中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

無精をする。

2016-07-31 07:03:01 | Weblog
年と共に犬達の散歩が雑に成る、以前なら山の鳥や獣に出合う場所へ行きなるべく出会えるように誘導していたのだが、このところ人に会わない野犬が居ない場所へ行き好き放題にさせている、猟犬のしつけには良くないやり方なのだが今更犬を作る気も無く雑な散歩です。
今朝も6時前から裏山北へ行き、3匹を東の山へ追い込んでわしは脇道を歩き続ける、デブ子は何往復かするとバテてしまい動かなくなる、小一時間歩いていたころクマ子が西から帰って来た、身体が濡れているのでどこかの水場で冷やした様だが用意した水を沢山飲む。
3分ほどでトラ子と姫も続いて戻る、同じく濡れていたが車に乗せて水を飲ませる。
これで夕方まで小屋で大人しいでしょう?。
さて今日は会社時代の知人で梨農家のK君に今年も梨の発送を頼んで来よう、もう30年以上になるが松山時代の知人が待ってくれているので毎年贈っている。
今日の予定はその他に無し、先日は磯釣りの釣果が悪く今朝の新聞には載らず、仕方が無い、次回には頑張ろう?。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

以前に。

2016-07-30 17:45:53 | Weblog
まだイノシシに関心が無い10年も前になるか裏山をデブ子(チビ)とその子の2代目トラ子(死期を悟り山に消える)を連れて散歩していたらよくイノシシに出合い何度も姿を見かけたが写真は上手く撮れず証拠写真が少ないがこれはピンボケでも一応イノシシと甲斐犬がにらみ合っています。
慌てて写真を撮ったので手振れ等で見にくいが向こう側に居るのはイノシシです。
これ以降ヤマドリを撃つのがかわいそうに成りイノシシ猟に関心が行き、単独で出来る罠猟に進んでいく事になりました。


(右が2代目トラ子、左が若いころのデブ子(チビ)2頭とも純潔の甲斐犬)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次の日は。

2016-07-30 07:12:22 | Weblog
昨日の釣で暑かったのは2時間ほどなのに頭がまだ暑い様に感じる。
昨夜は寝た様な気もするが、いつの間にかゴルフを見ていて5時過ぎになる、犬達と6時ごろに山へ行、軽く散歩をする。
傷んでいた姫の首輪が取れているので買いに行こう。
珍しくクマ子と姫が山へ入る。
トラ子はわしに付いて脇道を歩く、デブ子はゆさゆさと体を揺らしながら付いて来る。
小一時間しても2匹が戻らないので一旦帰ろうと走り出すと後ろからクマ子が必死で走って来る、止めて乗せると水をがぶ飲みする。
犬達を小屋に入れて再度山へ行くと駐車場所の手前で姫が待っている、呼ぶと喜んで戻り無事帰宅。
朝から暑いので小屋の地べたの冷たい所でデブと姫は寝そべっている、トラ子とクマ子は扇風機の前で寝ころぶ。
今日も暑つそうだが今年はもっと暑くなるらしい、40度超えもたびたび有るかも?負けずに生き延びよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうにか帰り着く。

2016-07-29 15:01:54 | Weblog

(うす暗い中の出港)

(一等場所ヘソで釣る先生)
今朝も磯釣り客は先生とわしの2人だけでした、イカダに2人上がるときに一緒の船で沖へ出る。
うねりが大きいのでテグスへは行けずにムギバエに上げてもらう、5時前です。
先生は高で釣りわしは船着きで釣るが豆アジの猛攻でまるで釣れず、先生のの横へ行くも気配なし、少しして先生はヘソへ降りて釣る。
曇っていて涼しくて条件は最高に思えたのだが魚は釣れる事無く時間が過ぎる。
たまにサンタらしき大きい奴が来たのだが4回掛けて1匹は40cmを釣り上げたのだが残りはやり取り中に針はずれでサヨナラでした。
グレが居たかも?。
先生もわしも場所を何度か替わったのだが釣れたのは鳴門の地元で釣れる程度のコグレが2匹と丸ハゲ1匹に終わる、しばらく磯釣りはお休みです。
10時までは曇りで涼しかったがそれ以降は頭の中が湯だるくらいに成る、1時に竿を仕舞い帰港、船頭さんが土産にカツヲをくれる、蒸すと?美味いらしいのだが・・・・・・・・。
今日は言い訳をするきにも成らず、ただただ疲れました。

(豆アジが湧いてわしの釣はアカアミのみしか使わないので不利でした)

(40cmのサンタ、グレ釣りの練習台です)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

磯釣りは明日以降しばらく休み。

2016-07-28 16:29:48 | Weblog
秋の涼しい風が吹き出すまで磯釣りはしばらく休むので後1度くらい行くつもりで準備は出来ているのに連絡が来ない。
4時過ぎに釣りの先生に電話をすると何というタイミングでしょう、「今、船頭さんから明日しかチャンスが無い」と連絡が有ったとの事です。
わしに連絡をしてくれる時にこちらから掛けたのでした。
そして2人で行くと船頭さんに答えていて今から餌を買いにイハラまで走るそうです。
気温は30度をゆうに超えていますが休み前の最後の釣に行ってきます。
多分磯での上物釣りは先生とわしの2人で借り切り❓になる事でしょう。
グレもアイもそれ程期待は出来ないでしょうがサンタ?のでっかいのと引っ張り合いをしてきます。
犬達夕方の散歩は暗くなるまで遊ばせておこう、明日は又2時おきになるだろう・・・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当分暑さが続きそう。

2016-07-28 07:20:02 | Weblog

(デブ子は歩くだけで喉が渇く様です、右トラ子)
今朝も寝不足の頭で裏山北へ走る。
犬達と散歩していると3匹が西側から南の山へ走る。
残されたわしは何時もの様にデブ子と脇道を何往復かしていると西からトラ子が耳を傾けて走って戻る、見てみるが格別に異常は見当たらず。
車の水を飲ませてまたぶらぶら歩く、ジャーキーは殆どトラ子が食べてしまう、歩いていると後ろから軽く腿に噛みついて催促をする、姫は手を舐める合図だがトラ子は噛んで合図する。(痛くは無い)
一旦2匹を連れて帰り引き返すと残した2匹が山から丁度降りて来たところでした、姫は歩きかねる状態でふらふらと倒れそうです、クマ子は車を止めると道路に寝そべってしまう、走り疲れたのでしょう。
乗せると水をがぶ飲みする、小屋では扇風機をフル稼働です、犬達も少し痩せて来ました、(デブ子は別だが)夏バテ気味でしょう。
さあ、今朝は買い物に走ろう。
毎日暑さが続くので負けないように行こう。

(疲れ切ったクマ子と姫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見送りを。

2016-07-27 13:07:23 | Weblog
10時過ぎに知り合いのTさんのおばあちゃんの葬儀に行く。
わしが知り合って4年余りなのでそれ程長い付き合いでは無い。
猟期におばあちゃん宅の裏山や畑際の罠を毎日見に行く時に逢えば世間話をしていた、おばあちゃんはイノシシを獲る事に理解が有り、獲れれば喜んでくれていました。
Tさん夫妻は会社へ行っているので家にはおばあちゃんだけで、時には部屋に上がり込んで取り留めも無い昔話をしたものです。
式場に行くと喪主のTさんが「顔を見たって」と祭壇まで連れて行ってくれる、ふっくらと綺麗な顔でした。
心臓の発作で急な事だった様です。
親族60人位に会葬者100人余りの参列でした、弔電も国会議員から大きな会社の社長さんと沢山届いていたので沢山の綺麗な花で飾られた祭壇の少し若いおばあちゃんの写真が満足そうでした。
来期に罠の見回りに行っても逢えないのが残念です。
昼過ぎに最後の見送りをして帰る途中でアカアミを買って来る、秋まで休む前の最後の磯釣り用の餌です。
声が掛かれば行けるように準備して置きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知り合いが。

2016-07-27 06:48:07 | Weblog
朝刊も昨日の惨劇一色です、むごい事だ。
新聞の訃報欄を見る年に成っています。
今朝はイノシシ猟で世話になっている人の母上の名前が載っていました。
罠の巡回に行ったときに出合えば何時も話をしていたお婆さんです(91歳)、若いころカラオケが好きと聞いていたので昭和の懐メロ全集のテープとカセットラジヲを貸して揚げたことも有りました、昨期は介護施設に入っていると言う事で合えなかったのですがお見舞いにも行けず残念です。
気の合う人や好きな人が亡くなるのは淋しいものですね、今日はおばあちゃんを偲びます。
犬達も何故だか山からすぐに出てきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるせない。

2016-07-26 18:03:06 | Weblog
悲惨な事件でやるせない思いだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無差別に・・・・・・・。

2016-07-26 07:15:22 | Weblog
早朝深夜に大変な惨事が起きています。
外国では時々無差別に銃の乱射で多数の犠牲者が出る事件が起きているが、わが日本では池田小学校の惨事依頼でしょう。
日本人は他国に比べ道徳観念が強いので他人に迷惑を掛けないように幼いころから躾けられているのだが最近の若い人には道徳心が欠如している人達が多くなっている、この犯人は特別に異常者なのだろうがどのように育ったのであろう?。
親は50歳代のはずである、何故息子をこんな怪物にさせたのだろう。
物事の良し悪し、善悪の区別さえ判断できない人が育つのは道徳教育の不備の様に思うのだが今後社会問題として考えなければいけない。
わしの様な世代が心配しても若い人には うざい の一言で無視されるだろうなあ。
それにしても悲惨な事件が起きたものです、日本の将来が不安に成ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加