途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「私の残念な彼氏」感想

2016年09月28日 11時05分47秒 | 韓国ドラマ感想
私の残念な彼氏というよりは、「残念な脚本」「残念なドラマ」だった。
演出は「フルハウスTAKE2」(けっこう楽しく観た)の人だったんだけど、脚本とかがひどすぎた。
なんだかもう、パクってとってつけたようなセリフと展開が観ていてイライラした。
見た目イケメンのノ・ミヌくんをイケてない男子にするためにセンス悪い服を着せ、知的障害者のような言動をさせていた。
ドラマの展開をみる限り彼は知的障害者ではなく、心に傷を負った人だと思うのだが、嫌な感じ。
彼(ユン・テウン)と本部長カン・ヒチョルが一目ぼれ的に好きになるユ・ジナという女性にまったく魅力がなくて(女優さんの美醜じゃなくて、役としての魅力)どうしたらこの人に心が動くんだ?????
そのライバル、お金持ちの令嬢チョン・ヘミの方がずっと性格が良いぞ!
ただ、予算の関係かな、お金持ち令嬢の身に着けている洋服とかが隠し切れないくらいの安物。
ついでにセンスも良くない。
パーティ場面に至ってはペラペラなドレスをみんなが着ていて子供のお遊戯会かと思った。
最後の方、お寺での場面、カン本部長に恋のうんちくを垂れるのがセリフもろくにしゃべれない小僧って、何の冗談だったんだろ。
すべてにおいてB級、いやC級だった。
唯一、テウンの伯父さん役のユン・ジュサンさんはベテランの貫録の演技でしたわ。
モンクたらたらだったけど、お金出して借りたので最後まで観ました。
50分16話だったのが救いね。
最近、ギブアップが多いんだよね~「トライアングル」「大丈夫、愛だ」出てる俳優さんは良いんだけど、なぜかうけつけなかった。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「星から来たあなた」感想

2016年09月21日 16時51分43秒 | 韓国ドラマ感想
昔、このドラマが韓国で放送されていた時、ヒョンジュンくんもドラマをやっていた(あえてタイトルは書かない)
最初の頃はちょっと比較されていたが、あっという間に比較対象外になった模様。
こちらは大変な人気だったらしい。
で、タイトルは知っていたけれど、なかなか観る機会がなかった(観る気がなかった)
韓国の高視聴率ドラマとは相性があまり良くないし、韓国で大人気というキム・スヒョンくんにどうにもハマれないし~なので。
子役の「クリスマスに雪は降るの?」も「ドリームハイ」も「太陽を抱く月」も観て、彼が良い役者さんで、いい作品に出ているって解っても、どうすりゃいいんだ?なのがスヒョンくん。
主演の女優さん、チョン・ジヒョンさんは資料をみると「猟奇的な彼女」の彼女らしいが、どうにも馴染みがない。
でも、パク・ヘジン、ユ・インナ、シン・ソンロク、キム・チャンワンといった脇の人たちがいるのでちょっと観てみようか、と。
ほほ~~、ストーリーは良いし、役者さんはみんな上手い、評判通りのドラマだったわ。
チョン・ソンイを演じるチョン・ジヒョンさんはソンイと同化したみたいでとってもパワフルで魅力的。
ジヒョンさんの大女優オーラがすごかった。
ト・ミンジュンを演じるスヒョンくんも大女優に負けない演技。
数々の胸キュンシーンではドキドキしたり、涙を流したりした。
99%は満足だが完全にハマりきれないところがあった。
たった1%、どんなに上手い演技でも、ト・ミンジュンとチョン・ソンイが愛し合っている同士に心底見えなかった、思えなかった。
やはり見た目なのかな?「太陽を抱く月」の時も思ったけれど、相手役が年上のキャリアがある女優さんだとどうもそれが気になる。
設定では宇宙人だから年齢は関係ないと思おうとしても、ちょっとムリだった。
お目当てのパク・ヘジンさんは安定のカッコよさ。
ほんと美しい。
鑑賞するにはぴったりの役。
それだけに存在感があまりない気がした。
彼の魅力はどんな役だったら最大限に引き出されるのだろう?とちょっと考えてしまった。
レンタルの特典映像で実は彼はイ・ジェギョン役に決まっていたが急きょイ・フィギョン役に変更になったと知った。
悪魔役から天使役になったようなものだ。
果たして彼がジェギョンだったらと、途中から想像しながら観た。
が、イ・ジェギョン役のシン・ソンロクさんがちゃんとなり切って、凄味のある悪役をやっていたので、やっぱりヘジンさんはフィギョンかな、になっちゃった。
この後が「ドクター異邦人」のお医者さん役だったのかな。
これも、美しいお顔には満足だったけれど、役的にはぴったりとは言い難い気がして、いつかヘジンさんにぴったりの役を観てみたい。
と、ごちゃごちゃ考えながら観た「星から来たあなた」でした。

韓国ドラマ感想まとめリスト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「火の女神ジョンイ」感想

2016年09月11日 17時38分12秒 | 韓国ドラマ感想
ほとんど観ない韓国時代劇だけど、ムン・グニョンさん、キム・ボムさんご出演ということで観はじめた。
相変わらずの韓国ドラマ、子供時代が長いこと。
それにしてもキム・テドの少年時代を演じたパク・コンテくん、大きくなったね~
イケメンに育っているもよう。
良い大人の役者さんになってね。
で、大人になったキム・テド役は、待ってました!のキム・ボム!
安定の美しさと演技。
そして、主役ユ・ジョンは・・・
少女時代はチン・ジヒちゃん、上手い子だけど、この子が成長したらムン・グニョンか!?
ちょっとイメージが違うような気がしたが、子供時代はそれなりに面白かった。
成長して、ムン・グニョンのユ・ジョン。
正直、あれぇ~
私の韓流入門あたりで観た「メリは外泊中」のグニョンちゃんはむっちゃ可愛かった気がしたが、「シンデレラのお姉さん」でも可愛かったはず。
あれぇ~、どうしたんだろ!?可愛くないし、演技する表情も見苦しい。
物語がそれなりに、ユ・ジョンが真摯に沙器匠(陶工)を目指しているらしきところはまだ観ていられた。
どんな作品を作るんだろうとか、どういう工夫をするんだろうとか、だって朝鮮初の女性沙器匠の話なんでしょ。
後半、韓国ドラマ定番の“復讐”がメインで描かれ始めたら、おいおい、沙器匠はどうした?茶碗を、壺を、焼かんかい!
沙器匠ほっといて“復讐”って、美しさも可愛さも全く無い見苦しい顔(やっぱ見苦しいのはユ・ジョンじゃなくて、演じるムン・グニョンよね)
思いを寄せる役どころのテドや光海君に心から愛される役のはずなのに、愛され要素がかけらもない。
どうしたムン・グニョン!?
子役のチン・ジヒちゃんが懐かしい、ちょいブスだったけど、表情は可愛かったもの。
そして、そして、韓国ドラマに良くあるパターン、最後には“良い人”ってのも、全くなくて、悪役のみなさん、最後までクズ。
頼りにならない王様は戦いが始まると真っ先に逃げるし、イ・ガンチョン、イ・ユクト親子は最後まで自己中で欲望の塊。
シム・ファリョンも王妃も同じくで、最後うんざり。
まぁ、おかげでテドと光海君の純愛と生真面目さは際立ったけど。
時代考証無しの韓国時代劇、日本の描き方は当然???だったのは想定内だったが、一応、沙器匠の話ならそれなりのストーリーとそれなりの陶磁器をみせて欲しかったな。
特に、ユ・ジョンの焼き物のお粗末なこと。
当時の韓国の焼き物が高水準だったのは史実なのに、そのプライドがないのかな。
このドラマ、終わり方がひど過ぎたので、モンクしか書けない。
まっ、最後まで観ました。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画「タチャ~神の手~」感想

2016年09月09日 11時31分00秒 | 韓国映画感想
こういった類の作品は観ないけれど、T.O.Pくん、もといチェ・スンヒョンくん主演ということで。
内容は、やっぱ、好みじゃないし、花札は全く解らない。
サンチュカップルが勝負に燃えていたな。
しかし、サンチュみたいにいちゃつく内容ではなく、命を懸けた花札勝負。
これR指定だよね、エグイ、エロい。
イ・ハニさん、シン・セギョンさん、『わぁ!セクシー』『わぁ!そんなことしちゃう!』相手のスンヒョンくんも頑張ってましたわぁ。
唯一観た「アイリス」の殺し屋役のときより存在感が増しているし、何より美しい。
ヤバいくらいの美しさはド派手な衣装に負けていない。
まぁ、美しい彼をみるだけでいいやと思って渋々みたが、なにげに印象に残ったのは美しくもなんともない、ぶっちゃけブサイクなオッチャン。
テギル(T.O.P)の師匠役のユ・ヘジンさんという方。
ドラマとかでは観たことがない気がするが、資料を見たら映画の人なのね、存在感あったわ~
終盤、裸で勝負っていう場面があって、韓国映画ドラマにおいてはお約束感があるスンヒョンくんの裸には、『ふ~~ん、とくには・・・』って感じだった。
が、BIGBANGのT.O.Pくんとしてみたら、『あらぁ~、肌をみせないことで有名なT.O.Pくんが~~!!!脱いでる!』とさっき気がつきましたわ。
スンヒョンくん、BIGBANGコンで見せる、あのすっとぼけた感じをいかした役で映画をやってくれないかな。
そうしたら内容も楽しめるかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画「尚衣院-サンイウォン-」感想

2016年09月05日 09時54分44秒 | 韓国映画感想
映画の予告編を観て、朝鮮王朝時代のデザイナーの話なんだ!(煌びやかな衣装がみられるぞ!)
ハン・ソッキュさんにコ・スさん、パク・シネちゃんまでご出演!(わぁ!豪華な出演者!)ぜひとも観なくっちゃ、といそいそと借りに出かけた。
ちょこっと資料を見たら監督があの「男子取扱説明書」のイ・ウォンソクさんだそうで、ますますテンション上がった。
コ・スさんは「クリスマスに雪は降るの?」しか観たことがないので端正なお顔の物静かな人といったイメージしかなかったが、演じるイ・ゴンジンは明るい自由人。
へ~、コ・スって人はこんなに若々しく軽やかにもなるんだ!と思った。
シネちゃんは、これ、「ピノキオ」の直後くらいかな、輝くばかりに美しい。
王妃という気品あふれる、そして哀しい役を見事に演じていた。
美しい2人とちょっと奇抜な衣装を観るのはわくわくした。
道ならぬ恋心を秘めたまま、美しい衣装を残したまま終わるのか!?と、勝手に思っていた。
「男子取扱説明書」のイメージがあったものだから。
ドルソクとゴンジンの空想、月の場面では、『そうそう、これこれ』と「男子取扱説明書」を思い出し浮かれていた。
ごめん、ここからはちょっとネタバレになる。
それが・・・この結果。
なんだかもう、ここで、最後にこんな、むき出しの汚さ!
唖然とした。
シネちゃんの涙は美しかったけれど・・・
今まで観た韓国映画では上手くかわしてきた韓国的汚さが最後に来た!
なんだかなぁ~、そもそもこの映画は何がテーマだったんだろう?
監督さんのコメント
この物語に興味を持ったのは、誰もが共感できると思ったからだ。自分より賢く有能な人間が現れたら、その人となりより才能ばかりに意識が向いてしまう。不安とはそういう状況から生まれるのだ。そして私はそこに面白さを感じた。美への追及や愛、嫉妬、欲望など時代を超える普遍的なテーマで、現代の観客の感覚に響く作品を作りたかった。

そうなのね。
私は、確かに、そういう感情が人に起こるのは理解するし、見まわせば周りにも存在する。
それ故に、特に見たくもない!!!
と、思った。
美しいシネちゃんと美しいコ・スさんをこんなんで観たくなかった。
美しいと称した衣装も汚れて見える。
最後に、1億円かけたと言われる衣装、個人的には良さが解らない。
作品の性格上奇をてらう衣装でなければならなかったのだろうが、最初の頃の衣装は安っぽいし下品だし、ハイライトの衣装はただゴテゴテさせただけに感じた。
韓国の時代物はあまり観ないので比較する材料は少なめだけど、「宮」の衣装は、小物を含めて綺麗だったと思う。
この作品、レビューとか見ると評価が高いようだが、私は、ダメだった。
シネちゃん、コ・スさん、「男子取扱説明書」、デザイナー、と浮かれきっていたのでよけいにダメだったみたいね。
綺麗な人たちの綺麗なお話を期待していたのに残念。

韓国映画感想まとめ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スリーデイズ~愛と正義~」感想

2016年09月01日 15時00分12秒 | 韓国ドラマ感想
ユチョンくんとソン・ヒョンジュさんのパッケージ写真でこれを観てみようと。
大統領の警護員の話らしいのできっと面白いだろうと期待した。
ほぼ一気に観て、終わって、ほっ。
ひとことで言って『わぁ~すごい!』お金かかってるんだろうな。
カーアクションがすごい!
当然、人間のアクションもすごい!
身を硬くして見入ってしまった。
3days、16話(レンタルは嫌らしい編集の為22回)がこの調子では筋肉痛になるかもと思っていたが、あれれっ?
3日間は過ぎてしまったが、まだ続く。
最後まで観たら3daysの意味が解るのかなと思ったが・・・説明らしきものはなかったな。
警察官役のパク・ハソンさんが以前に出ていた「TWO WEEKS」は2週間だったが、まぁいいか。
それにしても、このドラマ、脇の人たちがどれだけいなくなったんだろう。
最初の頃に出ていた良く見知った脇の人たちは最後の方ではほぼいなくなってしまった。
まさかこの人が!という人たちもどんどんいなくなるものだから、ユチョンくん演じるテギョンもいなくなるんじゃないかと思ってしまった。
テギョンの周りの人たちも、「そして誰もいなくなった」になるんじゃないかと思ったくらい。
さあ、何人、誰が、残るのでしょうか?
韓国大統領イ・ドンフィ役のソン・ヒョンジュさん、今まで観た中で一番頼りなくはかない感じ。
大統領なのになぜ?と思っていたが、まっ、そういうことだったのね。
大統領の圧倒的孤独がよく出ていた。
誰もが裏切り者に見えて、誰を信じればいいのか?
観る側も悩んだ。
主演のユチョンくん、良く頑張りました!って感じ。
アクションシーンの連続だったからさぞ大変だっただろうなと思う。
ユチョンくんはラブストーリーよりこっちの方が好きだわ。
面白く観たけれど、感想は取り立てて書くことも面白くもないという結果でございました。

韓国ドラマ感想まとめリスト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加