途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「風の墓碑銘(エピタフ)―女刑事 音道貴子」感想

2016年12月20日 13時46分02秒 | 乱読本感想
「風の墓碑銘(エピタフ)―女刑事 音道貴子」
乃南 アサ
新潮社 2009年1月28日

2009年02月23日 18:12
★5
上下巻まとめてのレビュー。

安心して読めた乃南アサらしい作品。

お馴染みの音道貴子と滝沢刑事のコンビの関係が今回はさらに近づいたようで・・・
本人たちは不本意らしいが、目と目で通じ合う関係になって・・・苦笑いしているであろう彼らを見ている私も思わず、ニタリ。

「凍える牙」から回数を重ねて、読む側の私もすかっり彼らとお馴染みさん。

次も楽しみにしてまっているよ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私たちが好きだったこと」感想 | トップ | 「対岸の彼女」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL