途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国映画「二十歳」感想

2016年08月28日 13時49分46秒 | 韓国映画感想
“イ・ジョンソクを観てみよう!”がひとまず終わり、そのライバルであり友達でもある“キム・ウビンを観てみよう!”と、いうか、ショップに行ったら彼の映画が2本並んでいた。
「技術者たち」と本作「二十歳」制作順に視聴した。
これ、今回、続けて観た韓国映画4本(「君に泳げ」「僕らの青春白書」「技術者たち」「二十歳」)の中で一番好きだわ。
内容は“3人の若者の恋と友情を描いたとびきりキュートな青春グラフィティ”と映画紹介のまんまの言い方しかできない。
二十歳の男の子が夢をみたり恋したり妄想したり経験したり、でも、夢と現実の違いもちゃんと認め進まなければならない。
経験者なら解るあの“めんどくさい”時代の話ね。
でも、愛おしい時代。
その真っ只中を描いたこの作品の何がすごいって、彼らが吐く言葉。
『そうそう、そういう気持ち!』と、真っ只中に居た時の気持ちが的確な言葉で表現されている。
それが妙にキュンと来るんだわ。
私の青春の古傷のような気持ちを刺激する言葉を吐く彼らは若者らしく生きている。
やることなすこと、笑うしかない青春の一コマを演じるチホ(キム・ウビン)ドンウ(ジュノ:2PM)ギョンジェ(カン・ハヌル)は素の若いままの自分を出しているように感じた。
みんなとてもナチュラルな表情だったもの。
それが演技なら、それはそれでスゴイこと。
ウビンくん、今まで観たどの役よりもいろいろな表情をみせてくれた。
わぁ~こんな表情するんだ!と楽しくなった。
3人のマドンナ役、ソミン、チョン・ソミンちゃんがそのまんまの名前で出ている。
高校の制服姿は彼女を知った「イタキス」を思い出す。
でも、イタキスの時よりかなり綺麗になっている。
そして、「ピノキオ」で知ったギョンジェの妹役のイ・ユビちゃんが表情豊かでとびっきり可愛い。
この映画、大作でもなく、名脇役がいる訳でもなく、若い俳優さんが少し出ているだけ。
でも、面白い。
監督さんが『共感して笑って観てもらえたらそれでいい』と言っていた。
『俳優の顔を観てもらっても』とどこかで言っていたような・・・
ほんと、それだけで良い気がする。
この脚本を書いた監督イ・ビョンホンさんはちょっとチェックしておこう。
使う言葉がとても良いから。

韓国映画感想まとめ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画「技術者たち」感想

2016年08月27日 09時42分56秒 | 韓国映画感想
邦題とパッケージ写真をちょっとみて、NHKの「プロジェトX〜挑戦者たち〜」のような映画だろうと勝手に思っていた。
ちゃんと「技術者たち」の下に「the con artists」とあったのに。
そう、現金強奪コンゲーム映画だった。
この種の映画としては珍しくも何ともない普通のストーリーだったと思うが、娯楽映画としてちゃんと楽しめた。
それぞれのキャストがちゃんといい仕事をしていたので楽しかったのだと思う。
天才ハッカー役のイ・ヒョヌくん、ちょっと前まで子役だったよね。
いかにも天才ハッカー、そして“裏切者”というキーマンをうまく演じていた。
もう一人の仲間、人材調達係グイン役のコ・チャンソクはイケメン二人をより引き立たせる役、だけではなく、いい人にも悪い人にも見えるその容貌をフルに生かして、頼もしくもあり、笑える仲間、いいムードメーカー。
ギャングのボス、チョ社長役のキム・ヨンチョル。
「アイリス」のぺク・サンみたいな圧倒的存在感。
こういう人がいると引き締まるよね。
そして、金庫破りの天才ジヒョク役の“キム・ウビン”
“主役のキム・ウビンを観てみよう!”
最初に登場した時、まさに金庫破り中、黒ずくめで目だけが見える。
あらぁ~T.O.P(BIGBANG)くんだわ!
T.O.Pくんにしか見えないと思った。
でも、全体が現れると、T.O.Pくんとは違う個性をもつ“キム・ウビン”だわぁ~
少し前に観た「相続者たち」(2013)「ゆれながら咲く花」(2012)は高校生役でどちらも屈折した役だったが、今度は31歳という実年齢から5~6歳年上の役。
彼の落ち着いた雰囲気でそれほど無理なく31歳になっている。
ピカピカで綺麗すぎっちゃ綺麗すぎなんだけど。
唯一登場する女性、ウナ(チョ・ユニ、実年齢で7歳くらい違う)と並んでもそう違和感がない。
屈折していないこの役でも、彼は彼の魅力を十分に出せていたように思う。
金庫破りをする時の真剣な表情はセクシーだし、笑顔も大人の笑顔で素敵。
韓国的サービスのシャワー場面も綺麗。
ただ、アクションシーン、別に悪くはなかったんだけど、手足があまりにも長すぎて邪魔なんじゃないかと思ってしまった。
とはいえ、さすがモデルさん、立ち姿、歩く姿は美しい!
これからますますのご活躍を!
チェ・ダニエルがウナと現れたので、『わぁ!この映画、豪華出演者じゃん』と喜んだがカメオ出演でしたわ。

韓国映画感想まとめ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お金の化身」感想

2016年08月26日 08時27分37秒 | 韓国ドラマ感想
誰かがレビューに書いていた『ファン・ジョンウムのドラマにハズレ無し』と。
それほど彼女のドラマを観たわけではないけれど、すくなくとも私の観たのにはハズレはなかった。
ので、苦手なカン・ジファンさんが主演だが観てみよう。
わぁ~、最初っからお金を巡る、汚くてドロドロドラマだ~
お金を巡る韓国ドラマに気持ちいいのがある訳ない!
が、まだファン・ジョンウムが出てこない。
いや、なにやら、(特殊メイクで)異常に太った女がどうやらファン・ジョンウム演じるポク・ジェインらしい。
さすがに最後までこの姿ではないだろうから、ファン・ジョンウムの本来の姿を見るまで我慢してみよう。
子役の演じる悲惨な子供時代が終わり、苦手なカン・ジファンさん登場。
苦労して育ったはずなのに、えらく欲深い大人になっちゃったのね。
もう、このドラマのどこに期待して観たらいいのやら・・・
と、思っていたら、何気にサスペンスとして面白くなっちゃったんだよね。(サスペンス好きの血が騒いだ)
生き別れたお母さんと再会できるのか!?
極悪人たちをガツンとやっつけることができるのか!?
そう、やっつける。
韓国ドラマ的ドロドロの復讐劇とはちょっと様相が違った感じで、カラッと悪をやっつける、ユーモアとスピード感がある復讐劇。
小気味いい。
とは言え、極悪人たちの親玉、チ・セグァン、正義の仮面をかぶっているだけに、引くぐらいの悪人だった。
カン・ジファン演じるイ・ガンソクが強烈なキャラなので、それに相対する「悪」だからこれほどまでに悪いのかな。
苦手な(しつこい)カン・ジファンさん主演でしたが面白く観させていただきました。


韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画「僕らの青春白書」(原題:血沸く青春 피끓는 청춘)感想

2016年08月23日 11時00分41秒 | 韓国映画感想
“イ・ジョンソクを観てみよう!”の第5弾。
予備知識全く無しで視聴開始。
しょっぱなから田舎の女の子たちの乱闘騒ぎ。
イ・ジョンソクの硬派な映画なのか!
と、思いきや・・・
思わず『おまえ、どうした!?』と言いたいくらいの、ヘタレの軟派野郎役。
そりゃ~、その見かけのかっこよさなら女の子はいくらでもOKだろうと納得するが、白ブリーフはさすがにちょっと勘弁して!
時空を超えて万国共通なのかもしれない『男の子』の女の子と○○がしたいが続く。
田舎の高校生のわちゃわちゃ、韓国の青春グラフィティととらえても、これを2時間も観るのか~~~
それと韓国の1980年代という意味合いが解らない。
イ・ジョンソク、初めてのハズレか?
1時間くらい我慢していたら、あれあれっ、あらっ、なんだかいいかも。
後半、ヨンスクとジュンギル(イ・ジョンソク)の気持ちが明らかになるにつれて、ジュンギルの軟派生活の理由みたいなものが理解できた。
ヘタレっちゃヘタレだけど、なんだ、ある意味純愛だったんだと、ちょっと(あくまでもちょっとね)思った。
ヘタレのジュンギルと比べてヨンスクは男前だったね。
同じ疑惑に向き合った時、逃げたジュンギル、乗り越えたヨンスク、男の子と女の子の違いかな。
ヨンスクはずっと一途な純愛、かわいかった。
途中で、この子どこかでみたような気がする・・・井上真央ちゃんに似た子・・・あっ「私のオオカミ少年」のあの女の子、パク・ボヨンだったんだ!
最後、白いスーツで花束を持って歩くジュンギル、かっこよすぎる!
映画としてはなかなかいい映画だったと思う。
「君に泳げ!」よりは好きだわ。
ただ、心の片すみにこれはミスキャストと言えるかもしれないとの思いがちょっとある。
1982年というレトロな時代、そして田舎を舞台に持ってきたことで、あまりにも現代を体現しているイ・ジョンソクくんは異分子に見えた。
敵対する不良役のキム・ヨングァンくんも同じく。
ジュンギルの取り巻きの男の子はいい味出してたけどね。
パク・チョンミンくんというらしい。
最後に、にやにやして観た場面のこと。
ジュンギルが好きな叔父さんの役がキム・グァンギュさんだった。
「君の声が聞こえる」のあの禿げの判事さん役の人。
本作は「君声」の後ということで・・・
ふたりの会話の場面が必要以上に親しげだった。
ジュンギルでなくイ・ジョンソクくんが素の笑顔で話してる感じがした。
グァンギュさんもそんな感じで、ひょっとしたらアドリブ入ってるのかなと思うくらい。
“イ・ジョンソクを観てみよう!”はほぼ、これで終了かな。
どの作品も良かったと思う。
彼を知ってラッキーだった。
気になっていた韓国の1980年代、ちょこっと調べたら・・・
こんな記事があった。
Kstyle記事
もう一つ、気になったことがある。
写真にも写っているんだけど、ヨンスク他の不良少女たちが首に貼っているアレ。
サロンパスとか膏薬と言われるものだと思うんだけど、なんで貼ってるのかな?
何の意味があるのかな?
その当時の流行り?
なんで?はたぶんキスマーク隠し(もしくは強調)
・・・あっ、書いてて解ったわ。ってか、Kstyleの記事に書いてある!3Sの融和政策だって。
はい、まあ、歴史の勉強をさせていただきました。

韓国映画感想まとめ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ビッグマン」感想

2016年08月22日 10時06分45秒 | 韓国ドラマ感想
カン・ジファンさんはちょい苦手なんだけど、イ・ダヒ、チェ・ダニエル、チョン・ソミンあたりが居るので観ようかと。
カン・ジファン演じるキム・ジヒョクはブルドーザーみたいにバイタリティがあって、情が深くて、サクセスストーリーのThe主役って感じ。
彼に似合っているキャラなので特にモンクはございませんでした。
似合うとか似合わないで言ったら、財閥の御曹司カン・ドンソク役のチェ・ダニエル。
なんだか、ほわぁ~としたイメージがあったので、悪役にちょっとびっくり。
それも、徹頭徹尾悪役、だんだん悪くなる悪役で、ちょい引いてしまった。
財閥家族はソミンちゃん演じるカン・ジナ以外はいかにもの、お金持ちのえげつない人たちに描かれていて、ジヒョクの周りの人たちといい対比になっていた。
イ・ダヒはやっぱり綺麗だよなぁ~、ちょっと控えめな抑えた役。
勝ち気なお嬢様検事役をやっている「君の声が聞こえる」と同時進行で観たので、最初はあれれっ!?だったけれどやっぱ役者さんね。
そして、ソミンちゃん、「イタキス」つながりでなんだかんだ観ているんだけど・・・この人、不思議な人ね~
イ・ダヒみたいに正統派綺麗じゃないけど、たまぁ~~に、綺麗にみえたり、あら、やっぱりブスか!?にみえたりで、面白い。
エキセントリックな役が多いからかな。
あと、ドラマで着ている洋服とかが個性的で注目している。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画「君に泳げ」感想

2016年08月21日 20時23分13秒 | 韓国映画感想
“イ・ジョンソクを観てみよう!”の第4弾くらいかな。
2013年に公開されたこの映画、2013年にはもう1作の映画「観相」に出ている。
ドラマ「ゆれながら咲く花」は2012~2013年、「君の声が聞こえる」が2013年、なんとまあよく働いていたこと。
彼の出演作を続けて観ていると、イ・ジョンソクはイ・ジョンソクのまま色々な役をやっていたんだなと思えた。
ぶっきらぼうでちょっと偉そうなもの言い。
それが似合う声質(この辺は松潤に似ていると思ってる)
甘えたような、はにかんだような笑い。
悲しい場面では、ここぞというタイミングで涙が流れる。
それらが彼の最大の魅力だと思う。
その魅力をそのまま発揮できる作品を彼が選んだのか、そういう彼を制作側が選んだのかは知らないが、いい出逢いがあったってことね。
本作でのちょっと屈折した役、彼はどうもストレートに感情を出すよりはそうでない方が似合ってるな。
共演のソ・イングクくんが少年のような役だったのでお互いの対比が良い感じ。
2人の食事のしかたとかね。
それにしても、なぜに水泳映画?とちょっと気になったので調べたら、韓国のパク・テファン選手が2008年と2012年のオリンピックでメダルを取ってるのね。
そう言えば、韓国版「花より男子」にもパク・テファン選手のゴーグルをジュンピョがジャンディにプレゼントするというエピがあったな。
韓国が水泳に盛り上がってできた映画みたいだけど・・・ってか、私の観るタイミングが・・・今、まさにオリンピック、ほんとの水泳選手ってのをたっぷり観たもので、映画の選手たちの泳ぎや身体つきがオリンピックを目指す人に見えなかった。
みんな筋肉はちゃんと付いていたけれど、選手の筋肉じゃないし、ジョンソクくんは細すぎで色が白すぎ。
好みは細マッチョですが、さすがにオリンピック目指す人だとイタイ。
それから、7年間水泳していなかったウォニルが大会に出て世界新記録って、さすがに、『ええかげんにしいや!』と思ったわ。
まあ、内容よりは若い男の子の肉体美を鑑賞しときな!って映画だから、内容はそんなもんかなって感じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「運命のように君を愛してる」感想

2016年08月20日 09時40分19秒 | 韓国ドラマ感想
配信が始まった時、チャン・ヒョクさん、苦手だし、チャン・ナラさん、知らんし~だったので、しばらく様子見していた。
やけにレビューの評判が良かった。
チャン・ナラさんかわいいとか、胸キュンとかって。
そうか~それならばと、観はじめた。
ドラマ自体に嫌な感じはあまりないが、チャン・ヒョクさん演じるイ・ゴンのキャラに引いてしまう。
そして、妙な薬を飲まされて、一夜の・・・、そして妊娠。
台湾ドラマ的な展開も馴染めない。
チャン・ナラさんは可愛いけれど、ゴンがミヨンの家族を大事にしているのとかはいい感じだったけれど、どこかで胸キュンしてハマるかと期待していたが、最後まであかんかった。
レビューで胸キュンと大絶賛のドラマにキュンとしない私はどうかしているのだろうか?
いや、やっぱり、チャン・ヒョクさんがあかんのんやろな。
あと、お金持ちにぶら下がる人たちもあかんのんやろな。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゆれながら咲く花」感想

2016年08月19日 14時50分15秒 | 韓国ドラマ感想
「君の声が聞こえる」を観てからの、“イ・ジョンソクを観てみよう!”の第3弾。
「君の声が聞こえる」→「ドクター異邦人」→「ピノキオ」→「ゆれながら咲く花」と観てきて、そしてずっと前に観た「シークレット・ガーデン」を含め、イ・ジョンソクという俳優さんはなんて良い作品に出演できているのかしら!と思った。
ただ幸運なのか、実力がそれを呼び寄せたのか、その両方かな。
どちらにしても、彼をたどることで良いドラマに出逢えた私は間違いなく幸運。
「ゆれながら咲く花」という題は邦題だそうだ。
韓国題は「학교2013」(学校2013)
いつもはいまいちな邦題にモンクを言っているが、本作品についてはこの「ゆれながら咲く花」という題は秀逸だと思った。
ドラマの中で使われる「詩」の一文(この世のどんな美しい花も すべてゆれながら咲いたのだ――)なのだが、学生たちや先生が困難に揺れ動きながら成長する内容とぴったり合っている。
学校が舞台で、学校が抱える問題を扱っている。
家庭の問題、友達関係、そして勉強、韓国の事情も日本の事情もこの点についてはほぼ同じ。
勉強に関しては韓国の方が厳しい状況かもしれない。
傷つきやすい心は人を傷つけることにもなる。
思いやる気持ちにも傷つく人がいる。
優等生は優等生なりの困難、不良は不良なりの困難。
成長するというだけで困難は待ちかまえている。
でも、傷つきながらも成長しなければならない。
友を、生徒を助けて、助けられて、お互いが成長していく。
このドラマはそれが丁寧に上手く描かれている。
チョン先生役のチャン・ナラさん、カン先生役のチェ・ダニエルさん、この2人の役者さんが良い。
キャラと役がぴったり。
チャン・ナラさんって、「運命のように君を愛してる」のミヨンしか知らないんだけど、スローでほんわかとした話し方は、もう、本当に癒される。
セリフの言葉も優しいんだけど、それを数倍優しく聞かせてくれる。
そりゃ~、生徒も、傷を持ったカン先生も心が動くわ。
一応、イ・ジョンソクを観てみよう!なので・・・
彼はここでも良い演技をしているなぁ~
最初の頃の内向的な表情からフンスと再会した時の複雑な心情、そして再び友情を取り戻した時のくすぐったい思い、うれしい気持ちを上手く表現していた。
この出演が「君声」に繋がり、今に繋がっているのね。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嵐会報VOLUME73がやってきた

2016年08月18日 17時27分28秒 | arashi事 いろいろ
私の中ではすっかり無かったことになっていたアリーナツアー満載の号やった。
ツアーの内容は“Japonism Show”だから去年のドームと同じような感じだったのね。
去年のドームツアーはちまちました感じやったのでアリーナ転用には便利だったねと、意地悪く思ったりして。
悪口言ってると、今年のドームツアーも落選するぞ!
正直、私の近くの人はみんな嵐会員抜けちゃったんだよね。
今まで楽しませてもらったから、行けない(行かない)けれど会員継続しておくねと言ってもらったけれど、さすがにね・・・
けっこうたくさん、そしてそれなりに良いところに座らせてもらった一番古い私の会員番号だけが生きている。
まぁ、落選続きでももうしばらく生かしておこうかな。
SMAPのような解散は嵐にはないだろうから。

※表紙のニノの横顔がシュッとしてなぜだか美しい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「相続者たち」感想

2016年08月18日 08時51分09秒 | 韓国ドラマ感想
ウェブ上で画像をよく見かけていて、ずいぶんと豪華なドラマなんだなぁと思っていた。
大物が出ているってことじゃなくてイ・ミンホくんやパク・シネちゃんがキラッキラで、ティアラなんかつけていたから。
配信が始まったので観たら、わぁ~、アメリカでミンホくんがサーフィンやってるし~、すっごい邸宅に住んでいるし~、またお坊ちゃまの役だったのね。
彼のノーブルなお顔にはこんな役がぴったり。
キャー素敵と最初はドキドキしながら観ていた。
でも、
お金持ちの通う学校って、意地悪で陰湿で、「花より男子」と同じ世界、いや、もっとえげつない。
ボナ役、f(x)のクリスタル、ガールズグループの子なのにこんな役していいのか!?と、ちょっと心配してしまったが、実はなかなかいいやつで一安心。
唯一と言ってもいいくらいまともなウンサンの幼なじみチャニョンの選んだ恋人だけある。
それにしても、シネちゃん演じるウンサンって、なんだかわけ解らん設定ね。
役に魅力がないし。
シネちゃんが出ると期待していたのに、かなり残念だった。
お金持ちの親たちも倫理観ないし、お金と権力を維持しようとえげつない。
そろそろ途中下車かなと思っていたら・・・
あれ~~???横暴なチェ・ヨンドがやけに可愛く見えてきた。
ウンサンのこと好きなのね。
でも、その初めての気持ちを持て余してる。
日本の「花男」の初期の道明寺みたい。
ヨンド役のキム・ウビンくん、モデル出身だとかでラインがとっても綺麗。
ミンホくんと並ぶとミンホくんがかすんでしまう感じ。
ヨンドに注目してみると、何気にウビンくんはいい演技してる。
ウンサンにフラれちゃった時のあの表情、わぁ~上手い!って思った。
他の役でどうなるのかは分からないけれど、ヨンド役はウビンくんにとっても合っていたみたい。
ヨンドのおかげで完走できたけど、脚本がいまいちだったな。

韓国ドラマ感想まとめリスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加