中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

疲労困憊。

2015-11-30 21:10:18 | Weblog
解体作業中に会社時代の上司Sさんに電話をして猪肉を取りに来てもらう。
わざわざ来てもらったのに逆に釣り大会で釣って来たイサキと尾長グレを頂く、かえって悪い事をした。
巡回に解体と届ける時間が無かったので仕方なし。
その解体作業であるが100kgの半分だけ剥けたのだがもう体がどこもかも痛くてこれ以上作業が出来ずに中止する。
鏡で顔を見るとくたびれ果てた顔をしている、昨日今日と連続では体に堪えます、無理をせずに休息しないと後3カ月半も持たないでしょう。
今から少しだけ部位別の仕分けをして寝よう。
明日はどうか罠に掛かっていない事を切に願います。(本音です)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜なべに成る。

2015-11-30 16:45:03 | Weblog
午後Y君と40kgのメスを解体して半分あげて犬の散歩を終えて大きい奴を剥こうとしたら85歳が訪ねて来る。
肉うどんを作り食べてもらい猪肉とレバー4頭分を土産に渡すが解体予定が狂ってしまい。
今から早い夕食を食べて夜なべで解体です、頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸運の使者?。

2015-11-30 12:48:51 | Weblog
今朝7時過ぎに弟子のY君が来てくれる。
西の谷へ行き車を降りるなり、「音がする」と言う。
罠は15m横です、覗くと行き成りイノシシが飛びついて来る。
良かったウリ坊では無い、銃が撃てるので止めを刺す。
40kg程のメスです。
Y君が来ると幸運が続くようだ。
近くの谷に浸けて置き北方面へ巡回に走る。
最初の谷の2個目の罠を見るとイノシシがぶら下がっている。
「おい、死んどるわ」
身動きしないので死んでいると思い、残念だなあと悔やんでいると、後足が少し動いた。
「あっ生きとる良かった」
傍へ寄ると無抵抗でまな板の上のイノシシです。
こんな大きいオスと対峙するのは震えが来ます、しかし罠を設置するときにこの状態になるのを見込んでの設置だったので会心の作に成りました。
しかしこんな大きい奴は予想外でした。
釣りの先生と話をした後だったので直ぐに電話をすると飛んできてイノシシを見る。
止め刺しをするのも楽な事この上なし。
ただ50mの引き出しをY君の頑張りでどうにか出来たのだが100kgは有るオスなので車に乗せるのも苦労した。
地元の農家の人にも見てもらい喜んで貰う。
残りの罠を見に行くと大君の山にも掛かっていました。
茶色く見えたので犬と間違ったくらいです。
20kg程なのだが大君や農家の人に退治してと言われていたので処理をする。
今日は大中小と3匹も獲れました。
釣りの先生宅でコーヒーをよばれることなく急いで帰宅。
2匹を転がして水道水を流しっぱなしで西の谷まで走り朝浸けて有ったイノシシを持ち帰る。
巡回中に狩りガールのIさんに遊びに来るように言ってあったのだが彼女体調不良で来ることが出来ずに残念がっていました。
昼ご飯はYくん自ら作ってくれたおにぎり弁当を頂きましたがこれから3匹の後処理が残っています、頭が痛くなります。
やはり週に1頭位が理想です、獲れれば嬉しくも有り辛さも有ります。

(身長170cmのY君が横に寝そべっています)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粗剝きが出来る。

2015-11-29 17:15:46 | Weblog
昼に戻りクマ子が余りなくのでかわいそうに成り全犬を裏山へ連れて行き軽い散歩をさせてから朝のイノシシの解体に掛かる。
演歌懐メロを聞きながら2時間余りで粗剝きが出来ました。
近所の檻猟師?が見学に来て「西の大きい奴はどうで?」と聞いて来たので「雌の大きいのは獲った」と話すと残念そうでした。
その人が帰った後で町内会から出ている市会議員さんが通りかかったので止め刺しの事を機会が有れば市長に言って置いてと頼んでおきました。
肉のあらかたの処理が出来たので犬達を連れて山へ行ってやる。
生肉も炊いた肉も奪い合う様に食べてくれる、子育て中なので腹が減るのでしょう。
今夜部位別に小分けして世話に成っている人に上げます。
今日はそれ程疲れず、それと脂はいまいちでしたが悪くは無い肉です。
明日弟子?のY君は来るのだろうか?。

(姫はカヤの中で見えず、デブ子にトラ子にクマ子)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに。

2015-11-29 12:35:10 | Weblog

(正面の倒木をイノシシが跨いで通るので泥で白くなっています)
久しくイノシシを獲っていないので昨夜福井の名人君に愚痴をこぼしたら今朝狙っていた北方面のイノシシが獲れました。
近所の巡回は気配なく北方面も足跡が有ったのに罠に異変なく、Tさん宅裏のみかん畑の横を見るも荒れていない。
所が少し近づくとイノシシの匂いがする、「ん、居るのか?」様子を見ていると行き成り笹竹の間からイノシシが攻撃してきた。
「わあ、びっくりしたなあ」イノシシが掛かっていました、かなりの大きさですが足の掛かり具合が見えません。
一旦引き返し畑に居た地主さんに「掛かっとるでよ」と声を掛けて置き、休みで家にいる筈の会社の後輩大君に応援を頼む。
洗濯を切り上げて5分で現場に来てくれる。
釣りの先生にも朝会っていたので状況を知らせると釣り友達のYさんを連れて現場まで見学に来てくれる。
最近、銃が撃てない場所で大きな奴と対決するのが恐くなっている?わしには心強い応援である。
少し離れた安全な所に待っていてもらいイノシシの様子を見る。
最初大人しく笹の中に隠れていたのがわしめがけて攻撃して来る、罠の掛かり具合を見ようとするとうまい具合に上段へ飛び上がる、そこで足が見えたら完璧な所に掛かりワイヤーも傷んでいない、そこでイノシシをてがうと飛び降りて来たが計算通りに上の木を巻いたので動きが制限される。
口にワイヤーを噛まそうとするが上手く噛まない、そこで攻撃に来たのを叩くが普通のパイプでは効果なし、大君が渡してくれたバールで対処するが振り上げると柿の枝にアタリ失敗するが3度目に効果が有り次に命中してナイフで止めを刺す。
「あああ、ホッとした」
先生は何度も止め刺しを見ているが釣り友のYさんは初めて見るイノシシとのやり取りは刺激に成った様です。
大君に手伝って貰い車の近くまで運び出して水を掛けてTさんに置いて置いて貰い残りを見回るもダメでした。
帰りに一人で積み込み釣りの先生宅でコーヒーにイチゴ大福を頂く。
釣り友のYさんは入れ違いで帰るが先生に昨日の磯釣りの結果等を聞きグレ釣りのビデヲを借りて帰宅。
イノシシが獲れていなければ罠のやり替えをするつもりだったのだが嬉しい誤算?で帰宅。
冷やして置き午後に剝こう。

(丁度よいメスで脂は少し有るようです)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4年ぶりに鹿が。

2015-11-28 12:51:18 | Weblog

(暗くて目だけしか見えないが鹿です)
今朝の巡回で珍しく4年ぶりに鹿が掛かりました。
罠を見に行くと大きな音がして動物の動くのが見えた。
「良かったウリ坊でないぞ」とよく見ると「何な鹿か}とがっくりです。
とは言え鹿が括り罠に掛かるのは4年ぶりです。
県南や県西部では鹿の被害が大きいくらい生息しているのだが当地(鳴門市)ではまだ少なくて被害にまで至っていませんがそのうちに問題が発生するでしょう。
当地で括り罠専門の猟師?はわし以外には数人しかい無い筈なので詳しい統計では無いのですが、8年間で3頭の鹿を捕獲しました(全部ゴボウ角の1年生)、他の猟師との交流が無いのでわしだけの資料で判断するとイノシシ99頭に対して鹿が1頭の割合に成ります。
ただあくまでもわしの資料からの判断なので正確な比率では無いでしょう、また先日交通事故死した鹿も見たので生息数はもう少し増えている筈です。
鹿の目撃情報等も終猟時に報告するように成っています。
その他の罠は巡回が虚しいものに成りました、タヌキにいじられたのが4個ほど有りイタチごっこです。
所で昨日逃がしてやったイノシシの首にビニールひもが食込んでいて後少し成長すると肉に食い込むところでした、逃がしてやる前に気付きナイフで切ってやりました。
猪道に新しい泥が付いていたので逃がしたウリ坊の親?が居る様です。
何年か前にも口をビニールで括っていたり漁網が口を開けにくくしていたウリ坊が居ました、人間が捨てるもので野生動物が迷惑している様です。
勿論外してやって逃がしたがエサも食べられなくて死ぬのも中には居るのかも?。
今日は巡回の後で釣りの先生が磯釣りに行き不在だったので先生宅の畑裏へ罠を追加して帰宅したのが1時前でした。
少し遅めの昼は特製牛丼の大盛りを食べました、腹いっぱいで満足しました夕方の散歩まで休息です。

(こんなビニールが首を絞めていました)

(巡回中にお猿さんに睨まれました)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

犬小屋にビニールを。

2015-11-27 17:40:01 | Weblog
急に冷え込んできました。
今仔犬が居るので犬小屋とその周りに応急にビニールの風よけを散歩の後で張ってやる。
ただ小屋全体は4m四方と大きいので全部張るのは後日にします。
寒くなるとイノシシに脂が乗ってくるはずなので50kg程のメスの良いのを獲りたいのだが近所は望み薄なので北方面に力を入れよう。
今夜は風呂で温まり髭もそろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒くなる。

2015-11-27 13:52:03 | Weblog
朝巡回に出ると真っ黒な空からアラレが降って来た、当たれば痛いくらいの大きさです。
雨よりましだと歩いていると20分もしない内に雨に変わってしまう。
おかげで?頭から濡れて寒くなる。
このままでは風邪を引くかもと心配するも空がすいて来て青空も見えだした。
気を取り直し巡回を続けたが近所には異変なく北の尾根の谷でステンレスパイプが白く見えたのにイノシシが見えない、見えないはずだ小さすぎて木の陰になって見えなかった。
足跡は中形が付いていたのにこんな小さいのでは・・・・・・。
両足を掴みバネ押さえを緩めて逃がしてやる、罠は無傷なので直ぐに再用出来ます。
奥の罠は異常なし。
釣りの先生の裏へ行くと追いかけて来てくれて現場確認をするが昨日設置したので異常なし。
2人で多分明日は磯釣りに行けるでよと話をして北へ走る。
残念ながら追加した場所も1週間で獲れると踏んでいた罠にも異常なし。
帰りに先生の別荘へ寄ると船頭さんから明日来るようにと電話が有ったそうです。
明日は土曜なので釣り客は多いだろうがくじ次第で良い磯へ上がれるので運が左右します。
先生前回のリベンジに燃えていました。
コーヒーとカステラを頂き帰宅。
途中で今朝逃がしてやった場所に再設置して来るがしばらくは掛からないだろう。
2時前に遅い昼食を取る、夕方の犬達の散歩まで炬燵に潜ります、寒う・・・・・・。

(小さいイノシシが暴れてもそれ程荒れません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣りも危険が。

2015-11-26 17:30:57 | Weblog
夕刊に県南の浅川港の防波堤でアオリイカを釣っていた人が転落して?2km流されて亡くなっていたとの記事が載っていた。
今の時期小形だが数釣りが楽しめて味は最高なので早朝から出かけるのだが釣れる場所と言うのは危ない所が多いのが現実です。
暗がりで釣るので足元等には十分注意しないと転落の危険が有ります。
高い防波堤やテトラでは落ちてしまえば死ぬか大けがをします。
釣りたいがために危険を冒すのは同じ釣り師として気持ちは分かるが命より大事なイカ等居ません、猟も同じです無理をしてイノシシを獲る事も無いでしょう、十分注意して猟(漁)を楽しみたいものです。
そんな自己反省をしているのですが暫く大きいイノシシが掛かって居ません、今日追加した分に期待しましょう。
仔犬達は雄1・メス4でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

追加設置。

2015-11-26 12:48:13 | Weblog

(罠は谷の口なのだが奥には小さいイノシシだが掘り返して有る)
今日も7時から巡回に出ようとするとY君が来てくれて子犬の養子先を持って来てくれる。
有難いのだがオスを希望している人が2人居る様なのに子犬達は雌の方が多い様だ、今日確実に雌雄の確認をしよう。
さて巡回だが近くに足跡が有ったのは2カ所だけで残りは気配すらなし。
巡回後に見切りをし直して2カ所追加してきた。
もう1カ所は先生宅裏で札も筒もそのままにしていたので其処へ再度設置してきたが人が通る道に中形の足跡有り。
作業中に雨が降ったが葉が茂った下に居たのでそれ程は濡れず、12時半に帰宅。
今夜倉庫から追加の罠を出して来よう。
夕方の散歩まで休憩です。

(ここは人が歩くので罠の設置は横道へ)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加