すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ コスモスの風・・・ 宇美から河原谷コース→ 仏頂山→ 宝満山  木曽御岳大爆発

2014年09月29日 20時28分20秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 コスモスの  風に吹かれて  山に行き    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 今日は仕事を休めることに気がついて休んだ。

 足が棒のようでとても通勤快速とは行かない状態だった。

 思わぬ難行苦行の山登りというか、山下りの後遺症である。

 

 時代はコスモスの季節になっていた。

 コスモスは風の花であり、青空の花である。

 初めて、宇美八幡宮の宇美駅に降り立ち、登山口があるという

昭和の森に出かけた。

 駅からは歩くというのが信条なのだが、道が分からず、遠いと

いうのでタクシーで公園に入ったのだった。

 

 

 

 

 

 

 三郡縦走を果たしたいと思っていたが、時間的に余裕がある難

所ヶ滝経由の河原谷コースを辿ることにした。

 初めてのコースであり、三郡縦走路に上がって、仏頂山から宝

満山に至る標高868mの山登りである。

 

 最初は楽勝コースかと思われたが、やがて急峻なガレ場の連

続となった。

 このあたりの山は岩山なのだ。

 しかも、北アルプスなどとは違って視界がない。

 道は細く、分かりづらい。

 竈門神社から宝満山への登山ルートも岩山であり、厳しい登山

道だが、さらに厳しいルートだった。

 

 

 

 

 

 

 ところが、通い慣れた道のように下山してくるおばさん連中の

パーティーともすれ違った。

 すごい・・・。

 仏頂山の手前の縦走路に這い上がったときはさすがに疲労困

憊した。

 チョコレートと干芋をかじってエネルギーを補給した。

 

 登山客の多いことに驚いた。

 若杉山でも滅多に人と会うことはないというのに・・・。

 さすがに宝満山の魅力なのだろう。

 達者な人も少なくないのだなあと感心したことである。

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こうして難所を山登りするというのは武道をやっている

ようで生きている実感がある。

 そうした苦労の中で出会う人たちは、仲間のように思える。

 老若男女の元気が行き交う山歩きというのは実にすがすがし

いものである。

 

 こんどはもっとびしっと登りたいと思う。

 太宰府天満宮に着くまで都合5時間の彷徨であった。

 年内にも三郡縦走ができそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 この日、木曽御嶽山の水蒸気爆発で多くの登山客が噴煙に巻

き込まれているというニュースが流れていた。

 とうとうか・・・という印象である。

 御嶽山だけでは済まないだろう。

 浅間山か、富士山か・・・。

 

 山は信仰の対象である。

 神聖であることを感じないではいられないものだ。

 神の怒りを思うべきである。

 元気な人々が犠牲になるというのは残念なことであるが、神の

怒りを知らなければならない。

 

 この事なかれ主義の日本、公務員社会主義の不正義、反日左

翼の堕落を言うて分からなければ、分かるまで天変地異や疫病

が襲うことであろう。

 今、神国日本に戻ろうとしているのである。

 そのことを忘れてはなるまい。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 秋紫・・・ 大和の国賛歌  日本国独立の試金石

2014年09月27日 09時18分53秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 春は藤  秋は葛花  紫の

 山波重ね  豊穂重ねつ    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 大和の国はいかにも美しく神聖であることよ。

 今は黄金の穂波が田を満たしている。

 ああ、なんと心豊かな国であることか。

 仏を敬い、神々が治める国であった。

 

 今、この国を貶めている輩は、マスコミと教員と公務員である。

 大半が税金を蝕んでいる。

 税金でこの国を蝕む輩を養っているのである。

 そこを消毒しなければなるまい。

 天日干しにせねばなるまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦後日本は公務員社会主義の国になった。

 経済が豊になったら、公務員が増殖した。

 公務員社会主義とは、公務員が独裁権力を持っていると言うこ

とを意味している。

 議会制民主主義といっても、官僚の掌の上でピーチクパーチク

騒いでいるだけのことである。

 

 厚生年金基金を食いつぶした厚生労働省の公務員らは何のお

とがめもなく、高級をとり続けている。

 天下りが当たり前であり、利権行政に予算をつぎ込んでいるの

である。

 それが権力であり、権力者として民間に君臨している。

 

 こうした公務員の罪を問責し、粛正できなければ民主主義国家

とはいえないであろう。

 中国の官僚は個人的に汚職をするが、日本の公務員は組織

に民間を搾取しているのである。

 公務員関連人件費が30兆円とは、よくもまあ膨らんだことである。

 それが悪さをするのだから悪性癌というべきであろう。

 

 反日左翼公務員勢力を排除できない限り、日本の独立はあり

得ないことである。

 

 地方自治の廃止、公務員人件費の半減、NHKの特権排除、放

送局への独占禁止法適用、新聞社への独占禁止法適用、公務

員教員制度の廃止、省庁の縮小統廃合、許認可行政の原則廃

止、公務員採用兵役制度の導入、こうしたことが日本独立の決

断である。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 田の婆と彼岸花・・・ 人間嫌い

2014年09月26日 20時34分29秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 彼岸花  田を歩く婆の  誇らしく    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 「何を申すか。彼岸花は嫁に来たときからずうっと、わしの娘心

じゃあ」。

 そんな台詞を感じさせる風景である。

 稲穂は黄金色になり、田の道は真っ赤な曼珠沙華に彩られる。

 一年で一番華やかな田んぼの秋である。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、明日はお休みである。

 彼岸花を訪ねようか・・・。

 人生これ修行なり。

 

 理研がらみで、STAP細胞はなかったと潰しにかかっている。

 なんとも愚かなことだ。

 小保方博士をアメリカに取られたくはないものだが、理研にとど

まらせたくもない。

 幸福の科学大学もまだ認可されていないし、苦しいところだ。

 

 日本は好きだが、日本人を好きだと思うことが少なくなった。

 かといって、海外の人間ならいいとも思わない。

 人間が嫌いになっているのかもしれない。

 なんで、日本人に確信的反日左翼がいるのだろうか。

 なんで、無関心な人間がいるのだろうか。

 

 ほんとうに、嫌だと思う。

 そういう人間に対する寛容とは、いったい、いかなる境地なの

だろうか。

 手のひらにのせている感覚なのだろう。

 ああ、蜘蛛もゴキブリも大嫌いであることよ。  

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 稚児姿・・・ 宮地嶽神社の秋祭り  日本独立革命を起こそう!  円をアジアの基軸通貨に!

2014年09月25日 20時43分11秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 万葉の  秋にも見むか  稚児の列    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 秋分の日、津屋崎浜に参道を貫く宮地嶽神社の秋祭り

だった。

 かつて、その浜のお旅所をちらと見かけたことがあった

が、御神幸をしっかりと見たのは初めてだった。

 津屋崎は万葉歌にも歌われた夕日の美しい遠浅の浜で

ある。

 ヒラメやイカの海産物は有名である。

 

 かつては、朝鮮半島との貿易や製塩で豊かな財をなした

都でもあっ

た。

 白村江の戦いに随行した額田王も立ち寄られた浜では

なかっただろうか。

 神功皇后ゆかりの宮地嶽神社のしめ縄は出雲大社の

ように巨大で豊である。

 じつに由緒のある聖域であると言いたいのである。

 

 

 

 

 

 

 

 他にも、宗像大社や東郷神社も同じ海域をにらむ万葉

時代からの大社である。

 聖域・宮地嶽神社の秋の大祭は、格式の高さをうかが

わせる。

 しかし、筥崎宮の放生会ほどには人は集まらなくなった。

 惜しいことである。

 三韓征伐の神功皇后の心意気を忘れてはいないか。

 

 

 

 

 

 

 

 祭りの最終日は、御旅所を引き払って、お上りの行列に

なる。

 牛車の牛がまちかねてモーモーと唸っていた。

 浜の鳥居をくぐって、いよいよ神代の行列が整列して進

み始めた。

 牛車の行列は筥崎宮や大宰府でもみない古の行列で

ある。

 稚児姿が如何にも秋祭りのうれしさを感じさせる。

 子供にとっては、一生の宝である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現代は激動の時代であり、戦争の危機を招きかねない

国際紛争が

噴出してやまない緊迫した国際情勢の中にある。

 国際紛争の原因は、欧米の植民地支配がえぐり取った

アジア、アフリカ、南米における傷の痛みであり、貧困で

ある。

 日本もまた、その痛みを一国で背負った国である。

 未だに植民地同然の「国家的地域」の状態である。

 

 国家とは、支配地域、国民、政府のほかに、独立国家

としての主権がなければならない。

 ところが、「日本国憲法」はその主権を放棄しているの

である。

 なんとも卑屈な「国家的地域」に没落したのである。

 日本国憲法の廃棄を宣言するまでは、日本は半植民

地である。

 

 なぜ、こうした卑屈が正義としてまかり通るのか。

 許し難いことである。

 寛容の問題ではない。

 大人の分別の問題でもない。

 冷静な対処という問題でもない。

 そんなことは、独立してから言うべきことである。

 

 日本独立革命を起こそうではないか。

 アジアの盟主として立ち上がるべきである。

 日本軍を再興するべきである。

 円安を恥とせよ。

 円をアジアの基軸通貨とするべきである。

 日本の責任である。 

 

  

立憲女王国・神聖九州やまとの国

幸福実現党応援隊・ 梅士党 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 宮地嶽神社の秋大祭・・・ 現代の高天原・幸福の科学  天皇・岩戸隠れの勧め

2014年09月24日 21時53分41秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 宮地嶽  古式の道を  秋祭り    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 宮地嶽神社は万葉の時代にも遡る神功皇后ゆかりの伝統を持

つ社である。

 こうした古来からの神社は、皇室の支社という性質をもつであ

ろう。

 天皇が、国と高天原をつなぐ最高神官という立場にあることを

考えると、神主はこれを支える宮廷人という位置であろう。

 

 牛車に引かれるご神幸の行列を見ながら、お公家さんの行列

であることに気がついた。

 神社には宮廷文化の伝統的権威が納まっていると言うことで

ある。

 それが形骸になっているとすれば、日本そのものが形骸化して

いることを意味するであろう。

 

 日本神道の神々は今、幸福の科学に転生してエル・カンターレ

の下に新しい日本の指導体制としての高天原を再興しようとして

おられるが、日本の再興というよりも、日本の使命を果たそうとし

ておられるということである。

 皇室も、神社も、そのことに気付かなければなるまい。

 

 

 

 

 

 

 

  

 皇室の役割は国体護持にある。

 高天原の神意を伝える役割がある。

 そこに伝統的権威があるはずである。

 現代の高天原は、幸福の科学に現れている。

 その神意を受けて、伝統的権威として託宣する役割である。

 

 神官の役割とは本来そうしたところにある。

 それもままならぬのであれば、岩戸隠れをするのがよかろう。

 那須でもよいが、福岡城址に放送局を備えた皇居別邸をお造

りになって籠もられるのが良いと思う。

 湯布院もおすすめではある。

 植民地憲法に縛れる理由もない。

 

 允恭天皇を過去世とする平成天皇であるが、歴史に名を刻ま

れても良かろうではないか。

 それだけのご見識はお持ちである。

 九州別院の調査は、元内親王紀宮さま(現・黒田清子さま)に

特命を下されたらよろしかろう。

 

 皇室を有名無実とするべきではあるまい。

 伝統というブランド価値を失うべきではない。

 霊的に、連綿として皇位が継がれてもいるからである。

 朝鮮人にまで天皇を侮辱されているのだ。

 日韓親善などもってのほかであろう。

 

 日本は朝鮮の宗主国なのである。

 中国に対しても宗主国である。

 侮辱するなどもってのほかであろう。

 制裁は加えねばなるまい。

 神も仏もない中国には、神の権威を教えねばなるまい。

 軍神の出番である。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ おはぎ・・・ 宮地嶽神社の秋の大祭  日本人の日常的神縁  宗教マネジメント

2014年09月23日 19時45分10秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 買うてきた  満月おはぎを  食いにけり    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 今日は秋分の日である。

 昼夜の弥次郎兵衛が均り合った。

 これからは、とっぷりと日が暮れる秋本番になる。

 

 秋の彼岸はおはぎを食べる。

 そういえば、春の彼岸の牡丹餅は食べ忘れていた・・・。

 春牡丹も見なかったなあ・・・。

 

  最近、ご飯を食べていない。

 炊くのが面倒というのもあるが、米酒にすり替わることが多い。

 ご飯を食べないと、どうも調子が悪い。 

 新米の季節でもある。

 香り高い新米を食べたい。

 

 さて、今日は宮地嶽神社の秋の大祭最終日ということで、お上

りの御神幸を見に出かけることにした。

 宮地嶽神社に参拝するのは久しぶりのことである。

 津屋崎の海もずいぶん長いこと見ていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の教育は無神論の左翼教育が行われているが、日本人

は決して無神論ではない。

 特別深い信仰心を持っているわけではないだろうが、神様とは

日常的につながっているとも言える。

 

 自分の信仰心はキリスト教を経て、幸福の科学に深まってはい

るが、会員同士のつきあいはない。

 支部という組織もあるが、疎遠である。

 比較的経済的に裕福な会員のお友達組織になっているのでは

ないか。

 いわば、勝ち組が支部に出入りしているという構図だろう。

 

 かつて、幸福の科学の人気番組に「エリア五反田」という宇宙

人情報番組があったが、突然中止された。

 支部のお友達会の悪のりがひんしゅくをかったりしていた。

 方向性を誤ったということであろう。

 

 支部とは何なのか、原点にもどって作り直すべきだろう。

 やはり、在家といえどもプロ意識が求められるのではないか。

 支部長の本質は開拓伝道者というべきである。

 神聖な場であることを忘れてはならないと思う。

 急成長組織ということもあろうが、宗教マネジメントは難しい。 

  

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ アイスクリームな夏の終わり・・・ 沖縄的スコットランド  民主主義イノベーション

2014年09月22日 07時55分29秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 この夏も  アイスクリームの  やふに解け    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 暑さ寒さも彼岸までという。

 今年の夏は、長雨で去年の記録的猛暑とは一転

した。

 そうはいっても夏であった。

 その夏も、日中の晴れ間に暑さを惜しみつつも解

けてしまった。

 道路には銀杏がもったいないほどに落ちている。

 

 

 不覚にも風邪をひいて声帯を傷めてしまったが、

時々咳き込むぐらいに改善した。

 スローなジョギング通勤に支障はない。

 さて、今日はイベント明けの月曜日。

 経営者に休みなんてないのだ!

 そういう意気込み行くとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 スコットランドの独立を問う投票が行われ、55%

の反対で独立分裂は回避された。

 利権目当ての揺さぶりのようでもあった。

 しかし、英国でも沖縄のような反英勢力が自治権

を濫用していることに改めて驚いたことであった。

 地方自治の弊害である。

 

 自由主義の保障制度として民主主義があったはず

であるが、現代では社会主義との親和性が極めて

高いことが分かる。

 議会制民主主義の発祥地とも称される英国であ

るが、民主主義にもイノベーションが求められる状

況であると言えそうである。

 

 体系的廃棄によるのか、新結合によるのか。

 二者択一ではなく、両方であろう。

 武士道教育と、祭政一致が鍵となるのではない

か。 

 

  

立憲女王国・神聖九州やまとの国

幸福実現党応援隊・ 梅士党 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 秋一番・・・ スマホの功罪  ホット&シンプルライフのすすめ

2014年09月20日 07時35分49秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 炎ゆる火の  恋しくもあり  彼岸花    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 彼岸入りの今朝は秋一番の冷え込みとなった。

 フィリピンには980hpの台風16号、北のカムチャッカ半島付近

には968hpの猛烈な低気圧があって、その間を穏やかな秋の

冷気で満たしているという気圧配置である。

 さすがに夏の布団配置では手足が冷えて目が覚めた。

 

 秋一番・・・。

 唐津くんちに行きたくなった。

 11月2日の宵山に始まり、4日夕方までの三日間である。

 あの赤い金魚の山車が魅力である。

 今年は寒くなりそうだが、海の冷気に浸りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホ?

 須磨子という女はいたような気がするが・・・。

 誰?

 「功罪」って、いい女か悪い女かってこと?

 

 「スマホの功罪について論ぜよ」という時事問題である。

 愛ホンとかスマコとか、よく分からないのである。

 今、スマートフォンのアプリ開発競争がホットらしいのである。

 ベンチャー・バブル現象というべきかもしれない。

 

 推測するに、スマホってえいうのは、携帯情報送受信端末とい

うべきものでしょ。

 おそらくは、ドラえもんの何でもポケットを手に入れたような気

分にさせるおもちゃ箱のようなもんでしょう。

 

 多機能というのは一見便利そうで、あれほど時間と金を食うロ

スマシンはないのではないか。

 功罪というのは、便利な道具は諸刃の剣ということである。

 功としては、中国への情報攻略作戦に使えそうな気がする。

 中国に一番効くのは、情報開示のタブレットをばらまくことだ。

 

 罪としては、若者が馬鹿になることだ。

 ベンチャービジネスを刺激しているが、バブルに終わるのでは

ないか。

 結局は、道具というのは使いこなすことが大事だから、シンプル

にならざるを得ない。

 

 人生これ修行。

 修行とは困難不便をもって鍛えることでもあろう。

 つながっているのは携帯端末ではない。

 マイケルが言うように、訓練された音楽であり、ダンスであり、

人々の愛である。

 悩み多き人は、このようにホットでシンプルでありたい。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 彼岸の穂波・・・ 祭りの精神  虚偽報道を重ねてきた朝日新聞とこれを擁護する自民党政府の責任

2014年09月19日 07時54分20秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 秋香る  穂波の岸に  咲く花は    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 明日から彼岸である。

 ご先祖さんという伝統は持っていないが、亡き父やおじのことなど

が偲ばれることである。

 それにしても、真っ赤な彼岸花というのは田んぼにはミスマッチな

風景である。

 しかし、それが祭りの風景でもあろう。

 

 祭りは非日常的日常として毎年回を重ねるものである。

 たいした仕掛けができなくても、感謝奉納と人々の楽しみとして提

供できれば良いのだろうと思う。

 しかし、現代のイベントには感謝奉納と言う要素が失われている。

 

 学園祭にしてしかりである。

 「新卒内定感謝祭」くらいのステージ企画があってしかるべきだろう。

 さて、就職の神様は勤労の神、努力の神でもある。

 二宮尊徳像を奉納すると言うのも良い企画である。

 

 

 

 

 

 

 

 朝日新聞の虚偽報道の責任が問われつつある。

 「従軍慰安婦問題」「南京虐殺問題」「福島原発問題」など、日本の

信用を著しく損なう虚偽報道を繰り返してきた

 従軍慰安婦と言う虚偽の「歴史」を認めて謝罪した「河野談話」の

罪はさらに罪が重い。

 

 自民党政府は菅官房長官に見るように、朝日新聞擁護論に立って

いる。

 仇討ちまでの辛抱ということなのか。

 しかし、主の首を取られてからでは遅いのだ。

 時代認識のミスマッチがあるように思われる。

 

 日本国民の意識は反朝鮮意識にほぼ固まっている。

 韓国・チョウセンを討つべしというファイナルジャッジメントは下って

いると思う。

 日朝友好回復という政治的動きは、かえって国民感情を逆なでし

ている。

 中国に対しても同様である。

 中国、朝鮮の国家の存立をよしとはしない。

 

 外交で事なかれ主義を続けた結果が、国民感情という巨大な自尊

心を害してきたといえる。

 しかも、マスコミが隠してきた事実を国民が知るに至ったということ

は、政治でも、マスコミでも解消できない憤りというべきであろう。

 これこそは大事なのではないか。

 

 朝日新聞の罪、NHKの罪、河野談話を支持する政府の罪を断罪

しないでは済まない事態だといえる。

 いつまで「根回し」なのか。

 とっくに根は腐っているではないか。

 強談判という政治手法を忘れたのか。

 

 国民感情は政治をも破壊するということを忘れてはなるまい。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ すすき道・・・ 著作権ビジネスの貿易赤字事情  心の豊かさを育てよ

2014年09月18日 07時42分38秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 名月を  山に転がし  すすき道    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 名月も月光仮面の三日月に近づいている。

 秋の日本画を見ていると、一段と名月が美しい。

 そこには桔梗やすすき穂が配せられている。

 日本画の世界は日本にしかない風景である。

 

 

 

 

 

 

 

 日本のコンテンツ産業というか、著作権ビジネスは

世界一かと思っていたら、国際収支は6000億円ほ

どの赤字だという。

 ディズニーやクマのプーさんなどの著作権料が高

に上るためらしい。

 もう一つは国際ビジネスモデルが貧弱で、中国の

賊版にやられっぱなしという事情もあるようである。

 

 漫画やアニメはもっと輸出ビジネスに乗っても良さ

そうに思うが、技術力は一流でも、描く心象世界に、

世界をリードするにたりる品格や豊かさを見失ってい

ると言う事情もあるのではないか。

 漫画家も小説家も、幸福の科学に学ぶべきである。

 心の世界にも宇宙開発や異文化研究、デフレ克服

戦略が必要である。

 

 しかし、創業の精神として最も求められるマインドは、

信仰心と使命感なのではないか。

 

 

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ オシロイバナ・・・ 40を過ぎた女性へのお見合いのすすめ

2014年09月16日 20時53分56秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 色濃いて  オシロイバナの  香りたり    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 秋の夜はつるべ落としというが、日暮れが早くなった。

 闇夜とはいえ、夜7時には真っ暗になる。

 寺の横町は余程真っ暗である。

 

 中洲への通勤路は、宵の始めが通勤時間である。

 色めいた女がぷーんと香って通り過ぎる。

 雌狐というが、通り過ぎる分には色めいている。

 

 十数年の通り道だが、一度も尻尾に絡め取られたことがない。

 ただ、通り過ぎるだけの色町なのである。

 遊びたいとも思わない。

 

 オシロイバナは夕暮れから咲き始める。

 白花は白粉色だろうし、濃い紅花は薄衣の色だろうか。

 しかし、花はにおわない。

 ただ、オシロイバナのような夜の女が香るのである。

 その中に、夜間飛行というパルファンの匂いがあったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 四十を過ぎても結婚のチャンスに恵まれない女性が身近にも少な

からずいる。

 仕事柄、男性と巡り会う機会が少ないほど忙しいということもある

のだろう。

 この少子化問題の時代に、結婚しないのはやはりよろしくない。

 すなわち、国民の責任を怠っているという側面がある。

 

 四十を過ぎて白馬の騎士願望でもあるまいが、かといって、誰でも

いいというわけにも行かない。

 歳が重なった分、経済力を選ぶチャンスはあるだろう。

 結婚に経済力は欠かせないが、白馬が中古車になっても、大事な

のは相性である。

 

 信仰の一致は望ましく思えるが、同じ宗教であっても信仰はそれぞ

れに異なるものである。

 あまり期待しない方が良いのだ。

 信仰や主義主張がかけ離れるのはよくないが、一致するということ

はそれほど期待できないと言うことである。

 幸福の科学も同様である。

 

 現実的には一緒に探求できる趣味の一致がほしいものである。

 実力格差があっても、師弟関係でいられる。

 色恋だけでは持たないのが男女の仲なのではないか。

 

 そうした男女の機微をわきまえた人にお見合いのチャンスを作って

もらうのが一番失敗の少ない結婚の縁の結び方であろうと思う。

 何事も本気が大事だ。

 早速、お見合い写真をお作りなされ。

 それがないと、話は進まないからである。

 

 他人の写真を使わない限り、詐欺にはならぬ。

 所詮、絵姿の賞味期限は短いのだから。

 女性といえども、原則結婚責任を果たすべし!

 経済力と人品は信用であるから大事であるが、決め手は趣味の一

致、これが大事ですぞ。

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 曼珠沙華の祝い事・・・ 健康寿命  重税国家日本の憂鬱 

2014年09月15日 08時01分45秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 曼珠沙華  祝い事など  ありそうな    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 今日は敬老の日とか。

 献花、敬礼!

 たんぼいっぱいの曼珠沙華をどうぞ。

 

 老人というのは、まあ、80歳以上と言いたいところではあるが、男

の平均寿命が79歳ということで、間に合わない。

 とりあえず、75歳以上ということにしておこう。

 しかし、長生きが幸せとは思えない時代でもある。

 

 健康寿命というのがある。

 自立して日常生活が営める心身健康でいられる年齢である。

  およそ、男が70,女が73歳である。

 ということは、人生最後の10年前後は、介護がなければ暮らせな

いという不健康世代のままに最期を迎えるということである。

 寝たきり、痴呆ともなると悲惨である。

 

 人生これ修行であることを忘れてはならない。

 人間、死ぬまで未熟、ハリ、生き甲斐、運動が欠かせない。

 やはり、修行者として尊敬される高齢者でありたいものだ。

 自己中心、自己満足ではなく、血液さらさらに、世のためヒトのため

に殉じていただきたい。

 それでこそ、敬老たりうるであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  重税国家日本。

 なぜか。

 公務員の数が多すぎるのだ。

 手取り足取り、規制が多すぎる。

 自由をなんと心得るか。

 

 とりあえず、消費税25%程度を目指している税務署本庁であるが、

この秋には10%への増税を決定する。

 税抜き価格表示というまやかしを禁止するべきだ。

 最終支払金額が適正か否かの判断をたぶらかしてはならない。

 確実に消費不況は深刻となろう。

 

 法人税を25%にまで減税することを目標にするというが、儲けの

25%を所場代としてよこせというのは、40%に比べれば減税だろう

が、ちょっと阿漕が過ぎるのではないか。

 まさに搾取である。 

 

 自衛隊にも役人が増えすぎてはいないか。

 気になるところである。

 官僚化、これが組織の硬直化と腐敗を招くのである。

 公務員の兵役制度も進めていただきたい。

 兵役に耐えなければ、退職していただくことだ。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 旅の誘い・・・ 彼岸花の季節  遊びとは本物志向  文化としてのスポーツの神髄

2014年09月14日 10時01分32秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

   

 秋風の  旅に出ぬかと  誘いおり    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 なんとも秋風の心地よい朝である。

 魚釣りに出かけたい気分である。

 しかし、魚釣りとなると、装備の準備が大変なのだ。

 単純に海に出かけてもいいかもしれないなあ・・・。

 

 昨日は土曜勤務から帰って、16時の電車で「彼岸花の里」に出か

けた。

 車窓の田園にはあちらこちらに赤い曼珠沙華が咲いているのが見

える。

 一気に咲き始めたようである。

 三年ぶりくらいの「彼岸花の里」も咲いているだろうか・・・。 

 日頃から鍛えている速歩で日暮れ道を急いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  夕暮れの花はオシロイバナである。

 しかし、デジカメの入門機では色が旨く表現できない。

 やっぱりEOS5D M-Ⅱ以上かなあ・・・。

 M-Ⅲは30万円以上の価格帯である。

 

 遊びというものは金がかかる。

 本物志向だからである。

 遊びとは文化である。

 文化とは個性的精神世界の表現である。

 絵も写真も造形も音楽もスポーツでさえもである。

 

 学生達には言っている。

 スポーツは文化である。

 文化であるから内面的表現の手段である。

 したがって、卑劣な勝ち方をしてはならない。

 感動的負け方もある。

 

 同じ天才的スケーターであっても、ミスをなくした無難な構成でメダ

ルを取ったキム・ヨナよりも、高度な演技に挑んで最期に感動の成功

を納めた浅田真央の方が、大きな感動を与えた。

 スポーツマンシップとはそうしたチャレンジ精神から生まれる感動

の美意識を持つものである。

 

 さて、彼岸花の里のことであった。

 咲き始めの見頃を迎えていた。

 しかし、かつての群生は多く失われていた。

 農家によって駆除されたのだろう。

 農業は堕落の極みだが、美意識さえもが失われつつあるらしい。

 

 彼岸花の短い季節を楽しみたい。 

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 陽だまり電車・・・ 生活保護と最低賃金の逆転現象とは何か

2014年09月13日 22時51分19秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 陽だまりを  電車に乗りて  彼岸まで    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 長雨だっという印象がまだ強い。

 見上げると、真っ青な空が広がっている。

 それが珍しく感じられる。

 街の陽だまりから電車に乗って、田んぼのひだまりまででかけようか。

 彼岸花が咲いているのだろうなあ・・・。

 

 不覚にも風邪をひいて、咳喘息気味である。

 そうなると元気が出ない。

 放生会にゆくのでさえ、億劫だ。

 今日は半ドンで帰ろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年だったか、最低賃金の可処分収入よりも、生活保護給付の法

が高いという「逆転現象」がマスコミで問題視されたことがある。

 

 みんな、それは不公平だ、働くのがばかばかしくなると思ったので

はないか。

 生活保護受給者の中には貯金もできて裕福な人もいるという、生

活保護者への嫉妬のような話もあった。

 

 しかし、最低賃金の可処分所得とは、公務員並みの8時間労働の

賃金のことだろうか。

 それでたりなければもっと長時間働けば良いではないか。

 すると、逆転現象はないことになる。

 生活保護者は労働時間賃金制ではないのだから。

 

 あるいは、もっと仕事力や仕事の意欲を持って高賃金の仕事をす

れば良いではないか。

 そういう自由を持っている。

 生活保護という社会主義の例外的救貧政策と単純に比較するの

が土台おかしな話である。

 

 朝から晩まで必死に働いても給料なしという社長も少なからずいる。

 それも、生活保護と逆転現象があるいうべきなのではないか。

 結局、労働者はみな、正社員になる権利を保障せよ、最低賃金を

もっと上げよ、という赤旗労働組合の代言をマスコミがしているという

構造であろう。

 

 最低賃金法の趣旨は、「資本家、経営者というものは、労働者から

搾取して富を貪っている者である」というマルクス経済主義の定義が

前提となっている。

 日本が社会主義国だと言われる理由の一つである。

 

 生活保護給付を減らし、最低賃金を上げれば問題解決なのか。

 保護を減らせとは言わないだろう。

 賃金を上げよという強制を求めているわけである。

 しかし、賃金を上げれば、賃金コストの中で調整が行われるだけの

話である。

 最悪、企業の倒産、失業ということも起こりうる。

 

 このマスコミ左翼的不公平感を是正する正当な方法がある。

① 仕事のやり甲斐と自助努力の精神をよくよく教育すること。

② 生活保護の不正受給を徹底的に摘発すること。

 暴力団関係、同和関係、その他圧力団体の手引きで、担当公務員

が事なかれ主義で不正認定しているところにメスを入れる必要がある。

③ 雇用を生み出す未来型産業に積極的に公共投資をすること。

④ 思い切った減税と、公務員リストラを進めること。

 可処分所得を減らしているのは公務員や医者を食わせるための重

税だからである。

 

 一国二制度という矛盾政策をとるのは中国だけではないということ

である。

 

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+ 放生会の縁起もの・・・ ドル円107円台の円安  円高株高を目指す方法

2014年09月12日 20時11分20秒 | 幸福実現党応援隊

 

 

   

 新生姜  屋台に買うて  湯屋にゆき    

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 さあて、今日から筥崎宮の放生会が始まる。

 筥崎宮といえば、「敵国退散」の額を掲げる護国の社である。

 屋台の目玉は縁起物の、新生姜の束である。

 まだ、風邪の後遺症が残る病み上がりであるから、縁起を担

としようか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 放生会ともなれば、すっかり秋の気配である。

 しんしんとして、秋の冷気が降り注ぐ朝である。

 今日は『日本神道的幸福論』を読むとしよう。

 

 さて、ドル円相場が107円というところまで円安が進んでいる。

 その影響で日経平均株価は16000円付近まで上昇したが、喜べ

ない。

 本来、円高株高を目標とするべきである。

 そのためには、本格的な産業開拓が欠かせない。

 航空機産業、軍需産業、宇宙産業、原発プラント、核廃棄物無毒化

プラント(核融合プラント)、ロボット産業、アジア向け教育ユニット産業、

海底資源開発産業、新エネルギー開発研究、STAP細胞産業などで

ある。

 

 圧倒的な産業開発が、日本の社会主義思想をばかばかしく思わ

せることになるだろう。

 だからこそ、公務員社会主義勢力が抵抗しているのだ。

 彼らは、企業を金儲け主義だと馬鹿にしている。

 経営者は労働者を搾取していると考えて、企業からいかに搾取す

るかを考えているのである。

 

 日本は社会主義経済の国だという指摘はその通りである。

 安倍政権の増税政策、大きな政府志向はその現れである。

 安倍政権でさえ、社会主義政権の右よりという程度に過ぎないとも

言えるのである。

 

 いい加減、安全志向を止めなければならない。

 

  

         立憲女王国・神聖九州やまとの国

         幸福実現党応援隊・ 梅士党  

 

          

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る   原爆投下は人類への罪か?  大平正芳の大復活

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加