沖縄対策本部

日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。沖縄左翼に対抗する情報を配信。

沖縄対策本部■6・16 H28年度 第6回連続セミナー 「沖縄の軍神 伊舎堂用久中佐」

2016年06月12日 19時47分14秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年6月12日現在:2117名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■6・16 H28年度 第6回連続セミナー 「沖縄の軍神 伊舎堂用久中佐」

 

6月16日(木)の連続セミナーは、沖縄戦、最初の特攻隊長、伊舎堂用久中佐について学びたいと思います。

現在は、反日勢力の歴史捏造により、「沖縄戦」「慶良間諸島」というと「集団自決」という言葉が連想されるようになってしまいました。

しかし、もし、反日左翼勢力や米軍による沖縄の被害者史観の刷り込みがなければ、沖縄県民だけでなく、日本国民全員が、

「伊舎堂中佐」の名前を思い浮かべるようになっていたはずだと思います。

当日は、特攻攻撃だけではなく、沖縄県石垣市で生まれた伊舎堂用久中佐が、特攻隊長になるまでの生涯をたどってみたいと思いますが、

伊舎堂中佐について全く初めてという方もいらっしゃるかもしれないので、特攻攻撃についてまとめてみました。

沖縄危機の今こそ、沖縄戦の英霊の歴史を民族共通の歴史として学ぶことが必要だと痛感しております。

一人でも、多くの方のご参加をお待ちしております。

(沖縄対策本部代表 仲村覚)

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

         H28年度 第6回 沖縄対策本部 連続セミナー
      「沖縄の軍神 伊舎堂用久中佐」
    ~今こそ語り継ごう!沖縄戦最初の特攻隊長の遺功~


◎日時:
  616日(木) ◇昼の部:14時~(第10会議室) ◇夜の部:19時~(第10会議室) 
◎場所:豊島区民センター(〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目20−10)
  ※去年までの会場と異なりますので場所を確認の上ご来場下さい。
◎参加費=1,500円

◎参加資格:沖縄対策本部の活動に賛同される方。


配布資料準備のため、下記FBイベントから参加ご表明をお願いします。

 

<昼の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/532169786976495/

<夜の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/888062167986149/

<伊舎堂用久中佐>
昭和20年3月26日、祖国の危機を救わんと、誠代17飛行隊を率いて敢然、沖縄慶良間列島の米艦隊に体当たり攻撃を敢行、空母等多数の敵艦船を撃沈破、日本本土への敵侵攻の出鼻を挫き、南冥に散華せし石垣島出身、誠第17飛行隊長。


<注意事項>
去年まで使っていた豊島区勤労福祉会館は改修工事で休館になるため、今年から会場は豊島区民センターにかわりました。
 
池袋駅の反対側ですのでご確認の上、ご来場下さい。
 
また、いままで「どなたでも参加できます。」としておりましたが、今後は妨害行為が発生する可能性も出てきたため、参加条件を「沖縄対策本部の活動に賛同されている方」としました。

 


 

 

■故郷、沖縄の空に散った伊舎堂用久中佐

昭和20年3月26日、アメリカ軍は沖縄進攻作戦「アイスバーグ上陸作戦」計画に基づき、沖縄島上陸前に慶良間諸島の上陸作戦を展開。 

一方、大本営は3月20日には、九州方面へのアメリカ海軍機動部隊の来襲を受けて天号作戦を下令しており、3月26日午前10時、陸軍第10方面軍司令官と海軍連合艦隊司令長官が、天一号作戦を発令した。

同日午後8時、台湾、及び南西諸島の航空作戦を担当していた第八師団飛行師団長の山本健児少将は、第九飛行団長柳本栄喜大佐に伊舎堂大尉率いる誠第十七飛行隊に慶良間諸島の米軍艦隊への特別攻撃を命じた。

攻撃時刻は翌日26日5時50分。

命令を受けた山本飛行団長は、23時50分、石垣島の白保飛行場戦闘指揮書に、誠第十七飛行隊及び独立飛行第二十三中隊の全員を集めて、出撃命令を下達するとともに、「敵は愈々我が国土に侵冠しようとしている。諸官の成功を祈る」と決別と激励の辞を述べ、冷酒で別れの杯を酌み交わした。

出撃する隊員は全員きりりと白鉢巻を締め、眉字に決意を晴らし中には「お母さん先に」と墨書した紅顔の初年飛行兵の姿も見られた。

午前4時、両隊は橋本飛行団長と他30名から40名の関係者の見送りを受け、まず独立飛行第三十二中隊の直掩機(護衛機)、続いて誠第十七飛行隊が砂塵を蹴って大空に舞い上がっていった。

伊舎堂大尉率いる編隊は、レーダー網にかかるのを避けるため超低空飛行で慶良間諸島に接近、雲を利用して敵哨戒機にも見つかること無く、敵艦隊のシルエットを発見すると急上昇、高度2000メートルに達すると反転急降下し敵の対空砲火をものともせず、特攻攻撃訓練したとおりの要領で体当たりを敢行した。

その成果は、第八飛行師団戦闘詳報にて次のように報告されている。

「敵機動部隊専任攻撃隊たる誠第十七飛行隊及独立飛行第二十三中隊を以って慶良間郡島西方海面に遊曵中の敵空母軍(大型空母二、小型空母四、その他艦隊多数)に対し体当たり攻撃を敢行せり 右体当たり攻撃に依り収めたる戦果左の如し ◎大型航空母艦 一 撃沈◎大型航空母艦 一 撃破◎中型航空母艦 一 撃破◎戦艦 一 撃破

誠第十七飛行隊の戦果は、直ちに上級司令部に報告され、予想以上の大戦果に驚きかつ感動した。

沖縄作戦緒戦に於いて敵来攻艦船団に対し陸軍特攻のトップを切り、而もその挙げた戦果はこれまでの戦例を遥かに上回る規模である。

更にその殊勲第一号の隊長が沖縄出身であることは県民に与える精神的影響は計り知れない。

 三月二十六日のラジオ及び二十七日の全国各地新聞は、伊舎堂・神鷲の武功と題し大々的に報じ、全国民に大きな感銘を与えた。

 

<伊舎堂特攻隊の式勲を報ずる当時の新聞記事>
http://goo.gl/m7NVQi

 

◎感状上聞 誠飛行隊伊舎堂隊

◎敵機動部隊に突入、空母主力を覆滅

◎果敢、体当たりで屍る七隻

◎沖縄初戦に敵奪ふ

◎吉に感激、伊舎堂隊

 

<伊舎堂特攻隊の式勲を報ずる当時の新聞記事>
http://goo.gl/gLSm95

◎必死必沈の殴り込み

◎直掩機も体当たり敢行

◎陸軍特攻隊の奮戦第一報

◎準備はよし、作戦打ち合わせに?る陸軍特攻隊の勇士

  

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■月刊正論7月号寄稿論文「沖縄発ー『先住民族』勧告撤回運動の行方」掲載のお知らせ

2016年06月11日 17時16分25秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年6月11日現在:2117名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■月刊正論7月号寄稿論文「沖縄発ー『先住民族』勧告撤回運動の行方」掲載のお知らせ

  現在書店に並んでいる月刊正論7月号に「沖縄発ー『先住民族』勧告撤回運動の行方」というタイトルの寄稿論文が掲載されました。

 翁長知事の国連人権理事会での演説計画が発表され始めた去年8月にも「沖縄・翁長知事の国連演説は本当にヤバい」という論文を正論10月号に掲載して頂きましたが、その中でも沖縄県民が先住民族だという国連勧告について言及しました。しかしその時は、ほとんどの日本人がその存在を知りませんでした。


一般国民が知らないのは仕方がないとしても、沖縄の政治家も自民党の国会議員も誰一人として、知っている人はいなかったのです。


しかし、今年4月27日、沖縄二区を選挙区に持つ衆議院議員の宮崎政久氏が内閣委員会にて先住民族勧告の撤回を要求する質疑を行い、琉球独立の秘密の仕掛けだった勧告が、周知の大問題となったのです。

これにより、誰の戦うことなく負けてしまう、不戦敗の道を歩んでいた沖縄の歴史戦に、初めての反撃の矢が放たれ、新たな歴史戦の火蓋が切られたのです。


私は、この質疑の意味や先住民族勧告運動の重要さは、まだまだ正しく認識されていないと感じています。


本来なら、日本国民、日本民族をあげて、大騒ぎするべき問題です。


そのような思いも込めて、正論7月号の論文では、国会の質疑のやり取りをできるだけ忠実にレポートいたしましたので、是非ご一読のほどお願い致します。


(沖縄対策本部代表 仲村覚)


  

<【購入】月刊正論7月号(アマゾン)>
https://goo.gl/YBLe4C

 

 

<【画像】表紙>
http://goo.gl/LV8bue


<【画像】目次>
http://goo.gl/xGmcQS



 

<【画像】論文1ページ目>
http://goo.gl/CQhH0m

 

 <「沖縄発ー『先住民族』勧告撤回運動の行方>

 ■新たな歴史戦の火蓋が切られた

 ■民族分断工作を放置するな!

 ■大きな国益を失う先住民族勧告

 ■勧告肯定の論陣を張る沖縄二大紙

 ■オール沖縄=オール先住民族

 ■辺野古移設から先住民族論争へ

 ■明治時代の沖縄の日本精神

 ■沖縄県民は古来より日本人である。


以上

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■5・26 H28年度 第5回連続セミナー 「国会で明らかにされた日本民族分断工作」

2016年05月14日 09時09分20秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月14日現在:2131名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■5・26 H28年度 第5回連続セミナー 「国会で明らかにされた日本民族分断工作」

  沖縄が祖国日本に復帰して以降、反日勢力は沖縄を安保闘争の拠点とするために、反戦平和という名のもとに、

反基地運動、反米運動を扇動してきました。

 沖縄を日米安保破棄の梃子として利用しようとし続けてきたのです。

現在も沖縄県は日本政府と辺野古移設で正面から対立し、一見基地問題が沖縄問題の最大の争点のように見えます。

しかし、その裏では巨大な歴史戦が仕掛けられていたのです。

2008年から、国連の人権規約委員会や人種差別撤廃委員会から「日本政府は沖縄の人々を公式に先住民族として認め文化、言語を保護するべき」との趣旨の勧告が4回にわたって出され続けていたのです。

このトンデモ勧告の根拠には、沖縄は日本とは別民族の国々によってつくられた琉球王国の人々の子孫であり、明治以降、強制的に日本に同化され、文化や言語を失ったという歴史館が有ります。

辺野古移設や米軍基地の押し付けもその差別の延長線上にあるとうい強引な考え方です。

このような考えのもと、昨年翁長知事は、「日本政府による沖縄への基地の押し付けは沖縄の自己決定権をないがしろにしている。」と訴えにいったのです。

つまり、反日勢力にとって現在の辺野古移設阻止運動は、もはや運動の目的ではなく、沖縄の人たちを巧みに騙して先住民族へと誘導する煽動材料にすぎないということです。

これまで、このような恐ろしい謀略が進められていることについて、8年近い長い間、ほとんどの日本国民も、ほとんどの沖縄県民も知らなかったわけです。

しかし、4月27日の衆議院内閣委員会で宮崎政久代議士が国連先住民族勧告の撤回を求める質疑を行うことにより、ついに、国会の場で日本民族の分断工作が明らかにされました。

今回の連続セミナーでは、沖縄対策本部がこれまで進めてきた、この謀略との戦いの経緯と、今後の展望についてご説明させていただきたいと思います。


(沖縄対策本部 仲村覚)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

        H28年度 第5回 沖縄対策本部 連続セミナー
    「国会で明らかにされた日本民族分断工作」
    〜沖縄県民が知らないところで、進められていた国連工作〜


◎日時:
  526日(木) ◇昼の部:14時~(第6会議室) ◇夜の部:19時〜(第10会議室) 
◎場所:豊島区民センター(〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目20−10)
  ※去年までの会場と異なりますので場所を確認の上ご来場下さい。
◎参加費=1,500円

◎参加資格:沖縄対策本部の活動に賛同される方。


配布資料準備のため、下記FBイベントから参加ご表明をお願いします。

 

<昼の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/246517819047074/

<夜の部はこちら>
https://www.facebook.com/events/1544338025870380/


<注意事項>
去年まで使っていた豊島区勤労福祉会館は改修工事で休館になるため、今年から会場は豊島区民センターにかわりました。
 
池袋駅の反対側ですのでご確認の上、ご来場下さい。
 
また、いままで「どなたでも参加できます。」としておりましたが、今後は妨害行為が発生する可能性も出てきたため、参加条件を「沖縄対策本部の活動に賛同されている方」としました。

 

(沖縄対策本部代表 仲村覚)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------


◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【報告・動画13本】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会

2016年05月12日 15時59分29秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月13日現在:2235名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■【報告・動画13本】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会 〜届いていますか?沖縄の本当の声〜

 


 去る5月8日に靖國会館で開催された、沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結靖國集会は、多くの皆様のご支援のお陰で、大盛会にて終えることができました。

 本当にありがとうございました。

 特に、今回祖国復帰44周年の記念集会において、日本民族が団結し、「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」を設立できた事は、戦後70年以上続いてきた沖縄問題の根本的解決にむけて大きな一歩を踏み出すことができたものと確信しております。

 これもひとえに、突然のお願いにもかかわらず、ご登壇して下さった先生方、設立の趣旨にご賛同いただいた多くの先生方、そして滞りなく会が進行するようにお手伝いいただいた運営スタッフの皆様のお陰だと心より深く感謝しております。

 沖縄県民は終戦直後米軍の分断統治により日本軍の被害者と洗脳され、祖国復帰運動から現在まで、共産主義勢力の安保闘争に煽動され利用され続けてきました。

 その沖縄を日本民族の手に取り戻すことができるのが、今回設立した国民の会であり、その重要な役割を担って今後活動を展開していくのだと身が引き締まる思いです。

 

 さて、日本民族団結國集会の熱気あふれる集会の写真と動画がまとまりましたので、以下ご紹介させていただきます。

 全国の皆様には、沖縄問題の本質とは日本民族が団結するか分断されてしまうかの問題であるといことがご理解いただける内容になっているものだと思います。

 また、沖縄の皆様にとっては、現在厳しい政治状況の中、多勢に無勢の環境で戦っておりますが、全国にはこれだけ、沖縄に心を寄せて応援してくださる方がいるんだと勇気づけられるものだと思います。


 是非、多くの方にご覧頂きたいと思っております。

 ご紹介いただいた、動画以外にも情報拡散のために多くの皆様に撮影とアップにご協力いただきました。

 この場を借りてお礼を申し上げます。

 

(沖縄対策本部代表 仲村覚)



◇【写真159枚】沖縄県祖国復帰44周年記念靖国集会(平成28年5月8日)◇

https://goo.gl/AN4Prt

 


◇【動画13本】沖縄県祖国復帰44周年記念靖国集会(平成28年5月8日)◇


<【加瀬英明氏 外交評論家】 ① 発起人代表あいさつ >

https://youtu.be/qPaBmOPwl0g

 


<【室舘勲氏 キャリアコンサルティング代表取締役】② 来賓挨拶 >

https://youtu.be/0-wasLcDcn4

 


<【小島健一 神奈川県会議員】 ③地方議員からのメッセージ >

https://youtu.be/cnwWteGBl0w

 

 


<【発起人諸氏の紹介】 ④>

https://youtu.be/cdQ965Vle9Y

 

<設立趣意書(発起人ご芳名入り)>
http://goo.gl/pyWdIC


<【宮崎政久 衆議院議員】 ⑤ 「沖縄県民は日本人だ!」>

https://youtu.be/6QIDJWPa_g4


 

<衆議院議員宮政久氏の国連先住民族勧告撤回要求を報道した産経新聞(4月27日)>
http://goo.gl/F6m8ZI

 

 

<豊見城市議会の意見書を完全に無視した佐藤優のウチナー論評(琉球新報4月30日)
https://goo.gl/mlZH5D


<【中山成彬 前衆議院議員】⑥来賓挨拶 >

https://youtu.be/VS3IQ31ODVg

 

<【長尾たかし 衆議院議員】⑦ 基調講演:長尾たかし「沖縄を語る」>

https://youtu.be/V3p1Kr4u1rI

 

<関連ブログエントリー「共産主義勢力は今も沖縄を狙っている」
http://goo.gl/mf55fQ

 

 

<【鈴木正人 埼玉県議会議員】 ⑧ 地方議員からのメッセージ >

https://youtu.be/ImZGiLAjCNY

 


<【古賀俊昭 東京都議会議員】⑨ 地方議員からのメッセージ >

https://youtu.be/Ek6tcHfsWc0

 


<【緊急報告:仲村覚 沖縄対策本部代表】 ⑩「日本民族を団結させる国連先住民族勧告撤回運動」 >

https://youtu.be/NZDHaMy4oZU

 

 

<全国の若者の命を賭して戦った「沖縄瀬」>
http://goo.gl/KgMTHQ


 

<日本海軍沖縄県軍司令官大田中将最後の打電>
http://goo.gl/55zCih

 

<戦後の政治家へ志を引き継がれた大田実中将の電文>
http://goo.gl/ZF3AJh

 

<沖縄県祖国復帰記念式典での昭和天皇のお言葉>
http://goo.gl/84rxdw




<【吉田康一郎 前東京都議会議員】 ⑪意見書採択運動の提言 >

https://youtu.be/DyGZzR4fiWA

 

<地方議員を中心として「意見書決議推進委員会」発足の提言>
http://goo.gl/wDz7ct

 

 

 


<【伊勢田幸正 富士見市議会議員】⑫決議文朗読及び採択 >

https://youtu.be/87OS-3sqsgo

 

<採択された決議文>
http://goo.gl/2MZuxa


<沖縄県祖国復帰44周年記念 祝賀パレード in 東京 ⑬(国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会後)>

https://youtu.be/aCFnrVIhVk8

 

 

◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄対策本部■【超拡散希望】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結國集会

2016年05月02日 01時01分26秒 | はじめての方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」 ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇メルマガ購読者 平成28年5月2日現在:2235名◇
 登録はこちら http://goo.gl/3HhHt

◇沖縄対策本部の公式ホームページを開設しました。
 http://www.okinawa-taisaku.org/

◇沖縄対策本部のイベントスケジュールです。
 goo.gl/J3tihM

  Satoru Nakamura | バナーを作成
    

     

  

■5・8沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結國集会 〜届いていますか?沖縄の本当の声〜

  全国の若者の命をかけて戦った沖縄は大東亜戦争の敗北により、米軍に占領され、分断統治されてしまいました。
 
 その沖縄が昭和47年5月15日、祖国日本に返ってきました。
 
 その日は、分断統治されていた日本民族が再び、再統一を果たした日本民族の尊い歴史です。
 
 日本民族をあげて、5月15日という日を祝いましょう!
 

 


沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結國集会
   〜届いていますか? 沖縄の本当の声〜
「国連先住民勧告の撤回を実現させる国民の会」設立決起大会

■日 時:平成28年58日 受付:12時30分 開演:13時
■場 所:靖國会館2F
■参加費:1,000円

<FaceBookイベントページ>(※こちらからご参加表明をお願い致します。)
https://www.facebook.com/events/990711577644734/



---------<プログラム>---------

◎ 発起人代表あいさつ 

      ・加瀬英明氏(外交評論家)

 

◎ 来賓挨拶
    ・中山成彬氏(前衆議院議員)

    ・室舘勲氏(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役)

 

◎ 発起人ご紹介

 

◎ 国連先住員勧告の撤回を実現する沖縄県民の会発起人挨拶
    ・宮政久氏(衆議院議員)

 

◎ 基調講演

   「長尾たかし、沖縄を語る」

        ・長尾たかし氏(衆議院議員) 


◎ 地方議員からのメッセージ
   「沖縄の日本民族同胞を守る地方議会意見書採択運動」
        ・古賀俊昭氏(東京都議会議員)       
 

        ・小島健一氏(神奈川県議会議員)

        ・鈴木正人氏(埼玉県議会議員)

 

◎ 緊急報告
   「日本民族を団結させる国連先住民族勧告撤回運動」
        ・仲村覚氏(沖縄対策本部代表)

 

◎ 意見書採択運動の提言

        ・吉田康一郎氏(前東京都議会議員) 

 
◎ 決議文朗読及び採択
 


■主催:沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結國集会実行委員会
■共催:沖縄
対策本部 / 英霊の名誉を守り顕彰する会  

   

---------------------------------------------------------------------------------------------------


5月8日の集会を前にして、3月20日に設立した「国連先住員勧告の撤回を実現する沖縄県民の会」の発起人の一人である、

衆議院議員宮政久氏が4月27日、衆議院内閣委員会にて、質問に立ち、先住民族勧告の撤回を求める質疑を行いました。

以下、産経新聞の報道記事と、その動画を掲載致します。

 

<「沖縄県民は日本人だ!政府には国連の先住民族勧告を撤回していただきたい!」衆議院議委員 宮崎政久>
(内閣委員会 2016/04/27)
https://youtu.be/RrTe0o2BzxQ


 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<国連見解「沖縄の人々は先住民族」に自民議員が猛反発「民族分断工作だ」 政府も「撤回働きかける」>
(産経新聞 2016.4.27 22:50)
http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270021-n1.html
-----------------------------------------------------------------------
国連の人種差別撤廃委員会が2014年9月に沖縄の住民を「先住民族」と承認するよう日本政府に検討を求めた見解に対し、木原誠二外務副大臣は27日の衆院内閣委員会で「事実上の撤回、修正をするよう働きかけたい」と述べ、政府として対応する考えを示した。自民党の宮崎政久氏(比例九州)の質問に答えた。

 国連では人種差別撤廃委や自由権規約委が08年から4回にわたって沖縄に関する見解を表明し、「琉球・沖縄の人々を先住民族として承認しない立場を遺憾に思う」などとしてきた。外務省の飯島俊郎参事官は27日の内閣委で「政府が先住民族と認識している人々はアイヌ以外に存在しない。これらの(国連の)委員会による最終見解や勧告などは法的な拘束力を有するものではない」と強調した。

 沖縄県を地盤とする宮崎氏は質問で「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと思っている人はいない。誠に失礼な話だ。民族分断工作と言ってもよい。放置しないでほしい」と、政府に毅(き)然(ぜん)と対応するよう求め

 また、自由権規約委は14年8月、「コミュニティーの伝統的な土地や天然資源に対する権利を十分保障するためのさらなる措置をとるべきだ」などと日本政府に法改正まで求めている。この見解についても、宮崎氏は「尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む沖縄の土地や天然資源が、どこに帰属するのかを問題にされかねない。沖縄は尖閣諸島を含めて日本の国土だ」と批判した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◇◇カンパお振込先◇◇

<銀行からお振り込み>
 ◎ゆうちょ銀行
 ◎店名:019(ゼロイチキュウ)
 ◎預金種目:当座
 ◎口座番号:0789977
 ◎口座名称:沖縄対策本部(オキナワタイサクホンブ)

<ゆうちょからお振り込み>
 ◎(記号番号:00180-0-789977)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「沖縄対策本部」  ~戦後レジームの脱却は沖縄から~
-----------------------------------------------------------------------
日本の国家を存続させるには、沖縄への工作を集中させる支那と左翼勢力への
対策が必要です。しかし、誰も本部を設立しないので、一念発起し「沖縄対策
本部」を立ち上げました。マスコミが報道しない沖縄左翼の扇動工作の実態と、
それに対抗する情報戦、啓蒙運動に関する情報を配信します。
-----------------------------------------------------------------------
公式サイト:http://www.okinawa-taisaku.org/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
FaceBook:https://www.facebook.com/satoru.nakamua
■メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加