ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

晴天好日

2017年12月09日 | ボート

8:45~10:45 晴
エイト、クオド乗艇@鶴見川

《SE3》 C廣江 S宮本 7出井 6木村 5山下 4関野 3大竹 2藤野 B河上
《QS5》 C大野 S川渕 3浅野 2伊藤⇒中本 B渡辺

《メニュー》
(1周目)
・W.U.
・技術練習
・ノーワーク1分~ライトパドル2分インターバル
・低レートP(R16-18)鷹野大橋⇒森永橋
(クオドは末吉橋⇒森永橋)

(2周目)
・低レートP(R16-18)森永橋⇒鷹野大橋
(クオドは新鶴見橋⇒末吉橋)
・技術練習
・10本P×2
・スタート練習
・C.D.

横浜ボートマラソンも終わって、鶴見川漕艇場もシーズンオフ感をかもし出しています。先週まで続いたR30-32での練習も一段落したので、前から予定していた低レートパドル(いわゆる「B1」)を試してみることにしました。といっても、以前からやっている「水中パドル」と似たようなものですが。でも距離は長く漕ぎます(まずは片道3km)。

1周目は下り片道、2周目は上り片道で。今日は北寄りの風が少しあったので、上りは逆風・逆潮で艇速が出ずたいへんそうでした(クオド)。

漕ぎ始めて数分経つと、体が暖まってタイミングも合ってくるのか、力みが抜けて無我の境地に入るのか、艇がまとまってリズムよく進み始めます。疲れてくると、またちょっとバラけます(クオド)。

  エイト
 いい天気でした

《昼食@タンゴ》
・生ビール、お新香、冷奴、餃子、豚ソテー、回鍋肉、ご飯、ナポリタン
・練習参加人数が多かったわりにタンゴは4人と少なめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年PENTAレース記録最終版

2017年12月07日 | ボート

12月3日の横浜ボートマラソンで2017年のレース日程が無事終了しました。
今年は昨年と同じ14レースに出漕(戸田(5)、鶴見川(3)、諏訪湖、お台場、土浦、博多、琵琶湖、宮ケ瀬湖)。成績に関しては、横浜市民ボートレース、諏訪湖全国ナックルフォア、全日本マスターズ、筑波レガッタ、横浜ボートマラソンで優勝、五大学2000mで2位と、PENTA躍進の一年でした。ますます多くの漕友が練習・レースに参加しています。裾野が広ければ山頂は自ずと高く。来年もレース・遠征を楽しみましょう。

「PENTAレース記録(最終版)_2017年」(PDF)をDropboxに保存しました。下記リンクよりご覧ください。

2017年PENTAレース記録リンク

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PENTA、withYOU、爆笑連合

2017年12月03日 | ボート

快晴、微風の鶴見川で横浜ボートマラソンが行なわれました。
今年は関西からwithYOU、琵琶湖ローイング、海洋大OBOGのみなさんなども参加し、大いに盛り上がりました(関西パワー)。

《9:12 PENTA ROWING スタート》
PENTA ROWINGは3番目のスタート。この時間はまだ潮が引いていて、加えて上流から下流にやや風もあり、上りは速度が出ない状況。しかし、まだ元気があるうちに逆潮・逆風の往路を乗り切り、体が暖まったところで、順潮・順風を一気に漕ぎ下りました。新鶴見橋を越えてさらにスピードを増し、森永橋からいつ終わるとも知れないCox廣江さんのスパート!の絶叫…。

結果は23分23秒で、昨年に続き今年もカテゴリー優勝を達成できました(全出漕中では3位のタイム)。

今年はめずらしく早くからクルーを固定して臨んだボートマラソンでしたが、1人は福岡、1人は愛媛在住のため、クルー揃っての乗艇練習は1回だけ(9人が揃ったのは当日だけ)。そのかわり各自のエルゴトレーニングなどで、R30~32でリズムよく長距離を漕ぐイメージの統一を図ったのが有効でした。

今日のレースもエルゴでのシミュレーション通りに進行した感じ。1本の出力より、リズムと艇の勢いを重視。高いレートでリズムよく軽快にどんどん艇を進めていくイメージ。キャッチでつかんでドライブで運ぶ漕ぎが途中かなりできていました。その結果、下りの後半まで来ても疲れたという自覚は無かったのですが、最後に長めのスパートが入ると、やはりかなり消耗していたことにようやく気づくという、いいペース配分でした。

23分23秒 男子エイト(50~59歳)優勝
【PENTA ROWING】 C廣江 S西山 7川本 6宮本 5山下 4奥 3出井 2岡野 B大野

《11:02 KANSAI爆笑連合 スタート》
配艇所で「爆笑問題」と呼ばれてしまうユニークなクルー名(最初は「爆漕連合」だったのですが)。最終的にSペアに乗った海洋大の学生2人もさることながら、他のメンバーもよくよく見ると錚々たる曲者揃い。23分05秒と本日最高タイムの爆漕を記録しました。PENTA ROWINGクルーは完全優勝も狙っていたので負けて悔しがりましたが、勝敗を分けたのはB下田さんの〇IZAPばりの10kg減量だともっぱらの評判です。

23分05秒 男子エイト(40~49歳)優勝
【KANSAI 爆笑連合】 C佐藤 S長谷川(海洋学生) 7片桐(海洋学生) 6大沼(同志社) 5早川 4田村 3藤田美恵(琵琶湖ローイング) 2藤田直子 B下田
 (安藤真由美さん提供)

《11:59 PENTA with YOU スタート》
PENTAとwithYOU混成エイトという初の試み。安藤ご夫妻はエイトで長い距離のレースは初めてと、たいへん喜んでもらえました。関西からはるばる鶴見まで関係者を巻き込んでレースを漕ぎに来てしまうその意気込みとパワーが、艇速に現れていました。

25分53秒 男子エイト(50~59歳)8位
【PENTA with YOU】 C廣江 S藤野 7関野 6安藤隆一(withYOU) 5安藤真由美(withYOU) 4横山(海洋) 3川畑(海洋) 2木村 B川渕
 森永橋手前ゴール間近の力漕

《応援》
中村さん(海洋)、松本さん(海洋学生)、杉岡さん(withYOU)、安藤瑛里子さん(withYOU)、中本さん、知加良さん、弾塚さん(@露)、カワハラさん(大阪)、カナブン(湘南フルマラソン参加後タンゴへ直行)

《レース記録》
横浜市ボート協会HPより ⇒ Dropboxからダウンロードしてください

《山下さん提供Cox viewビデオ》
PENTA ROWING上り ⇒ YouTube
PENTA ROWING下り ⇒ YouTube
爆笑連合 ⇒ YouTube
PENTA with YOU ⇒ YouTube

《木村さん提供ビデオ(FB)》
PENTA ROWING森永橋 ⇒ YouTube

《知加良さん撮影ビデオ》
PENTA ROWINGスタート ⇒ YouTube
PENTA ROWING下り 鶴見橋付近 ⇒ YouTube

レース後、タンゴには25名ほどが押しかけ、たいへんにぎやかだったようです。マスターどうもお世話になりました。
 (佐藤さん提供)

《12/12 知加良さん計測・分析を追加します》
Dropbox

「2017/12/03 横浜ボートマラソンPenta Rowing 計測結果
タイム:23分23秒(推定距離5300m)
平均ペース:2分02秒/500m(旋回含む)
   上り:2分17秒/500m(旋回含まず)
   下り:1分55秒/500m(旋回含まず)
通常レース推定タイム:27分35秒(推定距離6400m)

上り下り共にストローク波形は安定し、しっかりとドライブフォースがかかってます。
昨年が南風、上げ潮に対し、今年も上げ潮終わり辺りでしたが、
やや北風で、上り距離も伸び、コンディションとしては不利な中、
通常レース推定タイム:27分35秒(推定距離6400m)は、かなり良い結果だと思います。
上り平均ペースに追加想定距離をかけて推定したので、もう少しかかるかも。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川練習(大野は欠席)

2017年11月25日 | ボート

私は欠席でしたので、宮本さんのレポート転載します。

------------------------------------------------------------------------------
宮本です。
今日の練習は暖かな陽射しの下、風も穏やかで久しぶりに気持ち良いボート日和でした。
 (宮本さん提供)

 (廣江さん撮影)
------------------------------------------------------------------------------

(今日のシート)
C廣江⇒佐藤 S藤野 7関野 6宮本 5大竹 4茂木 3河上⇒伊藤 2堤(多摩川)⇒岡野 B川渕
(多摩川の堤さん初参加です)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戸田コース貸し切りました

2017年11月23日 | ボート

11:00~13:30 雨⇒曇⇒晴
エイト、ダブルスカル、シングルスカル乗艇@戸田

《YAMAZAKI》 C廣江 S西山 7川本 6宮本 5山下 4岡野 3出井 2藤田 B大野
《埼玉大ダブル》 S守屋美 B守屋悟
《埼玉大HISTORIA》 S藤野
《理科大シングル》 S河上
《陸上》佐藤 浅野

《メニュー(エイト)》
※テーマはただひたすら強く漕ぐことを主眼にするのではなく、以下の3点を確認することに重点を置く。
①R30以上の維持
②キャッチで強く蹴る(蹴りを合わせること、レッグドライブとボディの飛ばしを意識=艇速の維持)
③リズムとメリハリの維持(ユニフォーミティの醸成と安定した呼吸の継続)

・W.U.(インサイド~アウトサイド~ワイドグリップ、Legs only(6W)、1本~3本~5本ロー)
・1分NW~2分水中Pインターバル×3(R22⇒24⇒26)
・ハイピッチNW(R37-38)
・ハイピッチP(R37-38)
・10本P×2(R30)
・15分P(R30<)(ターンの練習含む)
・コース往復P(3,000m)(R30<)(ターンの練習含む)
・C.D.

エイトは来週の横浜ボートマラソンの事前練習(九州2480さんのリズムを吸収)。2480さんは「冠攣(れん)縮性狭心症と運動負荷には因果関係は無い」という医師の診断書をみなさんに配付。予定通りボートマラソンに出漕することとなりました。

昨夜からの本降りの雨のため、荒川に出すのは止めてコースで練習としました。ボートマラソンの「対校」クルーは安定感、安心感があり、フォワードもドライブも余計な動き(ローリング、ピッチング)が少ないのはさすが。この季節の昼時は思った通り練習艇は少なく、コース貸し切り状態でストレスフリーの練習ができました。後半は日差しも出ていい天気に。

たまにやる珍しい「ハイピッチNW」ですが、ラッシュフォワードを練習しているのではなく、陸上の「腿上げ」みたいなものなのか(?)、その後のパドルもスムーズに体が動きます。ユニークな練習です。

今日の感覚的メモ:
・フィニッシュを長く引き過ぎると、このリズムでは合わない。キャッチからの脚のドライブに重点を置く。
・キャッチから脚ドライブでリズムよく。
・水中はそんなにパワーを必要としない(7kmなので出せない)、それよりリズム。
・キャッチ遠くの所からうまく入れて引っかけてドライブで脚と手の指に心地よい重みを感じられるリズムがGOOD(艇速出ているのに疲れない)。

※揚艇前に、YAMAZAKIのラダーケーブルが通っている滑車部品が破損(老朽化のためと思われる)。ペンタ部費で交換用部品を購入することとしました。

 エイト(廣江さん撮影)
 藤野さん(カナブン撮影)
 河上さん(カナブン撮影)
 ダブルスカル(カナブン撮影)
 エイトクルー
 スカル組も加わり

《山下さん提供Cox viewビデオ》
15分パドル
往復パドル

《昼食@ぎょうざの満州←ペンタとしては初》
生ビール、餃子(一人一皿だっ!)、炒飯、ソース焼きそば、鶏塩唐揚げ、レバニラ炒め

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017五大学OBOG懇親会など

2017年11月19日 | ボート

■今年の五大学OBOG懇親会は防大の幹事校で、5年前と同じ原宿の東郷神社水交クラブで行われました。五大学各校の学生・OBOGが、来シーズン活躍の決意を表明、親睦を深めました。出席者名簿(「番付表」)を見ると、われわれペンタ(Jr.)のメンバーは相変わらず平幕(序の口?)の下の方に位置しているという、高齢の先輩方によって支えられているイベントです。若手はさぼってますね。
    
左から: 防衛大、海洋大、筑波大、外語大、東工大(防衛大撮影)

お開き後は、ペンタ(Jr.)は出井陸トレ部長の先導で、近場のBritish Pubで陸トレ。海洋学生2名含む11名参加。3時間ほど飲みながら話すのはやはりボートの話ばかり。

■一方、宮ケ瀬湖では紅葉レガッタ開催。廣江さん、藤野さん、中本さん、野村さん(碧水会)、山下さんのクオド、守屋夫妻のダブルスカルが出漕。いい天気のレースだったようです。
 五大学メンバー不在で例年より寂しい紅葉レガッタ(山下さん提供)

■埼玉大ボート部(OBOG&学生、宮本さん含む)は戸田で行なわれた「クリスマスチャレンジカップ」で活躍!
 加藤さん(埼玉大)提供

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若い力

2017年11月18日 | ボート

8:45~11:00 曇
エイト、ダブルスカル乗艇@鶴見川

《SE1》 C佐藤⇒廣江 S岡野 7福田 6齊藤(黒沢尻工) 5川渕 4中本 3長谷川(外語1年生) 2大野⇒佐藤 B河上⇒大野
《名取》 S宮本 B藤野

《メニュー(エイト)》
(1周目)
・Warming up
・技術練習(Finish、Legs only)
・ノーワーク1分~ライトパドル2分インターバル
・10本パドル×2
・末吉橋⇒新鶴見橋ライトパドル(約1,500m)

 (2周目)
・技術練習(インサイドハンド/ワイドグリップ、一本/三本/五本ロー)
・ノーワーク1分~ライトパドル2分インターバル
・スタート練習
・10本パドル×4
・20本パドル×1
・末吉橋⇒新鶴見橋ライトパドル(約1,500m)
・Cooling down

天気は下り坂ですが、午前中は雨も無く風もほぼ無い穏やかなコンディションの鶴見川。初参加の外語1年生 長谷川さん、久しぶりの齊藤さん、それに福田さんと若手が3人乗ったエイトは艇がぐいぐい進んだ、とのみなさんの感想。やはりパワーが違います。
(埼玉大ボート部員4人も参加の予定でしたが、キャンセルで残念でした。明日のレース頑張ってください。)

私は久しぶりのSサイド。それにしてはとりたてて記憶が残っていないのは、平常化しているということでしょうか。SサイドとBサイドと両方漕げたので、体のバランス的には良かった。Hands awayで滑空させて、フォワードでは余計な動きはせず、キャッチで水を固めてドライブ。SサイドでもBサイドでも同じ。

(廣江さん撮影)

廣江さん撮影ビデオ(1周目) ⇒ YouTube

《昼食@タンゴ》
生ビール(は私だけ)、冷奴、お新香、餃子、ウインナーポテト炒め、牛焼き肉、ご飯、ナポリタン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川練習は強風中止

2017年11月11日 | ボート

強風のため鶴見川漕艇場は閉鎖。練習は中止となりました。鶴見川まで来てしまった人で写真のみ撮影。
 (宮本さん提供)

所変われば風変わる。一方で、戸田はほぼ無風の絶好コンディションでした。
全日本新人戦(1X敗復)の応援です。

 村田
 市村
 藤原
 山口
 藤枝

【11月12日M1X準決勝応援】
残念ながら決勝・順決には残れず。

 
2レーン 深澤、6レーン 市村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回ペンタ・スカル記録会

2017年11月04日 | ボート

戸田コースにて第2回ペンタ・スカル記録会を行ないました。11月23日の記録会はなくなりましたので、今年最後の記録会です。11月とは思えない暖かい(暑い)日で、コンディションも良好でした。

全日本新人戦の前週の土曜日でもあり、開始時(11時)にはコースは混雑していましたが、昼過ぎになるとさすがに空いてきました。東大や東北大の新人エイト、高校生クルーなどが練習していて、並べ中にレーン回避する場面は何回かありましたが、今回も無事終了しました。陸上の廣江計時班長ありがとうございました。また、計時補助、出艇・納艇補助など、前回に続いてみなさんのスムーズな運営ありがとうございました。

【第2回成績表】
Dropbox

【参考:第1回成績表】
Dropbox

今日の私の配艇はMitsubishiⅡ(木艇)。まちがいなく昭和の艇ですね。ストレッチャーのネジが40年前のナックルフォアのネジと同じ! TashiroとかEvergreen(学生時代の外語のシングルスカル)とか思い出します。

1回目、最初の組なので、三菱を出艇してから1500m地点に行くまでしか練習区間がなく、艇に慣れないままスタート。キャッチで固める感覚と、脚で押す感覚がなかなかつかめない。左右均等に押せてないので、左手だけ残ったり、艇が曲がったり。ゴール直前で東北大のエイトに止められてちょっとロス。

2回目、だんだん慣れてきたので脚が使えるようになる。上体と腕ではなく、脚と体重移動で運ぶのだよ。Hands awayでの滑空感も出てきて、陸の声に励まされてラストも上げられた。

スカル乗挺は前回9月18日の記録会以来なので、上達する由もない。木艇は最近の艇のように素直ではないので、癖をつかむのにちょっと時間がかかります。とはいえ、どんな艇でもすぐに合わせられるようにならなければ。それはペンタのエイトと同じこと。

ペンタのスカルシーズンはひとまず終了です。来年5月の宮ケ瀬湖までスカルはしばらくお休みとなります。スカル魂に火がついてしまった人は、また自主トレしましょう。


みなさん漕ぐのと陸上運営で写真を撮るのをすっかり忘れてました。今日の唯一の写真です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒陸トレ@武蔵小山

2017年10月28日 | ボート

明日の横浜市民体育大会(鶴見川)が台風22号の接近で中止となり、武蔵小山の「酒縁 川島」でのwithYOUさん歓迎前夜祭は、「日本酒陸トレ」に衣替えして実施。
前夜祭本来の参加者茂木さん、岡野さん、出井さん、関野さんに、追加で西山さん、カナブンさん、川本さん、大野の計8名が参加。

この店は4年前の五大学OBOG懇親会の2次会で訪れて以来です。
今回も、東北の酒あり、佐賀の酒あり、おいしい日本酒9種、酒に合う絶妙の料理を堪能しました。

ソムリエさんの今日のコース
1.まんさくの花(秋田)
2.宮寒梅(宮城)
3.鍋島(佐賀)
4.廣戸川(福島)
5.あぶくま(福島)
6.飛天の夢(秋田)
7.金冠黒松(山口)
8.出雲富士(島根)
9.七田(佐賀)
(写真は茂木さん提供)

8人で35合いただきました。コースなので、一晩中飲み明かすこともなく、ほどよく出来上がったところでお開きに。日本酒があって良かった、日本人で良かった! というお店です。定員12人、全席予約制です。

 陸トレ開始(茂木さん提供)
 出来上がり(茂木さん提供)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加