沖縄対策本部

日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。沖縄左翼に対抗する情報を配信。

沖縄対策本部■5・26 H28年度 第5回連続セミナー 「国会で明らかにされた日本民族分断工作」

2016年05月14日 09時09分20秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月14日現在:2131名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■5・26 H28年度 第5回連続セミナー 「国会で明らかにされた日本民族分断工作」

  沖縄が祖国日本に復帰して以降、反日勢力は沖縄を安保闘争の拠点とするために、反戦平和という名のもとに、

反基地運動、反米運動を扇動してきました。

 沖縄を日米安保破棄の梃子として利用しようとし続けてきたのです。

現在も沖縄県は日本政府と辺野古移設で正面から対立し、一見基地問題が沖縄問題の最大の争点のように見えます。

しかし、その裏では巨大な歴史戦が仕掛けられていたのです。

2008年から、国連の人権規約委員会や人種差別撤廃委員会から「日本政府は沖縄の人々を公式に先住民族として認め文化、言語を保護するべき」との趣旨の勧告が4回にわたって出され続けていたのです。

このトンデモ勧告の根拠には、沖縄は日本とは別民族の国々によってつくられた琉球王国の人々の子孫であり、明治以降、強制的に日本に同化され、文化や言語を失ったという歴史館が有ります。

辺野古移設や米軍基地の押し付けもその差別の延長線上にあるとうい強引な考え方です。

このような考えのもと、昨年翁長知事は、「日本政府による沖縄への基地の押し付けは沖縄の自己決定権をないがしろにしている。」と訴えにいったのです。

つまり、反日勢力にとって現在の辺野古移設阻止運動は、もはや運動の目的ではなく、沖縄の人たちを巧みに騙して先住民族へと誘導する煽動材料にすぎないということです。

これまで、このような恐ろしい謀略が進められていることについて、8年近い長い間、ほとんどの日本国民も、ほとんどの沖縄県民も知らなかったわけです。

しかし、4月27日の衆議院内閣委員会で宮崎政久代議士が国連先住民族勧告の撤回を求める質疑を行うことにより、ついに、国会の場で日本民族の分断工作が明らかにされました。

今回の連続セミナーでは、沖縄対策本部がこれまで進めてきた、この謀略との戦いの経緯と、今後の展望についてご説明させていただきたいと思います。


(沖縄対策本部 仲村覚)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

        H28年度 第5回 沖縄対策本部 連続セミナー
    「国会で明らかにされた日本民族分断工作」
    〜沖縄県民が知らないところで、進められていた国連工作〜


◎日時:
  526日(木) ◇昼の部:14時〜(第6会議室) ◇夜の部:19時〜(第10会議室) 
◎場所:豊島区民センター(〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目20−10)
  ※去年までの会場と異なりますので場所を確認の上ご来場下さい。
◎参加費=1,500円

◎参加資格:沖縄対策本部の活動に賛同される方。


配布資料準備のため、下記FBイベントから参加ご表明をお願いします。

 

<昼の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/246517819047074/

<夜の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/1544338025870380/


<注意事項>
去年まで使っていた豊島区勤労福祉会館は改修工事で休館になるため、今年から会場は豊島区民センターにかわりました。
 
池袋駅の反対側ですのでご確認の上、ご来場下さい。
 
また、いままで「どなたでも参加できます。」としておりましたが、今後は妨害行為が発生する可能性も出てきたため、参加条件を「沖縄対策本部の活動に賛同されている方」としました。

 

(沖縄対策本部代表 仲村覚)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【報告・動画13本】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会

2016年05月12日 15時59分29秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月13日現在:2235名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■【報告・動画13本】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会 〜届いていますか?沖縄の本当の声〜

 


 去る5月8日に靖國会館で開催された、沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結靖國集会は、多くの皆様のご支援のお陰で、大盛会にて終えることができました。

 本当にありがとうございました。

 特に、今回祖国復帰44周年の記念集会において、日本民族が団結し、「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」を設立できた事は、戦後70年以上続いてきた沖縄問題の根本的解決にむけて大きな一歩を踏み出すことができたものと確信しております。

 これもひとえに、突然のお願いにもかかわらず、ご登壇して下さった先生方、設立の趣旨にご賛同いただいた多くの先生方、そして滞りなく会が進行するようにお手伝いいただいた運営スタッフの皆様のお陰だと心より深く感謝しております。

 沖縄県民は終戦直後米軍の分断統治により日本軍の被害者と洗脳され、祖国復帰運動から現在まで、共産主義勢力の安保闘争に煽動され利用され続けてきました。

 その沖縄を日本民族の手に取り戻すことができるのが、今回設立した国民の会であり、その重要な役割を担って今後活動を展開していくのだと身が引き締まる思いです。

 

 さて、日本民族団結編⊇顕颪稜気あふれる集会の写真と動画がまとまりましたので、以下ご紹介させていただきます。

 全国の皆様には、沖縄問題の本質とは日本民族が団結するか分断されてしまうかの問題であるといことがご理解いただける内容になっているものだと思います。

 また、沖縄の皆様にとっては、現在厳しい政治状況の中、多勢に無勢の環境で戦っておりますが、全国にはこれだけ、沖縄に心を寄せて応援してくださる方がいるんだと勇気づけられるものだと思います。


 是非、多くの方にご覧頂きたいと思っております。

 ご紹介いただいた、動画以外にも情報拡散のために多くの皆様に撮影とアップにご協力いただきました。

 この場を借りてお礼を申し上げます。

 

(沖縄対策本部代表 仲村覚)



◇【写真159枚】沖縄県祖国復帰44周年記念靖国集会(平成28年5月8日)◇

https://goo.gl/AN4Prt

 


◇【動画13本】沖縄県祖国復帰44周年記念靖国集会(平成28年5月8日)◇


<【加瀬英明氏 外交評論家】 発起人代表あいさつ >

https://youtu.be/qPaBmOPwl0g

 


<【室舘勲氏 キャリアコンサルティング代表取締役】 来賓挨拶 >

https://youtu.be/0-wasLcDcn4

 


<【小島健一 神奈川県会議員】 C亙議員からのメッセージ >

https://youtu.be/cnwWteGBl0w

 

 


<【発起人諸氏の紹介】 ぁ

https://youtu.be/cdQ965Vle9Y

 

<設立趣意書(発起人ご芳名入り)>
http://goo.gl/pyWdIC


<【宮崎政久 衆議院議員】 「沖縄県民は日本人だ!」>

https://youtu.be/6QIDJWPa_g4


 

<衆議院議員宮政久氏の国連先住民族勧告撤回要求を報道した産経新聞(4月27日)>
http://goo.gl/F6m8ZI

 

 

<豊見城市議会の意見書を完全に無視した佐藤優のウチナー論評(琉球新報4月30日)
https://goo.gl/mlZH5D


<【中山成彬 前衆議院議員】ν萇舒Щ >

https://youtu.be/VS3IQ31ODVg

 

<【長尾たかし 衆議院議員】 基調講演:長尾たかし「沖縄を語る」>

https://youtu.be/V3p1Kr4u1rI

 

<関連ブログエントリー「共産主義勢力は今も沖縄を狙っている」
http://goo.gl/mf55fQ

 

 

<【鈴木正人 埼玉県議会議員】 地方議員からのメッセージ >

https://youtu.be/ImZGiLAjCNY

 


<【古賀俊昭 東京都議会議員】 地方議員からのメッセージ >

https://youtu.be/Ek6tcHfsWc0

 


<【緊急報告:仲村覚 沖縄対策本部代表】 「日本民族を団結させる国連先住民族勧告撤回運動」 >

https://youtu.be/NZDHaMy4oZU

 

 

<全国の若者の命を賭して戦った「沖縄瀬」>
http://goo.gl/KgMTHQ


 

<日本海軍沖縄県軍司令官大田中将最後の打電>
http://goo.gl/55zCih

 

<戦後の政治家へ志を引き継がれた大田実中将の電文>
http://goo.gl/ZF3AJh

 

<沖縄県祖国復帰記念式典での昭和天皇のお言葉>
http://goo.gl/84rxdw




<【吉田康一郎 前東京都議会議員】 意見書採択運動の提言 >

https://youtu.be/DyGZzR4fiWA

 

<地方議員を中心として「意見書決議推進委員会」発足の提言>
http://goo.gl/wDz7ct

 

 

 


<【伊勢田幸正 富士見市議会議員】決議文朗読及び採択 >

https://youtu.be/87OS-3sqsgo

 

<採択された決議文>
http://goo.gl/2MZuxa


<沖縄県祖国復帰44周年記念 祝賀パレード in 東京 (国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会後)>

https://youtu.be/aCFnrVIhVk8

 

 

◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【超拡散希望】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結編⊇顕

2016年05月02日 01時01分26秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月2日現在:2235名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結編⊇顕 〜届いていますか?沖縄の本当の声〜

  全国の若者の命をかけて戦った沖縄は大東亜戦争の敗北により、米軍に占領され、分断統治されてしまいました。
 
 その沖縄が昭和47年5月15日、祖国日本に返ってきました。
 
 その日は、分断統治されていた日本民族が再び、再統一を果たした日本民族の尊い歴史です。
 
 日本民族をあげて、5月15日という日を祝いましょう!
 

 


沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結編⊇顕
   〜届いていますか? 沖縄の本当の声〜
「国連先住民勧告の撤回を実現させる国民の会」設立決起大会

■日 時:平成28年58日 受付:12時30分 開演:13時
■場 所:靖國会館2F
■参加費:1,000円

<FaceBookイベントページ>(※こちらからご参加表明をお願い致します。)
https://www.facebook.com/events/990711577644734/



---------<プログラム>---------

◎ 発起人代表あいさつ 

      ・加瀬英明氏(外交評論家)

 

◎ 来賓挨拶
    ・中山成彬氏(前衆議院議員)

    ・室舘勲氏(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役)

 

◎ 発起人ご紹介

 

◎ 国連先住員勧告の撤回を実現する沖縄県民の会発起人挨拶
    ・宮政久氏(衆議院議員)

 

◎ 基調講演

   「長尾たかし、沖縄を語る」

        ・長尾たかし氏(衆議院議員) 


◎ 地方議員からのメッセージ
   「沖縄の日本民族同胞を守る地方議会意見書採択運動」
        ・古賀俊昭氏(東京都議会議員)       
 

        ・小島健一氏(神奈川県議会議員)

        ・鈴木正人氏(埼玉県議会議員)

 

◎ 緊急報告
   「日本民族を団結させる国連先住民族勧告撤回運動」
        ・仲村覚氏(沖縄対策本部代表)

 

◎ 意見書採択運動の提言

        ・吉田康一郎氏(前東京都議会議員) 

 
◎ 決議文朗読及び採択
 


■主催:沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結編⊇顕饉孫坩儖会
■共催:沖縄
対策本部 / 英霊の名誉を守り顕彰する会  

   

---------------------------------------------------------------------------------------------------


5月8日の集会を前にして、3月20日に設立した「国連先住員勧告の撤回を実現する沖縄県民の会」の発起人の一人である、

衆議院議員宮政久氏が4月27日、衆議院内閣委員会にて、質問に立ち、先住民族勧告の撤回を求める質疑を行いました。

以下、産経新聞の報道記事と、その動画を掲載致します。

 

<「沖縄県民は日本人だ!政府には国連の先住民族勧告を撤回していただきたい!」衆議院議委員 宮崎政久>
(内閣委員会 2016/04/27)
https://youtu.be/RrTe0o2BzxQ


 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<国連見解「沖縄の人々は先住民族」に自民議員が猛反発「民族分断工作だ」 政府も「撤回働きかける」>
(産経新聞 2016.4.27 22:50)
http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270021-n1.html
-----------------------------------------------------------------------
国連の人種差別撤廃委員会が2014年9月に沖縄の住民を「先住民族」と承認するよう日本政府に検討を求めた見解に対し、木原誠二外務副大臣は27日の衆院内閣委員会で「事実上の撤回、修正をするよう働きかけたい」と述べ、政府として対応する考えを示した。自民党の宮崎政久氏(比例九州)の質問に答えた。

 国連では人種差別撤廃委や自由権規約委が08年から4回にわたって沖縄に関する見解を表明し、「琉球・沖縄の人々を先住民族として承認しない立場を遺憾に思う」などとしてきた。外務省の飯島俊郎参事官は27日の内閣委で「政府が先住民族と認識している人々はアイヌ以外に存在しない。これらの(国連の)委員会による最終見解や勧告などは法的な拘束力を有するものではない」と強調した。

 沖縄県を地盤とする宮崎氏は質問で「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと思っている人はいない。誠に失礼な話だ。民族分断工作と言ってもよい。放置しないでほしい」と、政府に毅(き)然(ぜん)と対応するよう求め

 また、自由権規約委は14年8月、「コミュニティーの伝統的な土地や天然資源に対する権利を十分保障するためのさらなる措置をとるべきだ」などと日本政府に法改正まで求めている。この見解についても、宮崎氏は「尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む沖縄の土地や天然資源が、どこに帰属するのかを問題にされかねない。沖縄は尖閣諸島を含めて日本の国土だ」と批判した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【報告:動画12本】0320「先住民勧告撤回県民の会(略称)」設立決起大会(豊見城市)

2016年04月12日 11時02分47秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年4月12日現在:2238名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■【報告:動画12本】0320「先住民勧告の撤回を実現する沖縄県民の会」設立決起大会(豊見城市)

 去る3月20日、沖縄県豊見城市で「国連先住民勧告の撤回を実現する沖縄県民の会」設立決起大会開催されました。

 当日は、約200名の沖縄の有志が集まり盛大な設立決起大会を催すことができました。

 これも、ひとえに多くの皆様のご支援のお陰です。

 心より感謝申し上げます。

 

 今回の集会は、登壇者が全員で12名と豪華でありましたが、その内8名もの登壇者が政治家であり、沖縄対策本部のこれまでの活動で、沖縄の政治に最も大きな影響を与えることのできた集会となりました。

 この集会にて、琉球独立工作の実態とその危険性を沖縄の地方議員と共有し、それを阻止するための国連先住民族勧告撤回の意見書の採択を各市町村議会で進めていくことを決議することができました。

 また、登壇者一人ひとりのスピーチのどれをとっても意義深く、登壇した沖縄の議員の皆様の言葉には、マスコミを介しては決して伝わることのない危機感で溢れていました。

 時間と予算が許せば、編集して小冊子やDVDを作成し、全国の議員の皆様にもご覧頂きたいとまで思っております。

 まずは、取り急ぎyoutubeにアップした動画を掲載いたします。

 ご高覧いただければ幸いです。

 翌日の琉球新報では、設立決起大会を小さな記事で報道すると同時に別枠で、琉球民族独立総合研究学会が豊見城市の意見書に抗議した記事を掲載しておりました。

 また、4月3日の琉球新報の1面には、米国のグアム準洲が独立などの是非を問う住民投票を実施することを決めたというニュースを報道し、連動するかのように論壇というコーナーでは、「沖縄人『先住民族』は史実」という読者投稿記事を掲載していました。

 これは、前述したわずか300名程度の琉球独立学会の抗議文を沖縄県民の総意のように擁護していのが見え見えの偏向報道であり、

今後、沖縄の政治を「グアムを見習って独立を問う住民投票を行いましょう!」と扇動する伏線であることがわかります。

 今後、このように沖縄は、マスコミと翁長知知事により、沖縄の基地問題を少数民族の人権問題へとすり替え、琉球独立の住民投票へと煽動されていくことが確実となってきましたが、私たちは淡々と各市町村議会で国連勧告撤回の意見書の採択を進めて琉球独立工作を阻止していく所存です。

 更にこの運動を沖縄のみならず、全国展開するべく準備をすすめております。

 この運動の全国展開こそ、琉球独立工作を完全に阻止するのみならず、日本民族を団結させ、日本を本来の姿に戻す最善の運動だと確信しております。

どうか引き続きのご支援をお願い申し上げます。

(沖縄対策本部代表 仲村覚)



<主催者あいさつ:仲村俊子氏(初代沖縄防衛協会婦人部長)>
https://youtu.be/6yGYIss7r04

 

 

<来賓挨拶:宮崎政久氏(衆議院議員)>
https://youtu.be/H3ni03BVgkM

 


<「先住民族勧告撤回意見書採択報告:新垣亜矢子 氏(豊見城市議会議員)>
https://youtu.be/4L6WOGBDPco

 

 

<「先住民族勧告撤回意見書採択報告:宜保 安孝 氏(豊見城市議会議員)>
https://youtu.be/hC4BRKwCIcU

 


<基調講演「方言と遺伝子から解る沖縄・先島人の実像」玉津 博克先生(前石垣市教育長)>
https://youtu.be/GPmz_9GIzJA

 


<緊急報告「私たちは先住民ではない!」我那覇真子氏(琉球新報・沖縄タイムスを正す県民国民の会代表)>
https://youtu.be/WZrp_NoBozM

 


<「県民の知らない国連の実態」仲村覚 (沖縄対策本部代表)>
https://youtu.be/HcdzasIXW4M

 


<議員報告:照屋守之氏(沖縄県議会議員)>
https://youtu.be/NvHA17abZmY

 

<議員報告:又吉清義氏(沖縄県議会議員)>
https://youtu.be/RHQj62rqDrA

 

<議員報告:島袋 大氏(沖縄県議会議員)>
https://youtu.be/KIrjgNl0K64

 

<議員報告:花城大輔氏(沖縄県議会議員)>
https://youtu.be/HqpjJ2wxyTA

 

<決議文朗読及び採択:大田正樹(豊見城市議会議員)>
https://youtu.be/aaFs61VypkA

          

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【正論4月号論文掲載】油断大敵!!"蒋介石工作"がもたらした「琉球独立論」

2016年03月02日 11時45分18秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年3月2日現在:2255名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■【正論4月号論文掲載】油断大敵!!"蒋介石工作"がもたらした「琉球独立論」

 

昨日発売の月刊正論4月号に10ページの寄稿論文を掲載していただきました。

タイトルは、

油断大敵!!"蒋介石工作"がもたらした「琉球独立論」

です。

終戦直後、蒋介石は沖縄を軍事的に価値の高い「海の長城」と位置づけていました。

国共内戦に敗れて台湾に移った後は、その軍事的な価値が拡大し、「大陸反攻の重要基地」と位置づけられました。

蒋介石にとって、沖縄は中国共産党により赤化されても、日本復帰に復帰することもあってはならないことだったのです。

蒋介石がその沖縄に対して行った工作が「反共・琉球独立工作」だったのです。

現在の沖縄問題の根源は、2月号に掲載した祖国復帰運動で反米を扇動した毛沢東の工作だけではなく、

蒋介石の琉球独立工作もあるのです。

まだ、誰も語っていない沖縄問題の根源です。

一人でも多くの方に読んでいただきたい論文です。

(沖縄対策本部代表 仲村覚)


PS:名刺広告のお申込み締め切りは明日です。

   ご協力のほどよろしくお願いいたします。

   <申込書> https://goo.gl/8DWzIx 

 

 

        <目次>

◎国連で「先住民」発言を繰り返す糸数慶子参議院議員

◎翁長知事の国連演説を"予言"した"新聞"

◎琉球独立プロパガンダを始めた中国メディア

◎一度も受け入れられたことなき独立論

琉球独立論のルーツは蒋介石の沖縄工作

琉球革命同志会琉球国民党の系譜

 

 

 
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■【ご支援のお願い】「先住民族撤回県民の会(略称)」設立決起大会、名刺広告・ご協賛のお願い

 沖縄対策本部では、沖縄を翁長陣営とその裏にいる共産主義勢力から取り返すために、これから、新しい県民運動を開催いたします。すべての沖縄の市町村議会とこれまで以上に多くの県民を巻き込んだ大きな運動を展開する予定です。

 沖縄県民が全く知らないところで、国連では沖縄の人々は日本人とは異なる先住民と認識され日本政府に何度も勧告を出しています。それは、沖縄県民にとって政治問題を超えるアイデンティティや存在意義が問われる問題であり、決して放置できる問題ではありません。

 これから、国連が危険な勘違いをしている事実を広げながら、沖縄県すべての市町村議会に国連や政府に勧告の撤回を求める意見書や決議文の採択を働きかけていきます。その運動を展開するにあたって、今までより多くの経費がかかる見込みですが、その資金も皆様のご支援に頼るしか無いというのが実情です。

 以下、3月20日の設立決起集会の名刺広告のご案内と申込書を掲載いたしました。

 今年は二度と無い、沖縄を左翼から取り返す大チャンスだととらえております。

 引き続きのご支援のほど、心よりお願い申し上げます。

 (沖縄対策本部代表 仲村覚)


PS:名刺広告のお申込みの締切が3月3日と迫ってきました。

  活動のための軍資金の支援、よろしくお願いいたします。

  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

 

 

 

<名刺広告・ご協賛金について>

 

【名刺広告協賛金】

 

  ◎ 1ページ       :8万円 
  ◎ 2/3ページ    :6万円
  ◎ 1/2ページ    :4万円
  ◎ 1/4ページ(A):2万円
  ◎ 1/4ページ(B):2万円
  ◎ 3/16ページ     :1万5千円
  ◎ 1/8ページ       :1万円
  ◎ 1/16ページ     :5千円

 

【ご協賛金】

  ご協賛金1口3,000円。
  ご希望の方は当日配布パンフレットにご芳名を記載させていただきます。

  

【申し込み方法】

(1)申込書をFAX送信 (ダウンロードはこちらから https://goo.gl/8DWzIx )
    同封の「名刺広告・協賛金申込書」に「名刺広告」又は「協賛金」の欄に必要事項を記入に上FAXを送り下さい。
    FAX番号:020-466-4207(メール自動転送用のFAX番号)
     (※コンビニのFAXなど一部通じないケースがあるようです。その場合は、 098-869-9827 にお願いします。)

(2)名刺広告の原稿のご提供(名刺広告お申込みの方のみ)
   <文字のみ掲載の場合>
     同封の「名刺原稿」に必要事項をご記入の上FAXで送り下さい。

    FAX番号:020-466-4207(メール自動転送用のFAX番号)
     (※コンビニのFAXなど一部通じないケースがあるようです。その場合は、 098-869-9827 にお願いします。)

     締切:平成27年  3月3日(木)

 

 

   <ロゴなどのデザインを含む場合>
     同封の「名刺原稿」のサイズを参考にしてPCにて原稿を作成し、メールにて原稿、版下の送信をお願いします。
     E-mail : nakamura.satoru7@gmail.com 

     締切:平成27年  3月3日(木)

 

(3)送金方法
    下記のゆうちょ銀行の口座にご送金をお願い致します。
     締切:平成28年  3月9日(木)

 

    【銀行からお振り込みの場合】(※店名はカタカナで入植してください)

    ◎ 銀行名 ゆうちょ銀行
    ◎ 店名 019(ゼロイチキュウ)
    ◎ 預金種目 当座
    ◎ 講座番号 0789977
    ◎ 口座名称 沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

 

 

    【ゆうちょ銀行からお振り込みの場合】

    ◎ 記号番号  00180−0−789977

 


-----------------------------------------------<近日開催のイベント>-------------------------------------
--------------- 

        H28年度 第3回 沖縄対策本部 連続セミナー
    「薩摩藩の琉球を利用した倒幕外交」
〜フランスに軍艦を発注した島津斉彬とパリ万博に出展した島津久光〜


◎日時:
  314日(月) 14:00〜  19:00〜 (※同じ内容を2回講義します。)
◎場所:豊島区民センター(第11会議室)
  ※去年までの会場と異なりますので場所を確認の上ご来場下さい。
◎参加費=1,500円

◎参加資格:沖縄対策本部の活動に賛同される方。


資料準備部数把握のため、下記FBイベントから参加ご表明をお願いします。

 

<昼の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/978276408926501/

<夜の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/162159284166913/


<注意事項>
去年まで使っていた豊島区勤労福祉会館は改修工事で休館になるため、今年から会場は豊島区民センターにかわりました。
 
池袋駅の反対側ですのでご確認の上、ご来場下さい。
 
また、いままで「どなたでも参加できます。」としておりましたが、今後は妨害行為が発生する可能性も出てきたため、参加条件を「沖縄対策本部の活動に賛同されている方」としました。

(沖縄対策本部代表 仲村覚)


 3.20「国連先住民族勧告の撤回を実現させる沖縄県民の会」設立決起大会

〜知っていますか? 国連の危険な勘違い!〜


◎日時:平成28年320日(日) 
    受付:午後1時30分 開演:午後2時
◎場所:JAとみえーる 3Fホール
    〒901-0243 豊見城市字上田559
    (上田交差点沿い)
◎会費:500円

◇発起人一覧(50音順)◇ (2月1日現在)

新垣亜矢子(豊見城市議会議員)
新垣繁人(豊見城市議会議員)
新垣良俊(沖縄県議会議員)
大田正樹(豊見城市議会議員)
奥間 亮(那覇市議会議員)
翁長政俊(沖縄県議会議員)
我那覇真子(琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会)
岸本直也(名護市議会議員)
宜保安孝(豊見城市議会議員)
具志堅透(沖縄県議会議員)
具志孝助(沖縄県議会議員)
座喜味一幸(沖縄県議会議員)
島袋 大(沖縄県議会議員)
島袋吉和(前名護市長)
新垣 新(糸満市議会議員)
新垣哲司(沖縄県議会議員)
砂川利勝(沖縄県議会議員)
玉城正範(日本会議沖縄県本部会長)
照屋守之(沖縄県議会議員)
砥板芳行(石垣市議会議員)
徳元次人(豊見城市議会議員)
友寄永三(石垣市議会議員)
中川京貴(沖縄県議会議員)
仲田弘毅(沖縄県議会議員)
仲村 覚(沖縄対策本部代表)
花城大輔(沖縄県議会議員)
浜比嘉勇(沖縄市議会議員)
外間 剛(豊見城市議会議員)
又吉清義(沖縄県議会議員)
宮城安秀(名護市議会議員)
宮崎政久氏(衆議院議員)
森田草士(チーム沖縄代表)

以上


■主催:国連先住民族勧告の撤回を実現させる沖縄県民の会
■共催:日本会議沖縄県本部 / チーム沖縄

---------------------<プログラム>---------------------
 ◎ 来賓挨拶
    ・宮崎政久氏(衆議院議員)

 ◎ 採択報告
   「国連先住民族勧告の撤回を求める決議」採択の報告
    ・新垣亜矢子 氏(豊見城市議会議員)
    ・宜保 安孝 氏(豊見城市議会議員)

 ◎ 基調講演
   「方言と遺伝子から解る沖縄・先島人の実像」
    ・玉津 博克先生(前石垣市教育長)

 ◎ 緊急報告
   「私たちは先住民ではない!」
    ・我那覇真子氏
     (琉球新報・沖縄タイムスを正す県民国民の会代表)
   「県民の知らない国連の実態」
    ・仲村覚 (沖縄対策本部代表) 


 ◎ 議員報告
    ・照屋守之氏(沖縄県議会議員)
    ・島袋 大氏(沖縄県議会議員) 
    ・花城大輔氏(沖縄県議会議員)
     ※その他調整中

 ◎FBイベント(※ご参加表明はこちらからお願い致します。)
       https://www.facebook.com/events/185559171803680/

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  〜戦後レジームの脱却は沖縄から〜
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加