途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

相葉ちゃんのドラマの原作「ようこそ、わが家へ」を読んだ

2015年03月31日 08時47分23秒 | 雅紀
池井戸作品は何作か読んで好きだったが、この「ようこそ、わが家へ」はスルーしていた作品だった。
相葉ちゃんがドラマをやるというので、あわてて読んでみた。

うん、面白かった。
スルーしていた原因”は従来の池井戸作品とは違う”的な評価を見ていたせいだ。
”従来”をどう定義するかは自分勝手なものだが、私は池井戸作品は企業小説を一番評価している。
だから私にとって”従来”とはそれ。
主人公のお父さんが働く会社での出来事は”従来”通り生き生きと描かれていた。

そして、この物語の”従来とは違う”部分。
ある出来事が原因でお父さんの家族が嫌がらせをうける。
ドラマの紹介などで使われている”ストーカー被害””それと戦う家族”といった物語。

お父さんを軸とした会社と家族の同時進行サスペンス。

感想はざっくり面白かっただが、同時進行のサスペンスがどうもしっくりこない。
家族を描きたかったのか?
会社を描きたかったのか?
新たな挑戦を見せる為に家族のサスペンスが主だったのか!?
両方でも良いんだけど、得意分野の会社の描写が生き生きしすぎて、家族はサイドエピに見えたんよね~

と、小説「ようこそ、わが家へ」の感想でした~

で、
相葉ちゃんのドラマ。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」は相葉ちゃんが主人公だとか。
原作のお父さんの息子が相葉ちゃんの役のようね。

原作の中では家族サスペンス部門に登場する息子。
そこではそれなりの役割を果たし、それなりには光っている息子。
会社サスペンス部分では当然用無し。

う~~~ん、ドラマのHPを見る限り、ストーカーと戦う家族、相葉ちゃん・・・お父さんの会社エピが添えもんになるのね。
池井戸作品から会社取ったら魅力は半減、いや8割は減かも。

う~~~ん、なんかねぇ~
フジテレビさん、ここんとこ大注目の池井戸ドラマやってみたかったの?(調べたら大昔に1つあるけど)
やっても良いけどね~、そもそも大注目されている池井戸ドラマってけっこう硬派な会社ものだと思うよ。

なんかねぇ~
で、原作をチョイ変えて、嵐の相葉雅紀主人公ってねぇ~
そもそも大っ嫌い月9なんですね~

チョー不安です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イニョン王妃の男」感想

2015年03月29日 15時03分28秒 | 韓国ドラマ感想
観終わってすぐに感想が書けなかったので、熱い感想ではないけれど・・・

印象に残っているのは主人公キム・ブンド役、チ・ヒョヌくんの笑顔。
この人、何なんだろうね~
「セレブの誕生」のチェ・ソクボンの時もそうだったけれど、突然ステキに見えてくるんだよね。
特にとろけるような笑顔がもう最高!
どう見てもカッコイイとは言えないと思っていると、ヤラレル。
突然、ドッキューン。
ユ・インナが現実でも恋に落ちたの、解るわぁ。
それくらいだからチェ・ヒジンが突然不可思議な出会いをしたのにもかかわらずキム・ブンドに落ちたってのに説得力が出るのよね。
それと、ユ・インナちゃんの迫り方も、いや、チェ・ヒジンか、とにかく可愛かった。
そりゃ~、男は落ちるさって。
あの唇は魅力的。
前半のふたりの会話はもう、ありえないくらいラブラブベタベタ。
嫌な感じを受けないのはひとえに俳優さんの地の魅力でしょ。
ナイスなキャスティング。

楽しませていただきました~

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中島美嘉 「MIKA NAKASHIMA Concert Tour 2015 "THE BEST」2月28日

2015年03月02日 11時39分56秒 | watakusi事
去年の春だったかな?仕事をしながら音楽を聞いていたら・・・

僕が死のうと思ったのは・・・なんて聞こえてきて、ちょっとギョッとして思わず聴き入ってしまった。
何度も何度も繰り返される”僕が死のうと思ったのは”というワード。
中島美嘉の声で歌われると・・・よけい死にたくなるんじゃない!?
ヤバいんじゃない!?
に、してもなんでこんな歌詞?
けっこう長い曲なので、聴きながら色々思ってた。
ら、
最後、パッと弾けた!!!
わぁ!そういうことなんだ!!!
涙が出てきた。
【Youtube 僕が死のうと思ったのは】
https://www.youtube.com/watch?v=ZH-amYi7_o4

なんだこりゃ~と調べたら、その前年にリリースされた歌のようで、私の中ですっぽり抜けてたみたいね。
さっそくダウンロードして聴き、生でも聴きたいものだと思った。

で、やっとツアー。
過去に1度、お付き合いで彼女のコンサートに行ったことがある。
「雪の華」は名曲だと思ってたあたりで、大昔。
鳥取というかなりローカルなところでのコンサートだったんだけど、これがすごく良かった。
最初から最後まで客席総立ち。
それに彼女が感激したらしく、私は話が苦手なんだけどと言いながらぼそぼそとMCをしたのが印象的だった。

その鳥取は割愛。
新しくなってからまだ行ったことがない大阪フェスティバルホール。


席は2階の袖。
舞台に近い。

始まって、あらぁ~、まわりは誰も立たない。
噂の空中ヨガは正直ビミョ~
2曲目に「雪の華」を持ってくるのかぁ~・・・ちょっともったいないかも~
白いドレス、お色直しして黒いドレス、ほんと細いなぁ~
あぁ~ノリの良い曲では立ちたいけれど、誰も立たないし、立てる位置ではないし・・・

それにしてもアウェーを感じるライブは久しぶり。
美嘉ちゃんのMCタイム、よく分らないけれどファンとぼそぼそと1対1でやっているのが面白い。
プレゼントを渡したり、ハグしてと言ってしてもらったり、お互いによく知っているのねって感じ。

しょっぱな『あれ~』だったけれど、声もよく出はじめ、いかにも生って感じの表現で歌っている姿はさすが歌手!
それにしても良い曲をいっぱい持ってるって強いよね。

最後(アンコールじゃなくて)にあの曲、『僕が死のうと思ったのは』
賛否両論あるでしょうが、と。
感動的なこの歌をずっと歌っていきたいという言葉を添えて歌ってくれた。

この歌、最初から最後まできちんと聴かないと理解できないからね~
端折って歌ってもダメ。
歌番組じゃ、聴くのが難しい。
今回、彼女の『思い』とともに生で聴けて良かったわ。

そして、アンコール。
Amazing GraceとA MIRACLE FOR YOU
2曲歌って、すっと終わる。
なんだか潔い終わり方で気持ち良かった。
MCで片づけが大変なんだよとは言っていたけれど、ここ何年も、私が行ったコンサートってアンコール曲多すぎだったからね。

アウェー感漂うコンサートはなかなか刺激的で楽しかったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加