ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

2016スカル系練習日(第7回)(大野は欠席)

2016年09月24日 | ボート

宮ケ瀬湖でスカルの日でした。私はインカレ応援で欠席。山下さんのレポートを転載します。

----------------------------------------------------------------
 今日は宮ヶ瀬湖でシングルスカル2艇、ダブルスカル2艇で練習。ひと頃に比べると気温も低くなり、練習をするにはちょうど良かったのですが、今回も漂流物が多く巨大な丸太や木の根にオールを取られヒヤヒヤ、ドキドキの練習でした。
 練習中なんとかもった天気も、納艇の頃から崩れ始め、昼ご飯を食べる頃にはザーザー降り。雨に霞む虹の大橋を見ながらの食事になりました。
 今日は自転車で練習に参加。なんとかたどり着きましたが、太もものピクピクが止まらず、帰りに備えて前半のみで練習終了しました。鉄人2480さん尊敬します。
   
----------------------------------------------------------------

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016インカレ応援(3日目)

2016年09月24日 | ボート

今年のインカレは1日目(22日)も休日でしたが、実家の片づけと病院見舞いで応援に行けず。例年通り3日目からの応援です。3日目に残ったのはM4X。中央大、立命館、東経大との準決勝4杯レース。

このところ毎日雨が降ってるような気がします。今日もあいにくの雨。しかもM4Xのレース時には大降りに。

結果は残念ながら4着。みなさん、お疲れさまでした。

 
S横瀬 3高橋 2白木 B田村

応援:佐藤さん、吉島さん、斎藤攻さん、関野さん、若手OBOG多数。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーズンイン(な感じ)

2016年09月17日 | ボート

8:30~11:00 晴
エイト/付フォア/クオド乗艇@鶴見川

《SE5》 C廣江 S宮本 7座光寺 6木村 5山下 4山崎 3山口 2岡崎 B伊藤
《SF1》 C佐藤 S岡野 3川本 2藤野 B渡邉
《QS5》 C大野⇒西山 S西山⇒大野 3浅野 2今野 B関野

《メニュー(エイト)》
(1周目)
・W.U.
・技術練習(1・3・5本ロー)
・LPインターバル
・10本P×1(R37)
・10本P×3(R28)
・LP7分(R20-22)

(2周目)
・技術練習(キャッチ)
・スタート練習
・350mP(R28-30)
・C.D.
(クオドは別メニュー:技術練習(キャッチ、フィニッシュ、Legs)、NW~LP)

もう秋か・・・と思っていたら、まだけっこう暑い。消耗します。
風は無風~少し吹き始めました(とくに新鶴見橋~水道橋間が波立つ)。

宮ケ瀬湖でスカル三昧だった夏のオフシーズン(←PENTAにとって)もそろそろ終盤。谷古盾5週間前、横浜ボートマラソン11週間前と、インシーズンとなります。徐々に通常練習に戻ります。エイト、付フォアのみなさんは、今日は久々に満腹感あるメニューだったのでは?

私は自分で作ったメニューもやらず、クオドを後半漕いだだけなのに、西山Coxが鶴見川をどこまでも遡上しそうな勢いだったので、けっこう疲れました。
・キャッチ遠い所から水をつかめるよう、腕・肩・上体のモーションは極力抑える。
・つかんでから、ストレッチャーとハンドルの2点に体重をぶら下げる感じ(←実際には浮いていないが、シートから尻が浮くイメージ)。
を意識して漕ぎました。

《山下さん提供ビデオ》
エイト1周目 ⇒ YouTube
エイト2周目 ⇒ YouTube

 パドル練習中のペンタエイト
 鶴見川漕艇場は今日もにぎやかでした

《昼食@タンゴ》
生ビール、枝豆、お新香、餃子、チンジャオロース、ゴーヤチャンプル、ご飯、スパゲティイタリアン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016スカル系練習日(第6回)

2016年09月10日 | ボート

9:00~12:00 晴
スカル系練習日@宮ケ瀬湖

《スカル》 岡野、宮本 ⇒ 守屋(悟)、河上
《D3》(前半のみ) S西山 B藤野
《D2》(前半のみ) S佐藤 B関野
《Q1》(前半) C山下 S河上 3(空) 2中本 B守屋(悟)
   (後半) C佐藤 S西山 3関野 2中本 B山下
《Q3》 C廣江/大野 S大野/廣江 3守屋(美) 2浅野 B川渕

最近の台風のせいで大量の流木が浮かんでいます。でも、水は感動的なほどきれい(来週鶴見川に行くのが気が重い…?)。コンディションも良く、気持ちよく漕げました。
 水が増えて台船がまた近づいたようです
 湖面に浮かぶダブルスカル(佐藤さん/関野さん)
 続々と出艇

今年のスカル練習日ももう6回目。今日は艇庫前水域使用のため、シングルスカルも本湖でのローイングとなりましたが、みなさん問題なく本湖へ(河上さんが遊覧船の「襲撃」を受け撃沈寸前の場面もありましたが、なんとか生還)。今日は弓場さんにモーター伴走していただきました。
 岡野さん
 Q3艇
 西山さん/藤野さん
 佐藤さん/関野さん
 守屋さん
 Q1艇(後半)

《Q3艇練習》
・ノーワーク~ライトパドル
・技術練習(キャッチ、フィニッシュ)

今日が乗艇3回目の浅野さんの練習中心。オールが潜らない(キャッチで力みが無い)のは良い点。しかし、まだブレードの角度が時々定まらない(切れ込んだりかぶさったり)。
守屋(美)さんは、キャッチ前に上体が前に伸びようとするモーションと、手首の角度(猫手)がクセになっているのが気になる。
Cox廣江さんも久々に漕ぐ。

今日の発見は、「フィニッシュをはっきりさせること」。ノーワークでもライトパドルでも、ただなんとなくフィニッシュするのではなく、フィニッシュローのように強調するイメージで、「ここでフィニッシュしている」ということを目に見えるくらいに明確にする。当然Hands awayも速く。バランスも良くなった気がします。

 弓場さんも入って記念撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2480さん送別会 ⇒ 「陸トレ」に変更

2016年09月09日 | ボート

18:30~21:30
鉄人2480(西山)さんの九州転勤の送別会…のはずでしたが、転勤は来年に延期、というまさかの展開に、目的を「陸トレ」(←単なる飲み会です)に変更。外苑前の青山アンレーヴにて、16人参加。

もはや送別会ではないのに16人も集まってしまうというのは、2480さんの人徳でしょうか変態力でしょうか。いつもとはちょっと違う雰囲気のくつろいだスペースで、陸トレを繰り広げました。

全員からの、ちょっと早い2480さんを「贈る言葉」もあり。2480さんの「釈明の辞」もあり。

 
 2480さんには最も似合わないといわれる上品なカフェ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖de Row(初)

2016年09月04日 | ボート

PENTA ROWING初の琵琶湖遠征です。いろいろな出来事がありました。

■9月3日 晴時々曇
10:00~12:00 エイト&クオド乗艇@琵琶湖・瀬田川
瀬田駅に集合し、瀬田漕艇倶楽部へタクシーで向かうが、3台のうち、正しく到着したのは1台のみ。2台は琵琶湖漕艇場(ゴール地点にある)へ行ってしまいました。瀬田漕艇倶楽部(スタート地点にある)は、われわれボート人には重要スポットでも、地元のタクシードライバーには知られていないとのことでした。

《エイト》 C太田(瀬田) S宮本 7川本 6岡野 5出井 4小林 3高橋 2藤野 B津嘉山
《クオド》 S関野 3谷 2大野 B椎名(瀬田) C伊藤

エイトのCoxに瀬田ローの太田さん、クオドのバウに椎名さんに乗っていただき出艇。琵琶湖漕艇場から瀬田川に入り、ノーワークとライトパドルの繰り返しで、堰まで往復しました(約11kmとのこと)。伊藤さんはエイトについていこうとしているのか、途中休みがほとんどなく、漫漕ではなく普通の練習に…。

復路、エイトから30本パドル並べの申し入れ。並べてみると、クオドがエイトにほぼ並漕。瀬田ローの現役漕手椎名さんのおかげです(なにしろ、艇の安定感と推進力が違う)。するとエイトからさらに並べの要求。今度は次の橋から橋まで(500mほど)。体力不足を露呈して、また、途中から逆コースに入ったりして、バタバタした漕ぎになってしまいました。

初めて漕ぐ琵琶湖。広々として(この先は100km以上も湖が続いているとか)、景色が良くて、気持ち良く漕げました。太田さん、椎名さん、ありがとうございました。

 エイト出艇(鵜瀬さん撮影)
 クオド出艇(鵜瀬さん撮影)
 エイト@瀬田川
 クオド(川本さん撮影)
 瀬田漕艇倶楽部のみなさん、ありがとうございました

9月3日の船台の風景(瀬田漕艇倶楽部より) ⇒ YouTube

瀬田に戻りホテルチェックイン後、伊藤さんと藤野さんは嵐山へ。谷さんと津嘉山さんは「自主トレ(ランニング)」。他の9人は伏見稲荷へ。「登りがすごい」と言う人がいたが、階段がいっぱいあるのかな?程度にしか思わず、観光気分で行くと、まさに山登りではありませんか。1時間近くかけて一の峯まで登ると、せっかく瀬田ローでシャワーを浴びてきたのに、服が汗びっしょりに。銭湯に行こうということになり、土産物屋で各々ベタなTシャツを買い、2駅先の藤森までまた歩いて、軍人湯という銭湯に入りました。汗を流してさっぱりし、ヘンなTシャツ集団となった一行は京都先斗町「八十八」へ。

 伏見稲荷山頂(宮本さん提供)

前夜祭は、With You RTという、海洋大ボート部員のご家族とそのゆかりのみなさんとの合同前夜祭でした。一年ほど前からボートを漕ぎ始めたというWith Youのみなさん。学生時代に漕いでいたわけでもないのに、こんなに熱くボートを漕ぎたい人々が、こんなにおおぜい集まっているとは…。ボートって不思議です。

  With Youのみなさんと(宮本さん提供)

帰りは京都駅に出て、出井さんおすすめの第一旭本店で〆のラーメンを食べて帰宿。

■9月4日 おおむね晴
びわこ市民レガッタ@琵琶湖漕艇場

心配された台風の影響も無く、いい天気でした。
ペンタからは3クルーが出漕。蔵前、PENTA A、Bとも敗者復活にまわり、年齢(若さ)無制限のオープンカテゴリーの蔵前は僅差で準決勝進出ならず。PENTA A、Bは準決勝に進み、これまた僅差で2クルーとも決勝進出なりませんでした。びわこ市民レガッタはさすがにレベルが高い。

 蔵前予選(1レーン)

With You RT 1号は、市民シニアの部で見事な優勝! 今回の琵琶湖遠征で、With Youのみなさんには本当に何から何までお世話になりました。ありがとうございました。次回は優勝クルーのWith Youさんとぜひボート談義を深めたいと思います。

 With You RT 1号予選(4レーン)

OB・OGシニア準決勝1組ビデオ(瀬田漕艇倶楽部より) ⇒ YouTube

市民オープン準決勝3組ビデオ(瀬田漕艇倶楽部より) ⇒ YouTube

市民シニア決勝ビデオ(瀬田漕艇倶楽部より) ⇒ YouTube

ボートの本場、琵琶湖でのすばらしい大会でした。琵琶湖のボート愛好者のみなさんはいい環境でボート漕いでますね。来年もまた来ます。

 漕ぎ終えて(津嘉山さん提供)

 すばらしい大会でした(宮本さん提供)

レース後は、びわこ市民レガッタに合わせてか(?)15時から開店している石山駅前の豊丸水産で打ち上げ。
今後は関西へも遠征機会が増えそうです。

(記録)
PENTA ROWING A、B予選
蔵前予選
With You RT 1号、2号予選
蔵前、PENTA ROWING A、B敗復
With You RT 2号準決勝
PENTA ROWING A、B準決勝
With You RT 1号決勝

《PENTA ROWING A》 C大野(準決勝 川本) S宮本 3川本(準決勝 大野) 2藤野 B高橋


《PENTA ROWING B》 C伊藤 S岡野 3関野(敗復・準決勝 出井) 2小林(敗復・準決勝 関野) B河上


《蔵前》 C水田 S高田 3谷 2津嘉山 B村松

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川練習(大野は欠席)

2016年09月03日 | ボート

9月3日鶴見川。この週末は琵琶湖遠征におおぜい出かけてしまったので、少人数の練習となりました。
大淵さんのレポートより

-------------------------------------------------------------
雨の予報でしたが、知加良さんがスマホの生け贄を鶴見川に捧げ、見事な快晴に。ベストコンディションのもとクオドを気持ちよく漕ぎました。



-------------------------------------------------------------

知加良さんのレポートです

-------------------------------------------------------------
2016/9/3 9:00~11:00 晴れ
クオド乗艇@鶴見川

《QS5》1周目 C知加良 S西山 3浅野 2中本 B川淵
    2周目 C西山  S大淵 3浅野 2中本 B川淵 
《陸》 1周目 大淵、 2周目 知加良

《メニュー》
1周目
 ・ペアW、LW+時々3本強調
 ・技術練習、チャッチワーク
 ・LW+時々3本強調
2周目
 ・LW
 ・1本ロー
 ・技術練習、チャッチロー
 ・LW、LP

晴天で風もほとんどなく絶好のコンディション。
艇のバランスもよく、じっくり丁寧な練習ができました。
浅野さんは2回目とは思えない程、みんなに合わせていました。
1周目下りで技術練習に入るところ、調子が良かったので思わず両舷でLWを続けてしまいました。
2周目は1本ロー、チャッチロー、LPも取り混ぜ、充実した練習メニューに。

《昼食@タンゴ》
・練習後は気を取り直して、いつも通りタンゴへ。
・生ビール、枝豆、餃子、生姜焼き、もやし野菜炒め?、ご飯、ナポリタン、その他?
-------------------------------------------------------------

コメント
この記事をはてなブックマークに追加