途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

笑顔がたくさん

2012年08月30日 08時12分14秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

アップされてまだ間もない動画みたい。

いろいろあるけれど、みんなが笑顔でいられたらいいなというメッセージかな!?

動画が削除されてしまいましたが、笑顔のヒョンジュンくんがいっぱいでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

SMAPチケットがやってきた

2012年08月26日 17時58分19秒 | watakusi事

Sa
友達が届けてくれたSMAPコンのチケット。

SMAP'03 "MIJ Tour"以来だから9年ぶり。

ここまで続いて、これからも続いて行くだろうSMAPって、本当にすごいなぁ~と思う。

私は特にSMAPファンという訳ではないけれど、SMAPファンの友達に誘われて何回かコンサートに行った。

特にファンでなくても歌われる歌はほとんど知っていたし、コンサートはとても楽しかった。

2003年、京セラのスタンドで、目の前で観た5人のオーラってハンパなかったな。

みんなしばらく行く機会が無かったけれど、2010年に行った友達の娘が、久しぶりに観たSMAPコンについて、ものすごく大人のコンサートだったよって言っていた。

そうだよね~、最近特に思うんだけど、SMAPの5人、それなりに良い顔の大人になったよね。

H.I.SのCMの中居くんと吾郎ちゃんを見た時、わぁ~大人!ってドキッとしたもん。

中居くんも40歳を迎えたとか。

私、コンで2回も中居くんの誕生日を祝ったからなぁ~、暑い夏。

今回、席はアリーナだけど、後ろの方だからたぶん彼らの生顔は見えないと思うの。

でも、大人のコンサートを楽しんでこようと思うわ。

自分の記録としてUPしておく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肯定的に観る24時間テレビ

2012年08月26日 13時46分15秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

捻くれている私はこの番組があまり好きではない。

だけど、今回は嵐だから観る。

嵐だけを選んで、少しだけ。

でもね、募金とかって行為や活動は良いと思うの。

割とクリアにお金の動きが見えるから。

ただ、そういう「良い活動」をするのにむりやり感動を演出するような作為が好きではないのだわ。

別に涙と引き換えなくても、活動に賛同すれば人はお金を出すと思うけどね。

お涙ちょうだいではない今回の連凧とかダーツの旅は好き。

旅する嵐くんたち、以前と比べると本当に嵐の知名度が上がったよね~

おじいちゃん、おばあちゃんたちにもけっこう知られている。

「嵐の○○くん!」って言われる度に私もすご~く嬉しい。

素の彼らが、素と言ってもちゃんと経験を積んできちんと話ができる彼らが、それぞれの個性のままにナチュラルに市井の人たちと話している姿はイキイキとしていてとても好感がもてた。

そんな彼らとする未来の話って、それだけでいいじゃん。

潤くん、昔(まごまごの頃とか)程じゃないけれど、ちょっと硬いのね。

人見知りで真面目。

相葉ちゃん、ニノ、大野くんは相変わらず人の心の中にするりと入りこんでいく。

昔から、今も、これからもそういう人のまんまなんだろうな。

残念ながら翔ちゃんのダーツは捕獲失敗。

でもね、きっと私が想像するのと変わらない翔ちゃんが、にこにこと誰かと未来の話をしていたんだろうね。

私の未来の話。

4年くらいたったら、また嵐が24時間やって、今度は相葉ちゃんがお涙ちょうだいドラマをやって、私は相変わらず感動しないぞ!とモンク言ってさ。

もうその頃にはダーツで誰に会っても誰もが知っている嵐だよね~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「車イスで僕は空を飛ぶ」感想

2012年08月26日 09時50分33秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

ニノのドラマ記念に書いておこうと思う。

が・・・

書くからと言っていいことばかりを書くわけじゃない。

いつもは、24時間テレビのこの企画のドラマは観ない。

観たのはジャニオタらしく亀ちゃんの「ユウキ」と潤くんの「みゅうの足パパにあげる」だけかな。

どちらもそれほど感動しなかったけれど、今回の「車イス」もやっぱり感動しなかった。

ニノのドラマ、涙の一つも流したかったのにさ。

何でなんだろう?

ニノの演技が悪いってことではないと思うし、脇のキャストの人たちだってちゃんとした役者さんたちだ。

このメンバーで感動できないって、私が悪いのか?

何だかね~、無理やり感動物語を作ろうとしている感じがね、嫌でね。

崖の場面なんて、思わず笑ってしまったよ。

素人劇団の発表会を観ているみたいだった。

原作は読んでいないけれど、原作者が自殺しようとして行った東尋坊でそれを思いとどまった何かがあったらしい。

その場面は物語の中核をなす場面だったはずで、そこで私は感動して泣かなければいけなかったはずなのに・・・まいったな。

正直、一番印象に残ったのは伊勢谷くんのカッコよさだった。

カッコいい伊勢谷くんを素直にカッコいいと言えるのは、多分ね、彼の役が一番普通に近い役だったからだと思うの。

くさい台詞も無く、あざとい演出も無い役だったからだと思うの。

せっかく俳優二宮和也さんが出演してくれたのに、もったいない作りのドラマだったなぁ~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

24時間テレビが始まった

2012年08月25日 20時36分08秒 | arashi事 テレビ・ラジオ・映画

根性の曲がっている私はこの24時間テレビが苦手で苦手で。

どうにかして嵐くんたちだけを観たいんだけど、世の中そんなに甘くない。

とりあえずはニノのドラマは録画予約した。

う~~ん、後はどうする?

一応ね、DVDレコーダーは3台がら空きで状態で繋がっているから24時間録画もぜんぜんOKなんだけど、観る私は1人だけだし、こんな番組を遅れて観たってね~~~

ピンクのTシャツのニノがやけに可愛いなぁ~

ニノ担の嵐友にニノが可愛いとメールしたら、近年にない可愛さだと。

まぁ、5人とも可愛いけど。

嵐もみんな30歳前後になったのに、この可愛さは何なんだろ。

嵐が司会たって、もう3回目だし、心配なんてまったく無い。

こんな頼もしい嵐を観るなんてね~、感無量ってか。

時間つぶしでこんなん書いても中身が無いな。

お風呂にはいろ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

地方は悲しい

2012年08月24日 21時09分24秒 | arashi事 コンサート

昨日、娘から「アラフェス」の落選メールの転送が来たので、あぁ、今日発表なのか~、と。

パソコンメールを見ると、あぁ、来てる。

「落選」って文字を探していたら、【振込先銀行】という文字が目に入ったので・・・??

!!!

あらっ、当選じゃん。

まったく当選するとは思っていなかったので、あららっ。

ドーム辺りで当選が欲しいので落選実績をつくっとくわ~と言って申し込んだのに・・・

9月20日が当選。

でもね、20日は地方の私たちからしたら参戦するのきついんだわ。

2日仕事を休まなきゃならないからね~

私の嵐友たちはみんな21日で申し込んだんだけど、全滅。

やっぱ、21日の方が倍率高かったのかしら!?

20日21日、どう言い訳して東京に向かうか、今から考えておかなきゃ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

えがお

2012年08月21日 18時23分07秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

母国のテレビ局のインタビューに母国語で答える彼の笑顔はほんとうにやわらかくて、見ていると幸せになる。

でも、ちょっと切ない気持ちにもなるな。
H1
</object>


YouTube: Kim Hyun Joong(???) 120714 ?@?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キム・ヒョンジュン HEY!HEY!HEY!

2012年08月20日 23時18分06秒 | 宇宙人さん(キム・ヒョンジュン)

いつものことだけど・・・

テレビに出るのは嬉しいけれど、こちらが緊張してしまう。

でも、大好きなONE PIECEの話題で、にこにこと嬉しそうで良かった。

Hy1_2

最初はちょっと緊張!?

Hy2

Hy3

Hy4

声が小さいと松本さんに言われ、はにかんでる。

Hy5

Hy6

Hy7

ちゃんと話せて、ほっ。(私も、ほっ

Hy9

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」感想

2012年08月18日 18時49分42秒 | 韓国ドラマ感想

韓流に入り込んだ時、やたら目にしていた「イ・スンギ」の文字。

「華麗なる遺産」で初めて見た感想は、「そうか~、こんな人か」どまりの印象。

その後、たまたま目にした「1泊2日」

演技していないイ・スンギはちゃんと話ができて笑顔が可愛いなかなかの好青年と言った感じ。

ゲオ旧作50円デー、これが揃っていたので借りてみた。

一応、イ・スンギ興味。

キャ~、可愛い!

いえ、イ・スンギではなくク・ミホ役のシン・ミナ。

今、経歴を調べたら・・・ゲッ!「キッチン」のモレ役の女優さんだ!!!

わぁ~~~、あの不思議な空気をまとったモレという女性とイキイキとした表情をうかべる少女のようなミホが同じ女優さんだったなんて・・・気がつかなかった私もうかつだったけれど、演技者としてのシン・ミナがすごいのかも。

このドラマは九尾狐(クミホ)の可愛さがあってこそ成立するドラマだと思うんだけど、シン・ミナが見事に演じていたってことね。

それにしても、まったく気がつかなかった。

パク・トンジュ役のノ・ミヌにもウン・ヘイン役のパク・スジン(「花男」で陶芸をする綺麗なお姉さん役で出ていた人)にも気がついたのに・・・

ノ・ミヌは「パスタ」にあまり台詞の無い役で出ていたのに覚えていた。

最初に観た時、私の好きなキム・ジェウクに雰囲気が似ていたので覚えていたのかしら?

他にも興味深い出演者たち、「美男ですね」脚本家つながりでパク・シネ、イ・ホンギ、ユイがカメオ出演。

監督パン・ドゥホン役のソン・ドンイル、「大韓民国弁護士」で超個性的な運転手役をやっていた人だったけれど・・・やっぱり、かなり変な監督役。

カッコ良くないのに目についてしまう困った奴。

感想なのに、内容には触れない。

2人はどうなるんだ?とドキドキしながら観るのがいいから。

胸キュンストーリーだってことには間違いない。

あんまり意地悪な人も出てこないし、良いドラマだったわ。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「製パン王キム・タック」感想

2012年08月17日 21時38分54秒 | 韓国ドラマ感想

相変わらずのGyaO!配信。

全30話、中弛みすることなく最後まで楽しめた。

楽しめた・・・はちょっと違うかな?

興味深く観ることができた。

結果として面白かったと言えるけれど、ヒール役の登場人物の執拗な怨恨や執着心にはちょっと辟易させられた。

これを韓国ドラマのドロドロと表現するのかな?

でも、そのおかげで、主人公キム・タックの強い正義感と素直で優しい性格が際立ってみえた。

逆境を真っ直ぐ生き抜くタックをみると清々しい気持ちになる。

どんな酷い目にあってもタックは大丈夫、より強くなる、と信じられる不思議な魅力がタックにはあった。

世の中そんなに都合よくできていないと解っていても、勧善懲悪ドラマは観るとやっぱり気持ちがいい。

それにしても・・・「製パン王キム・タック」、このタイトルの「パン」から連想するのは温かさや幸せだと思うんだけど・・・私は何の予備知識も無かったから、パン屋さんを舞台にくり広げられるラブストーリーだと思っていた。

胸キュンストーリーを期待していたのに・・・最後はカップル誕生なのに・・・私の胸キュンは無しだったな。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加