映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

キャロル

2016年03月01日 | 洋画(16年)
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。

(1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。

 本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジャックトレント・ローランド)が「レキシントン街/59丁目駅」を出て外の街路を歩き、スタンドで新聞を買い、それを手に持ちながら、ホテル(注2)に入っていきます。
 バーに少し立ち寄った後、電話をかけにラウンジの方に行く途中で、ジャックは、二人の女性が熱心に話しているのを見かけます。
 ジャックはそのうちの一人を知っていたので、「テレーズ、君か。驚いたな」と声をかけます。
 テレーズルーニー・マーラ)は立ち上がって、「ジャック、こちらはキャロル」と、同じテーブルに座っていたもう一人の女性(ケイト・ブランシェット)を紹介します。
 ジャックは、キャロルと握手した後、「テッドとここで落ち合った後、フィルのパーティーに行くけど、君は?」とテレーズに尋ねます。
 テレーズが、「そのつもりだったけど」と言ってキャロルの顔を見ると、キャロルは「行けばいいわ。私も予定があるから」と言います。
 テレーズは「本当?」と訝しがりますが、キャロルが「もちろん」と答えるので、テレーズは「じゃあ、車に乗せてもらえる?」とジャックに尋ねます。
 ジャックは、「かまわないよ」と答え、さらに「テッドがこちらに向かっているか確かめてくる」と言って、席を立ちます(注3)。

 場面は変わって、タクシーの中に座るテレーズ。彼女は、雨の中を歩く女性を見かけますが、そこから、彼女が働くデパートの売り場でキャロルを見かけた時のことを思い出します。

 次の場面では、ベルの音で起きたテレーズが、窓から下を見ると、自転車に乗ったリチャードジェイク・レイシー)が「朝なのにとても綺麗だ」と下から叫びます。

 こうして、テレーズは、リチャードの自転車に乗って勤め先のデパートに行き、おもちゃを売る売り場で働きます。
 クリスマスを控えているため、売り場は子供連れの客が大勢来ていますが、そんな中に、テレーズはキャロルを見出すのです。



 さあ、これから二人の関係はどのように展開していくのでしょうか、………?

 本作では、1950年代のニューヨークを舞台にして、二人の女性の同性愛を巡る話が描かれています。同性愛物というとキワモノ扱いされてしまいますが、本作は、そんなことよりなにより、主演のケイト・ブランシェットの美しさと演技の素晴らしさに約2時間浸りきってしまいます。

(2)女性同士の愛を描いたものとしては、最近では、例えば、『マルガリータで乾杯を!』(ライラとハサム)、『彼は秘密の女ともだち』(クレールとローラ)、それに『アデル、ブルーは熱い色』(アデルとエマ)が思いつきます。
 ただ、この中で、『彼は秘密の女ともだち』の場合、クレールとローラは幼友達であって、深い友情に支えられている関係だとしても、同性愛の段階にまで行っているとは思えません(それぞれ異性と結婚しました)。
 また、『マルガリータで乾杯を!』の場合、主人公のライラ(脳性麻痺の障害者)は、確かにハサムと性的な関係を持ち同棲生活を営むとはいえ、男子学生とも性的関係を持つバイセクシャルでもあります。

 本作と状況が類似するのは『アデル、ブルーは熱い色』かもしれません。
 なにしろ、本作で、テレーズがデパートの売り場でキャロットを見出したように、同作においても、街を歩いているローラをアデルが見出します。
 それに、両作とも、女性的役割の立場にあるように見える方(テレーズとアデル)が、男性的役割の立場にあるように見える方(キャロットとエマ)よりも、関係に積極的な感じがしますし、また両作とも、後者の方から関係の清算が切りだされます(注4)。

 それでも、本作では、別居中の夫・ハージカイル・チャンドラー)がキャロルに元の鞘に戻るようにしつこく迫りますし(注5)、またテレーズにも、リチャードが強く結婚を迫ったり、またニューヨーク・タイムズの記者のダニージョン・マガロ)もテレーズにキスをしたりして、二人の女性の周りの男性が何人も描かれます。他方、『アデル、ブルーは熱い色』では、無論男性は登場するとはいえ、それほど重要な役割をはたすわけではないように思います。

 それに何よりも、『アデル、ブルーは熱い色』はアデルとエマの性的行為を美しく画面に映し出すことにかなりのウエイトを置いているのに対し、本作でもそういったシーンは描かれているものの、むしろキャロットとテレーズのそれぞれが醸し出す雰囲気の方を見る者に伝えようとしているように思えました。

 特に、毛皮を着込んだ豪奢なキャロルが歩く姿はとても美しく見応えがあって、同性愛を巡る様々な人間との煩わしい関係など、見る者にとってそのウエイトがずっと小さくなってしまう感じです。



 と言っても、キャロルの相手役のテレーズを演じたルーニー・マーラが魅力的ではないということではありません。とても可愛らしい女優(注6)で、ただ、役柄が随分と地味であり(注7)、それになによりキャロルを演じたケイト・ブランシェットが凄すぎるために、いささか影が薄くなってしまうのも仕方がないことでしょう。



(3)渡まち子氏は、「何より、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの二人の実力派女優が素晴らしく、まなざしひとつ、指先の動きひとつで繊細な感情を表し、見事である」として80点をつけています。



(注1)監督は、『アイム・ノット・ゼア』(2007年)のトッド・ヘインズ
原作は、パトリシア・ハイスミス著『キャロル』(河出文庫:未読 )。
 なお、原作の原題の「The Price of Salt」(今では「Carol」に変わっているようですが)について、劇場用パンフレット掲載の「Staff Profile」の「原作 パトリシア・ハイスミス」の項で「よろこびの代償」とされているところ、例えば、この記事によれば、「Salt」は聖書のマタイ伝に出てくる「地の塩」に関係しているようで(あるいは、この記事によれば、旧約聖書に出てくる「ロトの妻」の話)、にもかかわらず単に「よろこび」と訳してしまえるのかどうか疑問に思われます。

 本作に出演する俳優の内、最近では、ケイト・ブランシェットは『ミケランジェロ・プロジェクト』、ルーニー・マーラは『her 世界でひとつの彼女』、サラ・ポールソンは『それでも夜は明ける』、カイル・チャンドラーは『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で、それぞれ見ました。

(注2)Ritz Tower Hotel。

(注3)ここらあたりのシーンは、本作のラストでもう一度繰り返して映し出され、さらにその後のことが描き出されます〔ホテルにジャックが現れたのは、「ディナーに来ない?」とのキャロルの誘いにテレーズが沈黙で答えた後のこと。テレーズは、ジャックらと一緒に車に乗ってフィルのパーティーに行きますが、コミュニケーションの輪に入り込めないまま会場を後にして、街路を歩きます。そしてホテル(Plaza Hotel)に入って、男らと談笑しているキャロルを見つけるのです。……〕。

(注4)ここで「女性的役割の立場にあるように見える」「男性的役割の立場にあるように見える」と言っても、強いて言えばといった程度の話に過ぎず、それにもともと「女性的」「男性的」という言葉遣いも、ジェンダー的な意味合いに過ぎません。

(注5)その際に、ハージ側の弁護士が持ち出してくるのが「道徳的条項(morality clause)」とされています。
 それがどういう内容を指しているのかよくわかりませんが、キャロルが過去にアビーリンディのgodmotherともされています:サラ・ポールソン)と関係があったことや、現在テレーズと関係を持っていることを不道徳的な行為として、キャロルがリンディの母親として不適切であることを申し立てて、父親に単独の養育権を認めるよう申請しているものと思われます。

 ちなみに、イギリスでは同性愛は犯罪行為であり、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で描かれたアラン・チューリングは、本作が設定するのと同じ時点(1952年)に有罪の判決を受けています。

(注6)キャロルはテレーズに、「My angel, flung out of space」と囁きますが、ルーニー・マーラはそんな形容がよく当てはまる女優ではないかと思いました。

(注7)テレーズは、デパートの売り子のアルバイトをしていますが、写真を撮ることに熱心で、ただ、撮影して現像した写真を発表することはせずに、流しの下の戸棚にしまっておいています。
 なお、テレーズは、ビリー・ホリデイの「Easy Living」のメロディをピアノで演奏したり、そのレコードをキャロルにプレゼントしたりしますが、ビリー・ホリデイが「彼女がレズビアンとの関係を重ね、「ミスター・ホリデイ」の異名を取ったのもこの時期(「カフェ・ソサエティ」に出演していた頃)であった」などと書かれている(Wikipediaのこの記事)ことからすると、意味深長です(「Easy Living」の歌詞はこちらで)。



★★★★☆☆



象のロケット:キャロル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スティーブ・ジョブズ | トップ | ブラック・スキャンダル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オスカー (まっつぁんこ)
2016-03-01 19:58:20
二人とも手が届きませんでしたね。
ROOMとリリーが楽しみです(笑)
Unknown (クマネズミ)
2016-03-01 21:12:17
「まっつぁんこ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
こういったキワモノ的な作品では、あくまでも正統的なアカデミー賞には難しいのでしょう。単に、配慮はしてますよという姿勢を示すためにニモネートされていたのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 ! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな....
キャロル〜←クリスマス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ...
『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195
キャロル (あーうぃ だにぇっと)
キャロル@ユーロライブ
キャロル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^;
『キャロル』('16初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。
キャロル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。...
『キャロル』 2016年1月20日 ユーロライブ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キャロル』 を試写会で鑑賞しました。 どうもケイト様は好きになれない。 あの顔つきが、キツイ感じで受け付けないんだよね... 【ストーリー】  1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル...
「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど (大江戸時夫の東京温度)
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の
『キャロル』 テレーズのまだ見ぬ世界は…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『ベルベット・ゴールドマイン』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズの最新作。  原作は『リプリー』『殺意の迷宮』(映画版は『ギリシャに消えた嘘』)などのパトリシア・ハイスミス。  舞台は50年代のニューヨーク。高級百貨店でアルバイトとして働...
『キャロル』 (こねたみっくす)
「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ...
「キャロル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Carol」 2015 UK/USA 1952年のニューヨーク。クリスマスを目前に高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズも忙しくしている。彼女はフォトグラファーになることが夢。そしてボーイフレンドのリチャードからはプロポーズされヨーロッパに行こうと熱...
キャロル (映画好きパパの鑑賞日記)
 1950年代のアメリカを舞台に、当時は市民権を得られていなかった女性の同性愛を描いた作品。美術、ファッション、撮影などは満点に近く、主演の2人も本当に美しかったのだけど、これ、男女の話だったら、普通のメロドラマだよな、と見ていて醒めた部分もありました...
『キャロル』 (beatitude)
1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになるためにマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、デパートの玩具売り場でクリスマスシーズンの臨時アルバイトをしている。テレーズには、なかなか結婚には踏み切れないでいるリチャードという恋人がいた。そんな...
【cinema】『キャロル』 (・*・ etoile ・*・)
2016.02.13 『キャロル』鑑賞@TOHOシネマズみゆき座 すごい見たくて試写会応募したけどハズレ。迎賓館赤坂離宮見学(記事はコチラ)まで時間潰す必要があったので、予定にはなったけど急遽見ることに。9:30AMの回だったけど、小さい劇場なこともあり満席。楽しみに見てき...
キャロル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
キャロル (河出文庫) [文庫]1952年、ニューヨーク。クリスマスシーズンでにぎわう高級デパートのおもちゃ売り場で働くテレーズは、ある日、娘へのプレゼントを探す、優雅で気品に満ち ...
「キャロル」 (Noinuの云いたい放題、やりたい放題)
少しまえのことになりますが、 「キャロル」を観てきました。 公式サイトは、⇒ ★ 小説、ドラマ、映画などについて 「何を云いたいのか、わからない」 って云うのは、 「それを云っちゃあ、お終いだよ」 って云う禁句だとは分かっています...
これは不倫か?純愛か?『キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイス...
キャロル  (心のままに映画の風景)
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに...
キャロル (映画と本の『たんぽぽ館』)
惹かれ合う理由 * * * * * * * * * * 本作は1952年に、パトリシア・ハイスミスによって発表された小説。 けれど、当時は同性愛は法に触れることもあり、 別名で出版されたといいます。 今や同性婚も認められつつある時代。 だからわりと何気なく見...
「キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
1950年代のニューヨークを舞台に女同士の純粋な恋愛を描いた物語。芸術作品に近い映画に思った。主人公のケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラは、第88回アカデミー賞で主演女優賞、助演女優賞にそれぞれ
私の天使〜『キャロル』 (真紅のthinkingdays)
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブラ...
『キャロル』 1950年代と今日性と (Days of Books, Films )
Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の
キャロル (そーれりぽーと)
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが出てるってこと以外、何も知らずに『キャロル』を観てきました。 ★★★ キャストだけで蓋を開けてみたら、ビアン版『テルマ&ルイーズ』(言い過ぎか)的な内容でびっくり。 だいたい、タイトルからクリスマス関係の話だとば...
運命の恋、それは (笑う社会人の生活)
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな...
【映画】キャロル (アリスのさすらい映画館)
   キャロル(2015)イギリス/アメリカ/フランス 原題:Carol 監督:トッド・ヘインズ 原作:パトリシア・ハイスミス 脚本:フィリス・ナジー  出演:ケイト・ブランシェット / ルーニー・マーラ / サラ・ポールソン/&#...
『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方 (Nice One!! @goo)
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ...
キャロル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50...
キャロル CAROL (まてぃの徒然映画+雑記)
1950年代のアメリカ、女性同士の同性愛をテーマにした作品。 デパートで販売員の仕事をしているテレーズ(ルーニー・マーラ)、クリスマスのおもちゃ売り場で出会った、娘へのクリスマスプレゼントを買うキャロル(ケイト・ブランシェット)に心を奪われる。キャロルは....