ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

「2千メートルにはドラマがある」

2015年04月29日 | ボート

13:00~深夜 晴
第58回五大学レガッタ。今年もOB招待2千メートルレースを行いました。

■主役の対校レース。エイトは外語優勝! 最後はぐんぐん加速して、ぶっちぎりの勝利。

1着 東京外国語大学 6′28″32
2着 東京工業大学  6′39″45
3着 筑波大学    6′39″85
4着 東京海洋大学  6′41″47


C大和 S林 7福田 6高橋 5村松 4馬場 3坂 2横瀬 B野澤

■OBエイト(シニア)は、岡野さん、西山さん、澤田さんの乗る筑波大をわずかにかわし、昨年に続き2連覇。

1着 東京外国語大学 1′55″09
2着 筑波大学    1′55″83
3着 東京工業大学  1′58″00
4着 東京海洋大学  1′58″30 

 一番奥のレーン外語。一番手前が筑波。
C永澤 S金子亨 7渡邊 6五木田 5加賀瀬 4山哲 3河原 2斎藤 B谷内俊

■本題のOB招待2千メートルレースです
《五大学ミドル(Nozawa)》C佐藤 S岡野 7出井 6松本 5山下 4藤野 3関野 2西山 B大野
陸上:知加良、宮本、武田、(茂木監督)

昨年、「狂気」のうちに始まったこのOB招待2千メートルレース。今年も「狂気」を継続して、また「2千mミドル」が集結しました。今年は新たに四神会50'sを迎え、6杯レース。

結果は5位。
とにかく「フォワードラッシュしない漕ぎ」を第一に心がけました。心配したほどレートだけが上がってしまうこともなく、やや逆風のコンディションで、しっかり水をつかむリズムで漕げたと思います。コンスタントはSR29~31か。私は2千mレースは今年が初めて(33年ぶり)ですが、2千m漕ぎ切った手応えはありました。

スタートで隣の碧水会以外は見えなくなるが、バタつくこともなくコンスタントのリズムに乗る。2Q、3Qはさすがに疲労が出てきて水中が鈍ってくる。6レーンなので、すぐ左の回送レーンですれ違う対校選手たちに恥ずかしい漕ぎだけは見せないようにがんばる。ラスト500m。いつもの500mレースの分をこれから丸々漕ぐわけだが、不思議なことに、1500mを漕いでくると、「あとたったの500mだ!」と元気回復するので、何かに脳がだまされているのかもしれない。ラストスパートできるだけの気力・体力が残っていたのは良かった。

スプリットタイムを見ると、1Q:2分04秒と、遅いなりにスタート力漕と言えるスピードが出せています。ちゃんと勝負にいってます。2Q:2分16秒、3Q:2分20秒とタイム落ちはありますが、実力の範囲内でしょう。4Q:2分14秒と、ラストもしっかり上げられました。

五大学ミドル全力を尽くしました。クルーのみなさん、ありがとうございました。

優勝の団塊号はほぼ2分ペースで2000mを漕ぎ切るという実力の違いを見せつけました。その団塊号を1000mまでリードしていた四神会もすごい。あの並べ以降(?)相当の練習を積んできたということです。来年は優勝を狙ってくるでしょう。

五大学ミドルはこれらAクラスのレースとは残念ながら別レースを漕いでしまった感があります。トップとのタイム差45秒。体力的にも技術的にも差が歴然としています。この差を少しでも縮めていくことが、来年以降も五大学ミドルの課題です。

   

←本部で記録コピーをくれた進藤さん、ありがとう。

←メンバー表

知加良さん提供ビデオ(陸カメラ)⇒ YouTube

知加良さん提供ビデオ(Cox view)⇒ YouTube
知加良さん提供ビデオ(Cox view データ表示付き)⇒ YouTube

武田さん提供ビデオ(スタート地点:五大学FB内閲覧)⇒ 五大学Facebook

《恒例の合同懇親会@清風》
6チーム約50人が参加して清風で大懇親会。2千mミドルたちの悲喜こもごもの一人一言が楽しい。K藤さんは今年はついに遺言を書いたとか…。「2千メートルにはドラマがある」とIK田さんがおっしゃってました。昨年の5回のハラキリといい、今年の「緑」「赤」を次々と抜き去っていく快漕といい、ドラマの主役はこれまでのところ団塊号のようですが、2千メートルを漕ぎ切った達成感はたしかに別物です。来年も2千メートル漕ぎたい、と早くも予約殺到していました。


2千mミドルのみなさん、また来年もお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川練習(大野は欠席)

2015年04月25日 | ボート

大野は風邪のため欠席しました。廣江さんのレポートを転載します。

========================================================================
4月25日土曜日。鶴見川練習でした。大野世話役より世話役代行を仰せつかりましたが何とか取り繕うことができました。練習は技術練とNWとLP中心でしたが最後にスタ練、森永橋〜水管橋までをスタート付で一本。1分切るぞという藤野キャプテンの気合が通じ結果は1分05秒と好タイムが出ました。練習後はヤンチャでランチをして散会しました。
五木田さんが5月より中国に単身赴任されるとお伺いしました。本当にお世話になりました。

 

========================================================================

(大野追記)
五木田さんが中国赴任されるということで、「五木田さんとエイトを漕ぐ会」を外語OBに呼びかけたのですが、参加者皆無。かく言う呼びかけ人も欠席。五木田さんすみませんでした。

【5月8日追加】知加良さん提供ビデオ
エイト上り ⇒ YouTube

エイト下り ⇒ YouTube

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡丹色

2015年04月24日 | ボート

外語のブレードカラーは白地に、赤でも桜色でも臙脂でもなく、牡丹色なんです。
この写真の牡丹は薄めのほうでしょうか。もう少し濃いめの色もありました。
 外語艇庫に咲く牡丹(谷本さん撮影)

 外語のオール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風ニモマケズ泥ニモマケズ

2015年04月18日 | ボート

10:00~13:00 晴、強風
エイト乗艇@荒川

《CONCORDIAⅩⅢ》C藤田(海洋学生) S岡野 7出井 6茂木 5飯島(外語) 4藤野 3関野 2西山 B大野

《メニュー》
・ノーストラップでW.U.(4W、両舷)
・Legs Only(6W、両舷)
・LP(SR15)3分×2
・Finishロー(強風のため途中まで⇒大曲で折り返す)
・20本P×1
・外環道⇒笹目橋(約1000m)コンスタントペースのパドル
・スタート練習
・LPで帰る

※体を飛ばすタイミングを合わせる
※シートの出だしを合わせる

五大学2千Mレースまであと11日。鶴見川のエイト予約がだいぶ前から取れていなかったため、荒川練習に切り替えました。

漕手が1人不足となり荒川行きが危ぶまれましたが、折よく(?)新入生試乗会の手伝いに来ていた外語若手OB飯島さんに代漕をお願いしました。また、Cox佐藤さんも急用のため、海洋学生藤田さんに代舵をお願いしました。飯島さん、藤田さん、ありがとう。千葉水郷!

さて、青空いっぱいの行楽日和ではありますが、水上でも陸上でも強風にあおられ(メリー・ポピンズ?)、水上スキーのボートには波をかけられ、ちょうど干潮で出艇時も揚艇時も泥まみれ…。苦労の多い荒川練習でした。

しかし、レース当日のコンディションは神様が決める事なので(昨年もド逆風でした)、ラフコンでいかに漕ぐか、の良い練習になりました。ロングパドルやスタート力漕では、時折軽快な艇速が感じられました。

個人的には、やはり体をしっかり飛ばしてグウーッと押せると、フィニッシュもきれいに決まる。これが物事の始まりかな。Legs Onlyは良い練習になります。それから、キャッチ前に止まらないで、ワンテンポ、いや0.5テンポ早く水に入れる。遠くの水をつかんで戻ってこい、という感じ。

外語(や東工大)では、新入生試乗会を盛大に開催中。部員だけでなく若手OBもおおぜい手伝いに来ていました。たくさん入部してくれそうな雰囲気です。

 荒川で

その他の写真(知加良さん撮影)⇒ フォトブック

いつもの駅前いちげんで昼食。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

坂下さん

2015年04月17日 | ボート


最後のレースとなった、4月12日の日立明OB招待エイト
一番奥のレーン、Concordia60の5番を漕ぐ坂下さん(吉島さん提供)

いまでもどこかで漕いでますよね、坂下さん。
ご冥福をお祈りします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日立明マスターズ招待レース

2015年04月12日 | ボート

8:20~10:30 晴
日立明マスターズ招待レース(500m)に、CONCORDIAクルーで参加しました。

《CONCORDIA ⅩⅢ》 C永澤 S渡邊 7関野 6香山 5坂下 4斎藤 3谷内 2佐藤 B大野

9:30発艇
1レーンより東京外語大(CONCORDIA)、淡青会H、明治大学、橙友会、白門艇友会の5杯レース

スタート力漕からコンスタントに落として、すぐ隣に淡青会。そのまま並行して進む。最後まで追いつけずゴール。う~ん、残念。抜けそうだったんだが…。

(↓永澤さんからいただいた記録)
着順   レーン   クルー名      タイム(500m)
 1    3   明治大学        1.49.25
 2    4   橙友会         1.54.07
 3    5   白門艇友会      1.58.10
 4    2   淡青会 H       1.59.80
 5    1   CONCORDIA 60    2.00.75

個人的には300m過ぎでかなり消耗。ラストスパートも上げられず。イメージとは違った展開でした。体力が落ちてるようです。月末~5月のレースに向けてちょっと体力アップに努めないと。
(昨年も同じようなこと言ってるので、この時期はこんなもんなのかも…)

後半はともかく前半はいい感じで漕げました。CONCORDIAに乗ってすぐ感じたのは、バランスがいい、ということ。これが単独クルーの強みなのでしょうか。

  写真:吉島さん提供

10:00から学生が荒川で新入生試乗会をやっているということで、関野さんと顔を出してみました。20人ほどの新入生が参加し、ナックルを試乗していました。すでに入部を決めているという、しらき君、こいで君、かじやまさん、しんざわ君に会う。

荒川といえばそのころ、四神会エイトとキラーホエールエイトは堀切遠漕中だったようです。次回は参加したい!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川練習(大野は欠席)

2015年04月11日 | ボート

(4月18日)知加良さんのCox Viewビデオを追加します(↓一番下)

大野は欠席でした。宮本さんのレポートと知加良さんの写真を転載します。

===================================================== 

宮本です。

本日の練習について報告いたします。

 小雨が降り、冬の練習のように冷え込んだ中で練習を開始しましたが、
コンディションは徐々に良くなり、後半は気持ちよく漕げるようになり
ました。

 クオドとシングルスカル(大渕さん)の2杯で出艇。クオドのCOXは
1週目関野さん、2週目宮本ということで、漕手のみなさんには、さぞ
水が重かったのではないかと思います。
 鉄人・西山さんが整調でバリバリと引っ張り、残りの3人が必死に
ついていく練習になりました。LW(R20前後)、LP(R24前後)を1~2分の
繰り返しをメインに、短漕のパドル(R30前後)も織り交ぜ、最後は
鶴見橋~水道橋(ゴール)までLPで仕上げました。

 計測班の知加良が雨にも関わらず陸上参加。狙いは、五大学レガッタで
すべての艇にチカラガジェットを搭載するための、ガジェットの作動確認
とか。彼にとって我々はやはり単なるモルモットだったんですね!

 練習後は、いつものようにヤンチャで練習の動画を見ながら、しばし
ボート談義。燕ちゃんにも弾塚さん送別動画を見せてあげました。

来週もどうぞよろしくお願いします。

  クオド(知加良さん提供)

  カヌーに囲まれる大淵さん(知加良さん提供)

 宮本さん提供

=====================================================

(4/18追加)知加良さんのCox Viewビデオ

■1周目上り末吉橋 ⇒ YouTube

■1周目下り水道橋 ⇒ YouTube

■1周目下り森永橋~水管橋 ⇒ YouTube

■2周目上り末吉橋 ⇒ YouTube

■2周目下り末吉橋 ⇒ YouTube

■2周目下り森永橋~水管橋 ⇒ YouTube

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"第2回"弾塚世話役壮行会

2015年04月09日 | ボート

先日の鶴見川練習後の"第1回"壮行会(@楊家餃子)に続き、日本橋の東レ社員クラブにて"第2回"弾塚世話役壮行会を開催。21人の漕友が参集し弾塚世話役を送り出しました。幹事役の佐藤さん、ありがとうございました。

「鶴見川でボート漕いでるアブナイおじさん」弾塚世話役の「一緒に漕ごう!」という呼び掛けが、人々の中の燃料に次々に引火して、五大学ミドルというローイングの場が広がっています。

土曜朝鶴見川に来てボート漕いでビール飲んで帰る。なんてことない日常の活動ですが、その奥には人それぞれの動機や事情や想いがあるのだなと、みなさんのお話を聞いてそう思います。

漕ぎたいと思っている人に漕げる場を。漕ぎたいと思っていることにまだ気づいていない人に漕げる場を。それぞれの想いが実現できる場を。世話役一同で、これからも楽しいボートの場を提供していきます。

弾塚世話役には、一同からローイングスーツ、ロシア帽、寄せ書き、ビデオレターの餞別が贈られました。
このロースーを着て(?)ロシア漕法をマスターして、帰ってきたらまた漕ごう!


贈られた餞別を着用して怪しい人になっている弾塚世話役を囲んで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第50回横浜市民ボートレース

2015年04月05日 | ボート

8:00~17:00 曇/雨

第50回横浜市民ボートレース@鶴見川。
あいにくの花冷えの雨の中でしたが、今年の鶴見川レースが盛大に開幕。五大学ミドルはエイトとクオドに出漕。

《五大学クオド》C廣江 S西山 3関野 2大淵 B岡野⇒大野

《五大学ミドル》C佐藤 S茂木 7出井 6岡野 5坂下 4大淵⇒関野 3柳田 2藤野 B大野
※陸上・測定: 知加良

《クオド1回目》
1着 濃青会DARKBLUES   1'05"64
2着 五大学クオド       1'09"14
3着 佐鳴漕友会(静岡大学C) 1'11"95

鉄人 西山さん、五大学ミドルのレースに初登場。スカラー2人を新たに加え、五大学クオドもだんだん強化されてきました。SR28で行こうという事前打ち合わせも何のその、ふたを開けてみるとSR34~35の高速漕行。惜しくも2着。

  真ん中2レーンが五大学クオド

ビデオ(知加良さん提供)⇒ YouTube

《エイト1回目》
1着 五大学ミドル 1'01"08
2着 多摩川クラブ 1'09"59

こちらも、「40以下はピッチじゃない」と言う元祖鉄人 柳田さんが乗って気合が入り過ぎたのか、ちょっとバタバタ感あり。力感十分の漕ぎでしたが、1分を切れなかったのは残念。

  (横ボHP提供)

ビデオ(知加良さん提供)⇒ YouTube

《クオド2回目》
1着 佐鳴漕友会(静岡大学B) 1'11"66
2着 五大学クオド       1'16"94
3着 日立インスパイアA    2'12"47

2回目は交替でバウを漕ぐ。スタートはやや力みがありましたが、力漕に入りだんだん腕の力が抜けていい感じに。レートが高い(SR34~35)せいか、やけに苦しい。ラストスパートはほぼ余力ゼロに。途中ほんの2~3本ですが、これだ!という感じのフィニッシュあり。まだまだ奥は深い。

ビデオ(知加良さん提供)⇒ YouTube

《エイト2回目》
1着 佐鳴漕友会(静岡大学A) 1'04"17
2着 五大学クオド       1'08"70

1回目でバタバタした反省から、RUSHせず落ち着いていくことに。コンスタントSR36に落としてラストはSR38。1本目より水がつかめて良く漕げてましたが、少々短めか。この感じで長く漕げるためには、体力、技術とも要鍛練。

ビデオ(知加良さん提供)⇒ YouTube

 全力を出し切りました(知加良さん提供)

外語若手OBの植田君も会社のチームで参加(クオド)していました。5月の諏訪湖にも行くそうです。

 レースの合間に、弾塚世話役に渡すビデオレター撮影(by 大淵監督)

《打ち上げ@満州園》
西山さん、柳田さん、大淵さんが「鉄人トーク」を展開。100km、200kmのウルトラマラソンとか、富士山登山競走とか、一人箱根駅伝とか、一輪車で大島一周とか、エルゴでフルマラソンとか、竹馬で富士登山(これはやらなかったそうです)とか、不思議な世界が。350mなんて短すぎて爆発してしまう?
 ←大淵さんごめんなさい、腕しか写ってない(ウーロン茶が大淵さん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄人歓迎

2015年04月04日 | ボート

9:00~11:00 曇(ときに雨)
クオド乗艇@鶴見川

《QS3》C佐藤 S西山(筑波) 3関野 2藤野 B大野⇒岡野

《メニュー》(末吉橋2往復)
1周目:
・ペアでキャッチロー[Legs Only](艇を運ぶ感覚)
・LP(SR15)2分×3(ふわっとフォワード、ワンポーズ)
・LP(SR18~22)2分×2
・10本P×1、20本P×1、30本P×1(レースペースの動き)

2周目:
・ペアでキャッチロー[Legs Only](艇を運ぶ感覚)
・LP(SR15)2分×1(ふわっとフォワード、ワンポーズ)
・LP(SR18~22)2分×1
・10本P×1、20本P×1
・スタート練習、1本、3本、6本、6+10本(レンジ長く)
・森永橋⇒水管橋(スタート付き)

曇り空。風も強く、4月にしては寒い。揚艇したら一雨(すぐ止む)。

鉄人・西山さん(筑波)が、一昨年の12月納会で漕いで以来の再登場。トライアスロンの道に深く踏み込んでいてずっとご無沙汰でしたが、4月からボートにも来てくれそうです。

五大学ミドルには希少(貴重)なスカラー 西山さんを迎えてクオド練習。アイアンマンのパワーが他の3人とかなり違うのか、整調のレートが速い(水中も速い)。明日の横浜市民レースは、お互いに合わせていきましょう。

低レート(SR15)LPを久々に入れてみました。ゆったりフォワードし水中で加速、という感じを出していきたいと思います。パドルはSR28くらいまで上がりましたが、SR24くらいで落ち着いて漕いだほうがいい、とのクルー意見でした。

クオドだとオールコントロール作業が増えるからか、つい腕・肩に余計な力が入ってしまいます。自分でも余計な力が入ってキャッチをロスしてる感じがあります。腕の力を抜いてキャッチ、を意識すると、少し水のつかみが良くなりました。

乗艇中は雨は降らなかったのですが、1周しただけで背中から腕はびっしょり(バウ)。この水はどこから?

ビデオ(2周目 森永橋⇒水管橋スタ付)⇒YouTube

 ←雨が降ったので艇庫内で

《楊家餃子》
生ビール/ノンアル、冷奴、蒸し鶏、餃子、玉子焼き、野菜炒め、ご飯

コメント
この記事をはてなブックマークに追加