漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

髪のパサつき2タイプ

2008-09-04 | 美容・アトピー・肌トラブル
9月4日は「櫛(くし)の日」。
美容関係者らが決めた日ですが、「くし(櫛)」の語源は「薬」と同じで、不思議・霊妙なこと「奇(く)し」「霊(くし)び」だそうです。
秋になると、髪の抜け毛やパサつきが気になります。
そこで、今日は髪のパサつき2タイプと漢方対策をご紹介します。

タイプ(1)
年齢とともに頭髪全体が細く弱くなって、コシがなくパサつく。脱毛、白髪も多くなってきた。

タイプ(2)
毛先のトラブルが多い。枝毛や切れ毛が起こりやすい。白髪も目立ってきた。抜け毛も気になる。


◆原因と漢方対策

タイプ(1)精血不足
年齢(中壮年以降)や慢性疲労が続いたりすると起こりやすい。毛根部の栄養が不足するので髪全体が細く弱くなる

何首烏(かしゅう)プラス杞菊地黄丸などの補腎剤。

タイプ(2)気血両虚
しっかり食べなかったり、出産時の出血過多で体力を消耗したりするとおこりやすい。毛髪先端から異変がはじまり、カサついてツヤがなくなる。

十全大補丸 婦宝当帰膠+補中益気湯など。

(1)(2)は両方重なって起こる場合も多い。


■髪によい食べ物◆肝腎を強化する食べ物がおすすめ

クコの実、なつめ、竜眼肉、ブルーベリー、レーズンなどのドライフルーツ、アーモンドなどナッツ類、黒ゴマ、黒豆、レバー、牡蠣、しじみなど

ゴワゴワしたフケが多い、頭皮がべたつくという方は、ミネラルと食物繊維が豊富な海藻類で腸内の掃除をしっかり行うと頭皮もすっきりするでしょう。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時が滲む朝・楊逸(ヤンイー... | トップ | ダークナイト(映画)底深い怖さ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
髪の悩み ()
2008-09-06 10:26:25
髪の悩みは尽きません。
配置の悪い顔以上に、悩みかも・・・

うねる、ツヤなし、ちぢれる、そしてトドメは、白髪でしょうか・・・
40半ばにして、生え際も気になって来たし。

ヘアカラーをしないと、まわりに心配される程出るので、月1で染めていましたが、それでも追いつかなくなってきています。
でも、あまり染めるのも痛むし、カラーリンスで、なんとかごまかし。

かつては、白くなっても染めないんだと思っていましたが、30代前半で治療の為に服用した薬の影響か、友人達よりずっと早くで始めて、その数もかなり。
5つ若いパートナー君の為に、ここだけは若作りにはげんでいます。

ドライフルーツとナッツは、パンを焼く時にたっぷり入れて、毎日食しております。
あとは貝類ですね! うん、うん。。
がんばりましょう。 (やく)
2008-09-06 17:36:20
どうでもいいと思ってしまうと、もろに年齢がでてしまいます。若づくりしようと思うことがエネルギーに変わりますね、きっと。
お互いにがんばりましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL