映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

LION/ライオン 25年目のただいま

2017年04月26日 | 洋画(17年)
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭の舞台は、インド中西部の田舎町。
 映画は、空から地上を俯瞰する画面が続きます。カメラは、高いところから次第に地表近くまで降りてきて、森が終わると道路が見えてきます。
 そして、「これは真実の物語」との字幕。

 次いで、幼い子供(5歳のサルーサニー・パワール)が、たくさんの蝶が舞っているのを見ています。兄のクドゥアビシェーク・バラト)が「サルー」と呼び声をあげます。

 それから、貨車の上に乗っているクドゥが、「早く乗れ」とサルーに言って、貨車の中に引き上げます。そして、クドゥは、貨車に積まれていた石炭をサルーに渡します。
 すると、警備員がやってきて、「お前ら、早く降りろ!」と怒鳴ります。
 「インド カンドワ 1986年」との字幕。
 貨物列車はトンネルに入り、それを抜けると、少年たちは貨車を飛び降ります。
 クドゥが「今日は、たくさんの石炭をとった」と言うと、サルーは「すごいだろ」と応じます。

 2人は市場で、石炭と牛乳を交換します。
 サルーが「揚げ菓子(注2)も欲しい」と言うと、クドゥは「いつか買ってやる」と答えます。
 森を抜けて家に戻って、母親・カムラプリヤンカ・ボセ)に牛乳を渡すと、母親が「何処で牛乳を」と驚きますが、2人は笑って答えません。
 母親は、サルーに「妹のシェキラを見ていて」と言って、家を出ていきます。

 暗くなって寝ていると、クドゥが家を出ようとしているのを見て、サルーが「僕も行く」と言います。
 クドゥは、「夜通し働く大人の仕事だから、お前にはムリ」と答えるのですが、サルーは、そばに置いてあった自転車を持ち上げ、「力はある」と言い張ります。クドゥは根負けして、「わかった」と応じます。
 2人は、自転車で駅に行き、貨車に乗り込み、少し行った先の駅で降ります。
 ですが、サルーは、眠気に襲われて目が開けていられません。駅のベンチで横になって寝てしまいます。クドゥは、仕方なく「仕事を見つけて戻ってくるから、ここで待ってろ」と言い置いて、行ってしまいます(注3)。

 ここから、サルーの劇的な人生が始まるのですが、さあ、これから物語はどのように展開するのでしょうか、………?

 本作は、5歳の時にインドで迷子になった男の子が、その後、養子となってもらわれていったオーストラリアの家庭で育ちながらも、インドにいる家族への思いは止みがたく、おぼろげな記憶しかなかったにもかかわらず、とうとう母親を探し出すという実話に基づくお話。主人公の青年が実際にインドで旅をして探すというのではなく、グーグルマップで映し出される航空写真を使って捜索するだけなので、映画全体が単調になってしまった感が否めないものの、やっぱり感動してしまいます。

(2)こうした子が親を、あるいは親が子を探し回る物語は色々あるようです。
 例えば、小説『クオレ』(1886年)の挿入話の「母をたずねて三千里」でしょうし(注4)、最近では、DVDで見た『消えた声が、その名を呼ぶ』(2015年)は、アルメニア人の父親が自分の娘を探し求めて、トルコからアメリカまで旅を続けるというものでした。

 「母をたずねて三千里」は、日本ではアニメ版が知られていますが、原作については、この青空文庫の翻訳版「母を尋ねて三千里」(日本童話研究会訳)で読むことが出来ます。
 ごく大づかみに言えば、母親が、2年ほど前に、ジェノバからアルゼンチンのブエノスアイレスに出稼ぎに行ったものの便りが途絶えてしまったので、13歳になる少年マルコが船に乗ってアルゼンチンまで探しに出かけていくというものです。
 マルコは、旅の途中で所持金が尽きてしまったり、病気になったりもし、最後の1週間はアンデス山脈の麓の道を徒歩で歩かねばならなかったにもかかわらず(注5)、人々の好意もあってなんとか母親のもとにたどり着きます(注6)。

 他方で、本作の主人公のサルーは、マルコとは逆に、自分自身が、生まれ育ったインドからオーストラリアのタスマニアに渡り、25歳になって故郷に残る母親らを探すという話です。
 その探す方法は、マルコのように、自分でインドに出かけていくというのではなく、自分の持つ幼少期のおぼろげな記憶を頼りに、Google-Earthで探すという、いかにも現代的なやり方です。



 頼りにするのは、駆け回った森の印象、駅のそばにあった給水塔、そして“ガネストレイ(Ganestlay)”と耳で覚えていた地名くらい(注7)。
 さらには、メルボルン大学(注8)に入った際の仲間から、列車に乗っていた時間と列車の時速を調べれば、捜索の範囲が絞られるのでは、というアドバイスを受けて、サルーはGoogle-Earthを使い出します(注9)。
 ただ、これは、コンピュータのディスプレイを見るだけの作業ですから、単調なことこの上ありません。
 マルコのように自分で旅をする方が、親探し物としてはきっと盛り上がることでしょう。

 それでも、その間、サルーの身の上に何も起こらなかったわけではありません。
 優しく育ててくれた養父母(ニコール・キッドマンデヴィッド・ウェンハム)を傷つけることになるからと相談せず、自室で秘密裏に捜索作業を続けますが、没頭する余り、満足に就職もせず、恋人・ルーシー(ルーニー・マーラ)をも遠ざけてしまいます。
 ただ、そうなると、余計に話が単調になってしまいます。



 もう少し言えば、本作が単調に思える他の要因の一つとして、演じる俳優があまりにも可愛いかったり、美男・美女過ぎたりして、欠点が見受けられないことも挙げられるのではないでしょうか?
 特に、5歳のサルーを演じるサニー・パワールは、こんな子役を登場させるのはルール違反ではないかと観客に思わせるくらい可愛いのです!



 また、大人になってからのサルーを演じるデヴ・バテルも、今や、立派過ぎる顔を持った世界的な俳優となっていますし、その恋人役のルーニー・マーラも、『キャロル』での演技は、主演のケイト・ブランシェットに勝るとも劣らない魅力的なものがありました。
 それに、ニコール・キッドマンについては、言わずもがなでしょう。
 こういう俳優が一つの作品に揃うことは、一面では豪華といえるでしょうが、他面では、それぞれの特徴がなくなってしまうという欠点もあるのではないでしょうか?

 とはいえ、5年ほど経過したあと、それまでの捜索範囲の外側をなにげなく見た時に、ピンとくるものがあって、ついに故郷を探し出せた瞬間のサルーの喜びとか、サルーと再会できた際の実母の嬉しがりようには、それまでの経過についてあれこれ言いたくなるにしても、やっぱり感動してしまいます。

(3)渡まち子氏は、「この驚きの実話には素直に感動を覚えた。それはデヴ・パテルやニコール・キッドマンの説得力のある名演技と、子ども時代のサルーを演じるサニー・パワールの圧倒的な存在感があるから」として70点を付けています。
 藤原帰一氏は、「感動的なお話ですし、俳優もニコール・キッドマンにルーニー・マーラと第一級。それでも、インド社会の視点から見たらどんなお話になるだろうか、そこがちょっと気になりました」と述べています。
 真魚八重子氏は、「サルーが誠実さによって、人を傷つけてしまうアンバランスさ。彼は実母を捜す行為が、養母を裏切るようで、彼女に合わせる顔がないと感じる。その不器用な感情は、善人ゆえの融通のきかなさで切ない。演出で頻繁に行われる、過去の幻影と、現在をワンショットで捉えるカットも魅力的だ」と述べています。



(注1)監督はガース・デイヴィス
 脚本はルーク・デイヴィス
 原作はサルー・ブライアリー著『25年目のただいま 5歳で迷子になった僕と家族の物語』(静山社)。
 原題は「LION」(原著のタイトルは「Lion:A Long Way Home」)。

 なお、出演者の内、最近では、デヴ・パテルは『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』、ニコール・キッドマンは『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』、ルーニー・マーラは『キャロル』で、それぞれ見ました。

(注2)この動画では、幼いころ市場で見たものを、25歳になったサルーがキッチンで見つけて昔を思い出すことになる様子がよくわかります。
 ただ、この記事には、言われている「ジャレビ」ではなく「イマルティ」ではないか、と述べられています。同記事によれば、「ジャレビは小麦粉が主原料」ながら、「イマルティはレンズ豆の粉を使い、サフランで色を、カルダモンで香りをつけ」るとのこと。

(注3)知らない駅のベンチで寝ていたサルーですが、しばらく経って目を覚まし、周りを見回しても、兄のクドゥどころか人っ子一人おりません。近くに停車していた列車の中で兄を探していると、また眠気に襲われ、座席に横になって寝てしまいます。ところが、その列車は、サルーが寝ている間に動き出してしまい、おまけに回送列車のために駅には停まらずにドンドン走り続けるのです。こうしてサルーは、1人で、全く見も知らぬ、そして言葉も通じないコルコタ(カルカッタ)に降り立つことになります。

(注4)『クオレ』の翻訳本については、例えばこちら
 なお、「母をたずねて三千里」の原題は「アペニン山脈からアンデス山脈まで」。

(注5)例えば、青空文庫版から引用すると、「こんどはコルドバへ行くのですがお金を一銭も持っていないのです」、「マルコは悲しくなってただすすりあげて泣いていました。マルコはとうとう病気になりました。三日のあいだ荷車の中で何もたべずに苦しんでいました」、「彼は元気を出して歩きました。ひろいきび畑を通ったり、はてしない野の間をぬけたり、あの高い青い山を見ながら四日、五日、一週間もたちました。彼の足からはたえず血がにじみ出ました」。

(注6)母親は、アルゼンチン北部のツークーマンで病に臥せっていて、マルコがやっとの思いで辿り着くと、それまで拒否していた手術を受けて快方に向かいます(「医者は入口に出て来て「おかあさんは助かった、」といいました」)。

(注7)この記事によれば、サルーの出身地は、“Ganestlay(あるいは Ginestlay)”と発音するのではなく、カンドワ(Khandwa)の北部郊外の「Ganesh Talai.」とされるところのようです(Googleマップの航空写真には、カンドワのすぐ北部に「ガネーシャ タライ」の記載があります)。

(注8)サルーは、メルボルン大学で「ホテル経営」を学びます。
 ちなみに、前回の『T2 トレインスポッティング』に登場するベグビーの息子も、大学に行って「ホテル経営」を学ぶと言っています。一時期「ジャーナリズム」が流行ったようですが、今や「ホテル経営」なのでしょうか?

(注9)きっかけは、上記「注2」で触れた「ジャレビ」を、仲間の部屋のキッチンで見たことです。



★★★☆☆☆



象のロケット:LION/ライオン 25年目のただいま

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« T2 トレインスポッティング | トップ | 午後8時の訪問者 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2017-04-26 12:57:39
こんにちは。
弊ブログにコメントをいただきありがとうございました。
サルーは確かに迷子といえば迷子なのですが、こんな幼い子供で身元不明だったら、周りの大人達(カルカッタの人々)はもっと必死になってサルーの家探しに協力するのでは?と、思いましたが、そうではなかったという点にはちょっと驚きました。
むしろ25歳になってからの家探しの方が周囲がヒントをくれたりする、ということになっていましたね。
Unknown (クマネズミ)
2017-04-26 18:20:17
「ここなつ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ここのところ、貴ブログを、クマネズミのいい加減なコメントで汚してしまって、申し訳ありません。
さて、本作ですが、おっしゃるように、日本でもオーストラリアでも、「こんな幼い子供で身元不明だったら、周りの大人達はもっと必死になってサルーの家探しに協力する」ものと思います。
クマネズミはインドに一度も行ったことがないのでよくわかりませんが、サルーがカルカッタで放ったらかしにされるというところが、あの経済力で13億人もの人口を抱えるインドという国の実情なのかもしれません。なにしろ、昨年の一人当たりGDPでみると、インドは日本のおよそ5%相当の小ささなのですから!
Unknown (atts1964)
2017-04-27 08:57:39
確かに子役のサルーが可愛すぎたんで、後半の青年サルーも良い男を起用せざるを得なくなったんでしょうね。
でも、だからこそ少年サルーのところが一番引き込まれてしまい、バランスが崩れたのかもしれませんね。
でも感動作で、実話ベースなんで、映画としては悪くはなかったと思います。
いつもTBありがとうございます。
Unknown (クマネズミ)
2017-04-27 17:40:28
「atts1964」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、色々問題はある作品にしても、「感動作で、実話ベースなんで、映画としては悪くはなかった」と、クマネズミも思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何......
LION/ライオン ~25年目のただいま (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなか......
【映画】ライオン ~25年目のただいま~ (アリスのさすらい映画館)
  ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア 原題:Lion 原作:サル―・ブライアリー 監督:ガース・デイヴィス 脚本:ルーク・デイヴィス 出演:デヴ・パテル/ル...
『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (あーうぃ だにぇっと)
LION/ライオン ~25年目のただいま~@よみうりホール
LION/ライオン 25年目のただいま (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「LION/ライオン~25年目のただいま~」オリジナル・サウンドトラック [CD]サルーは、5歳の時、インドで迷子になり、孤児と認定されて、オーストラリア、タスマニアに暮らす夫婦に養子と......
『LION /ライオン ~25年目のただいま~』('17初鑑賞37・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:40の回を鑑賞。
「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話 (大江戸時夫の東京温度)
映画『LION ライオン 25年目のただいま』は、もう予告編だけですべてを語っち
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、ア......
【映画】LION ライオン 25年目のただいま (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー......
LION ライオン 25年目のただいま (セレンディピティ ダイアリー)
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコ......
LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分......
LION ライオン 25年目のただいま (映画と本の『たんぽぽ館』)
自分を取り戻すために * * * * * * * * * * 1986年、インドのとある街のスラム街。 5歳の少年サルーは兄と仕事を探しに出かけ、 兄を待っているうちに停車中......
LION/ライオン ~25年目のただいま~  (♪HAVE A NICE DAY♪)
実話です 迷子になって、オーストラリアの夫婦に引き取られるまで 5歳のサルーが辛い経験をした事が前半の物語なんだけど サルーを演じた子がとっても可愛くて・・・ でも・・......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。
LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION (銅版画制作の日々)
Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと......
LION ライオン 25年目のただいま (Spice -映画・本・美術の日記-)
「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた
『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』 (こねたみっくす)
大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家......
【cinema】『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 (・*・ etoile ・*・)
2017.04.09 『LION / ライオン ~25年目のただいま~』@TOHOシネマズみゆき座 すごく見たくて試写会応募しまくったけどハズレ 母親も見たいというので、公開から2日経って2人で見に行って......
映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』★感慨の実話:数奇な生き様と養父母の愛 (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170117/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 1986年に、迷子になったインドの少年サル―(5歳)が 25年余で、“自宅“に帰れた”実話”......
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (to Heart)
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテ......
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 (或る日の出来事)
Google、株、上げたな!?
LION ライオン 25年目のただいま~/LION (我想一個人映画美的女人blog)
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人に......
「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・
「ライオン 〜25年目のただいま〜」 (Zooey's Diary)
インドで迷子になった5歳の少年が、オーストラリアの家庭の養子となって育ち、 25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという、実話を基にした話。 1986年、インドのスラム街で5歳の......