中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

水浴び。

2014-05-31 18:18:02 | Weblog

(池の中で水浴びをする子犬たち)
何となく夕方の散歩を早めに行く。
ちょっと歩くと暑い。
今日は徳島県でも3か所の観測点で30度を超えたようです。
子犬たちは暑がりで水が有ればたいがい浸かる、今日も山を歩く途中で何度も水浴びをしていました。
子犬たちが広い叢(池の土手)に入っているのに気付かず、奥へ行く。
枝谷で珍しくチビが興奮して樵道を奥へ走る、多分姫が獲物を追って先に行っている様だ。
親たちが奥へ行き子犬は何処だと考えていると下から2匹が追いついて来た。
親やわしの歩いた跡を付けてくるように成れば上出来である。(300mほど)
追いついて来たクマ子が奥へ行く、トラ子は何故かわしの前で動かず。
5分以上待って奥から姫・チビと一緒にクマ子も降りて来た。
多分小動物だったのでしょう。
犬達が暑さで参っている様なので散歩終了。
帰宅後、トラ子が自主的に小屋に入った、クマ子が渋るが入れてやる。
暑いので押し入れから扇風機を出して回している。
ツバメの珍しい写真が撮れる。

(ツバメが木に止まった滅多に見られない珍しい写真です)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餌無しでは?。

2014-05-31 12:10:40 | Weblog

(餌無し?の釣果)
アカアミの煉瓦3個分くらいの餌が残っていたので海へ行く。
2度ほど解かして凍らせたのでびちょびちょに成っている、添加剤でも加えれば良いのだがそのまま行く。
刺し餌も2回使った残りである。
針に刺そうとすると潰れてしまう代物だ。
8時に着くと車が5台も止まっていたが幸いチヌ釣りが多く良い場所が開いていたのでそこで釣る。
べたなぎで潮が動かない。
撒き餌をするほど餌に余裕がないのでごく少なく撒くしかないが10分もするとオセンが集まりだした。
コグレは見えない。
色々工夫❓しながら釣るが餌が10時前に切れてジ・エンド。
結局25cmが3匹・23cmが2匹・21cmが2匹に終わる。
今日は餌無しなのと大潮で最悪だったから釣れず?。(としておこう)
香川県にサシアミが有るかもと走って見るが頼んでいた餌屋も問屋になくてサシアミは入らないそうだ。
これではグレは釣れないなあ。
11時に帰宅。

(今年も咲いてくれた)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モグラを獲る。

2014-05-31 06:50:02 | Weblog
日本犬は洋犬と違い山で野鼠やウサギを獲ることが多いのだが今朝トラ子がポイントしてから飛びつき少し後を探して何かを咥えた。
見てみると丸丸したモグラだ、日本犬の猟の基本❓通り捉えたのは良いのだがしばらくモグラの取り合いをクマ子として遊びふざけて困ってしまうが隙を見て取り上げた後は姫について2匹とも山をしばらく探していた。
トラ子に至っては別の場所でまた姫について30分近く山から出てこない、いよいよ猟犬と言えるようになりつつあります。(多少セルフだが)
トラ子が帰って来ても姫は20分遅れて帰る。
十分運動できたので帰宅。
子犬たち犬小屋に入るのを嫌う。(特にトラ子は)
今日は餌が少しだけ残っているので3連ちゃんに行こうか?。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅くまで。

2014-05-30 18:43:21 | Weblog
日が長いので夕方の山は6時過ぎでも明るい。
子犬たちは暑いので3度も水に浸かっていた、特にクマ子は水の中で腹這いになるくらいです。
犬にも暑がりが居るのだろうか?。
半分はふざけて半分は捜索の様な動作をしている、捜索が多くなれば良いのだがまだまだ子犬なので焦っても仕方が無い。
山道でわしの前を歩いてくれる様子は猟そのものである。
次のヤマドリ猟期まで後6か月近くある十分間に合いそうだ。
6時半ごろ帰宅、犬だけでなくわしも暑かった。

(前を歩く子犬たち)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の言い訳?。

2014-05-30 12:39:37 | Weblog
今日も大浦漁港まで出かける。
昨日より早く行ったのだが先行者が良いポイントで2人釣っている。
仕方なく少し離れた場所で撒き餌をしてみるがコグレは浮いてこず。
オセンの大群がゆっくりだが寄って来た。
大潮で潮が悪いのであまり期待できず。
それでも我慢して釣っていると隣の人が慌ててかご釣りに変更している。
深さを矢引から3ひろまで幅広く変更しながら粘って11時過ぎまで釣る。
結果30cmが1匹・28cmが2匹・25cmが7匹・23cmが5匹の計15匹に終わる。
今日釣れなんだんは刺し餌が無かったのと潮が悪かった事にしとこや。
ほんでも後から来た人を入れて他の釣り人は合計しても3匹程度しか釣っておらんのでよしとしよう?。
あああ暑かった・・・・・・・へたばりそうじゃ。

(ジャスト30cm、10匹は近所に上げる)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

動き良し。

2014-05-30 06:30:17 | Weblog
今朝の子犬たちは枝谷の中腹で最初はクマ子が匂いに付き必死に探す、トラ子は探すクマ子にじゃれついて邪魔をしていたのだが途中でやっと匂いを感知したようで右往左往しながら上部へ進む。
完全に匂いの根源を辿っている様で動きは良い、銃が有ればいつでも撃てる体制を取ったであろう。
ただ、残念ながら子犬たちだけでは獲物を出すことが出来ず。
それでも順調に仕上がっている。
姫も子犬たちも運動が足らなくて不満げだがわしがえらいんで帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ちぼうけ。

2014-05-29 18:53:38 | Weblog
夕方の散歩はやはり暑い。
行きにトラ子が高鼻で飛び込んだ畑後に帰り際に姫が入る、勿論子犬たちも続くがクマ子は早く出て来たのにトラ子は姫について戻らず。
5分もしてトラ子だけが出て来たので姫を呼ぶが反応なし。
チビと子犬でクーラーをつけた車で待つこと1時間、やっと姫が帰り戻ることが出来た。
ウサギを追ったようです。
待たされるのに慣れてはいるが無駄な時間を過ごしているように思う。(不要な猟欲の強さに困る)
さあ、今夜は冷凍してあるグリーンピースの卵とじを食べよう。
遅い昼はコグレを4匹煮付けたのだがちょっと味加減を失敗し辛めになったがまあ美味かった、隣に上げた残りは冷凍保存しておこう。
今日も疲れたなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さし餌が有れば・・・・・・・。

2014-05-29 13:01:36 | Weblog

(結構楽しめる大浦漁港)
先日35cmのグレが釣れたと新聞の釣りたよりに出ていた大浦漁港へ行く。
8時に着いたのだが先行者が5人ほどいて3人が大手で釣っている。
足場の良い場所が無くて一人の近くに成る。
横で釣らしてもらっても構わないかと許可を貰う。
すると向こうが話しかけて来る。
わしは忘れていたが何人にもにコグレの釣り方を教えていたのでそのうちの一人だった。
わしが教えた釣り方で大きいのを20位釣ったらしいが餌の硬さが分からず手が汚れるので止めたと言う。
横で釣り始めると間もなくキープサイズが釣れる。
次に大きいのが来た、50cmオーバーである。(56cm)
28cmが2丁掛けで釣れた、良く引きました。
蝶々を採る網ですくう。
隣の人がたまらずかご釣りに変更する、同行者もかご釣りに変えた。
魚を沖へ集められたのでわしは苦労したが25cmを5匹・28cmを4匹・29cmを2匹22cm程を3匹釣って11時に竿を仕舞う。
今日は大潮と先行者に刺し餌の良いのが無かったので多くは釣れず。
それでも隣の人は3匹釣っていた。
後から来た人も一つましなのを釣った様だ。
まあ、潮が良くて人が少なく餌の良いのが有れば当分釣れるでしょう。
ただ、南の磯とは迫力が違いどうしても物足りなさが残るなあ。

(当分のおかず、隣のお婆さんにも上げる)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姫なのか?。

2014-05-29 06:49:33 | Weblog
今朝は5時過ぎには山道を歩いていた。
姫が右の枝谷へ入っていくが鳥ではないと思ったので子犬達と左の枝谷は入る。
チビと3匹で中腹まできたときに反対の姫が入った谷で吠えだす。
何時もイノシシに出会った時に吠える5,6回の短い吠え声でなく、長く吠え続ける。
ウサギなら最初に2声キャウンキャウンで後は鳴かない、タヌキを木に追い上げた場合は吠えても迫力がなく飛び飛びなのに吠えどうしである。
こちら側に居る子犬もチビも吠え声に反応して落ち着かない。
山を降りて姫?が吠える場所を探して谷を渡る。
80m位上の羊歯の繁みでまだ吠え続けているが子犬もチビも途中までしか行かず、勿論わしが行けるはずもない。
ただ、吠える声とリズム?が姫だと判断できないくらい異常?である。
この谷に時々いる野犬は3,4匹の群れで単独の犬は居ない。
しかし今まで姫がイノシシに出会った時の吠える声とは違う様にも思える。
30分も吠え続けていたのだが声が途切れたので口笛で呼び手を叩いて姫?を呼ぶ。
すると時間的にも方向的にも合う場所から姫が出て来る。
やはり姫が寝屋に居るイノシシに吠え続けて居たのだろうか?。
今までとは違うまるでイノシシ猟犬の吠え方なので半信半疑です。
予定が有るので6時半過ぎに帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先行き?。

2014-05-28 18:32:23 | Weblog
今日の暑さには参ってしまう。
夕方の山などは西日で無風のためにゆるい坂を上るだけで汗が出る。
子犬たちは谷へ降りて水浴びをしている。
奥へ歩いていると後から慌てて付いてきて、姫が歩いた斜面を登っていく。
ゆっくり尾根まで行くと少し離れた所で子犬のどちらかが「ワオーン」と姫かわしを呼ぶ?。
軽く口笛を吹くと竹やぶの中から2匹が出て来る。
姫は少し遠くまで走った様だ。
立ち止まると藪蚊の猛攻を受けるので山を下る。
トラ子が姫の後を追ったようで降りてこない。
クマ子とチビで待つこと10分で姫に続きトラ子も帰って来た。
短時間なのに汗をかく、5月末でこの暑さです、7,8月は何度まで上昇するのでしょう?。
まだ、冬の寒い方が体に良いかも?、猟も出来るしなあ。
今夜は新玉ねぎを沢山いただいたのでスライスしてタタキと一緒に食べよう。

(谷の冷たい水辺へ行ったトラ子にクマ子)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加