漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

女性の更年期の注意:男性より発見しづらい心臓血管障害

2014-07-11 | 婦人科・嚢腫・筋腫・更年期
更年期について面白い記事がありましたのでまとめてみます。(参考・クリデンシャル2014/N0.70)

更年期障害と間違えられやすい微小血管狭心症
血管造影しても見えないような細い冠動脈に病変がある狭心症が40~50代の女性にみられ、主な症状は「胸痛」。更年期障害とか自律神経失調症などと診断されてしまって解決せず、放置されると最悪心臓突然死を招いたりすることも。

心筋梗塞も男性とタイプが異なる
動脈硬化のプラーク(血管内壁のコブみたいなもの)が破れ中から血の塊がでてきて心臓の血管を塞ぐと心筋梗塞となり、激しい胸痛に襲われます。
しかし、女性の場合はプラークが破裂せずびらん状態になって動脈が狭くなる程度で止まることが多く、そうなると胸痛があまり激しくなく、その結果発見がおくれて気づいたときは死に至ることも。

そして喫煙の影響を女性は受けやすいそうです。

漢方なら、胸痛とくればまず活血剤ですね。
男女とも中高年からは血流改善が大切ですが、女性は更年期年齢になるとコレステロール数値もどんどん上昇するので、まず微小循環の改善は行うべきですね。
ただし活血対策は体質によってさまざまあるので、ぜひご相談ください。
女性の更年期タイプと漢方対策
女性の更年期と高脂血症


ところで最近、西洋医学治療分野でも「性差医療」が行われるようになりました。
というのも、これまで薬の治験を行うときほとんど男性患者だった(妊娠する可能性のある女性を除いたので)ので、実際女性に使ってみたら結果が違うという場合が出てきたからだそうです。
これは女性特有のホルモンバランスの変化が影響しているようです。

漢方分野ではご存知のように
『男性や8の倍数、女性は7の倍数で体の転機を迎える』と、何千年も前から性差治療をしており、さすが経験医学は、読みが深いと驚かされます。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
女性のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝶・夢と現実の境 | トップ | 日曜散歩・アイガモちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL