漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

卵巣嚢腫が小さくなりました

2006-10-17 | 生理不順・無月経・不正出血
「久しぶりに婦人科で診てもらったら、嚢腫が小さくなったね、
といわれました」

と、うれしい知らせをいただいたのは、
ここ1年くらい漢方対策で来ていただいている女性。

今回来店されたときは、濃くなっていた両頬のシミがとても薄く
なっていた。
それはきっと「お血」(血流の悪い状態)の原因となっていた
ものが小さくなったからなんでしょうね。

(両頬にシミが出てきたという人、血流改善対策を行ってみると
いいかも)

生理痛が強かったり、生理周期が乱れたり、
季節や生活環境、ストレスによって体調は異なり、一筋縄ではいかない
こともあるけど、
そのたびごとに、お互いにあれこれと検討しながら、漢方対策をしてきた。

十分話をしてくれることが、解決の道を開く。

漢方って、魔法の薬でもなんでもない。
そのときどきの体調の傾きを調整する、当たり前の養生法だと思う。

たとえば、
夏は、長い昼間によく活動し汗で発散し、さっぱりした食事で
体内の熱をさます。
冬は、こってりした食べ物と十分な睡眠で、精を養い体を温める。
そんな、季節に即した生活養生をサポートしてくれるのが
漢方なんだろうと思う。

まだいくつか悩みはあるけど、これからも彼女の体調を
正確につかめるよう、努力したいと思う。

漢方の部屋

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「家守綺譚」梨木香歩覚書 | トップ | ブラック・ダリア(映画)生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シミ取り治療 (シミ取り美白)
シミ取りにはメラニン??
シミ取りと皮膚科、専門家 (シミ取り皮膚科と専門医)
シミ取りには、メラニンが関係??
卵巣がんの種類 症状診断と再発治療 (卵巣がんの種類 症状診断と再発治療)
卵巣がんは、自覚症状が現われにくいがんとして知られており、異常に気づいて病院に行ったときにはすでに転移が広がっていたということが少なくないといいます。