオイ!やはり男子たるもの肉を喰らうべきである。


そして山っぷりも見事なもの。メシの量も肉の量も規格外で食いごたえ十分。
しかし、これはただのデカ盛りと大きく違う点がある。ステーキ肉がめちゃくちゃ美味いのだ!
手抜きでない、本気のステーキだ!看板に偽りなし。これなら開店前から行列ができるのも頷ける。
これがレギュラーサイズなら500円…こんなに美味いステーキ丼をワンコインで食えるのか?
天神・赤坂近辺で勤務しているサラリーマンが羨ましい。私なら毎日でも並んで食いに行きたい。
ブッチギリでオススメのお店。ただし繰り返し言うが行列店の上、数量限定の逸品なのでご注意を。

◎ニクゼン
住  所:福岡県福岡市中央区大名2-12-17 大名クレッシェンド 2F
電話番号:092-732-0022
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:45)
       17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:不明
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

佐賀の山

2014年02月17日 | 福岡のデカ盛り
昨年末より佐賀で勤務中。5月末までずっと佐賀。
せっかくの佐賀勤務なんだし、佐賀でオモロイものでもないかなと調べてみたら…あった。
とてもユニークで、ゆうもらすな食べ物を提供してくれる店があった。
という事で、博多の山番外編・佐賀の山の一席を。

佐賀駅から徒歩10分以内。しかし店自体がちょいと目立たないので注意が必要かも。
店の名前は「ミール珈屋凪(こやなぎ)」本業は喫茶店のようで。
店内はまんま昔の喫茶店。昭和50年代の空気をそのまま維持している、みたいな。
この店で注文するのはヒデシマライスの超大盛り1,150円です。さぁ久し振りのデカ盛り挑戦いってみよう。


ハイッ!皆様御存知ヒデシマライスですッ!茶色と黄色の丸二つッ…!って何だコレ?何なんだコレ?


角度を変えてもう1枚。なんかもう黄色の盛り上がり方か尋常ではないんですが。


さて、黄色の中身はなんじゃろナ?という事で開けてみると…中はチャーハンです。
茶色はカレーです。つまりカレー+オムチャーハン=ヒデシマライスという商品なのです。
本来ならオムチャーハンに直接カレーがかかるのですが、超大盛りの場合は確実に溢れるため、
オムチャーハンとカレーを分けて提供している、というワケです。
カレーは辛さ抑え目でサラサラテイスト。カレーソースといった体。これをオムチャーハンにかけながら食す。
抜群に美味い!とは言えませんが、昔ながらの喫茶店が出す優しい味の一品だと思います。


量は優しくなかったですがw それでも完食しました。このレベルなら負けるわけにはいかんです。
なんでも佐賀大の新入生歓迎会で肝試し的に注文させるとか。最近の大学生はこれくらいも完食できんのか?嘆かわしい。
ヒデシマライスの名前の由来?知りませぬ分かりませぬ解せませぬ。

◎ミール珈屋凪(こやなぎ)
住所:佐賀県佐賀市愛敬町10-18
電話:0952-24-4877
営業時間:9:00~翌1:00
定休日:不明
コメント
この記事をはてなブックマークに追加