すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 卒業式・・・ 北朝鮮によるミサイル攻撃  政府には迎撃責任がある!  同時多発天罰を!

2017年03月06日 17時21分19秒 | ◆ 日本国独立運動

   


 卒業を  見送る席も  遠くなり 

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 明日は学生たちの卒業式である。

 毎年忘れがたいチャレンジのドラマがある。

 今年は陣頭指揮から外れた初めての式になる。

 外野席から、ビジネススーツで臨む。

 何かしら心寂しい感じがする。


 卒業式は定型的な式典ではあるが、ディレクティング

次第で随分と印象が変わるものである。

 それは、公式の静粛な儀式として、気の調整が繊細に

影響するからである。

 学生たちの主体性を尊重しながらも、気の調整を心が

けるところに、微妙なむずかしさがある。


 明日は、式典が終わったら、学生たちと写真を撮って

早々に引き上げたい。

 スーツが邪魔だから、着替えてすぐに散策に出ようと

思う。

 諸行は無常である。



 

 

 北朝鮮の火遊びが始まった。

 ミサイル3発の発射が確認されたという。

 日本海の領海に準じる排他的経済水域に着弾したらし

い。

 防衛問題が発生しているといえる。

 問題は、これを迎撃して撃ち落とせなかったというこ

とである。


 日本の防衛予算は大幅に増額されて、ナンチャイナの

軍事予算の三分の一近く、5兆円に達した。

 あまりに脆弱な予算ではあるが、迎撃できないなら5

兆円もいらぬであろう。


 迎撃にはミサイル迎撃システムの無力を実験する意味

もあるが、ミサイル発射の瞬間に中心部を壊滅する反撃

も許されるということでもある。

 そのように警告しておくことだ。

 麻薬生産国を壊滅することは、アジアを護ると言うこ

とでもある。

 躊躇すべきことではない。


 口先で批判が政府の防衛行為とは、国民をばかにした

話である。

 そういう問題をこそ、国会で論戦すべきである。

 ワイドショー化した国会なら、すぐにでも解散するべ

きである。

 それでも、ワイドショーの野党に投票するのかと。


 植民地国家日本の堕落を、神々はいつまで許されるの

か。

 議会制民主主義でも、マスメディアでも問題視されな

いのだから、もはや天の同時多発的警告に委ねるほかは

ないと思うのだが・・・。


 因みにオスプレイが墜落事故を起こした時は犠牲者が

出なくても大騒ぎした左翼メディアは、災害救助ヘリの

訓練中の事故で乗員9名全員が犠牲になった件でも、ヘ

リの飛行反対運動を展開するのが筋であろう。

 悩乱したマスコミに民主主義言論の資格などないとい

うことである。  


 

日本独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party 

          

 

 

 

 



  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 台湾の春・・・ 大東亜... | トップ | + 卒業式の朝・・・ 機嫌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事